営業時間外の冷たい彼

eigyoujikangai no tsumetai kare

営業時間外の冷たい彼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

17

レビュー数
5
得点
55
評価数
17
平均
3.4 / 5
神率
11.8%
著者
すとう茉莉沙 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小椋ムク 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010231

あらすじ

誰かの役に立ちたい、自分の手で人を幸せにしたい──。
ポランティアサークルに所属しながら、
公務員試験を目指す大学三年生の若菜航太。
そんな彼の密かな悩みは、自分が男しか好きになれないかもしれないこと。
女の子と付き合っても、なぜか少しも
心が動かないのだ。
思い余った航太は、ネットで探した便利屋に、
ゲイの「レンタル彼氏」を依頼することに。
ところが待ち合わせに現れた「彼氏」は、
人目を惹くとんでもないイケメン!!
自分の性癖さえ確認できれば、相手の美醜なんて
関係ない。初めはそう思っていた航太。
内心狼狽えながらも、「ヨシヤ」と名乗る
オトナの男と、一日デートをすることに…!?

表題作営業時間外の冷たい彼

九賀恭也,レンタル彼氏もする便利屋
若菜航太,ポランティアサークルに所属する大学3年生

その他の収録作品

  • 営業時間外の甘い彼
  • あとがき

レビュー投稿数5

凄い面白いです

本編は表題作と「営業時間外の甘い彼」に分かれてます。更に電子では「営業時間外の上司」が44Pも特典書き下ろしで収録されているので、読み応えのある電子での購入をお薦めします。

まずは表題作ですが、レンタル彼氏の時と素の時の恭也のギャップに驚きました。
そして恭也を諦めない航太のガッツが良かったです。便利屋のアルバイトの面接での2人のやり取りに思わず爆笑してしまいました。

そして「営業時間外の甘い彼」ですが、こちらはタイトルに意表をつかれました。恋人同士になってからの航太の悩みにうんうんと共感しました。そして恭也が航太を思っての行動が空回りしているのが、何とも言えずに不器用だと思いました。
こちらでは航太が初めて自分達以外のゲイカップルと知り合うのですが、全くタイプの違う彼等との交流も面白かったです。

レンタル彼氏からどう関係が発展して行くのかと思いましたが、予想外の展開に楽しめました。

ただ恭也の過去は可哀想でしたが余りにもそれっぽくて、それ故にちょっと冷めてしまったのであの設定は要らなかったかなとは思いました。

0

イラストとの相性最高

タイトルに惹かれ表紙の雰囲気ともマッチしていたため購入しました。

受けは人が幸せだと自分も幸せないい子ちゃん。
考え方や行動が真っ当で嫌みなく、イラッとすることもなかったです(笑)
その清らかさにそこそこ癒されました。

自分がゲイかどうか確認するためにレンタル彼氏をお願いし、攻めと出会います。
ハンサムすぎだし営業時間内の攻めは正に理想的な彼氏で、純粋に自分の隣も歩いてほしいわ!!と叫びたくなりました。

が、本性は毒舌で照れ屋なツン系男性。
好き、と言われても恥ずかしくて「同じく…」と返すところにはクスリとしました。

イメージとしては大人同士な恋愛好みそうなのに、素直で無垢な可愛い子がド好みというギャップ(?)にやられました。
(某作品が思い浮かび、そんな彼に重ねてしまったのも原因)


個性的なキャラや楽しませてくれるような奇抜さがなくとも、続きが気になる読みやすいお話でした。
ただ攻めの不幸話に受けが涙し進展していく…という流れがテンプレすぎて、そこから少し冷めてしまった部分はありました…。

挿絵はとても良かったです。
久し振りにお話のイメージとイラストがどんぴしゃな作品を味わえました。

1

見えない素顔を求めて

今回はレンタル彼氏もする便利屋と公務員を目指す大学生のお話です。 

受様がレンタル彼氏だった攻様と恋人になるまでと
恋人になってからの続編短編を収録。

受様は経済学部に通う大学3年生です。

ゼミが一緒の同級生と趣味があい
男女を意識せずに仲良くしていたのですが

夏休みに一緒に出掛ける事を「デート」と意識した途端
彼女の好意が重く感じてしまうようになり
彼女の告白にも応えらませんでした。

受様は彼女とギクシャクした関係になった原因が
自分の性的指向が異性よりも同性に惹かれるからなのか
と悩む事となります。

そんな時、塾のバイト仲間である友人から
「彼女をレンタルした」という話を聞きます。

最初は驚いた受様でしたが
友人は好みの子がデートしてくれたと嬉しそうに語り
自分も"彼氏借りる"のはどうだろうと思いつきます。

受様はとりあえずと調べ始めるのですが
基本的に彼氏のレンタルは女性のみ、
ゲイお断りとハッキリ記載するサイトもありました。

そんな中でなんでも屋である便利屋のサイトで
彼氏の仕事例に目を引かれ、
受様は思い切って申込のメールを送ります。

そして受様の彼氏として現れたのが
男らしい体つきの色気の溢れるイケメン男性でした。
この超イケメンこそが今回の攻様になります♪

攻様は緊張する受様をさりげなくリードし
受様はなぜ彼氏を借りる事にしたのかを
聞いてくれますが

ちょっとしたアクシデントに遭遇した結果、
受様の悩みが解決されないまま、
レンタル時間も過ぎてしまいます。

そのため受様は2度目のレンタル彼氏を頼むのですが
"彼氏"の攻様にドキドキが止まりません。

そんな受様の様子に攻様は
今日で依頼は完了だからもう会わないと言うのです。

もう依頼したらだめなんですか?
だめだよ。俺のこと好きになるだろ?

受様が攻様に惹かれたのは
理想的な彼氏だったからなのでしょうか!?

雑誌掲載作のタイトル作に続編を書き下ろしての文庫化で
自分の性的指向に悩む受様と
レンタル彼氏で出会った攻様の恋物語になります♪

攻様は受様の依頼でレンタル彼氏をしますが
それはあくまでも客に望む"理想"の彼氏であり
攻様自身ではないのです。

攻様は"理想の彼氏"役に惚れて面倒になる事を
警戒して受様からの依頼を断るのですが

性指向の問題をクリアした受様は
攻様だから惹かれたのかを検証するため
新宿2丁目のゲイバーに足を踏み入れるのですよ♪

そこで受様は
積極的に声を掛けてきた男性客から助けてくれた
リーマン2人組に奢られる事になるのですが
彼らもまた初心な受様を狙っていて
受様はさらなるピンチに立たされてしまいます。

受様が助けを求められる人は攻様しかおらず
攻様もそんな受様を放っておけずに助け来てくれるので
受様は攻様にドンドン惹かれていっちゃうのですよ♡

受様の恋が実るまで受様の行動にハラハラしたり
攻様の言動にドキドキしなから
とても楽しく読ませて頂きました (^O^)/

受様視点ではありますが
受様が攻様の出会いで変わっていくというよりも
素直で一途でまっすぐな受様に関わった事で
攻様のほうが変わっていく感じがすっごく萌ツボでした。

すとう先生の2作目となりますが
前作も他人と違う自分を受け入れられなかった受様が
攻様との出会いで変わっていく様子が丁寧に描かれ
とても好印象を受けたのですが

本作も自分の性的指向を悩む受様が
攻様との出会いで恋を知り、
攻様もまたまっすくで素直な受様に惹かれていくという
恋の過程が丁寧に描かれいるのがとても良かったです♪

続編では攻様の思考にモヤるところもありましたが
捻くれてしまった攻様には
受様のまっすぐな言葉しか安心できないみたいなので
これはこれで凸凹合致、オチどころは良かったです。

2

まっすぐ

ムク先生の挿絵みたくて購入。まっすぐ善人受けが頑張るところがまあまあ好きだったので萌にしました。雑誌掲載作180P弱+その続き160Pほど+あとがき。まっすぐ善人さんがお好きな方だったら良いかも。

大学でボランティアサークルに入り、施設訪問などをしている航太(こうた)。どうにも女性とうまく付き合えません。ゲイなのかな、レンタル彼氏とデートしてみたら分かるんじゃないかと思い立ち・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
絵里奈(♀、いい子)、昴(マスター、攻めの知り合い)、受けのお友達、哲郎&豪(後半登場のカプ)ぐらいかな。

++攻め受けについて

攻めさんがなかなかなツンさんでして、ツン萌えされる方はいいのかも。レンタル彼氏の役どころで出てくるんですけど、最初は演じているからキラキライケメン、甘めモードでうっとりするんですが、素がそっけないんです。受けに諦めてもらうため冷たいし、くっついてからも忙しいのもあって、なかなか甘いモードにならない。後半はダブルデートということで甘くなるのですが、そこもちょこっとズレていて、受けを不安がらせてしまうんです。キラキライケメンさんなんだけど(ムク先生の画力maxで誑し感満点)、腰抜けてしまうほど惚れちゃう!ってなれず、個人的には残念。

受けさんは善人一直線、世慣れしてないというか、スレてないというか。そんな子が一生懸命攻めにくっついていこうとするんですもん、捨てられた柴の子犬にきゅるんって見上げられた感じに思ったんでしょうね、攻めさんとうとう陥落してました。

お話は面白かったし、攻め受けは嫌いじゃなかったですけど、超好き!っていうほどにはなれなかった一冊でした。

1

攻めは怒りのコントロールを学んだ方がいいと思う

レンタル彼氏と、ビジネスから始まる恋です。

自身がゲイかと悩んでいる主人公の航太。
彼氏をレンタルしてデートしてみる事で、自分の性指向をハッキリさせようとします。
すると、レンタル彼氏としてやってきた便利屋・ヨシヤに一目で惹かれてしまう。
レンタル彼氏でしかないヨシヤに恋してしまってと、更に悩みを増やしてしまうんですね。
そんな中、バーで絡まれて危険な所を、助けてくれたヨシヤ。
しかし、営業時間外の彼は、とても冷たくてー・・・と言うものです。

えーと、こちら、あらすじがとても好みだったので購入しました。
それで、仕事中と営業時間外。
攻めのキャラの違いが興味をそそりますし、とても真っ直ぐで芯の強い受けのキャラも良いと思います。

こちら、現代ものになるんですけど、すごく等身大の恋愛なんですよね。
最初こそ自身の性指向に悩む主人公と、恋愛に関して受けの側に問題があるのかと思わせられる。
それが、実の所、本当に問題を抱えているのは攻めなんですよね。
で、そんな攻めの頑なな心が、受けの真っ直ぐな愛情によって解き放たれてゆくのが素敵と言うか。
優しくてあたたかいお話だと思います。

が、こちら、微妙に引っ掛かる部分もあってと、ちょっと評価が難しいんですよね。
えーと、個人的にダメだったのが、攻めのキャラクター。

う~ん。
ヨシヤですが、タイトルでは「冷たい」となってるんですけど、印象としては怒りっぽいでして。
こう、すぐ不機嫌になったり、怒鳴り散らしたり、物に八つ当たりしたり。
これね、実は彼の育った家庭環境に問題がありまして、だから彼のこのキャラに納得は行くのです。
行くのですが、だから好感を持てるかと言うと、それは全くの別問題でして。
こう彼は、アンガーマネジメントのセミナーとか受けて、怒りのコントロールを学んだほうがいいんじゃないんかなぁと。
カウンセリングでもいいけど。
や、根が深そうだから。
そもそも個人的萌えから言わせて貰うと、こういう心に傷を持つ男って、だからこそ人に優しくなれる・・・みたいなパターンの方が好みですよ。
彼はちょい幼稚な部分があると言うか、大学生の受けの方が大人だとすら感じる時があるんですよね。
また、表題作ではモヤモヤする程度でしたが、書き下ろしの後日談で徹底的に嫌になっちゃって。
受けを仕事に利用するって、無いわー。的な。

あと、あれもこれもと申し訳ないんですけど。
ちょい気持ちの変化が急で戸惑うんですよね。
攻めですが、ずっと受けを突き放す、そして拒み続けていたかと思うと、突然過去を語りだし、あっという間にくっついちゃうのです。
えーと、この部分が攻め視点で書かれてればまだ理解出来たんじゃないかとは思うんですけど。
つくづく、この攻め理解出来んと。

と、そんな感じで、ストーリーとしては好みながら、ちょい攻めのキャラでモヤモヤしてしまう。
評価を迷いましたが、萌えより攻めに対するモヤモヤの方がデカイので「中立」で。

ただ、あくまでこれは好みの問題なので、心に傷を持つ攻めとかお好きな方は、萌えるんじゃないかと思います。



11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う