気が合うということは

ki ga au to iukoto wa

気が合うということは
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×213
  • 萌21
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
16
得点
157
評価数
48
平均
3.4 / 5
神率
14.6%
著者
麻生海 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289246

あらすじ

「親友」に6年も口説かれ続けている自分はバツイチで!? 
長編読み切り76ページ作品&他社コミックス未収録80ページ。
超豪華二本立て、描き下ろし入り!
大人気既刊『家賃半分の居場所です。』キャラと関連ありま~す★

表題作気が合うということは

飯塚,高校の頃から受けを口説き続ける友人
白石,離婚したばかりのサラリーマン

同時収録作品1+1+1

瑛人,恋人の死を引きずるサラリーマン,28歳
智文,コンビニ店員,23歳

その他の収録作品

  • あとがきまんが(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数16

切ないなぁ…

高校時代から、ずっと好きで告白し続けて
彼は結婚してしまったけど、離婚して…
今でも好き。
結婚したから諦められると思ってた、でも無理だった。
彼が離婚して少しだけ喜ぶ自分がいた…

ずっと好きでいつづけるのって結構苦しいよね。
最終的には流されて始まる関係だけど
目の前からいなくなられると嫌だと思うくらい
相手はもう好きになってる。
この2人のその後が読みたいです。


後半のお話も切ないです。
いつもコンビニに来てくれる瑛人を好きになった智文。
だけど彼の後ろには一人の少年(友希・幽霊)がいて…

過去に恋人同士だった瑛人と友希
だけど事故で友希は亡くなり瑛人は大怪我。
そして友希の死を引きずったまま今も生きてる。
そこに入ってくるのが智文なんですが
智文と接触してると友希の姿が見える瑛人
そういう理由から頻繁に瑛人と会うようになるんだけど
そこには死んだ元恋人と瑛人が楽しそうに会話する姿。
瑛人が好きな智文にとってだんだんと切なくなってくる。
だけど友希だって生きて側にいる智文がうらやましくて…

もちろん最終的には生きてる者同士がカップリングになるのですが
友希の気持ちを考えるとやっぱり切ない。
友希の分まで2人は幸せになってもらわないとね。

3

次回作も待ってます。

ふおおおお、もう麻生さんのコミックは読めないんだと諦めてたので、めっちゃ嬉しい!と、興奮しながら読んでたらなんか、あれ?絵が・・・ちょっとふ、あのね。2009年の作品なんですね。でもいいんです。表題作は、相手に気持ちを知らせておいて友達でいいから側にいるって、相当つらいことと思うけど。しかも結婚しただとか。優しいから絆されたのねという感が否めないけども、まあ・・・めでだしめでだしなのでしょうかね。もう1本の幽霊話は、幽霊に同情してしまってスッキリしませんでした。

1

後半のファンタジー作品が切なくて好きです

二つの作品が収録されてます。
【気が合うということは】
「一度だけでいいから抱かせろよ、嫌われたら白石の前から消えるから。」と飯塚に口説かれて続けて6年。さすがに白石が結婚している間はなかったけど白石がバツイチになった途端、口説きが再開。

(お前が離婚して)諦める理由が消えてまた辛くなる…だからこそ本気で諦めようかなって…と涙を浮かべて「一度だけ…」と言われてついにほだされてしまう白石。何度断られてもめげずに明るい飯塚だっただけに、不意討ちの涙にきゅーんときます。
飯塚の涙を見て、泣くほど好きということがどういう事なのか実感できない白石。元奥様にちょっと同情…。
一線を超えたあとでも白石にあまり変化が見られないので、飯塚が気の毒になります。でも白石は「好きとかわからないけど飯塚がいなくなるのは嫌だ」という恋愛音痴でほだされ男なので一生「泣くほど好き」という気持ちは経験しないかもしれないけど、飯塚のそばにずっといそうな予感。

【1+1+1】
ファンタジー入ったお話で、表題作よりもこっちの方が好きだけど、死ネタがらみなので好みが分かれると思います。
コンビニの常連客・瑛人に憧れている店員の智文。ある日、瑛人の側に見慣れない高校生がいることに智文は気づくけど、瑛人にはその姿が見えていない様子。
実はその高校生は瑛人の高校時代に事故死した恋人、友希で智文が瑛人に触っている時だけ、瑛人にも友希の姿が見えることが判明します。

生きてる二人と幽霊という奇妙な三角関係なんだけど、どの立場にたっても切ないです。
10年ぶりに会話が出来た恋人たちのために好きな気持ちは隠して協力する智文。瑛人が自分に会いたがるのは友希の姿が見たくて協力して欲しいからだと思っている。
友希が死んでしまった10年前で時が止まってしまっていたような瑛人。
そして幽霊の友希。友希に思い入れして読むとめっちゃ辛い…。だって死んじゃってるのだもの…。自分の力ではもう何もできない、見守ることしかできないというところがとてつもなく辛いです。

1

短編なのがもったいない!

学生時代から6年間の片思いをし、口説き続けた、
ワンコ攻めの飯塚が、めちゃ可愛いです!

スーツ姿が男前!それなのに、ワンコ。萌。

一度だけ体を重ねたら、もう会わないと宣言し、
結果、会わないように取り計らうも、
気が合う相手なので、ばったり出くわす。
けど、飯塚は気を使い、目をあわさなかったり、
直ぐにどこかに行ってしまう…
メールも、電話もつながらない…
そんな相手をほっとけない受けの白石。
だんだん、気になってきて…

と、ベタですが、そのベタが良い!
2人の同級生の会話(妄想)も面白かったですよ。
ただ、これ、短編じゃなく、
長編だったらもっとよかったかな。

0

好き!だけど足りない!

じつに約5年ぶりの麻生海さんの新刊!
掲載は2009年のようですが、久々に麻生さんの漫画が読めて嬉しいです。


白石(受け・表紙のメガネ)は、友達・飯塚(攻め)に、高校の頃から6年も口説かれている。
でも、無理強いするでもなく
白石が結婚したら笑顔で祝福してくれ
離婚したら引っ越しを手伝ってくれる飯塚、ワンコのような健気さが泣かせます!

初めて一夜を共にした翌朝
通勤途中の電車でバッタリ会ってしまった二人の照れた顔とか、
別々に寝ていても、実は同じタイミングで一人Hしていたシンクロぶりとか、
とにかく可愛い二人でした。

イイ奴だけど恋愛音痴な白石は
ハッキリ「好き」とは言うわけではなく
ほだされたような形ですが
飯塚がいないと調子が狂ってしまうあたり、何だかんだ飯塚がいないとダメなのでしょう。
このままずっと仲良く年取っていけそうな二人だと思います。


「1+1+1」は、コンビニでバイトする智文(受け)と、サラリーマンの瑛人(攻め)と、彼の死んだ恋人・友希(幽霊)の奇妙な三角関係の話。

瑛人に片想いする智文がすごくイイ子でした。
瑛人と友希が会えるよう協力して、
友希が智文の身体を乗っ取って
瑛人と寝たことを知っても
まだ友希のことを思いやって…。

恋人を亡くして脱け殻のようになっていた瑛人が
智文の明るさに惹かれていくのがよく分かりました。
どのコンビニ弁当が美味いか、など
なんてことない会話や食事のシーンなのに
とても楽しそうな気持ちが伝わってきて
生きてるって素晴らしいことなんだな~と何だかグッときました。
そんな二人を側で見ている友希も
切なかっただろうなと思います。

瑛人は年上で攻めですが、18で恋人を亡くして以来
(色々と)経験が止まっているので
中身は智文の方が大人で男前に見えました。
Hで瑛人の内股を舐めてるシーンに萌え♪
これで智文の就職が決まればスッキリ終われましたが、そこはスルーでしたw


描き下ろしのマンガは
本書の白石と「家賃半分の居場所です」の白石が従兄弟同士でした~という話。
恋人の隣で笑ってる白石(家賃)がすごく可愛いですが、どうせなら本書のカップルの後日談をもっと読みたかったかな~。

萌×2寄りの、非常に名残惜しい読後感です。
またいつか麻生さんの新作が読めることを
楽しみにしております!

5

ゲイとノンケのゆるい掛け合い

同級生で親友で、友人から恋人へのお話。加えて同居ものです。
ゲイの飯塚は白石が好きでその気持ちを隠しておらず、「一回だけやらせて!」みたいなことを何度も言うのですが、ちょっと色気がない、というかデリカシーがない言い方ではないかな?と思わなくも^^;

そんな二人は大人になり、白石が離婚したとからつい流れで寝てしまう…
このお話、飯塚がずっと一途で押せ押せで、白石が次第にほだされるならわかるんですが、どうしても白石が結婚・離婚したというエピソードがあるからか、流されてしまった感があるのが個人的には恋愛物としてちょっと納得できない気がしました。
作品解説に「白石がバツイチになったから抱かれてしまうのは時間の問題」みたいに書かれていますが、え、同性同士の恋愛ってそんな簡単にできるものなの?(白石にとって)という感じで…。

シリアスというより雰囲気は、ゆるく、なんとなく不思議な二人だな~という感じで、こちらのお話に関しては残念ながら萌えはあんまり感じなかったです。
最後の白石が飯塚を受け入れる(告白を受ける)時の台詞のゆるさ!
これが、あれっこれでいいの?て思いました。
ただ印象は同じ作者さんの前に出された「家賃半分の居場所です」の雰囲気に似ていて、内容も同居のお話で緩さもこんな感じだったので、あの作品がお好きな方にはピッタリ合うかもと思います。

後半の「1+1+1」は三角関係のお話。
こちらのほうがストーリーとしてはよく出来てるなあと思いました。
しかし三角関係のうち一人は攻めが学生のころ付き合っていて、事故で亡くした恋人、すなわち幽霊です。
幽霊と三角関係…。ストーリーは良かったと思うけど、やはり一人が亡くなっているので楽しさより悲しさを感じてしまいました。
それが少し好みとは合わなかったです。

どちらのお話もすごくツボにはまった!という感じではなかったのですが、でもお話のあったかさや絵の感じはとても好きです。
長い間新刊を心待ちにしていた作家さんなので、次の本が出ることも心待ちにしたいと思います。

2

ほだされ系・・・

ノンケ、親友、長年の片想い(但しアプローチはずっと続けている)・・・私の好きなキーワード表記に惹かれて購入しました。

表題作が3編、別作品「1+1+1」1編が収録されています。

学生時代からノンケの「親友」白石(受)を口説き続けている飯塚(攻)。
アプローチはし続けているものの根本的にヘタレな攻め様。

一度は結婚してしまった白石がバツイチになった際に、ついに2人は勢いで一線を越えてしまうのです。
でも、一線を越えたのち、受け様の前から姿を消してしまう攻め様。

というのも、口説くときにいつも「一度でいいから抱かせてほしい。それで嫌われたら白石の前から消えるから・・・」と言い続けていた攻め様。
でも、割と勢いでこうなしくずしな感じで体を重ねてしまった感じだったので、朝になって受け様から拒絶の態度や言葉があるんじゃないかと恐れて、勝手にいなくなってしまうんです。
でも攻め様のそんな気持ち、とても良く分かります。

最終的には受け様がほだされて付き合うことになるのですが、最後まで甘々さがあるようなないようなカップルの様が私には逆に好もしく感じました。
受け様が、不器用で若干ツンデレ気味な性格なので、そんな受け様と攻め様が急に甘々になってしまっても却ってひいてしまうので・・・あれぐらいのテンションが自然で良い気がします。
ちなみにそんな受け様の性格が個人的にツボです。

そして「1+1+1」・・・
これは私はとても苦手なタイプの作品でした。
暗いし、辛いし・・・
そもそも亡くなってしまった恋人(男性)が成仏できず幽霊になって恋人の側にくっついているのだけれども、恋人はその事に気が付かず・・・という幽霊ものは、何か特別な奇跡が起きて亡くなった人が復活して・・・というような展開が起こらない限りは、どうにもできないただただ切なく哀しい結末にしかならないことが分かっているだけに、読むのが本当に辛かったです。

1

切ないけど幸せ

〈気が合うということは〉
6年間飯塚に口説かれ続けた白石。一度だけでいいから抱かせてくれ!嫌われたら消えるからと言われ続け。
そして白石が離婚した引っ越しの日にとうとう。

そしたら飯塚が避けだして。白石も飯塚が好きかどうかはわからないけどいなくなってしまうのは納得いかないんですね。探しだして部屋に連れてきて。隣で寝て勃たせたり。
飯塚が食べたいって言ってた鍋を用意したり。

白石がそれが原因で別れた性格も、飯塚はそこが好きだって言ってくれて。

飯塚が健気で。6年間口説き続けて結婚されちゃって。でも離れられなくて、離婚したら本当にもう諦めなきゃって。ちょっと嬉しかったことにも罪悪感を感じて。

結局白石が流される感じ?で付き合う!となったけど君も飯塚がいないとダメでしょ?と思いました。

攻めの長い長い片想いのお話は新鮮でした。6年間は回想だったのでエッチはすぐに感じちゃったけど。飯塚良かったね。泣くほど好きなんだもん。

〈1+1+1〉
こちらも切ないですねえ。
高校生の時に付き合ってた恋人を事故で亡くして10年。まだ思い続けてる攻め。そんな攻めを好きな受け。
恋人はずっと攻めの傍にいて受けを媒体に攻めに姿を見せ話せる。
3人とも切ないですね。
恋人は実態がないから受けがいないと何もできない。攻めは会えて嬉しいけど声が似てる受けに引かれ始めてて。受けは好きなのに恋人同士の橋渡ししてとうとう体を乗っ取られエッチされそうになって。

最後は恋人が一芝居うったのかな?攻めを道連れにしようとするのを受けに見せて。二人をくっつけます。
もう攻めに泣いてほしくない、笑っていて欲しいから。消えます。
でも二人とも恋人を忘れることはなくて。
18歳で止まった時間を動かしましたね。

1

表題作よりも切ない、1+1+1。

ちょっと泣いてしまった。表題作よりも切なくて、何ともやり切れない気持ちにさせる、
同時収録の「1+1+1」。他のレビュアーさん方も触れている様に、亡くなった恋人の友希のことを思うと、可哀想ではあるんだけど、(やはり定番的になってしまうかもだけど。)
ここは、「喪失と再生の物語」であるべき。なんですよね。そして、友希もそれを最終的には願ってもいる。愛しているから。それが痛いほど伝わってくる物語でした。途中、ちょっとだけ怖いところもありましたが。
生きて、人の温かさを感じるということ。瑛人さんが生きていく為に、智文には友希の霊が視えてしまうようになったのかな、とも思いました。恋をしていたから。
そして、何も見えないという瑛人さんが、智文に触れている時だけ、友希が見える、というのもいい。瑛人さんの哀しみが分かるから見せてあげたいという智文の優しさ。愛情。
途中、身体を借りるとか言って、智文に乗り移り、瑛人さんとおっぱじめた時には、さすがに酷いと思いました。幽霊あるあるだけど‼︎ けれど、友希も瑛人さんの心が、智文を愛し初めていることが分かったから…。途中で止めてしまったんだとも思います。いや、でもこれは傷つく。
友希が無事に成仏してから、初めて二人が繋がるシーンもいい。
瑛人さんは、18歳の頃に友希を亡くしてから、誰も抱いて無かったというのですが、いい大人なので…、オヤジくさい言葉攻めになっていて、智文を恥ずかしがらせます。いや、智文の「瑛人さんのって、すごい硬い…。」っていうのも相当な煽り言葉ですけど。
麻生先生の綺麗な絵と相まって、とてもしなやかな絡みです。

さて。表題作の方は、10年もの片恋が実るお話。片恋相手の白石は、その間、結婚したり、離婚したりと、人生の転機を迎えて来たのに関わらず、友達として側でずっとそれを見て来た飯塚。飯塚も相当めげていたとは思うのですが、それでも変わらない愛情を寄せていて。これにはフリーになった白石もとうとう流されてしまいます。流されてからの二人のお話。
何より私が気になるのは、そんな二人を側で見守って来た同級生の筒井ともう一人(名前無い⁈)の友人たち。この仲良し4人組は、飯塚が脇目も振らず、白石を口説き続けているのを知っているので、偏見も無く。どちらかというと、飯塚を応援している感じ。白石は迷惑そうな素振りを見せてますが、ここはちゃんとこの二人にも報告してあげて欲しいものです。
物語は、流されてただけの白石がようやく恋を意識するところで終わっているので。それからの二人をもっと読みたかったです。

1

2カップルの恋話

まず、作者様の、数年前の絵なので自分の絵を真似て描いています、というコメントに笑いました。2009年の作品なのですね。描き下ろしは釣り目が顕著になっていました。

「気が合うということは」
白石(受け)は、離婚して引越しをした夜に、高校時代から言い寄ってきていた飯塚(攻め)に抱かれます。
一度となく嬉し泣きする飯塚が可愛いです。ゲリラ豪雨かと騒ぐ友人達は楽しいですし、「悩むのがバカバカしい」と思い切りの良い白石は男前でカッコいいです。時間をずらしたのに一緒の電車に乗ってしまったり、「しょうゆ」とハモる二人も良いです!

「1+1+1」
智文(受け)は、バイト先であるコンビニの客、瑛人(攻め)に好意を抱いています。しかし、彼には10年前に亡くなった友希(受け)の幽霊が傍にいて、という話です。
ずっと傍にいただろうに、何故、急に智文は友希が見えるようになったのか。それとも友希はコンビニには普段はついてこなかったのか。と、ちょっと導入部で疑問が生じましたが、スルー(笑)。
結局、友希は、瑛人が徐々に智文に惹かれていることに気がついて、智文に譲り、瑛人の幸せを願いながら成仏してしまいます。王道ですね。
でも題名が題名なので、3人でずっと、というユニークな結末でも良かったんじゃないかと思います。
あと、智文(身体)と友希(中身)の攻受が違っていて、わぁーっとなったら面白かったのに、なんて考えました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ