αの獣人の将軍とΩの人の子が贈る―――オメガバース登場!

狼将軍のツガイ

ookami shougun no tsugai

狼将軍のツガイ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
天野かづき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陸裕千景子 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784041112656

あらすじ

急に訪れた発情期のせいで、初対面のαの男に抱かれ、ツガイとなってしまったΩのセルカ。翌日、あきらかに身分の違うその男が起きないうちに逃げだしたセルカは、その後一人で子を産み育てていたが、男が現れ…!?

表題作狼将軍のツガイ

シグルド・ラスロー,貴族,獣人アルファ
セルカ,19歳〜,薬師

レビュー投稿数1

将軍・・・

陸裕先生追っかけで購入。挿絵は大好きなんですけど、大変申し訳ないです、攻めが想定外だったので中立としました。将軍、国を守ろうよう。本編250P弱+あとがき。オメガバお好きな方でしたら良いのかも。

街道の交わる大きな町、ティントに薬を卸にきたセルカ。祖母亡き後、一人で薬を調合して生活しています。市場で買い出しをして宿に帰ろうとしたところ、獣人、しかもアルファにぶつかってしまい・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
リュクス(受けの子、4歳)、エドガー(村長の次男)、サリタ(リュクスのお友達)、テセウス(攻めの元部下)、悪党少々。

++攻め受けについて

受けは一人でお子様を育てている健気さん。最後は身を引こうとする方なので、切なさたっぷり路線がお好きな方はいいんじゃないかと思うのですが。

予想外だったのが攻めさん。貴族でつよーい将軍様のはずなのですが!
最後の攻めの選択結果が、「あれれ・・」と個人的に肩透かしをくらいまして。
何でもDIYできちゃう、スパダリじゃん!と良かったんですけどねえ。ちゃんと強いしさ。

陸裕先生の挿絵は絶好調、大好き。お子様めっちゃ可愛くって嬉しかったんですけど、お話の方が申し訳ないです、好きな方向じゃなかったでした。受けが巣作りするところもあって、良かったんだけどなあ。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う