王子禁制(アイドルキンセイ)

idol kinsei

王子禁制(アイドルキンセイ)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
25
評価数
10
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
麻生海 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
月村奎 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667763

あらすじ

双子の兄への劣等感から逃げるように寮のある学園へ入学した郁翔。そこで郁翔は、憧れのアイドルSinと出逢う。けれど素顔の月島慎之介は、初対面で郁翔を口説いてくる超軽薄男だった。月島の本気か冗談かわからない「好き」に振り回され、困惑しつつも悪い気はしない郁翔だったが……? 月村奎書き下ろしシナリオでおくる、アイドル×優等生のスウィート・ダイアリー!!

表題作王子禁制(アイドルキンセイ)

月島慎之介,高校生でスーパーアイドル「ダブルムーン」のメンバー・Sin
都築郁翔,高校生

その他の収録作品

  • 王子謹製(のキーリング)
  • あとがき(麻生海)
  • あとがき(月村奎)

レビュー投稿数4

君だけに見せる素顔

今回は同じ寮で暮らすスーパーアイドルの先輩と
優秀な兄と比べられて育った後輩のお話です。

憧れの芸能人だった攻様が受様の恋人になるまでと
本編後の続編短編を収録。

受様は会社社長夫妻の双子の弟として生まれますが
何事もそつなくこなす兄に比べて
受様は大事な時ほど大失敗をやらかします。

中学受験もインフルエンザをこじらせて失敗、
難関校に進んだ兄とまたもや比較されてしまいます。

そんな受様が心の支えとなっていた存在が
年の近い男性アイドルである攻様でした。

攻様は同い年のアイドルとデュオで活動して
歌もダンスも完璧、幅広いファンを獲得しています。

受様は自分にない攻様のメンタルの強さに憧れ
彼らの曲をお守り代わりに高校受験に挑みます。

しかし、受験日にまたもやトラブルを起こし、
第一志望高には不合格、寮のある第二志望校へ
特進生として進学することになります。

逃げるように実家を出た受様でしたが
なんとその学校には受様の憧れの攻様と
その相棒が在籍していたのです♪

しかも攻様はなぜか受様を気に入り、
「今日からこの子と付き合う」とマネージャーに宣言、

マネージャーは女の子と付き合われるよりはと
『攻様は高校の後輩とグレーゾーンの関係』という
謎な関係でいくと言い出すのです Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

受様が好きなのはアイドルの攻様であって
なれなれしく接してくる先輩ではないのですが
攻様は聞く耳を持ちません。

果たして受様の新生活は如何なることに!?

月村奎先生原作の雑誌連載作をまとめての書籍化で
受様自身もファンであるスーパーアイドルな攻様と
家族内では落ちこぼれ扱いの受様の
ドタバタラブコメディになります♪

「小説Dear+」に掲載されていたため
毎号楽しみに読んでいたのですが

コミカルなノリを前面に打ち出しつつ
見えないコンプレックスを抱えた2人が
お互いに関わる事によって
新たな自分に気付いていくという展開は
月村先生らしいなと思いました。

攻様はスーパーアイドルという設定ですので
本来手の届かないアイドルであるはずですが
基本的に寮内でしか接しないので

キラキラアイドル的な要素は
受様の脳内にしか酸沿いしないと思って
手にされた方がいいと思います。

攻様の相方と受様の兄は
妄想したい欲にかられる関係だけど
たぶん何でもないんだろうな~

と言うところまでがお約束っぽい感じで
楽しませて頂きました (^-^)/

1

表紙で衝動買い

初買いの作者様で表紙を見て衝動買いしました。
すみません。辛口です。

キラキラアイドルだけど実生活はだらしない女たらしの甘ったれワンコ攻×地味な世話焼きツンデレ受というカプです。
絵柄に関しては今時の絵柄で読みやすいと思います。

お話は寮モノBLの王道ではあります。
アイドル×一般人BLとしての楽しみは皆無で
す。
個人的に郁翔(受)に可愛さを全く感じずツンデレ受というよりも可愛げの無い受にしかみえず途中で何度も挫折しそうになりました。
そもそも郁翔の設定って出来の良い双子の兄と反対にいつも自分は勝負時に失敗してしまい両親にも失望されて逃げるように寮付きの高校に入学したって事ですが…この設定無理があるでしょうと思ったのがピアノ発表会の時は転倒骨折、中学受験はインフル拗らせ入院、高校受験は貧血で川に落ち溺れて緊急搬送……これで普通の親なら自分の子に失望します?受験時に解答欄がずれてるとか発表会の時に最後の最後で音を間違えるとかで親に失望されたなら分かるけど命の危機に晒されてる子供に失望って…と導入からモヤモヤ。
しかも双子である拓翔ととも蟠りを抱えているのに和解のエピが解説…。
もう和解エピ入れない方が良かったのでは?と思うレベルでした。
序盤から中盤まで郁翔(受)は慎之介(攻)に対してひたすらアイドルであるSinのファンでありアイドルのSinが好きだと主張し続けます。
その割に撮影現場に忘れ物を届けに行ったエピやツアーDVDを貰ったエピの時の郁翔の反応の薄さ…。
貴方たしかSinのファンでしたよね?言いたくなりました。
それに慎之介が郁翔に一目惚れ?らしいのですが正直なぜ?としか思いませんでした。
郁翔が美人系や可愛い系という描写もありませんし慎之介が可愛いと言ってるだけで特段可愛い容姿であるといったエピはありませんのでなぜ慎之介が郁翔を好きなのかは全く共感出来ませんでした。
蓮も慎之介の初恋(後に初恋ではないと判明)の相手を勝手に郁翔に暴露し何がしたかったの?というモヤモヤ。

とにかく最初から最後までモヤモヤして消化不良でした。

アイドル×一般人BLの葛藤とか乗り越えた先のハッピーエンドを期待しているのなら購入はおすすめしません。
寮モノBLで仕事時はキラキラアイドルで素の時は甘ったれダメンズワンコ攻が読みたい方には良いと思います。

3

アイドル

月村先生原作だったのと雑誌で読んでいたので購入。まとまって読めると嬉しかったですが、さらっと読み終えたので萌にしました。雑誌掲載分+描きおろし2P+麻生先生のあとがき+月村先生のあとがき。カバー下は表紙と同一単色絵。

受験に色々失敗して、最終的には全寮制男子校へ入学した郁翔(いくと)。1つ上の学年には憧れのアイドルsinが在籍していて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
Ren(アイドルユニットの片割れ)、マネージャ、受けの双子の兄、学園の皆さん等。双子兄、クール!

++攻め受けについて

攻めがチャラい!キラッキライケメンなんだけど、ファンサたっぷりの芸能人、女たらし度満点!軽いなあと思うのですが、にっこり微笑まれて受けに絡んでくるのをみると、ついニマニマして「ok!」と思ってしまう。

受けはいろんな局面でやることが上手くいかないぶきっちょさんという印象。地味にsinのことが好きだったのに、目の前に現れて言い寄られて・・・という展開です。なんだっていいんだよ、こんなイケメンに言い寄られるんだから!いいなあ。

攻めのキャラが好きだったですが、お話は王道だなと思ったので、めちゃくちゃ盛り上がる!とまではいかなかったお話でした。Renとお兄ちゃんのお話なんて出てこないですかね?

2

美麗絵柄で描かれるアイドルの恋のお話。

すんごいお久しぶりな気がする麻生さん作品。
しかも月村さんとのコラボですと…?とテンション高く発売日を心待ちにしていました。月村さん作品の挿絵を麻生さんが担当されていると思っていたのですが、月村さん原作、麻生さんによるコミカライズでした。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。





主人公はDKの郁翔。
彼はとある理由から家を出て、寮のある高校に進学。寮生活を送っている。
そこで彼は出会ってしまった。彼の推しのアイドルであるSinに。人気絶頂のアイドルユニット・ダブルムーンのメンバーの彼は、郁翔と同じ高校に通う高校生だったのだ。

スーパーアイドルSin、月島慎之介の素顔はだらしなくてちゃらちゃらしていた。「好き」と軽く言い、さらに頬にキスをしてくる郁翔に、慎之介は驚きながらも嬉しくて―?

というお話。

郁翔が自宅を出た、その理由。あらすじにも書いてあるのでここでも書いてしまいますが、優秀な双子の兄と比較されるのがつらかったから。だから、郁翔は家を出た今も、「優等生」であろうとする。

そんな郁翔の仮面を、少しずつ剥いでいくのが慎之介なんですね。

が、郁翔は慎之介の態度に戸惑うことも多い。慎之介の本心がどこにあるのか、わからないからなんです。慎之介は幼少期の過酷な体験から、自分が必要とされることに価値を見出しています。なので、スーパーアイドルになった今もファンサは欠かさない。郁翔もまた「ダブルムーン」のファンだから、だから慎之介は郁翔にちょっかいをだしてくるのか?

それは読んでいて読者も同じで、郁翔と同じように、慎之介の本心を測りかねる。いや、慎之介は郁翔に惚れているのだろう、ということは分かるのですが、なんて言うのかな、なぜその相手が郁翔なのか、というのが読んでも理解できないんです。

キラッキラのアイドルに惚れられてしまう一般人。
ストーリー自体はよくある王道のストーリーではあるのですが、今作品はアイドル(=Sin)の恋心が育っていく過程、が見えづらいので今一つ感情移入しづらかった。

郁翔は双子の兄に対するコンプレックスとか、両親との関係に悩み、家を出た、というバックボーンではありますが、学校の友達関係とか寮生活は問題なく楽しく過ごせていて、かつお兄ちゃんとも和解することもあって(兄ちゃんには兄ちゃんの葛藤があった)、全体としてはシリアスさはほぼなくほのぼのベースのお話です。が、個人的には彼らの内面にもう少し突っ込んでほしかったなという気も。

ダブルムーンのもう一人のメンバー・蓮もナイスガイだったので、彼のお話も読んでみたい。1冊にまとめず、もう少し巻数を増やしてじっくり描いてくれたなら、あるいはもう少し萌える作品になった気がします。

麻生さんの美麗絵柄で紡がれる絵柄には萌えましたし、痛い展開になることはほぼないので甘くて優しいお話が読みたいときにはぴったりな作品かと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う