小説

  • 半魔の竜騎士は、辺境伯に執着される 竜と愛の在る処

半魔の竜騎士は、辺境伯に執着される 竜と愛の在る処

hanma no ryukishi wa henkyohaku ni shuchakusareru ryu to ai no aru tokoro

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作半魔の竜騎士は、辺境伯に執着される 竜と愛の在る処

アルフレート・ド・ディシス,現イルヴァ辺境伯で元上司
カイル・トゥーリ,魔族の血を半分引く異能持ちの青年

その他の収録作品

  • 登場人物紹介

あらすじ

ドラゴンの言葉を理解できる半魔の青年、カイル。孤独だった彼は最愛の人であるアルフレートと過去のすれ違いを解消して、再び仲を深めていた。カイルがアルフレートと暮らし始めてしばらくが経ったある日、カイルはとある事件に巻き込まれ、魔族の里に連れていかれてしまう。――たとえ血のつながった魔族であっても、カイルは渡さない。執着心全開のアルフレートは、彼を取り戻すために魔族の里へ向かって――。お前がどこに生まれていたとしても……きっと捕らえて、恋に落ちた。WEBで大人気のBLノベル、大きな愛に溺れる第2巻!

作品情報

作品名
半魔の竜騎士は、辺境伯に執着される 竜と愛の在る処
著者
矢城慧兎 
イラスト
央川みはら 
媒体
小説
出版社
アルファポリス
レーベル
アンダルシュノベルズ
シリーズ
半魔の竜騎士は、辺境伯に執着される
発売日
電子発売日
ISBN
9784434296079
4.4

(32)

(19)

萌々

(9)

(4)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
2
得点
143
評価数
32
平均
4.4 / 5
神率
59.4%

レビュー投稿数2

メチャクチャ面白かったです

前巻を読んだばかりだったので、今度は魔族の里が舞台?と喜んでしまいました。カイルの異母兄のキトラがお気に入りだったからです。

あらすじから想像していたカイルが魔族の里に連れて行かれた理由は想像と大分違ってて、えっこれってキトラがアルフレートに激怒するヤバい案件じゃあと思ってしまいました。

前巻でキトラが話してた異母姉のイオエも登場して、カイルを囲んで可愛がる兄姉にホッコリする場面が沢山ありました。

でも思わぬカイルの登場によって水面下で良からぬ企みが密かに進み、カイルを迎えに来たアルフレートまで巻き込んだ大事件が起こるんです。

生まれ育った国では魔族と厭われ、魔族の里では皮肉にも人間と言われるカイルに切なくなりました。

それでもカイルが優しく純粋な気持ちを持ってるからこそ、兄姉はカイルの前では魔族の残酷さを見せる事を躊躇するのに愛情を感じて凄く良かったです。

辺境伯領にいる時は自分を卑下して、カイルは他を立てるばかりで危なげでした。
でも魔族の里にいる時から、カイルが少しづつ変わって行った事に凄く感動しました。

魔族の里で起きた事件はほろ苦い結末でしたが、辺境伯領に戻った時の様子は爽快でスカッとしました。こういう場面が読みたかったんだと気持ち良かったです。


そして番外編の「金鳳花の咲く庭で」は、アルフレートが幼い頃に出会った魔族の血を引く姉妹の悲しい結末と、カイルがまだ飛龍騎士団の従士でアルフレートが騎士だった頃のお話がリンクしてて、こちらも短編ながらとても面白かったです。

アルフレートが小姑だと煙たがるキースがまだ神官見習いで、当時から二人がやり合って居たのが最高でした。

まだアルフレートの父親が辺境伯として健在だった頃のお話でしたが、後の辺境伯家の出来事を思うと魔族の血を引く妹の残した一言がとても意味ありげに思えました。

でもこの頃がアルフレートのカイルに対する執着の始まりでもあるので、それを考えるととても萌えました。

これって続きはあるのでしょうか?凄く気になります。

8

魔族の里と兄弟、家族がメイン

人との出会い運もあるけどトラブル巻き込まれ体質なのかってくらい死にかける事態になるカイル。
辺境伯領で過ごしていて、アルフは仕事で留守になるタイミングで悪意によりカイルひとり雪山の小屋で遭難状態。魔族に助けられキトラに連絡してもらい難を逃れたけどキトラに誘拐されるように魔族の里へ連れられて。

前作でチラッと情報があった姉と会ったり、父親と相討ちになった兄についてここでもトラブルに巻き込まれたりします。

番外編はキースとカイルの見習い時代、キースとアルフが解決した事件の話。キースとアルフのバチバチした関係はすでに構築されています。現代ではキースが圧巻の小姑ですが、この頃はまだ少年らしく詰めの甘さがあってアルフに嵌められています。

前作は恋人と恋愛がメインなら、2作目は兄弟と家族愛がメインな印象です。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP