…オレ、ノワと交尾したい

森のくまさん、冬眠中。

mori no kumasan touminchu

森のくまさん、冬眠中。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神66
  • 萌×244
  • 萌24
  • 中立4
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
19
得点
582
評価数
145
平均
4.1 / 5
神率
45.5%
著者
ハルチカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社
レーベル
Glanz BL comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784434288258

あらすじ

――森で暮らすクマさんは数年前、子犬を拾った。
大事に育てて、子犬はすくすくと素直で優しく成長!
しかし、クマさんにはある悩みが…。
それは、もうすぐ冬眠の時期だというのに、
子犬が乳離れしてくれないこと!
こんな甘えん坊で大丈夫だろうか…?
不安なまま、どうにか冬ごもりを始めて早数カ月、
じんじんと痺れるような快感で目覚めると…目の前には大きな成犬が!?
「ずっと待ってたんだよ」と乳首を舐められて…って、この子まさかあの子犬!?

表題作森のくまさん、冬眠中。

アイリ,乳離れ出来ないワンコ
ノワ,保護者クマ

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下漫画

レビュー投稿数19

ドラマCD!

私の方では特装版に付くドラマCDの感想のみ書かせて頂きます。

3トラックの30分で、BGM、SE、音質どれも高品質でした。
内容は3話までなのですが、ドラマCDとはいえ原作の特典扱いなので、かなりカットされていた部分がありました。

特に皆さんが聴きたいであろう(?)3話目で2人が身体を繋げるシーン。
残念ですがカットされております!!
スゥッ…と朝になります(笑)

ですが!!!
そのシーンが無くとも、私は大変満足しております!

興津さんは、ノワくんのような声を我慢しない(できない)受が久しぶりでしたので、1話の着衣兜合わせをしてイく寸前、はっはっと震える吐息にきゃわーっ!となって、イく時の気持ちよさそうな甘い嬌声に卒倒してしまう勢いでした…。

イヤホンで聴くとバイノーラルまでいきませんがドラマCDでは珍しいタイプの臨場感がある気がします。
それに加え、濡れ場などは特にモノローグと台詞が入り乱れるので原作の激しさを耳でも味わえる作りになっていると思います。

エロだけじゃないですよ!
前半でノワくんが子供アイリくんと接する時の話し方が丁寧で、ふわもこしてるんです。深みのある低音と、それを優しく包むヴェールが耳にとても心地良かったです。

アイリくんはとにかく、キッズの時から乳をいやらしく吸いすぎです(笑)
成犬になると多少声が低くなりますが、わんこ的可愛さは失われません。

コウさんはとても頼り甲斐のある声で、ちょくちょく出てきてくれました!

今回は完全に別録りとの事でしたが、雰囲気に身を委ねれば気になりません(笑)

アニメ化も決定したようですが、個人的には是非とも完成版のドラマCDも販売して頂けたらなと思いました。

11

乳首が主役

絵がかわいいしクマのノワの肉体美がすごいしなによりも雄っぱいの存在感がすごかったです!
ムキムキで雄っぱいのある体の絵があまり好きではないのですが、ハルチカ先生の絵はふわふわした印象でキャラの顔も可愛らしいので暑苦しくなくて良かったです。

エロ多めで、乳首を吸ったりいじったり絆創膏貼ったり薬塗ったり乳首アップのコマが多いので乳首が好きな人はとても楽しめる作品だと思いました!

育ての親から恋人になる話で、ノワが関係が変わっていいものか悩んでいましたが友達のコウがいいアドバイスをくれるしアイリの相談にも乗ってくれていていいキャラだし、ワタリガラスのワタリも影のある感じでかっこよかったので無駄なキャラがいなかったです。

体は大きいのに完全に受け身なノワがかわいくて萌えました。

10

キレイ!可愛い!えっちだ!

絵がキレイでお話が可愛くて、とってもとってもえっちでした!特に乳首責めスキーさんにおすすめ。ちくばんも見れますよ!
続き物の1巻で、ちょっとだけ気になるところで終わってますが、ほのぼの系なのでギリギリしながら待つ感じじゃないです。どうしても読みたければ単話で配信されててすぐ読めます。電子のタイトルは「森のくまさん、冬眠中に乳首を愛でられました。」…内容はその通り!でも変えてくれて良かった笑。
クマのノワと、ノワに拾われた犬のアイリのカプ。ノワが冬眠から目覚めると、アイリが見違えるほど大きな成犬になってた!?っていう美味しい設定。アイリが冬眠中ずっとノワの乳首吸ってたのはびっくり…ふやけちゃうよ!?笑
くっつくまでのあれこれと、その後は発情期や番といった獣特有の問題をクリアしながら1話1エロ。このHシーンがとにかくすごかったです!二人とも腹筋バキバキで胸筋は柔らかそう。顔も体もとろとろに蕩けた汁だく状態で、画面から熱さが伝わってきそうでした。キスシーンも色っぽくて素敵です。
お気に入りは一話冒頭。ノワがクマ姿になって二人でお昼寝するシーン。この二人があんなえっちなことになるなんて…この時点では想像もできませんでした。
甘々で可愛くて迫力あるHに見応えがある作品。続きも楽しみです。

9

最高すぎ…アニメ化おめでとうございます!!!!!!

『森のくまさん、冬眠中。』ちるちるさんの記事とAnimeFestaのお知らせを見て購入しました。何でこんな神BLを今になってやっと分かったの私…悔しい!!!!(笑)
いや最高です。二人のほのぼの+甘い日常物語も最高ですし、ノワに発情するアイリ…めっちゃ可愛くてエロイ~~このエロワンコ!!こんな名作をアニメ化してくるなんて、生きてて良かった~

次巻もすごく楽しみにしています!!!

6

眼福でしかないケモミミBL♡

単話で2話まで読んでたんですが、単行本になったと聞いてさっそく購入

1話目から気づいてましたが、、なんだこのエッチな身体たまらない!!!!!天才!!ケモミミ萌無い(褐色萌はあります!)んですが、とにかく二人の身体が綺麗でエッチすぎて、、ここが天国か?本当に本当に絵が綺麗で、tnkライトセーバーが勿体無いのでお金払いうから18禁で読みたい

小さいアイリちゃんを拾って育てて、冬眠して起きたら大型犬になったアイリちゃんにtkbを舐めまわされていて、そっからあれよあれよという間に抱かれてしまう育ての親、ノワちゃん、、エロがすぎるぜっ!流され受ってそこまで好きじゃないはずなのにこれはエロい。これは可愛い。めちゃくちゃ買いです。ただストーリーは(今のところ)浅めなので、ストーリー重視の方は満足できないかも?

脇を固めるキャラクターたちもみんな丁寧に書き込まれていて、可愛くて、先の展開が楽しみすぎる!

ノワちゃんが森の仲間にめちゃくちゃされてちょう気持ち良くなっちゃって(悲壮感のないむりやりっをモトム)、今はひたすら無邪気なアイリちゃんが、嫉妬でガツガツしちゃう話が読みたいです(ただの願望

一点だけ。名前が気になる、、アイリって普通の女の子にもいる名前でなんとなく違和感があるので、違う名前だったら最高だったな〜

3

ほんわかエッチストーリー

冬眠中に乳首開発されてしまうところからお話が始まります!

アイリがノワのことが大好き過ぎていう気持ちがすごく伝わってきます。
いっつも尻尾がパタパタしていて可愛すぎです!!

小さい頃は可愛らしかったのに成長していくにつれ、かっこいい立派な大型犬になったアイリ。

そんなアイリを誇らしげに思いながらも成長ぶりと急展開に戸惑いがちなノワ!

もう可愛いすぎて可愛いすぎてやばいです。

キレイな絵に加え、エロさがスゴいです!!

1

萌える要素満載の可愛いケモミミLOVE♡

初めて読んだハルチカ先生の作品です。

ツキノワグマの獣人 ノアとアイリシュ ウルフハウンドの獣人 アイリのお話。

ある日、街から離れて島で暮らしていたノアは、海岸に漂着していた親子を発見します。
残念なことに母親は亡くなっていましたが、赤ちゃんは生きていました。
母親を失くした赤ちゃんをノアは引き取り育てることに。

数年後、可愛く成長中のアイリはノアと島で暮らしていました。
育ての親としてアイリを可愛がるノアでしたが、アイリと暮らしてから冬眠をしていなかったため冬は眠くて仕方ありません。
そこで、今年の冬は友人のコウにアイリを預けて冬眠することにしました。
――長い冬が終わり芽吹く春。
胸がじんじんして気持ちいい…ノアが目を覚ますと成犬になったアイリが乳首を吸っていて…。

何だコレ?!…か、かわいい (੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
ハルチカ先生の絵柄がとても可愛い上に、ケモミミなので破壊力抜群のビジュアルです。
…が、それだけじゃないんですよ。
溜息が出るほどの素晴らしい肉体美‼
そして、とってもエロい…もう、これは反則モノです(笑)

優しくて穏やかなノアはツキノワグマの獣人。
孤児になってしまったアイリを大切な家族として育てています。
一方、ノアに育てられ明るく無邪気に育ったアイリシュ ウルフハウンドのアイリ。
成犬になって、世界一大きい犬であることが判明しました!

仲良く暮らしていた2人ですが、やがてアイリの成長と共に関係性が変わっていきます。
「…オレ、ノアと交尾がしたい」
成犬になったアイリが交尾したいと思うようになるのは自然なこと。
外の世界を知らないアイリに、ノアは街で一緒に暮らすことを提案します。
アイリには「番」を見つけて欲しいと思っていたノアですが、発情期になり予期せぬ事態に…。

まだアイリが赤ちゃんだった頃、ノアはアイリを泣き止ませるために自分の乳首を吸わせていました。
ところが、子犬になってもアイリの乳首を吸う癖は直らないまま……今となっては完全な「乳首責め」になっている(笑)
何年もアイリに舐められ吸われ、ぷっくりと熟れた果実のようになったノアの乳首は必見ですよ~。

一途で純粋なアイリとひたすらアイリの幸せを願うノア。
親子の関係のままなのか?
それとも「別の関係」に進むのか?

このお話には、当て馬は登場しません。
脇キャラとしては、ジャコウネコのコウとワタリガラスのワタリ、街に住む獣人が登場します。
とくに、コウは2人の良き相談相手になる頼もしい存在でした。

Hシーンは、表紙の期待を裏切らないエロ可愛さです(笑)
挿入は1回だけですが、その他も見応え充分のエロさになっていました。
ノアの乳首を愛でるも良し、射精が止まらないアイリに萌えるも良し。
ひたすら可愛い2人を堪能してください‼
ちなみに、紙は白抜きでした…残念。

描き下ろしは、まだアイリが子供の頃のお話です。

最後まで読んでビックリ?!続編があるんですね?
タイトルにナンバリングがなかったので単巻なのかと思っていました。
続編では、ノアとアイリの関係がさらに親密になるのかな?
甘い2人が見られるのを楽しみにしています♡

全体を通してほんわかと可愛さで溢れたお話でした。
意地悪なキャラが登場しなかったことも良かったな。
無償の愛でこれだけエロいのは素晴らしい(笑)
おすすめは、ツキノワグマの姿になっているノアです。
人型ノアの面影は一切ありませんが、これはこれで可愛い。

ケモミミがお好きな方はもちろん、少しでも気になっている方は読まれることをおすすめします♡

追記:
TVアニメ化決定おめでとうございます‼

18

超大型わんことくまさん

超大型犬でわんこなアイリとおっとりとして優しいクマのノワ。
ノワがアイリを助けてから家族で親子のような関係のふたり。
ノワの冬眠中は小さなアイリと離れていましたが、冬眠から覚めると大きく美しく成長したアイリに迫られいろいろなところを攻められることになってしまい…。
ケモミミのふたりのほんわかで温かなお話しの中にしっかりと濃いめのエッチも堪能できます。

世界一大きな犬だというアイリ。
クマであるノワに負けない大きさで、このアイリが幼い頃からはもちろん成犬になってからもとんでもなくかわいいです。
甘えた声できゅうん、とかくうん、とかあんなキラキラな顔面の綺麗な瞳で見つめられて甘えられたらたまらん。
ノワのことを大好きオーラがダダ溢れていて、かわいらしい一面もあればノワを守ろうとするしっかりと男の子なところもあってかっこいい。
描き下ろしでのエアー犬かきは必見で、かわいさに悶絶です。

そして、褐色ノワのボリューミィな身体がとんでもない…!
ツキノワグマの胸のマークもなんだかエロい。
電子版でのタイトルが『森のくまさん、冬眠中に乳首を愛でられました。』だったのもあってか乳首がぷっくりとパフィーですごくエッチです。
それをあのかわいいかっこいいの塊のアイリが愛おしそうに愛でる描写がとってもエロエロで!
はあ〜、もうごちそうさまです(拝)

ハルチカ先生の美麗な絵での熱量たっぷりなエッチシーンはかなり濃厚で大満足。
ふたりのほっこりお昼寝シーンとのギャップがすごいです。
コウのお兄ちゃんみのあるなでなでも好き。
お揃い?みたいなエッチな服を着ているコウとワタリとの関係も気になるところ。

アイリとノワの笑顔にこちらも幸せな気持ちにさせてもらえる素敵なお話しでした。
電子でのタイトル表記が1となっていて、続いているようなので次を楽しみに待ちたいと思います。

9

年下わんこ攻めに萌える

初読みの作家さまですが、電子で何話か単話読みしていまして。コミックス化されたら絶対に買う、と決めていた作品。表紙にケモ耳がついた男の子たちが描かれていますが、獣人、というのとはちょっと違って、動物の擬人化、という表現の方が正しいかなと思います。








主人公はクマのノワ。
ノアは数年前に海辺で一人の子犬と出会う。母親を亡くし自分にすがってくるその手を振り払うことができなかったノワは、その子にアイリと名付け大切に育ててきた。

が、ノワは冬眠が必要なクマ。
赤ちゃんだったアイリも少年と言える年齢に差しかかりそろそろアイリの手も離さなければと思ったノワは、友人のコウにアイリを預けて冬眠に入るが―。

今作品のキモは、すばり、ノワのtkbです。
赤ちゃんなど育てたことのないノワが、泣くアイリを泣き止ませるために咥えさせたのは自分のtkb。大きくなっても赤子が乳を求めるように、アイリはノワのkbをチューチュー吸うわけです。アイリが小さかった頃は微笑ましくもあった行為が、アイリの身体が大きくなり、そして性的な意味も込めてノワを求めるようになっていくと、その行為はエロい意味も含んでいく。

子を愛するようにアイリを慈しんできたノワと、ノワに恋焦がれ、自分の感情の意味も理解できないままノワだけを求めるアイリ。二人の間の愛情はその種類が違っていて、だからこそすれ違ってしまう。ノワはアイリの愛情を受け入れるのか、というところが軸に進みはしますが、ベースとしてはほのぼので甘々な展開。

個人的にはノワにはもう少し粘ってほしかった、と思ったりもしましたが、このほのぼの感が多くの腐姐さまの萌えを呼びそうです。登場人物は多くありません。そして二人の友人たちもナイスなイケメンくんたちなのでそちらも眼福でした。

これって続きものなんですかね?
最後、ン?ここで終わり?という終わり方をしています。ぜひとも彼らのその後を読んでみたいので続編を所望しています。

ハルチカさんの作品て初めて読みましたが、絵柄がとにかく可愛いんです。その可愛らしい絵柄で描かれるアイリの幼少期がめちゃめちゃ可愛い…!アイリはノワがすべて。一心にノワを求める姿が可愛いです。そして、その求愛の行動が性的な接触に繋がっていて、そこも良い。

なぜなら彼らは動物。
発情期とか、求愛行動とか、フェロモンとか。
主人公たちが人間ではなく動物なゆえに、そういった行動に無理がないっていうのかな。

ナイスなワンコ攻めをお求めの方にぴったりの、年下ワンコ攻めのお話で。めちゃめちゃ萌えました。

5

なんとも艶かしいくまさんで

電子でためし読みして、おもしろそうだったのでしかもコミックス出てたので早速購入しました!
登場人物?登場獣がみんなかわいい!りすのおばぁちゃん夫婦もかわいいかったです
とくに森のくまさんノワが筋肉質の体にエロチクビ~
褐色肌に性格は穏やかで、甘いもの好きで食いしん坊ってところがギャップがあってたまらなく可愛かったです
攻のアイリがまたノワに負けず劣らず可愛い攻なのに
今自分の中では可愛い攻ブームきてるので、とても良かったです
あとノワの部屋着がまたそそりますねゆるカーデにショーパン素敵すぎる
筋肉はあまり好きではないのですが、ノワのかわいらしい顔とあのムッチリボディーは大変色っぽかったです
コウとワタリのお話もよんでみたいです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う