愛されたがりさんと優しい魔法使い

aisaretagariyasan to yasashii mahoutsukai

愛されたがりさんと優しい魔法使い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
157
評価数
40
平均
4 / 5
神率
40%
著者
川琴ゆい華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403525414

あらすじ

史が駅でたまに見る彼は、その日センスが行方不明な格好をしていた。そして「俺はきみをしあわせにしないと普通の人間に戻してもらえない」となぜか彼に縋られたことから……?

表題作愛されたがりさんと優しい魔法使い

レイ,記憶喪失の自称魔法使い
永瀬史,26歳,テイクアウトの卵料理専門店店主

その他の収録作品

  • 愛したがりさんと元魔法使いの新しい生活
  • あとがき

レビュー投稿数11

攻めの、そこはかとなく漂う残念感がたまらないです

「何も覚えてないけど俺は魔法使いなんだ!」とか言ってるイケメン攻めが、勃起不全からメスイキが夢の受けを幸せにすべく奮闘するラブコメになります。

これ、設定の時点で既に笑わせに来てるとしか思えないんですけど、更に二人のやりとりと言うのがめちゃくちゃ面白いんですよ。
えーと、ポンコツ攻めとどこかズレてる受けで、まるで漫才と言うか。
それもダブルボケと言うか。
試し読みだけで思わず吹きましたよ。
この攻めと受け、面白すぎるわ~。
お空でフワフワ嬉しそうにと、表紙でのお目出度い感じもたまらないわ。
攻めの、そこはかとなく漂う残念感も絶品ですわ。

えーと、一応ですね、笑えるだけじゃなく「本当の幸せとは何ぞや?」って感じで、すごく優しくてあたたかいお話でもあるんですよ。
好きな人を幸せにしたいと言う純粋な気持ちって、めちゃくちゃ素敵ですよね。

内容です。
テイクウトの卵料理専門店を経営する史。
駅でたまに見かけるイケメンリーマンから、自分の事を知ってるんじゃないかと縋りつかれるんですね。
実は魔女により記憶を奪われた彼は、心臓を代償に魔法使いにされたとの事。
自分を唯一知る人物を幸せにすれば、心臓を返して貰えて普通の人間に戻れるんですね。
そこで、対象の人物であろう史を「幸せにしたい」と迫ってきてー・・・と言うものです。

で、最初は当然信じなかったものの、魔法で危ない所を救って貰った事で彼に協力する事にした史。
幸せになる為の願いを聞かれて咄嗟に出たのが「メスイキしてみたい」だった。

まぁそんなワケで、悪い魔女から心臓を取り戻すと言う目的のもと、毎晩メスイキすべくエッチに励む二人。
果たしてレイ(攻め)は、史をメスイキさせまくって幸せに出来るのか?
そして心臓を取り戻し、普通の人間に戻る事が出来るのか?
と言うのが見処じゃないでしょうか。

こちらですね、印象としては現代版おとぎ話なんですよね。
マ○コ・デラックス似の魔女が出て来たり、攻めは魔法のステッキを使って魔法を掛けたり。
で、これがとにかく楽しい雰囲気なんですよ。

や、繰り返しになるんですけど、そもそも攻めがめちゃくちゃ面白くて。
えーと、ブリティッシュスーツをビシッと着こなしたイケメンでありながら、言動に常に漂う残念感だったりポンコツぶりが笑えて笑えて。
なんてったって「君をメスイキさせて幸せにしたいんだ!(キリッ)」ですよ。
や、なんかね、その格好いい外見に見合わないトボけた言動に、いちいち吹いちゃうと言いますか。
これね、本人は至って真面目な所がまた笑わせてくれるんですよ。
またさ、彼の言動は大概ズレてると思うんですけど、同時にすごく真っ直ぐなんですよね。
ベースに心臓を取り戻すと言う目的はあれど、彼が史を幸せにしたい、そして笑顔を見たいと思ってるのが本心だと伝わってくるから、読んでてとてもあたたかい気持ちになると言うか。
ポンコツだけど、めちゃくちゃいい男なんですよ。

また、主人公となる史がですね、個人的にすごくツボでして。
願いがメスイキとかなりトリッキーなタイプに思えるでしょうが、実はとてもさみしがり屋ってんですかね。
ちょい面倒臭いタイプでもあるんですけど。
彼が地位とかお金とか、幸せになる為に普通に望むようなものじゃなくメスイキを希望した理由ー。

えーと「人それぞれの幸せ」と言うのがテーマになると思うんですけど、幸せになるもならないも自分次第なんだなぁと、読み終えたあとジーンとなると言うか。
史はタイトル通り、まさに「愛されたがりさん」なワケですが、どれだけ愛を与えられようと、それを信じられなければ、受け止められなければ、ずっと満たされないままなんですよね。
や、実はレイはレイで、記憶を無くして史と関わった事で変化したんですよ。
そして、史は史で、レイに愛された事により、変化した。
すごく素敵ですよね。

ちなみに、書き下ろしでその後の二人が語られますが、こちらもとても優しくてあたたかくてと素敵なお話でした。
結局は記憶が戻らないままのレイ。
そして幼少期の出来事から、母親とぎこちない史。
それぞれの家族の事が決着すると言った感じでしょうか。
うん。
いい話だ。
全編通してエロエロなのも、またいい所だ。

と、そんな感じで、笑いありホロリありエロエロありと、とにかく素敵な作品でした。

14

優しくて紳士でイケメンな魔法使いとお人好しさん

デラックスな魔女が主人公史の本質をついていて、こちらも考えさせられました。

一年くらい電車でよく見かけるイケメンを素敵だな〜と思ってたら、ある日…。

史が愛されたいのに愛される自信がないから、強引に誘われるのを待ってるから、自分から愛を示すことが出来ず、愛を受け止める勇気もなくて。
レイの言葉にも愛情表現にも気が付かないで、思い込みで勝手に傷ついて。
やっと勇気を出してぶつかって。

魔法が解けたら今度は相手に嫌われたくないから、差し出がましいから、そんなこと言える立場じゃないから…と、今度はレイの家族問題に悩んで。
でも勇気を出して二人でレイの実家へご挨拶に。

なんか史の遠慮する気持ちがわかる気がして、こちらも本当に考えさせられました。
レイがもっと話してほしい、頼って欲しいって言ってくれて、良いですね!

二人が本当に幸せそうで。魔法使いの間もレイは史のことが可愛い可愛いって言ってて。
エッチの描写がかなり多いです。メスイキの言葉の意味をようやく知りました。

でもでもだってとばかり考えてるとデラックスな魔女がやって来ちゃうよ〜。面白がって記憶奪われちゃうよ〜。魔女のおかげで二人が幸せになれましたね。

3

一緒に幸せになりましょう╰(*´︶`*)╯

魔法使いの攻め様に、デラックスな魔女も登場。
ファンタジーなんだけど、リアルだわ~って思うとこもあって、とても楽しく読ませて頂きました(・∀・)


受け様は、たまご料理専門店を営む史。
ある日、通勤電車の中で、密かにカッコいいな~と思って見ていた男性が、いつもと違う雰囲気の格好でいるのを見かける。
その男性こそ攻め様であり、魔女に心臓と記憶を奪われ、自分を知る唯一の相手を幸せにしなければ普通の人間に戻してもらえない、と縋ってくる。
自宅まで連れ帰り、名前も分からない彼を“レイ”と名付けて一緒に素性を探すことに。

幸せにさせたいから、とレイから願い事を尋ねられた史の願いは「メスイキしたい」という、なかなかなもので。

メスイキえちえちをしながら、レイの素性を探していく2人。
なので、割とえちシーンが多いような気もしますが、このお話の魅力はえちえちではなく、史が一歩を踏み出していく姿でした。
レイの胸に飛び込んだら、史は素直でとってもかわいい。
そして、史の事が大好きで一生懸命なレイも、とても魅力的でした。

私も波風をたてたくないタイプなので、ゴージャスな魔女の言葉がけっこう胸に刺さりました。
史の考え方が、私にとってめっちゃリアルで、身につまされる(^o^;

愛を渡すのも受け取るのも、相手を信じてこそできる事で、勇気がいるものなんだなぁ、としみじみ思っちゃいました。


イラストは笠井あゆみ先生。
もうね、表紙の魔法のスティックを持ったレイがいろいろと完璧。
口絵のお三方もコレやねって感じだし。
お話にピッタリのステキなイラストでした(^∇^)ノ♪


0

デラックス縁結びの神

ある日電車に乗ったらブリティッシュスーツに身を包んだイケメンが大きな魔女っ子ステッキを持っていた。
彼は言う。魔女に魔法をかけられて心臓を奪われ記憶を失って残ったのは通勤中気になっていた貴方の記憶だけで、貴方を幸せにできたら心臓は返してもらえます。どうか貴方を幸せにさせてください。と。
持ってるのはアタッシュケースと魔法のステッキと外そうとしたら首を絞めるネクタイとそれについているハートのネクタイピン。
色々ツッコミどころ満載の彼に伝えた青年史の希望は「メスイキヲシテミタイ」。
色々どこから突っ込んでいいのかわからないスタートですが、逆に全く予想がつかないのでぐいぐい読ませます。
表紙と口絵で笠井先生のスーパーイケメン魔女っ子レイ(仮名)の映像を脳にインプットされた状態でなので、脳内が非常に楽しいことになっている上に、このイケメン魔女っ子さんは真面目すぎる故なポンコツ気味なのです。
史ちゃんはそんな魔女っ子にいきなり「君を幸せにさせてくれ」と言われなんだかんだでも受け入れちゃういい子なのに、その答えに「メスイキしたい」なんて答えるアンバランスな、でもいい子。そしてそのいい子な自分を誰より自分が信じていない子。
出会ったその日に致して魔法を使ってメスイキに至ってそのあとは行為に夢中になって、と、本物のデラックスさんに「そんなの愛じゃないんじゃない、肉欲なんじゃないの?」なんて言われそうですけど、そう思えなかった。
同じ電車同じ車両に乗ってなんとなく目で追っていた2人の間には好意に近いものがあって、でもお互い踏み出せないでいたからこそデラックスな魔女に目をつけられた。つまり記憶もないけど、なにも覚えていなくても魔女っ子は史ちゃんを好きだったんですね。史ちゃんもかっこいい人だなと思っていた。
知らない人だけど、何故か許せる感じ、滲み出る好感、から少しずつ心も欲しいと思う様になるのも自然で、その空気感がとっても可愛くて良かったです。

非常にファンタジーの様で2人の持つ生活基盤や、背景などはリアル社会に根ざしていてそのバランスもとても良くすらすら読めました。
デラックスな魔女はきっと
「もう!なんだか気になってるくせに声もかけられなくてめんどくさいわね!好きなら好きって言える様になればいいのよ!」
とか
「どうして自分の気持ちが言えないのよ!言って2人で考えればいいじゃない!」
ともやもやしちゃったんでしょうね。
心臓を取り上げるのは良くないけど、イケメンにブリティッシュスーツに魔法のステッキとか楽しすぎるし、何より2人の本当の幸せへのきっかけをくれた素敵な縁結びの神様(魔女様?)だと思います。


どこか他の迷えるイケメンにも魔法をかけてあげてください。


0

スーツを着た魔法使い?

なんだかとても奇妙な取り合わせの登場人物
面白かった。

0

可愛い世界観

夢があってエチもたっぷりあって、でも少し切ない幸せな作品でした。
デラックスな魔女に魔法使いにされたレイは、『唯一の人』を幸せにしなければパーソナリティが取り戻せない。その『唯一の人』に選ばれたのが同じ電車で顔見知りだった史ですね。イケメンだけど魔法使いなレイの「俺はきみをしあわせにできる。しあわせにさせてくれ」って台詞はロマンチック。だけど確実に危ない状況だし、史の咄嗟に出た願いが「メスイキしてみたい」も正直すぎて笑ってしまった。
ふざけた願いにも思えるけど、切実で純粋な願いなんだろうな。そんな史がいじらしいし、理解して努力するレイが優しい。
幸せになる為に動画を見る2人。魔法のステッキを持ったイケメンが真剣に見てるのシュール。ここに挿絵があるの正解!爆笑!
2人の行為?チャレンジが何とも微笑ましい。快楽に従順な史が可愛かった。また行為後のレイが史に甘い。こんな態度を取られたら好きになっちゃうのも解る。

エチしてるだけではとレイのパーソナリティを見つけようとする2人。同僚を探しあて結果仕事に復帰したレイは、史には見た事ない姿で淋しさを感じたのかな。パーソナリティが見つかり離れる可能性が見えて、好きを自覚して不安になって…揺れる史が切なかった。
レイを信じきれない史、無償で与えられるはずの母の愛情を感じられなかったのは大きい。でも、魔法を使う事で命を削ってるとは…これは焦る。史は愛する事、愛される事、万が一離れる事の覚悟が必要だと実感。にしてもデラックスな魔女さん中々非道。
魔法を解くって壁があるから難しく考えてるけど、レイも史もに互いを見ればいいのにって。史が思い切って想いを告げた時は拍手。レイの史への愛も素敵。お互いに良いところを見て好きになってたんだよね。可愛い2人に拍手。

書き下ろし
お付き合いが始まってラブラブな2人が可愛い。真剣に付き合ってるからこそ、彼の周りも気になる。魔女の助言的確すぎるけど、史の成長や2人の関係の進展には良かったかも。結果レイのご両親との問題も綺麗に片付いたし。にしても大家族にびっくり。
これはずっと思ってましたが、レイと史のエチは幸せで良き、可愛い。西てもご魔女の褒美は2人にピッタリで笑いました。魔女も2人のエチ好きなんだなぁ。
史もお母さんと距離が近くなって良かった。春の気持ちいい季節に幸せ溢れるエンドでした。

4

魔女にロックオンされた2人の恋物語

今回は記憶を奪われた魔法使いと
たまご料理専門店店主のお話です。 

攻様が人間に戻り、受様が幸せになるまでと
恋人になった2人の続編後日を収録。

受様はテイクアウトのたまご料理の店主です。
一人では大変なこともありますが
贔屓にしてくれる常連さんもいて黒字経営で
今の暮らしに満足しています。

自宅からは店まで東武東上線を利用しますが
毎朝電車で乗合せて帰りもまたに見かける
会社員だろう男性に目が留まります。

この男性が今回の攻様です♪
攻様はひとつ隣のドア近くに乗りますが
今日の攻様に違和感を感じます。

なんと攻様はアタッシュケースとともに
魔法使いのようなファンシーなステッキをもち
大きなハート形ネクタイピンを付けていたのです。

受様があまりに凝視したせいか
攻様とバッチリ視線が合ってしまい
受様はとっさに目をそらすのですが

いつもなら受様の降りた駅の先まで乗っていく
はずの攻様が同じ駅で降り
受様に向かって突き進んできたのです!!

しかも攻様に「俺を知っているんじゃないのか?」
と呼びかけられてつい攻様の方を振り向くと
攻様は困っている様な、焦っているような
不安そうな顔をしていました。

しかしながら
攻様は"電車の中でよく見る人"という程度です。

受様はそれを伝えようとしますが
運悪く酔っ払いの中年男性にぶつかられ
急行列車が通り過ぎようとしていた線路の方に
大きく投げ出されてしまうのです!!

死んだ・・・と思った受様でしたが
なんと攻様に抱きかかえられて線路の上の宙に
浮いていたのです Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

攻様は魔女に記憶を奪われて自分を知る人間を
幸せにしないと元の人間に戻れないのだと
「願いを叶えさせて欲しい」と訴えてくるのです。

果たして攻様の話は本当なのか!?
受様は攻様を人間に戻す事は出来るのか!?

雑誌掲載のタイトル作に続編を書き下ろしての文庫化で
記憶を奪われて魔法使いとなった攻様と
攻様を人間に戻す手伝いをすることになる受様の
ラブコメディです♪

現代日本に普通にくらしていて
突然"魔法使い"に"願いを叶えてあげる"と言われたら
大概の人は危ない人だと思いますよね!?

ただし今回は、
受様は攻様を全く知らない訳ではなく
直前に攻様の魔法で一命をとりとめるという
なかなかおもしろいスタートで

攻様がなぜ記憶を奪われ魔法使いとなったのか
受様がなぜ攻様が元に戻る鍵となったのか
ワクワク読み始めました。

受様が幸せになるためにと攻様に願った事が
本当にソレで良いのか!? な予想外な願い事で
正直、それが叶ったからといって
幸せになれるのかな!? と思わされたのですが

攻様が受様の願いを叶え
受様が攻様という人を探していく中で
思いがけない縁を拾い、繋がりを持ち
受様と攻様の関係を変えていき

攻様が魔法使いでなくなるまで
ハラハラ&ドキドキ、楽しく読ませて頂きました。

このお話で一番驚いたのは
攻様の記憶が戻らないままだった事なのですが
過去がなくても今を大切に生きれば
今から続く未来も幸せに生きていけるのかな。

続編を読んでそんなことを考えました (^-^)

2

エロ多めだけど、真面目な要素もあって素敵な作品

最初は設定的にう〜む…って悩んでて、積んでる先生の作品を先に拝読するか…とか思っちゃったのですが、笠井先生の表紙ラフを拝見してラフ(可愛さ)と完成表紙(美麗さ)の差にめっちゃ気になりだして、フォロワさんのひと押しで購入、即読みでした

いやぁ、やっぱり優しくて読み終わった後に自然と笑顔になれる作品でした。
面白かった‼️
デラックスな魔女はついついあのお方が頭に浮かんじゃったけど好きな方なのでそらも楽しかったです。
先生の作品に出てくるキャラは完璧じゃない人達で、それがとても人間臭くて大好きです
お互いを認めあって、必要として一緒に生きて行くっていうのが、自然に無理せずピタッとハマるカプが多い川琴先生作品。
無理はしてないけど、努力はしてるのが感じられて、「ああ、いいなぁこのカプ」って感じる、毎回。

それと、フォロワさんから飯テロって聞いてたけど、まさかのたまご料理専門店完敗です。
うちの近くにも史のお店があればいいのになぁ…
私、たまご料理大好きなんですよね。
毎日史のたまご焼き、食べたい。

あと、笠井先生のラフ画でも全イラスト見てみたいと思っちゃいました。
ラフ画可愛すぎませんか…完成が美麗なだけに…ギャップ萌え

レイの家族も素敵だったし、史のお母さんも不器用だけど優しい人で素敵だったな。
やっぱりとても素敵な作品でした。

0

母親に愛されたことがないせいで諦めてしまった幼少期が哀しい


切ないのにぶっ飛び具合のアンバランスさが楽しい

卵料理専門店営む史(受け)は毎日通勤電車の行き帰りでなんとなく気になる人がいます。
ある日その人がいつもと違うスーツに大きなハートのタイピンをつけ、アニメでよくみる魔法のステッキを持っているのを見て驚きます。その彼がこちらを睨むように見ていて焦るのですが、逃げようとする史を捕まえて、自分は魔女に記憶と心臓を取られ魔法使いにされてしまったと頭がどうかしてしまったかと思われるようなことを告白してくるのです。
魔女は自分と縁のあるひと(この場合唯一の顔見知りの史)を幸せにすれば心臓を返してもらえるという。何のことかわからない史は咄嗟に「メスイキ」がしたいと言ってしまいます。
色々あって魔法使いというのを信じることにした史は名前も覚えていないその男にレイ(攻め)と名づけ、レイのことを知っている人を探すことにします。

表題作と「愛したがりやさんと魔法使い」の中編2編

魔法使いっていうから異世界の話かと思ったらびっくり。
現代に魔法使いがいて、自分の娯楽に気に入った?人間を観察してるという。何とも悪趣味な魔女がキューピットになる話でした。

いきなり何をすれば幸せになるか聞かれてメスイキしたいという史にもびっくりです。
最初の目的がメスイキだったこともあり、結構エロエロです。
しょっちゅうヤってます。(笑)

史は両親が離婚し、母親に育てられますが、忙しいのと恋人がいたのとで構ってもらえず、お金だけ渡され放置された子供時代でした。いまは再婚して子供もおり、完全にノータッチな状態です。この母親も酷い。
祖父母が持っていた店舗を譲り受け、卵惣菜専門店経営しています。
一番愛されたかった母親に放置されたことから、自分から愛情を求めることができません。
だからこそ、ウダウダモダモダしてしまうのです。
それを魔女に目をつけられます。

レイの方は、記憶を取られてしまい戻ることはないのでどういう人生か周りの人から想像するしかないのですが、有能ではあるけれど、思ったことを口に出してしまい、人付き合いの良くない人だったと思われます。きっと変わりたいと思ってウダウダしていたところを魔女に目をつけられたんじゃないかな。
そしてきっと2人共がお互いを意識しながらウダウダしてたんでしょうね。

エロいこともしながら、レイの身元が判明するまでが前半。
後半はお互いの家族に会うまでのすったもんだ。

同棲することになってはじめての大晦日、レイの母親らしき人から帰省するのかという連絡が‥
覚えていないからと躊躇するレイにどうアドバイスしようかとウダウダする史にまた魔女が‥
レイの家族が大家族でびっくり。10人兄弟で子連れ出戻りが2人って多すぎる。
それでも母親からはきちんと愛情をもらっていた模様。
史の母親との落差が酷い。
レイの家族と史の家族とが正反対すぎてよけいに史の母親に対してモヤモヤしてしまいました。
史が幸せになったからもういいやと史が今までのことを飲み込んだことでめでたしめでたしみみたいになったのがちょっと嫌でした。史の母親にそれなりの苦労があったとしても子供に全部飲み込ませて母親は新たな家族を作って幸せっていうのはどうなのかと。
せめて史ひは今までの思いとかぶつけてほしかったし、母親にはちゃんと謝ってほしかった。
母親が出てこなかったら神だったのにと思うくらい。母親のせいで読了感が悪くなりました。
話は魔女とかナカイキとかぶっ飛んでたけど面白かったのにそこだけが残念でした。

0

レイの魅力に尽きる作品

実は笠井あゆみ先生のイラストの書影を見てから予約購入しました。

結果、面白くて大当たりだと思いましたが、私にはエッチシーンが多くてちょっと途中で飽きてしまったのも事実でした。

史がレイにお願いした内容が関係しているので、そのシーンはこのお話には必要不可欠なのは分かってます。でも、エッチシーンをギュッと絞ってもっと圧縮してくれて、レイの残念で可愛い一面が分かるシーンを増やしていただきたかった…。
そうしたら、もっと評価を上げたと思いました。

面白くてホッコリするシーンをエッチシーンが長々とあって邪魔してて、感動が希薄になってしまってたのがとても残念に思いました。

それと、史の性格は好き嫌いが分かれるかもと思いました。デラックスな体型のあの人にお尻を叩かれて、漸く行動を起こすのになんだかモヤりました。

でも史が作る卵料理はどれも美味しそうで、近所にあったら通いたくなりそうな店でした。

書き下ろしは雑誌掲載の内容のその数日後から始まってましたが、こちらもエッチシーンから始まっていました。恋人同士になって初めてのエッチシーンだから良いのですが、こちらも長く感じてしまいました。レイの実家の話は避けては通れないし面白かったんですが、家族構成がちょっと予想外過ぎて、盛り過ぎ感満載でした。

デラックスな体型な方のご褒美も要らなかったかな?

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う