コミック

  • 外村探偵社の招かれざる客

外村探偵社の招かれざる客

tonomuratanteisha no manekarezaru kyaku

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作外村探偵社の招かれざる客

神子良爾,松田の高校時代の同級生
松田圭,外村探偵社の副所長で探偵

その他の収録作品

  • 学生の主張と大人の語彙力

あらすじ

不幸体質を自認する探偵・松田と、不幸な人間に惹き寄せられる住所不定無職の神子。ひょんなことから探偵事務所で同居することになった二人は、日々舞い込む厄介な依頼に巻き込まれながら、気づけば爛れた肉体関係だけ持ち続けているけれど――!? 捉えどころのない飄々攻め×振り回される眼鏡の不憫受け。どこか懐かしい架空の商店街を舞台に、ストーリーテラー・草間さかえが贈る、待望の新感覚バディBL!

作品情報

作品名
外村探偵社の招かれざる客
著者
草間さかえ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344849808
4.5

(209)

(134)

萌々

(53)

(17)

中立

(4)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
24
得点
937
評価数
209
平均
4.5 / 5
神率
64.1%

レビュー投稿数24

噛めば噛むほど

作家買い。
草間作品て、単純明快なストーリー展開じゃないものが多い気がしています。王子さまが登場して、幸せいっぱいな甘々なストーリーではない。キラキラで甘々なストーリーを求める方には若干不向きかも。

が、読み進めていくうちに、読めば読むほど、噛めば噛むほど。じわじわと胸に迫ってくるものがある。ストーリーはもちろん文句なしの素晴らしさですが、そこに輪をかけるのが絵柄。昨今流行りの綺麗な絵ではなくって、でも圧倒的な画力と草間さんにしか紡げない世界観を放つ絵柄に引き込まれる。

今作品もそう。
いい年の男たちが不器用に、けれど一生懸命に生きるさまが描かれています。





主人公は外村探偵社に努める探偵で、かつ副所長の松田。
彼は「不幸体質」と自覚している。そして金銭にもシビアな守銭奴だ。
そんな彼のもとに一人の若い女性が依頼者としてやってくる。彼女の依頼は、彼女の姉の恋人だった男についてだった。

姉のヒモのような男。
別れるときに100万円を渡したと聞くが、騙されているに違いない、その100万円を取り返してほしい、というものだった。

それは騙されたとは言わないのでは?

そう思う松田だったが、彼女の話を聞いて一人の男を思い出す。高校時代、彼女が何人もいた「神子」という名の同窓生のことを。そして、その調査相手は神子で―?

というお話。

元同窓生ということを隠して神子に会いに行く松田だったが、神子の方は松田を覚えていた。100万は返す、けれどその後行く場所が見つかるまで数日間居候させてくれと頼まれ、渋々その願いを聞き入れる松田だったが。

この二人は、早々に身体の関係になります。
ゲイの松田。
ノンケの神子。
高校時代のに接点はあったけれど、二人の間に恋愛感情はない。ないけれど、なし崩し的に身体の関係を持ってしまう。
けれど居候している神子は松田の助手の様なことをはじめ、外村探偵社に持ち込まれる様々な依頼を二人でこなしていくうちに二人の関係は少しずつ変化していって…。

と、いうお話、だと思ったんですよ。

が、うーん。
さすが草間先生。
最後のオチにやられました。

視点は松田で、なので読者は松田の感情は分かるんですよ。
少しずつ神子に惹かれていく想い。そもそも、高校時代から神子に「何か」を感じていたのだということも。

守銭奴に見える松田くんですが、彼がまた良いの。
人情味に溢れてるっていうのかな。こんな人がいたら、困ったことがあったら外村探偵社に速攻で相談に行っちゃうな、っていう感じ。
彼は作中トラブルに巻き込まれますが、それも彼の優しさに付け込まれてしまったのが原因。
出て行けとことあるごとに神子には言いますが、神子に行く当てがないのならいればいいし、自分(の身体)に飽きたなら出ていけばいいと思っている。

その優しさに付け込む形で居候を続け毎晩のように松田を抱きつぶす神子という男性が胡散臭くて。

が。
序盤どうしようもないヒモ男だと思っていた神子の姿にKOされてしまいました。ああ、そうきたかー!という感じ。

高校時代、彼らが内で温めていた「何か」が花咲いた。そんな感じ。

草間作品て黒髪・メガネ受けって結構登場する気がしますが、その真面目な、潔癖そうなビジュアルを裏切るエロさがまた堪らない。快楽でずぶずぶにされてしまう松田の姿が非常によろしかったです。

今作品、シリーズ化されるんでしょうかね。
神子の過去とか、松田くんが副所長をしている「外村探偵社」(名前も違うし所長はどこにいるんだろ)とか、松田くんの初恋の相手の警察官の阿久津くんとか、気になる点がいっぱいあって。
ストーリーも非常に面白かったですし。

ということで、続編を切望しています。

19

破れ鍋に綴じ蓋?

草間先生だったからなんとなく買ったのですが、まー面白い&人情味たっぷり。キャラもお話も文句なし神でした。こういう作品大好き。ケンカップル好きな方に猛烈おすすめしたいです。麗人やらリンクスやらに掲載した作品9本+描きおろし5P。

外村探偵社で副所長やってる松田。(所長はどこ!?)
ある日、「姉が男に貢いでいる、金を取り返して」と依頼あったものの、その貢いだ先の男は同じ高校にいた彼女とっかえひっかえで有名だった神子で・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
辻(受けのセフレ、あかんこいつ)、阿久津(受けが高校時代好きだった)、巴田(同業者?)、その他依頼者やチンピラやくざ等々。巴田もめちゃ好き。

++好きなところ

まず受け。
いっつも怒ってばっかりいるようだし、くずな辻と付き合ってたりするんだけど、くずな辻のところの饅頭を2万円で買ったり、心配されたじいちゃんのために茶葉を買いに行ってあげたり、優しいんだよ・・お人よしすぎるのでは。攻めがふらっといなくなっちゃうかもと気になって気になって、攻めの昔の犬の気がかりを解決させようと一芝居うつような努力したり、涙ぐましくないですかね?!イタシテいるときはあんなに怒ってばっかりなのに?!ああもうくそ可愛い。
探偵さんとしては優秀なお働き(デジタル関係はあかんけど)をなさっているのもこれまたよろしくて、いいわ、この方。

そして攻め。
イケメンなのになんなの、このヒモっぷりというかクズっぷりというか。付き合った女の子をみんなキレイにしてあげて別れた後も好きって言わせる、この誑し能力。もちろん定職なし住処なし。ヒモ・クズの神とでも言えばいいのか?デジタル関係は普通に能力あり、適応力ももちろん高いし、お子様には優しいし、これは惚れるやろと思うのです。

今回ぎゃーぎゃー言いながらやることはやり、一緒に暮らしてるやん!な状態で終わったんですよね。めっちゃ面白かったし大満足なんですけど、これ余裕で続くでしょ?と思っているので、出版社様、先生、何卒何卒よろしくお願いいたします。

めっちゃ面白い!ほんとにおすすめしたい。

8

草間さかえ先生×探偵モノ=神作

作者買いです。
前情報全く無しで読みましたが、草間先生の探偵バディものとか間違いなく面白いやん…との予想通り、とても面白くて大満足しました。

キャラクターもとても良かった。
美形でヒモ体質で常に微笑んでるような攻めの神子…好き過ぎる。
しかもエロい。最高。

そんな神子に悪態つきながらも翻弄される松田も良いツンデレ眼鏡でした。
なんやかんや2人でトラブル解決していく様はバディそのものです。
プラス身体の関係ありのね。
先生の作品にしては多めだった気がします。

淡々としているようで、終盤の神子がいつか出て行く予感がしている松田はウェットで、切ない感じも良かったです。

もっと2人の絆が深まっていく様子がみたいので、シリーズ化希望です!

7

BLの大好きが詰まってる

草間さかえ先生のバディもの。しかも探偵。それだけでもう「買い」です。攻めと受けのタイプも理想的でした。攻めの神子は謎めいた奴で優しげだけどのらりくらりと掴みどころのない食えない男。元女たらしで絶倫。受けの松田はエロい眼鏡。いつもキーキー怒ってるけど神子にエロで押されると大人しくなってしまう色っぽいツンデレのお手本のような人。

この2人が高校の同級生で大人になって再会後付き合う設定も大好きだし、松田が高校時代友人に片想いだった設定も良かった。あと先生特有の犬エピソードも良かった。本当に犬好きの先生だ。ケンカップルだけどやる事やってるのもいいし強がりの受けが攻めに絆されてるのもいい。草間作品の中ではエロ多い方だと思います。大人のエロスですよ。

このように私の「好き」が詰まってる作品でしたが、駄目押しで出てきた元同級生阿久津君。超カッコいい上に私がBLで大好きな警察関係者。先生お願いします。阿久津君スピンオフも描いてください。本編の続編もあればぜひ読んでみたいです。草間作品にしてはそれほど難解ではないと思います。

6

相性ばっちり

BLとしてはもちろん、ストーリーがとっても面白かったです。

探偵ものなので、様々な依頼を解決していきます。
お話にも繋がりがあり、探偵漫画として面白かったです。

ストーリーだけでなく、松田と神子の関係の描かれ方も良かったです。
普段から色気のある神子と、真面目な松田がエロくなる感じが萌えました。

話が進むにつれて、段々と関係性も深くなっていきます。いい人の松田はやっぱり何だかんだ優しいですし、いつも飄々としている神子が必死になるところなんてすごい良かったです。

不幸体質な松田は不憫ですが、不幸な人が好きな神子とは相性バッチリなのかも。
幸せになってほしいような、不幸体質のままそのまま長く付き合って行ってほしいような、複雑な気持ちです。
続編希望です!

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP