これほど人を愛おしいと思ったのは、初めてだ。

王弟殿下の甘い執心

outeidenak no amai shusshin

王弟殿下の甘い執心
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×212
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
9
得点
95
評価数
28
平均
3.5 / 5
神率
17.9%
著者
名倉和希 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
蓮川愛 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリア文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784866574752

あらすじ

大企業を経営する家系に妾の子として生まれ、肩身の狭い思いをしている会社員の春輝。ある日、箏の演奏をするため参加したパーティで、セレブな美丈夫・ジェフリーと出会う。不遜な振る舞いの彼に、春輝は思わず怒りをぶつけてしまうが、後日ジェフリーがとある国の王弟であることを知る。最初は彼が苦手だった春輝だが、なぜか食事に誘われ何度か会ううち、誠実で献身的な姿に惹かれはじめ…。

表題作王弟殿下の甘い執心

ジェフリー・オルブライト,36歳,国営石油会社CEO,アルカン王国の王弟
片山春輝,24歳,サラリーマン,東大路グループ社長の異母弟

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数9

続編希望します!

凄く面白かったです。名倉先生の作品の中でも1、2を争う位に好みでした。

何と言ってもジェフリーと春輝のキャラがとても魅力的で、2人のやり取りが面白くて何度もクスッと笑ってしまいました。

春輝が綺麗な顔をしてるのにハッキリしてて、大酒飲みで大食いで男らしいところも好きでした。
でも決して下品では無くて純粋で真っ直ぐな所がチョロくて可愛らしいんです。

そしてジェフリーも王族で美形で完全無欠かと思いきや、春輝に振り回されていてちょっとカッコ悪い所がまた憎めないんです。www

春輝が酒と食べ物に目が無いと知ると、ジェフリーはそれこそ財力を使って飲み食いさせて誘惑しまくるんですが、春輝に上手く躱されたりと翻弄されまくっていました。でも決して嫌がる事をしないジェフリーに春輝も段々と絆されて来るんです。

途中で春輝の異母兄である東大路グループ社長が勝手に気を利かせた事から二人は気不味くなるんですが、ジェフリーが誠意を尽くして二人は心を通わせるようになるんです。

もう、この二人のやり取りが面白いし、百戦錬磨だろうに、春輝の無防備な色気に簡単にやられてしまうジェフリーに笑わせて貰いました。

そして終盤にジェフリーを狙う組織とか現れて春輝も巻き込まれて行くんですが、この辺りもとても面白くてページを捲る手が止まりませんでした。

そして二人の初エッチなのですが、久しぶりに読んでて滾りました。この二人のセックスシーンはとても良かったです。
そして超遠距離恋愛になる別れの朝に切なく泣く春輝にジーンと来て、そして次の瞬間には逞しい春輝にクスッとしました。

このラストシーンを読んで、是非とも続編をと思ったのでした。
アルカン国王に会う春輝とか、ジェフリーの別荘で過ごす春輝とか読んでみたいです。
あの組織がどうなったかも知りたいし。

蓮川愛先生のイラストがとても良かったです。ジェフリーが色気があって眼福でした。

そして名倉和希先生、80冊目おめでとうございます。これからもBL沼に浸り続けます。

11

受けが個性的で楽しい✧*。

規模は違えど境遇が似ている2人。淋しさを分かち合えたのかなぁと思いました。
出会い方は最悪。ジェフリーは早くに恋心を自覚したけど、春輝が恋に落ちるのは時間がかかりましたね。自由気ままで猫のようだけど、恋に落ちてからのギャップが可愛かったです。
春輝が中々素直になれなかったけど、事件に巻き込まれる事で互いの存在の大切さに気づき、愛を確認できたのは良かったかも。遠距離だけど2人なりに楽しみながら、淋しさも味わいながら続くんだろうなぁと思いました。面白かったです

3

続くかどうかを決めるのは売れゆきなのかしら?

……とタイトルにつけた様なことを思ったんですね。
何故なら展開できそうなエピソードをたくさん残したまま終了したので。
同レーベルの『アーサーのシリーズ』は落ち着いちゃった感じなので、個人的な希望としてはシリーズ化していただきたいですねぇ。
テイストとしては「同じ分野」と言っても怒られるわけではない感じですし(すっかり似ている訳じゃないので、奥歯にものが挟まった様な言い方でごめんなさい)。

なので、売れて欲しいな!
小説を電子で読まれる姐さま方、是非お手に取ってお読みください。

今作も攻めは愛が濃すぎてかなりおかしな方向に突っ走って行こうとしがちですぜ。それが可笑しいだけではなく、カワイイ。ああ安定の名倉さん。

受け様のキャラクターも良いのですよ。
琴の奏者で女装をすれば楚々とした美女なのに、大食い・大酒呑みで口も悪く、考えるより先に口や手が出ちゃうタイプ。そのくせ素直でお人よし。
可愛いんですよ、春輝くん。

そう、攻めも受けも可愛いの。
名倉さんのご本なのでね、端っからそうなることは解っていましたが、とても癒されました。

2

元気な受けに振り回されてる、健気な攻め

名倉さん作品の受けって、どっちかというと守りたくなるような庇護欲そそられるキャラが多いと思うのですが、この受けは従来と比べるとちょい異色というんでしょうか、あまりいないキャラだと思いますが、そこが新鮮でした。

元気で、さっぱりハキハキしてて、豪快で、わりと粗雑なところがあって健康体な一般男子というのかな。

そこが良かった。


受けは、あれこれ事情があって振袖の女装で箏の演奏をするんですね。
で、やってらんねーぜ!!とばかりに演奏後に煙草をスパスパしてたところ、受けを女性だと勘違いしている攻めに「タバコなんていけない、君の美しさが損なわれてしまう」とかなんちゃら口説き半分で、吸ってた煙草を取り上げられてしまう。
むかっときた受けは「うるせーんだよ!この薄らバカ!!etc」と攻めに怒鳴ります。

「うるせーんだよ!」と怒鳴ったり、喫煙者ってところに、なんかおぉ〜ってなりました。

その場では何を言われてるかわからなかったものの、その後の通訳で、とんでもない侮辱を受けたと気づいた攻めは、なんとしても謝罪してもらう!と自らその後、受けに接触するんですね。
で、食事に誘うんだけど、受けはめっちゃ大食らい&うわばみなんです。
攻めの「好きなだけ飲むといい」という言葉に大喜びして、文字通り好きなだけ飲み食いし、時間になったら「あ、明日仕事だから!」と、攻めを置いてさっさと帰る。

石油の国の王子様な俺様攻めなのに、フツーの受けに振り回されちゃってます。

汚部屋な受けの部屋を見かねてせっせとゴミの分別やら、食器洗いやら、床拭きまでしちゃう王子様。
かつては「目があった5分後には押し倒している」とまで言われてたはずなのに、嫌がられることはしまいとフレンチキスが精一杯。
おまけにまさかの暴発。
尊大な俺様はどこ?状態。ふふ。

一応くっついて初エッチもして良かった、良かった!であるけれど、これからまさかの遠距離恋愛なのー?

1

あとがきはいつも楽しいですね。

80冊目おめでとうございます。これからも楽しみにしています。

主人公春輝。
大企業の社長の腹違いの弟です。兄に管理される人生です。それでいいの?

攻めジェフリー。ある国の王弟で第3后だった母親は異国人のため、昔から冷遇されてきて…。

春輝はそんな中でも与えられた環境で前向きに頑張って、朗らかで前向きでよく食べよく笑い、わりと天真爛漫かな?

ジェフリーは与えられた地位に仕方なく、失敗しない程度にほどほどやってます。

この二人は両親には愛されたものの父を亡くし、仕方なく兄達に従いというところは共通点があります。

うーん、書きながら何て書こうか悩みます。
とっても良いお話でした。攻めの変態味はエッチの時にあらわれます。

二人が出会って、春輝のギャップや食べっぷり飲みっぷりにジェフリーが恋に落ちちゃって。なかかな自覚はないものの、恋煩いしながら猛烈アタックで春輝を食事に誘ったり…。

うーん、なんて書いたらいいのか。正直に言うと、二人ともチョロくない?
いやいや、いいんですよ!恋に落ちるのもメロメロになるのも。時間も回数も関係ないですよ!

ジェフリーが浮かれて、読んでるこちらも罠じゃないの?って手にあっさり引っかかったり。チョロい!

まあ愛を深めて、今度は会えなくなったジェフリーに春輝が恋煩いして。

ジェフリーの兄弟仲は進展したけど、春輝の方はますます管理がキツくなって。
もしかして続編あるのかな?あの国に行ったりして?

あんまりコミカルさはありませんでした。
受け攻めどちらにもあまり感情を動かされず。
何を書きたいのかわからないのにレビューしてごめんなさい。

4

元気玉

先生買い。このご本が80冊目との事、おめでとうこざいます\(^o^)/この本も「いつ攻めが変になるか」を楽しみにワクワク読めました!あれれ、これは続かないとダメだよね?!という気持ちでいっぱいの本編260P弱+あとがき+蓮川先生のイラスト1P!! 元気玉傾向のある受けがお好きな方でしたら、オススメです!

異母兄から依頼で、可憐な振り袖で完璧ヤマトナデシコとして宴会での余興として琴を演奏した春輝。異母兄たちの言いなりな状態にイライラして、喫煙スペースでタバコを吸っていると、褐色の肌に青い瞳のイケメンが「素晴らしい演奏だった、君が一番キレイだ」と話しかけてきて…と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
ロバート(責の従兄、側近)、受け友人、攻めの兄二人、受けの異母兄二人(くそったれ)、受け母等。攻めも受けも家族事情は普通ではないってとこが共通項です。

++攻め受けについて

攻めは母親が外国人ということで、年の離れた二人の兄から疎遠となっていて、任命された仕事(CEO)もなんだかテキトーにこなしてきた方(ただしイケメン)。日本で出会った素敵女子が実は男子で、なんか分からんが怒られたから謝罪させねば!と最初理不尽にこだわっておられたのですが、結局のところ執着してるのよね・・という感じです。めっちゃカッコいいか?と言われると、ちょっと?。

印象的だったのは受け。まああよく呑む食べる、元気玉という印象です。コワいもの知らず?どうしても我慢ならんことがあった時は、ぽろぽろ泣いてましたが、そんなに「泣くな!」とイラつくことは無かったでした。よく食べる健康的な男子だったからかな。

攻め受けともめちゃ好き!というほどではなく、さらっと読み終えたというか、なんとホッとしたら終わっちゃったよーーーーーーーーーーーっ遠距離恋愛かい!という状態なんです。これ続くのか?と少し思うのですが、どうなんでしょう?お話自体はするする読めたのですが、二人の遠距離恋愛が気になってしようがないお話でした。

2

王族は羞恥心があったら生きていけないのでは


第3妃の息子と妾の息子(どっちも末っ子)という同じような立場の二人の恋愛

異母兄の嫌がらせで何度も女装して箏の演奏をしている片山春輝(受け)はまたしてもパーティーでの演奏を強要され、そこで出会ったアラブの王弟ジェフリー(攻め)に出逢います。
不躾にタバコは健康に悪いと取り上げられて腹を立てた春輝は悪態をついて逃げるのですが‥

大食らいでうわばみというのも、思ったことをズケズケいう性格も、ジェフリーの誘いをさらっとすり抜けてジェフリーを振り回すのも、酒に釣られてホイホイついて行くというのも春輝という人物は面白い。異母兄に自分の拠り所を人質に取られ、言いなりになるしかなく大人になっても逃げられない状況の中でも足掻いている姿は気の毒で、誰か助けてあげられないものかと思いました。

対してジェフリーの方もイギリス出身の母親という異質扱いなため保守過激派に命を狙われるは飼い殺し状態だわで荒んでいます。


執着攻めとそれを振り回す受けという設定はとても好みだったのですが、日本国内の長距離恋愛もあまり好きではない私には、アラブと日本の超長距離恋愛はちょっと寂しすぎる。
これからは一緒に住むとか未来が明るければ良かったけど、移住することを考えて欲しいという状況で、かなり永らく超長距離恋愛なのは確定というのがどうにも。
ジェフリーは忙しいから、少しの時間でもとやってくるのはいいけど、抱き潰しておきながら、どうしても帰らないといけないと放置して帰ってしまうのもえ〜って感じ
少しの間でも逢いたいというのは理解できるけど、抱き潰した後くらいは一日くらい面倒見てほしい。

春輝の異母兄の意地悪に関しても、これからも管理される生活が改善される気配もないのも残念。ジェフリーの恋人になったことで異母兄にざまあが出来れば良かったのに。

話の展開は面白かったけど、色々思うところがあって読後はもやもやしてしまいました。

1

攻めの述懐「〜。可愛い」は安定

受け様が好きすぎて、おかしくなっちゃう
攻め様を書いたら屈指の名倉先生ですが、
今回はおかしくなっちゃうというより、アホになっちゃう感じで
少々スパダリ感薄めでした。
なんか劣化版オレオレ詐欺みたいなのにちょろ〜くひっかちゃうし。

受け様のキャラが渋滞気味で、たしかに現実でも複雑で多面的な人ほど
魅力的なんでしょうが、ちょっと感情移入しづらかったです。

実際に会ったら、秘書の方がよく働くし、しっかりしていて
モブ面でも好感持てそう。

あと、遠距離って、エコじゃないんだなあ。
時勢柄そんなことまで思っちゃって、読後モヤってます。

0

キャラを好きになれるかどうかで評価が変わる

石油王モノとして起承転結しっかりしたストーリー、ちょっとしたイベントもあって、物語としてはよくまとまった作品でしたが、一筋縄ではいかない性格をした攻めも受けも好きになれず今一つ没入できませんでした。
攻めの方は石油王国の王族として、半分ファンタジーとして受け入れられなくもないのですが、受けが私にはどうしても可愛く思えなかった…。いくら強気な性格してるとはいえ、受けが親友と酒の肴に攻めの笑い話してるのはBLのキャラ以前に人として嫌だな。
好きな人は十分楽しめる本だと思うので、正しく評価するなら(私の)しゅみじゃない、という感じです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う