皇帝アルファのやんごとなき溺愛

koutei alpha no yangotonaki dekiai

皇帝アルファのやんごとなき溺愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4
平均
4 / 5
神率
50%
著者
高峰あいす 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
カワイチハル 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784344848184

あらすじ

先帝の喪が明けて間もなく、新しい皇帝の妃候補として召喚されたのは――地元でも麗しの守(Ω)と名高い、梅紅の兄だった。将来を誓い合った恋人と添い遂げさせてやりたくて、梅紅は續(β)であることを隠して兄の代わりに後宮へ。大勢いるはずの守(Ω)の寵姫に紛れてやり過ごそうと考えていたのに、精悍な狼族の皇帝・宵藍にいたく気に入られてしまい……!?

表題作皇帝アルファのやんごとなき溺愛

宵藍,狼族の皇帝
梅紅,人間族で兄・雪蘭の代わりに皇帝の後宮に輿入れした續(β),18歳

その他の収録作品

  • 幕間ー溺愛ー
  • 第2幕ー団欒と蜜月ー
  • あとがき

レビュー投稿数2

読後は心がほっこり温かくなります

高峰さんの新刊は、タイトルからも推測できるようにオメガバースもの。そこに中華風の雰囲気とケモ耳&シッポが加わったファンタジー要素モリモリのお話でした。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






狼族が国を統べる「天狼国」。
この国は狼族を頂点として様々な獣人たちが住まうが、その底辺にいるのが人間族。力では獣人に敵うことができない非力な人間族は卑下されている、というバックボーンを持つお話です。

主人公は「天狼国」の地方の小さな村に住む梅紅。
彼は續(ベータ)だが、梅紅の兄・雪蘭は美貌で名を馳せる守(オメガ)だ。雪蘭には「運命の番」と信じる恋人の闢(アルファ)である李影との婚姻が間近に迫っていた。が、そんな最中に、前皇帝の崩御に伴い新たな皇帝となった宵藍から、雪蘭を妃候補として召し上げたいと通達が届く。いわく、雪蘭は宵藍の「運命の番」なのだという。

兄を恋人と番わせてあげたい。
そう思った梅紅は、兄のふりをして、兄の代わりに皇帝の元へと馳せ参ずることにするが―。

というお話。

獣人と人間が共存する世界、が舞台のお話ですが、そのバックボーンに加え、今作品はオメガバの要素も持ち合わせた作品です。アルファは闢、オメガは守、そしてベータは續と呼ばれています。その読み方に加え、彼らが身に纏う衣類や名前など、ほんのり中華を彷彿とさせるお話で、さらにBLでは王道と言えるでしょう。身代わりモノという側面を持ち合わせていて、もしかしたらシリアスベースのお話かな?と思いつつ読み始めました。

が、これが序盤のイメージと異なりかなりコミカルな雰囲気で進む作品でした。その大きな因子となるのが主人公の梅紅。守(オメガ)らしい、はんなりとした楚々とした美人さんの兄の雪蘭とは異なり、續(ベータ)ということもあるのでしょうか、彼はめっちゃ元気で天真爛漫な青年として描かれています。

皇帝と気づかず宵藍を引っ叩いてしまったり、いわゆる花嫁修業的な事項は一切できない。下女たちと一緒に掃除とかもしてしまう、そんな少年。だからでしょうか、兄の代わりに嫁ぐという、書き方によってはドシリアスな展開にも持っていける内容の物語でありながらドタバタコメディ―の様相も兼ね備えたストーリーなのです。

が、そこから、宵藍と言葉を交わし、ともに過ごすうちに梅紅は少しずつ宵藍に惹かれていく。續でありながら守を装うことで周囲の人たちを偽っていること、何より宵藍を騙しているという贖罪の思いに駆られ、さらに惹かれていく想いに反して續である自分には宵藍と番うことはできず子を成すこともできない。笑えるのに切なく、萌えるという色々な感情が上手にミックスされて進んでいくお話でした。

雪蘭を「運命の番」と呼び、雪蘭を装う梅紅を大切にしてくれる宵藍。
宵藍を騙し、雪蘭として後宮にあがった梅紅。
二人の行き着く先は―。

どうなるのかとハラハラしつつ読み進めましたが、まあ、読んでいるうちに先は見えてきます。見えてきますが、それを上回る優しさと温かさと萌えが満ちている展開でした。周囲の人たちもみんな優しいですし、宵藍は紛うことなきスパダリですし、梅紅は可愛いし。その優しいストーリーと、カワイさんの描かれた温かな挿絵がぴったり合っていてこれまた萌える。

読後は心がほっこり温かくなること請け合いの、優しい世界観を持つ1冊でした。

6

やんごとなき

チハル先生も大好きなのですが、なんといっても今回はタイトル買い!「やんごとなき」!やんごとなきですよ、みなさまーと声を大にして叫びたいぐらい、好きな単語なのです。で、ウッキンウッキンで買ってはみたものの、やんごとなき感がちょっと違ったなあ・・と感じてしまったので申し訳ないです、中立にしました。もうちょっとノーブル感が欲しかったなあ・・・元気受けがお好きな方でしたらいいのかもです。本編150P超+小話?20P弱+その続き60Pほど。

後宮入りを望まれた守(=Ω)の兄の身代わりとなり、後宮に行くことを決めた續(しょく、=β)の梅紅(めいほん)。容姿が大したことないし、山のようにいる後宮の女性から選ばれることはないわとタカをくくっていたら、なぜか後宮についたその日に皇帝がやってきて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物
雪蘭(受け兄、Ω)、李影(雪蘭の恋人)、吟愁(攻め側近)、鈴花(薬師)、お子様方、女官たちぐらい。

++攻め受けについて

攻めはうー--ん・・皇帝で、お仕事頑張っていて、受けにべたぼれで(運命の番らしいので当然っちゃ当然)。俺様とか冷酷とか超有能とか、なんか特筆するべき属性ってのが見つけられなかったかな。耳しっぽ付だけど、しっぽで悪戯するとかなども無いし。やんごとなき地位ではあるけど、キャラ的にやんごとなきという方ではなかったでした。

受けは運命の番がいる兄の身代わりで後宮行こう!なんて考えるお人よしというか、健気というべきか。元気っこ系統で、平民だから傅かれるなんて無理!って考えるタイプの方といえば伝わるかな。うーんこちらもめちゃくちゃ特筆するべき属性を思いつけず。

お話は王道、キャラにもそんなにツボを突かれなかったので、さらっっと読み終えてしまった一冊でした。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う