式神見習いの小鬼

shikigamiminarai no kooni

式神見習いの小鬼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神39
  • 萌×215
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
271
評価数
61
平均
4.5 / 5
神率
63.9%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784199010323

あらすじ

見た目は凛々しい青年だけど、頭の中身は
小学生男子!? 人間と鬼の間に生まれた半妖の
草太は、人間社会に溶け込むため、
当代一の陰陽師・安倍那都巳の住み込み弟子を
することに!! 妖魔退治を手伝ったり、お供として
TV収録に同行したり…。好奇心旺盛だけど
未成熟な草太に想定外な欲情を煽られて、
那都巳はついに性の手ほどきまでしてしまい!?
純真無垢な小鬼と腹黒陰陽師の恋模様!!

表題作式神見習いの小鬼

安倍那都巳,陰陽師
神薙草太,鬼と人間のハーフの半妖,20歳くらいに見えるが3歳児

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

『式神の名は、鬼』のスピンオフ

作家買い。
夜光作品の『式神の名は、鬼』のスピンオフ作品です。『式神の~』の受け・櫂のもとに預けられていた、鬼と人間のハーフである半妖の草太のお話。

前作未読でも理解できないことはないかな、と思いますが、前作ありきのお話ではあるのでできればそちらから読まれた方がより面白く今作品を読めると思います。






鬼の血を引く草太は、その成長速度、力などから普通の人間の生活を送ることが難しい。けれど草太の母親は何とか草太に「人間らしく、普通に」生きていってほしいと願い、陰陽師の櫂に草太を託した。

もともと成長の早い草太ではあったが、とあるアクシデントにより櫂の血液を飲んでしまい、それをきっかけに成長速度が速まってしまった。そんな草太を見守り保護し養育するために名乗りを上げたのが櫂の友人であり、陰陽師仲間でもある那都巳。

というところまでが前作の『式神の~』で描かれていた部分。

今作品は、那都巳のもとに草太が身を寄せるシーンから物語はスタートします。

安倍晴明の子孫である那都巳は、実力・知名度共に高く、彼のもとに修行に来ているお弟子さんたちがいる。櫂のもとにいたときは櫂と鬼(羅刹)しかいなかったけれど、那都巳は都会に住んでいることもあって、より、人間らしい生活を過ごすことになった草太のドタバタコメディの要素を孕んだ作品です。

彼は3歳なのですが、見た目は20歳。大人に見えるんですね。
さらに言うと人間としての生活を送ってきたわけではないので、見た目は大人、中身は子ども、という某探偵くんのお話の反対を地で行く展開なのです。

で、そのドタバタな日々の中で、那都巳は草太をボディガードとして連れて歩く。それは陰陽師の仕事をこなしながら、草太の「鬼」としての本能を試されることも、出てくるわけで。

おそらくシリーズものになると思いますが、草太が人として生きていくのか、あるいは鬼としての本能に負けてしまうのか、そこを描いていくシリーズになるのでは?と思われます。

で。
この草太が、とにかく、可愛いです。
言動が子どもっぽいのも一つの要因なのですが、彼は性的にもまっさらさん。そんな草太に性的なあれこれを仕掛ける那都巳にGJを送りたい。

まっさらさんゆえに、快楽に弱く、あっという間に果ててしまう草太がめちゃめちゃ可愛いです。本家の羅刹は絶倫ですが、草太は早漏です。可愛いです(大事なことなので2度書きました)。ついついちょっかいを出してしまう那都巳の気持ちが分かります。草太が泣きながら那都巳にすがるシーンは激萌えです。

スピンオフ1冊目、ということもあるのでしょうか、陰陽師としての描写はあまりありません。ありませんが、草太の鬼と人間との間の葛藤が少し描かれていて、今後どうなっていくのか続編が待たれます。

そして笠井さんの挿絵は今回も神だった。
草太がクッソ可愛いです。
ヤバいです。
ベビーフェイスにバッキバキの腹筋がヤバいです。

夜光さんにハズレ無し、と再確認してしまうこと請け合いのめちゃめちゃ面白く萌える神作品でした。

10

おもしろ可愛い鬼の子

式神の名は、鬼のスピンオフで、鬼と人間のハーフの草太少年と那都巳のお話。
草太は体だけはすっかり青年に成長したものの、精神年齢は3歳児。純真無垢でとにかく可愛い。
デカ盛りを完食するほどの大食いで、那都巳の付き添いで行ったテレビ局の差入をドカ食いするシーンは爆笑してしまいました。食いしん坊ぶりがおもしろ可愛い! 

相手はあの那都巳だし、式神の契約なんか結んでどんな無体をされるのかと思いきや、案外大事にされています。草太の母の願いである「普通に暮らしてほしい」が何を意味するのかを草太に諭すところは、本作の中では一番ステキだなと思いました。普通じゃない半妖の草太が、誰かに迫害されたりしない暮らしは、那都巳のそばだからこそ叶えられる事で、他の従業員である薫子や季長にも見守られて、安心して暮らせる場所だと思えました。

そしてそして、一番の衝撃は何と言っても、
そっちかーい!
と叫ばずにはいられないあのシーン。
私は勝手に、初な草太の筆をおろす、エッチなお兄さんを想像してたんですね。だから草太にオナニーを見せろと命令したところからは大興奮だったわけですが、途中から、え…?!てなって、草太がお尻触られちゃってるよ?って。
ひょっとしてお尻も調教されちゃう系の新しい攻が誕生するのか、なんて往生際悪く読み進めたのですが、お尻で気持ち良くなっちゃう草太も可愛いかったので良い意味で裏切られました。


6

待ってました!

「式神の名は、鬼」シリーズが大好きだったので、スピンオフが出ると知ってずっと待っていたんです。

那都巳の元に式神として行ってしまった草太がどうなったかずっと気になってました。

見た目は大人っぽくなっても相変わらず幼い草太の行動や言動に何度もクスッとしました。
母親の事が大好きで、母親の願いを叶えようとする健気さも持っているんです。

那都巳の屋敷で他の人間と暮らすうちに決して人間の事は嫌いでは無くて、上手くやって行きたいと考えるようになった草太に成長を感じました。

那都巳に気持ちいい事をされてからも、恋とか愛とかを真剣に考える草太はかなり人間よりの半妖だと思いました。そんな草太に絆されてクールな仮面を剥がされて行く那都巳も、大分人間らしい面が見えて来たと思いました。そして陰陽師としての実力も凄かったです。

那都巳の草太への執着と素直な草太に萌えた作品でした。
それと那都巳から逃げた草太が櫂の家に駆け込んでからの、櫂と羅刹との会話に爆笑しました。笠井先生のイラストも最高でした。

あとがきでこのシリーズが終了とあったのがとても残念です。夜光先生は人気シリーズを沢山抱えているのでしょうがないと思いますが、不定期で良いので「式神の名は、鬼」シリーズは続けて欲しいと思いました。

3

本編がもっと続いてほしかった

恋愛からは程遠そうな那都巳と草太でのスピンオフということで、どんなお話になるんだろう?と思ってましたが、面白かったです!

色々と初々しい草太の仕事ぶりが微笑ましく、ほのぼのした感じですが、徐々にコメディ要素が強くなってくるというか、思わず笑ってしまう場面もw
2人の雰囲気としては、同じ夜光花先生の作品「眷愛隷属」の有生と慶次にちょっとだけ似てるような感じがしました。クールな攻めと元気いっぱいなアホの子受けですw

中盤以降に櫂と羅刹が出てくると途端に楽しくなってきます。やっぱり本編をもっと読みたかったですね。予定では羅刹が神様になるそうでしたが、そこまで書けなかったそうですので。
今作では唯一の櫂と羅刹の挿絵が、個人的にツボだったですw

後半には再び八尾比丘尼が登場で途端に緊張感が出てきますが、この人、本当に何考えてるんだか分かりませんね…
「私は住職様のお考えに従うのみです。この寺だけが私のよすがなのですから」と言うわりには、本編から随分と勝手なことばかりしてますが??
いや、あかねに憑いた悪霊退治もしてはくれますが(物のついででしょうけど)、草太の欲望を叶えようとするのはともかく、後ろの拡張とか(そこまでする!?と思ってしまいましたが、未遂でした。良かった。)余計なお世話すぎますからw
セックスしないと出られない部屋(結界)を作って草太を閉じ込めて高みの見物して、那都巳があっさり結界を解いたら「まあ……つまらない人」って…本当に見物する気満々だったのww
比丘尼はシリーズ通してよく分からないキャラでした。

今作では草太の感情がかなり人間寄りになっています。(本編の子供の姿の時は鬼の本能で少し怖い部分もありましたが) 実年齢3歳だし、まだ精神的に幼いせいもありますが、素直で心根の優しい良い子です。
むしろ、本当の人間の方が恐ろしいことを考えてたりするので、草太の方が人間味があります。

妖怪にも人間にもなれない半妖の草太が、自分が人間でいてほしいか鬼でいてほしいか那都巳に聞きますが「中途半端が君のいいところだよ」という言葉で、那都巳にとっては草太という存在は特別なんだなと感じました。
おそらく、那都巳は人間があまり好きじゃなさそう(普通の人と色々と違いすぎて心の交流は難しそう)ですし、妖怪が好きとは言っても、妖怪は退治したり使役するものであって所詮は家族や恋人にはなれない…と那都巳なら考えてそうです。
ある意味那都巳も草太と似た者同士だったのかもしれません。草太に惹かれたのも頷けました。
(鬼を恋人にしてしまった櫂が特別なのかも…)

このスピンオフ、続くかと思ってたら、あとがきで「ひとまずこのシリーズは終わり」と書いてあったので、これで終わりのようです。

お話は面白かったのですが、本当に個人的好みで、この2人のキャラがあまり萌えられないカップリングだったので(櫂と羅刹が好きすぎるのです)評価ひとつ下げました。すみません…

7

小鬼

先生買い。面白かった〜とても楽しかったから萌2にしました。やんちゃ小鬼ちゃんや、ぶっちぎりクールさんがお好きな方におすすめです!

那都巳の式神になった草太。攻め宅のお弟子さんや使用人たちとなんとか人間っぽく暮らしていますが、たまに那都巳に連れて行かれて、人ならざるものと戦ったり…と続きます。

攻め受け以外の登場人物は、前作のカプ、攻めのお弟子さん3人、使用人二人、受けの母、前作にも出てきたコワい色気満点バケモノ尼さん!ぐらいかな。コワイコワイ。

++攻め受けについて

受けが天然やんちゃ小鬼でカワイイ〜!キモチイイ事した後に、攻めの事考えて勃っちゃったら困り果てたり、攻めがバケモノ尼さんのこと好きって勘違いした時に湧き上がるもやもやをどうしたらいいのか分からなくて困り果てたりするところが、可愛くて可愛くて、頭ぐりぐり撫でたい。

攻めは攻めで、一般人とは到底言えない方。クール?冷酷?一定以上能力あると、どこかズレちゃうんだろうなあと思います。知り合いはいても友人がいないのは寂しいのでは?と思うのですが、そんな素振りは一切なし!!潔い!人に興味がないんでしょうね。だからバケモノ尼さんや、半妖の受けちゃんのことが気になるんだろうな。3歳児小鬼ちゃんを気に入ってるのが最初からよーくわかっているので、最初から最後まで安心して、そして楽しく読める一冊でした!

1

日本の性教育について考えさせられる。

スピンオフと知らず読みました。
半分くらいまでスピンオフと気づかなかったので、たぶん初見でも読めます。

ただ、キャラクターの人となりを知らず読み進めていったからなのか、どうしても受の草太が3歳児で小学生男子並みの知識しかないことに違和感を拭えず中立にしてしまいました。
身体は大人だけど、精神は小学生の純真な男の子に手を出す陰陽師にモヤッとしてしまって…。

最初は式神として半妖の草太くんがどうお仕事するかに終始してるんですが、途中から情操教育と性教育が入り込んできました。

曰く
「好きな人とセックスはするべきである」

知識が小学生の草太くんには、まず「好き」という感覚がよくわからない。
セックスは学校で習ったけれど、それは行為自体を指しており、精神の部分について論じてくれているわけではない。
そして、妊娠しないように、男女のセックスについて教えられる…。
最後まで読んでみて、私は日本の性教育について、考えさせられました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う