偶然の出逢いが二人の心を揺り動かす───「私は性懲りもなく、君を好きだと感じている」

地下鉄の犬

dhikatetsu no inu

地下鉄の犬
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×221
  • 萌19
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
28
得点
293
評価数
74
平均
4 / 5
神率
40.5%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862528827

あらすじ

サラリーマンの篠田が会社帰りにコーヒーの匂いに導かれ入った先は、一軒の煙草屋兼骨董屋だった。 そこで店主の朝倉と出会った篠田は、ひょんなことからお店に通うようになるのだが…!? 愛へと移り変わる感情を豊かに描いたアダルトラブストーリー。
(出版社より)

表題作地下鉄の犬

朝倉智紀,煙草屋兼古物屋店主,篠田の11歳年下
篠田昌昭,妻に離婚されたリーマン

その他の収録作品

  • 犬とポーカー
  • 旅する犬
  • 犬語検定

評価・レビューする

レビュー投稿数28

大人男子の「かわいげ」

自分の年齢が上がってきたことで良さが分かるようになってきた草間さかえさんの作品。
大人ならではの可愛さにぎゅんとくるというか。
大人ならではのダメさとか不器用さが逆にいいなと。
本作の2人は特に、ですね。

実はこの作品自体「可愛い」がキーワードになっていたりします。
草間さんはこの「可愛い」を「愛おしいとか しっくりくるとか 説明しづらい良さの総称」って作中で説明しているんですが、私が読みながら頭に浮かべていた単語は「愛着」でした。
大人になるにつれて、自分にとって収まりのいい物とか、逆に自分自身が収まりのいい場所とか、そういうもの(=しっくりくるもの)が何かを選ぶときの基準になってきているのを実感していて、そんな今の私の感覚にピタリとくる心地良さみたいなものに出会える1冊でした。
奥さんに離婚されて引っ越した片付かないままの新居で、篠田がずっと探しているのですよね。趣味で書き溜めていた小説の原稿と、それがうまく収まる箱を。
この感覚がなんだか自分の身にも覚えがあるなぁと思い始めたら本作の読み頃なのかもしれません。
「私は君の手にしっくりくるか?」
篠田のこのセリフが良いなぁとじんわりしました。

手に取ったらまずは2回、連続で読むのオススメです。
篠田の同僚(部下)達の篠田を見守る目線も良かったなぁ。

【電子】ひかりTVブック版:修正白抜き、カバー下なし、裏表紙なし

1

愛すべき二人

草間さんの作品には、ダメ男さんが出てくることが多いのですが、
今回の篠田さんもちょっとダメっぽい。
ダメというよりも、まさしくくたびれてる。
それでも仕事はきっちりこなすし、上司としてもしっかりやってる。
対する朝倉くんも、どこか抜けててスマートさに欠けるんだけれど、
一生懸命で、根は素直。
大人の分別が二人の関係にブレーキかけているのだけれど、
そのカセが外れたら、まるでワンコ。

いつも思うのは、草間さんのお話は会話劇的な雰囲気があるんじゃないかと。
言葉のひっかけとか。
それが物語のスパイスになっていて、心地いい。

二人の心の機微をたどる、草間さんらしい一作。
胸の片隅に残る、『かわいい』作品……なので、「神」評価で!

1

素敵すぎる関係

大好きなカップルです。本当に何が可愛いいって攻め様が実は受け様の姉さんぶりにいい感じに優しく包み込まれているような感じがいい!男らしさがちょっと弟君的な感じで癒されます。草間さかえさんの作品はちょっと癖のある性格の人が登場することがありますが「地下鉄の犬」に関していえば現実版おとぎ話のような感じでストーリーが進んでいくので、読んでいるとついつい顔がニヤニヤとしちゃいます。この二人ならずっとずっと固い絆で結ばれた幸せしか思い浮かばないです。

2

大人の恋。

草間先生で一番好きな作品。おかげで禁断の同人誌に手を染めてしまった記念すべき一冊となりました。

結構好きなモダモダ系のお話で、受け攻めのカップリングがまずツボなんですよね。年下オトメ攻め×中年バツイチ受けってのがサイコーです。アレ…これってあんま好まれなさそうな感じかもですね。。属性ありきの読み方はあんまりしないので、読後分析してみると結果好きなパターンかも…くらいの感覚ですが。

お話は割とゆっくりなんですが、メインカプの魅力が物語中にむわわわ〜んと充溢していて、じっくりと読ませてくれます。篠田の部下達や元妻も地味に存在感を主張してるし、朝倉と関わりのある人たちの様子なんかも、市井の人々の生活の中で起こるドラマっぽい感覚を引き出してくれて、想像力を掻き立てられてしまうんです。

摑みどころがないところもあるけれど、職場では理想的な上司である篠田には大学時代に好意を寄せてくれていた男性がいたらしく…。朝倉とひょんな偶然で出会い、彼の中に眠る欲望が目を覚ましていきます。他方、朝倉も一見鷹揚で自由な人間のようですが、こと恋愛にかけてはウジっとした一面も。二人が思いを通わせるシーンにどうしてこんなにグッとくるんだろう。静かで穏やかな人間同士が各々隠し持つ抑制のフタを外した時のギャップかな?大人の男が思いを寄せる相手に感情的になって取り乱す姿に、そして相手を受け入れる包容力に、思わず萌えを覚えてしまいます。

コミックス完結で十分楽しめるのですが、更にその後の二人が描かれた同人作品に大変満足させていただきました。ただ、地雷の方が多い設定なので、敢えてコミックスに含めなかったのは先生のご配慮なのでしょうけれど、個人的には描いてくれてありがとうございますっ!!って気持ちで一杯です。

3

言葉の使い方

地下鉄で話が進んでいくのかと思っていたけどそうでもなかった。
最初、薄汚れた犬と自分を重ねてる篠田さんが悲しかったんだけど、いやー(*´д`)エガッタエガッタ…。

ってか「私は同性愛者じゃないんだ」は牽制かと思いきや…(´゚ω゚):;*.ブッ!
攻めになれないからだったとはwww
受けとけばいいよ( ̄ー ̄)bグッ!←
理由が分かった時の智紀の反応にわろたー。

「好き」と「可愛い」の使い方…確かに人それぞれですよねー。
「好き」=「可愛い」とかね。
前に知人に「女の子ってなんでも可愛いって言うよなー」って言われたことあるんですが、その時は私も自分がどんな時に「可愛い」を使うかちゃんと意識したことなかったから適当な返事になってたなー…。
「なんででしょうねー」的な。
この本、読んでいたらもう少しマシな答え返せた気がする。

使っているうちについた傷を「趣がある」と受け止めるの…いいなぁ。
文庫用にヌメ革のブックカバー使ってるんですけど、使ってるうちに結構傷ついてきてるんですよね。
まーそれもありかな…って思っていたんですけど、うん!やっぱりいいよね(*´艸`*)って思った。
のせられやすい人でございます。

それにしても…あんなに揃えてお泊りに行く攻めも珍しいwww
そら大荷物になるわなwww

同人誌にリバverがあるらしいのだけども…ちょっと気になる。
どんなだろ。

2

草間さかえワールドは本当に素敵

草間さんのコミックスは必ず買ってます。
レビューが既に沢山ついてるから、今更遅まきで私が言う事は少ないんですが、とにかくキャラの仕草、懐かしさを感じる優しい世界観、そしてオッサンに眼鏡。本当に最高です!

特にこのコミックスは何度読み返したか分からないほど好きです。広くお薦めしたい!

2

見るべきものは、パーツにあり。

妻に三下り半を突き付けられ、傷心のまま孤独な新生活を始める、中間管理職の篠田。
ある日ふと迷い込んだ骨董店の若い店主・朝倉に、昔付き合った男の面影を見出す篠田ですが――

◆◆◆

年下わんこ攻めという部分も含めて、すごく草間さんらしさを感じる作品。
そう言えば私がイメージしている草間作品って?ということも改めて考えてみたくなり、少し長くなりましたが、以下感想を。

草間さんの作品は、ストーリーの軸が一元的で、その軸に向かってすべての要素が撚り上げられていく感じ。とてもスッキリしていて、シンプルなんですよね。
ストーリー自体を見せたい作家さんではなくて、ストーリーは礎石になるアイデアの上にさっくり整然と組み立てておいて、そこをどんなパーツで装飾していくかのほうに比重を置く作家さんに思えます。
建築家というより、センスの良いインテリアコーディネーターかガーデンデザイナーというイメージ。

今回で言えば、妻に捨てられた篠田が、長年ひそかに書き溜めていたメモ=彼の内面の吐露であり、彼のアイデンティティーそのものでもある――に、丁度良い大きさの文箱を用意してくれる朝倉という、二人の関係性が礎石かと。
朝倉は篠田にとって文箱そのもの、つまり、篠田の本来の姿(セクシャリティーを含めて)を、ありのままに包み込み、受け容れてくれる存在です。
二人の出会いは物語にとって所与。二人が結ばれることは、紙束と文箱の出会いのように運命であって、そこに越えるべき障害はありません。(もっとも、朝倉という引き出しに篠田が納まるまでに多少の軋轢はあり、ここが作品の山場になっています)
一度結ばれた後はもう真っ直ぐに甘々路線、篠田の書き溜めたメモに何が書かれていたかも、深追いしない。

こういう骨組みは、多くの草間作品に共通する特徴かなという気がします。
見るべきものはストーリーではなく、雰囲気の良い部屋や紙面から立ちのぼるコーヒーの香り、ウィットのある会話、カプ2人の微妙な感情を表現する小道具遣いやさりげないしぐさ…等々、言ってみれば草間ワールドそれ自体。
多くの人に支持されるセンスを持った作家さんでないと、この手法は成立しません。

今回は、離婚した篠田を腫れ物に触るように扱いつつもさりげなく観察している会社の部下たちが、いいアクセント(かつ狂言廻し)になっていますよね。
朝倉が骨董屋という設定も、とてもいいハマり具合い。
朝倉の店に並ぶ、傷があるものもあるけれど、それがまた温かみ…という骨董たちは、朝倉の人となりにも似ていて、篠田の古傷をじんわりと癒してくれるのにこんなふさわしい男はいない、と思えてしまいます。
そしてまた、篠田の心に古傷を残した男に朝倉が似ているというあたりも、骨董屋が似合うほろ苦いノスタルジー。
古びているのにどこか小洒落た骨董屋の店内には、草間さんの絵の魅力があふれています。

タイトルの「地下鉄の犬」は、地下鉄のホームで篠田が見かけた、薄汚れた犬。
「うちひしがれてあてどな」くホームを彷徨する犬に、篠田は自分自身の姿を重ねます。
ただ、冒頭に朝倉と篠田の出会いを持ってきたこの作品には、そんな篠田の内面の惨めさを深追いする流れはなく、彼の心の澱みは、あくまで物語の背景の一部でしかありません。
もしこのタイトルでなかったら、深かったはずの篠田の心の傷がいつの間にか癒えていることに違和感さえ感じなかったであろうほど、とても巧妙に、さらりと、出口は見つかります。
そういう部分を突き詰めすぎると、草間作品の深追いしない作風に、物足りなさを感じてしまうかも…
どちらかというと草間作品は、「地下鉄の犬」から「犬」を切り取ってわんこ攻めを連想するような、遊び心のある大人向き、という気がします。

そう言えば、朝倉が(年下わんこ)攻めというのも、この作品に仕込まれたサプライズのひとつですね。
見た目も感性も(文箱である部分も)彼が受けに見えるんですが――しかも、その意外性が実は篠田をトラウマから解放する鍵になっているという部分がまた、上手い。
やはり草間作品にハズレなし、です。

7

そういえば、どっちも眼鏡でした!

草間さんの絵と骨董店というモチーフはなんて合うんだろう。
豪華で高いものを売っていそうな店ではなく、この漫画に出てくるような裏道にひっそり佇む小さな古いお店。
そんな骨董店兼煙草屋の主人と離婚したてのリーマンのお話です。

ゆるゆるとした二人の関係が、心地良いです。
同居したいけれど何となく流されてやきもきしたりとか、お弁当のおかずが端っこばかりとか、そういう細かいところにほっこりする作品でした。
基本、大型わんこな年下×生真面目な年上が大好きなのでこれはこれでたまらないのですが、最初は逆だと思っていたのでリバも読みたいなあと思ったら、同人で出ていたのですね。
よ、読みたい。

1

大切に想うということ

“大人のラブラブ”っていい!!って思った作品でした。
お弁当のおかずに相手への想いがこもっていたり、旅行のアレコレに関して張り切りすぎて荷物が多くなってしまったり、
あからさまにハートは飛んでないけどお互い大好きというのがめちゃくちゃ伝わってきてかわいくて凄く萌えました。
好きな人を大切にすることって素敵だなぁと基本中の基本のことですが、凄く心が温まります。
何かの口直しや(笑)、良い気分になりたいと思った時に手を伸ばしてしまう作品です。
メガネ×メガネですが、私的にはワンコ×メガネという印象のほうが強かったです。
ワンコと言っても控えめさもあって凄く可愛かったです。

あと、個人的に草間先生の描く建物や家が毎回凄く印象に残ります。
こだわりをもってらっしゃるのか分かりませんが、どことなくオシャレでなおかつ個人の生活が匂ってくるような雰囲気があります。
この部屋の奥はどうなってるんだろうと想像を張り巡らせていたりして、草間作品は“主人公達の周辺”も凄く楽しめると思いました。

3

中年て何歳から?

草間さかえ氏の作品を読むのは二度目。
前回は・・・雰囲気は好みなんだけど萌きれなくて。
でも今回は1冊まるまる同じ物語だったからか、いい感じでした。

リーマン受けの篠田さんは
男が好きなんだか女が好きなんだか 受けなんだか攻めなんだか
はっきりしないまま大人になってしまって 大変でしたね。
しかし 実際にも そんな線引きはハッキリしていないのかもしれません。

大人の落ち着いたラブストーリーだと思います。
思いますけど・・・
「おっさん受け」「中年リーマン」と言いますが
まだまだお若い篠田さん。
私的にはもう少し アダルトな方がいいなぁ・・・・。

2

草間作品は群を抜いてますね

草間先生の作品が全部好きって言うわけではないですが、好きなる作品は躊躇いなく
必ず神評価ですね。
もう、センスが違いますね。何回も読み直すように言葉を練られているのだとは思いますが
ほんと、こんな何度も読み直して毎回新しい発見が生まれる作家さんって凄いですよ。
言葉の選びかたとか構図もそうですけど、アングルとかキャラ設定もなんでこんなに上手なのかと感嘆のため息が出てしまいます。
草間先生の作品では『真昼の恋』がなんといっても好きですがこちらも良かった。
おっさん受とか1番苦手なジャンルですが草間先生にかかるとなんでこうも親しみが
湧くのか。
受様は乙女入ってるけどやっぱりオスで。描く人によってはとんでもないものになって
しまいそうなキャラ設定でも愛しい作品にしてしまう。
実は同人誌のリバの方を先に読んでしまったのですが、どっちが攻でも受でもいいです。
もう、人物自体が生きているのでこの人達が幸せならどんな形だっていい!と思って
しまうんですよね・・・
なんでこんな魅力的なキャラが描けるのか。
草間先生の作品はじわじわくるものが多いので最初に読んで合わないな~とか
思った方でも何回か読んで欲しいです。いつの間にかはまってます。
遊び心も満載な作者様なので是非読んで頂きたい作品です。

2

W眼鏡

篠田さん萌え。
短髪・黒髪・メガネ・スーツ・受け。
私のすべてがここにある!
おっさんというトコロもはずせないポイントだ。
草間作品に 毎回心ごと持って行かれ恐ろしい。
ここまで完璧に私の理想の男性を描かれるなんて
草間先生わかってらっしゃいます!
篠田さんだけでもこの有様なのに朝倉もいい人で
参りました。
w眼鏡のカップルが なかなかいないのですよ。
それがこの本で読めるなんて!
骨董屋がいい味だしていて 昭和っぽくて懐かしいです。
ぜひ 店をつぶさずに二人でがんばってもらいたい。
応援してるからね~。

2

草間さかえワールド

日常をたんたんと描写してるだけのように見えるのに、じわじわと心に染み込んでくるストーリー。主役二人の心の移り変わりも、モノローグによる説明ではなく、エピソードそのものからじんわりと伝わってきます。そのすべてがたまらないほど心地よい空気感です。まさに草間さかえワールド。

主役の二人のキャラも本当にいいんだなァ。
主役はオッサン受けなんですが、なんかズレてるんですよね。いろいろと一生懸命なのに、伝えるのが不器用で。こういうタイプは「分かってくれる相手」とは絶対に上手くいく。それが攻めです。
攻めは最初からこの受けに好意があって、ちまちまといろんな画策をするんですが、付き合おうとか口説こうとはしてないのがいいですね。あくまでも仲良くなりたい気持ちが先行している。
少しずつ育っていった恋愛感情を伝えあうときの互いの表情がタマランです。
後半のイチャイチャもツボにきました。
なんだろ、本当にさりげないんだけどエピソードの一つ一つが上手いんだよう。お弁当のはしっこのエピソードとか最高。キメッみたいなセリフや表情がないところが好き。お互いに相手のために精一杯の努力をしてるのが好き。
あと、エッチな場面はエロいです。エロいっていうか色気がある。オッサン受け最高だわ。

1

じんわりと、

草間さんの作品の中で、一番好きかもしれません。

どこかほんの少し一昔前を思わせる、何気無い日常の風景のなかで育まれる大人の恋。
淡々とした展開に燃え上がるような激しさや派手さはないけれど、燻るようにじんわりと、心に沁み入ってきます。

仕事は出来る人格者、でも私生活がどこか投げやりな受け・篠田。
オヤジというよりはやっぱり『中年リーマン』、そんな彼がとても好いw
乙女系の攻めと二人して眼鏡なのも、美味しいです。

そして何より秀逸なのは言葉の使い方でしょう。最小限の台詞で余すことなく伝わってくる情感が、もう本当に堪りません。
それをさらに引き立てる、登場人物の仕草や表情。本当に触れられそうな指先の美しさだとか、ひどく体に馴染んだスーツの線だとか。

できればもう一冊保存用を買って(笑)、ずっと読み続けたい一冊です。

2

地下鉄の犬

私もメガネキャラ好きですが、攻受両方メガネは相当なメガネ愛ですね(笑)

カバー下のあとがきにて『うっとうしい系乙女攻×私生活での積極性に欠ける中年』とありましたがうっとうしいという印象はあまりうけませんでした。
過去の経験から、うっとうしいと思われないように気を張ってる感じなので、逆に謙虚なイメージでした。乙女思考でかわいかったです。

受けは堅物そうな見た目の中年なんですが、不器用さがいいですね。個人的にあまり受け受けしくない受けが好きなのでかなり良かったです。

心理描写がうまくて絵柄の雰囲気も独特な哀愁があって素敵でした。

2

乙女攻×乙女受

今回の草間さんはとにかく甘々でした~♪
後半は特にニヤニヤしながら読ませて頂きました★
あとがきで書かれている、「うっとうしい系乙女攻×私生活での
積極性に欠ける中年受」って表現がこれまたうまいんですよね~ww
でも、正直なところ2人とも乙女です!
乙女攻×乙女受!!
まるで初恋のように初々しい、いい年した大人2人の反応に
ニヤニヤしまくりww
それに、いつも短編集が多い草間さんですが、
この作品は一冊まるごと2人のお話だったので、
ホントラブラブごちそうさまでした~!って感じです♪

『地下鉄の犬』
最近離婚したサラリーマンの篠田は、ふと立ち寄った煙草屋兼骨董屋で
店主の朝倉と出会う。
そこで、彼に思い出の書類の収納棚を探してもらうことになり、
彼の店に通い続けるうちに居心地の良さを感じ始める篠田。
けれど、うたた寝をした時に朝倉に触れられたことで、
彼の気持ちに気付いてしまう。
でも、朝倉と今の関係を続けたい篠田は、
「今まで通り何も変わらないだろう」とつくろいはするものの、
どうしようもない気まずさは隠せない。
そんなある日、別れた妻に会った篠田は朝倉と元通りの関係になりたいと
思った理由を改めて考え、彼が好きだったからだと気付くのです。

この後がビックリでした!
まさかの篠田さん受ですか~!?
「もしかして君に入れる事は考えなくても...?」って
セリフを恥ずかしがりながら言うとこなんてかわいすぎるだろ!?
中年乙女受バンザイ!!オヤジ受もっとこ~い!

『犬とポーカー』
朝倉視点のその後のお話。
ラブラブ後日談ってとこです♪
週に4日はお泊りして、お弁当も晩ご飯も作ってくれる篠田に
楽をさせたくて外食に誘うものの断られてしまう。
でも、それは篠田がご飯を作るのが唯一のとりえだと
思っているからで...
あぁ、もうかわいいんだよ、この2人!!
「おかず全部真ん中がないのよね」って同僚のセリフに
たまらなく愛感じますよねww

『旅する犬』
ラブラブ後日談その2.、旅行編。
朝倉の乙女モード爆発!
気持ちが重すぎてフラれたトラウマがある朝倉は
篠田との同棲の話を催促できないでいた。
でも、「重くてかまわない」と篠田にあっさり受け入れられるのです。
やっとちゃんとしたエチシーンが見れて満足満足♪
ガッチリした男の体が組み敷かれてる図はたまらなく萌えますww

『犬語検定』
朝倉の下の名前を呼び捨てにするだけで赤くなる篠田が
相変わらずかわいすぎっ!!

あとがきはカバー下にギッシリありました★
ゴローちゃん(雑種の犬の女の子)のセリフに笑い止まりませんですww

1

じわじわ……

なんなんだ。
気づいたら繰り返し続けて三回も読んでました。
一回目より二回目、三回目にはニヤニヤして読んでました。

まず、ストーリーらしいストーリーがないに等しい。一言で言ったら《日常》。(草間先生、ある意味すごい。)
セリフは日常生活で使う最小限のものですし、説明文的なものもほとんどないので一回目はわからない部分も多くて二回目を読んだのですが…そしたらじわじわと味がしみ出てきました。(スルメ!?)

二人がそれぞれトラウマ的なものや自分自身との対峙で時折、立ち止まることもあるのだけれど、それはまぁ誰にでもある程度の事柄で…。だから、こちら(読者)側にもじわじわと二人の感情が流れこんでくるのかな?
なんでしょう…。
セックスって気持ちでするものですね。
こうゆうスローペースの恋愛って…あ~!あ~!!…いいですね~。

はっきり言って絵は好みではないのですが、レビューで評判良さげだったので買ってみました。
やっぱり好みの絵ではないのですが、この絵がいい!
まず実在しそうな雰囲気がする。そして表情が…そんな普通の人がふと…不意に見せる表情が…「あ…いい…」と感じてしまう絵です。
25、127頁の篠田さんの表情・130、146頁の朝倉くんの表情は私的に相当ヤバかった…。

個人的には《Wメガネ》以外に萌え度は低めなのですが、じわじわ萌え…とでも言いましょうか…今後何度も読み返すのは間違いなさそうなので、神です。

2

萌え萌え~

折本が届いたので再読(笑)

真面目で愛に不器用な篠田さんと乙女わんこな朝倉くん
ふたりが少しずつ近づいていって情を募らせていく様がステキです。
大きな事件とか起きなくて、普通に毎日暮らしていく中で
お互いに相手が大事に思えてくるのって本当に萌える。

草間さんて割と「どこで好きになったの?」ってのが多いので
この本に関しては一冊丸々同じひとたちなのがまた良かったです。
(いや、唐突展開も草間さんなら好きなんですが!笑)

何度読んでも同じように幸せな気分になれて
とっても大好きな大事な一冊。

自分にとってはこれは充分なまでに神!(笑)

折本もめっちゃかわいくて素敵でした。
読んでて大変幸せになれましたです。

2

メガネ×メガネ

乙女な煙草屋兼骨董屋×仕事はできても無口で不器用なリーマン。
二人が出会ってくっつくまで。穏やか進む物語にはこれといった大事件が起こるわけもないんだけど、その間の二人を包む空気感が素敵すぎる。
それぞれ違った所で不器用な二人は可愛くて、もどかしいと同時に応援したくなります。
若者同士みたいな勢いはない(笑)からこその、この物語。そういうところがぐっとくるのです。

そしてメガネスキーの私はさりげないメガネ×メガネにテンションを振り切ってしまうのでした。草間さんグッジョブ!!そして担当さんありがとう!

2

地下鉄の

先月、草間作品を2つ読んだら歯止めが利かなくなりましたww
やっぱり好きだわ^(*'v`!艸)⌒◆◇+。
お話は、いつもと同じく年下の男にほだされ、愛されな
幸せカップル創造論。ホノボノ~と最後見せてくれる
その幸せそうな雰囲気が好きなんですよね。

コーヒーの香りに誘われてふらっとはいったタバコ屋さん。
古びたカップで出されたコーヒーを飲むのだが
じつは飲食店ではなく(笑
そこから、知人として、友人として、そして恋人として
シッカリと、段階を踏んで、気持ちに折り合いをつけて
人間としてダメだった部分が少しずつ変わっていく~変化を見るのもまた面白かった。
「ああ、君がひどく可愛い」
好きのニュアンスって、やっぱり作品ごとにありますが
言葉のチョイスがすごくいい。
染みるっていうかな~・・・癒される。
エチシーンも多くは無いものの、少しずつ慣らされて
感じるようになるオヤジ・・・・萌w
酷く痛んだ心に優しい作品。
痛い作品を読んだ後の緩和剤としておいておこうとおもいます。

1

好きを伝える好きじゃない言葉

草間さんの皮膚感覚を彷彿とさせる描写には、
格別な艶を感じるのですが、
今作は聴覚以外のほぼ五感全てが、
至る所に織り込まれていると思いました。

コーヒーのよい香りにつられて入り込んだ骨董屋。
この住宅街の奥にひっそりとある和風家屋の雰囲気が、
現実離れしていて何とも味わいがあるのです。
店主は年若い柔和な朝倉。
篠田は会社帰りに暗い夜道を通ってその店を訪れますが、
店内の明るさと夜道の対比が、
彼の心の重さと軽さを表しているかのようです。

篠田は会社で賑やかな部下達とのやりとりがあって、
店で朝倉と会う時は他に誰も居ない。
ここは2人だけの時間が流れる別空間なんですね。
離婚で住まいを変え、そこには馴染めない篠田が、
この店には気持ちも体も徐々にしっくりくるようになるのも
自然な流れでした。

割れてツキハギした茶碗と篠田を重ね合わせた表現は
詩的で素敵です。
物にも人へも、草間さんの触れる描写には
ドキドキする色気がありますが、
「君の手にしっくりくるか?」なんて、
何て上品なエロさ。
そして、押し倒されて眼鏡がずれ上がった
篠田のあのアングルが、がっ!(興奮)

おかずの端っこで愛情を表すあたりがにくい。
温泉旅行でちゃっかり「篠田」の姓を名乗ってる
朝倉が乙女。
とても密なひと時を堪能しました。

3

カバー裏にあとがきあるですよー

まさか後書きがあったとは思わず、うっかりカバー裏から読んじゃいました。
このうっかりハチベエめ!!
骨董物屋眼鏡×離婚したてのリーマン眼鏡
眼鏡×眼鏡、ふう・・・素敵過ぎます、ばふーーー!

草間さんのストイックなんだけどエロい線で描かれる人物がこれまたエロい!!
そしてエロティックでありながらどこかストイックなとこがイイ!!

雰囲気がただ雰囲気じゃなく、心理描写であったり心の背景であったりはたまた僅かな伏線になりうる要素を秘めていたりと1コマといえ無駄なコマが無い、そのまま映像のコンテとして使えそうな繋ぎと次シーンへの転化がお見事。
初単行本の時から何となく感じてたんですが、草間さん作品は映像系、映像に向いてる系だと思うんですよねー。
といっても願!実写映画化とかじゃなくてですね、つまり映像系のコンテみたいな漫画を描かれる作家さんだなあと。カメラを筆に替えて描写していくっていうのかな、特にこの地下鉄の犬ではそれをとりわけ強く感じたです。

例えば、表紙。
このまま映画でもテレビでも1カットとしてそのままポスターに使える的なイラストとしての力と映像を切り取った様な力。
それを草間さんに感じる訳です。

なので草間さんの漫画は凄く読みやすい。カットのアングルはカメラワークっぽくて脳に視覚的にスムーズに伝わってくる。
ともすれば説明不足になるかならないかの匙加減も好みです。

草間作品に関しては読む兼見るの両方楽しんでおるですよ。
ワンコが出てからの2人も気になるので、まったり続編出てくれると嬉しいなあ。

余談だけど多分タイトルの元ネタの「地下鉄のザジ」はかあいくて洒落た小粋な映画で好き~。
草間さんも好きだったりすると嬉しいんだけどなあ。

4

どこか郷愁を誘うような

恥ずかしながら草間さかえ先生の漫画を一冊きちんと読むのは初めてです。
結論から言うととっても好きでした。ざっくりと暖かみのある線で引かれた人物・小道具・背景で作られる世界は現実感があるようでおとぎ話のような、懐かしいような空気を醸しています。特に主人公が知らない夜道を歩く描写が好きです。
淡々とした話運び、二人の関係の変化もとても好き。そして二人ともメガネ…!
いやぁこれはいい実にいい。

とらのあなで買ったので口絵と同じ柄にメッセージ入りのカードがついて来ました。

2

大人な雰囲気が極上!!

草間さかえさんの描かれるストーリーは、激しさがある恋愛話ではなく、淡々としっとりと流れる雰囲気がたまりません!そこに醸しだす大人の空気感というか・・・オシャレ感が漂うvv 本当に骨董屋兼たばこ屋のコーヒー器の質感と香りが漂ってきそうなぐらい、草間さんの世界に入っちゃう感じ!!ほんと何度でも読んでしまう草間さかえさんのストーリーには感服ですvv しかし、草間さん年下ワンコ攻め多いな~vv

3

受けかっ!

なんだか妙にドキドキ萌えました。
草間さんの殺伐とした絵(すっごい褒めてます!)なのに、ものすごく萌え!
凄くふわふわあったかいな~、と思っていたら、思いもしないところでひょこっと本気が見えて、ドキンとしました。

認めてしまってからの篠田は潔かったですね。
戸惑いは凄く心に引っかかっているのに、それでも手放したくない人には真っ直ぐで、素敵だなぁ…。
と思っていたら!
まさかの受けかっ!!!
私ずっと篠田攻めだと思って読んでいたので、超ビックリしました!!!

その後の2人は、本当にほんわかラブラブでしたね~。
お互いにとても相手のことが大好きで、「自分に何ができるだろう」って考えているところがとても素敵でした。
付き合って終わりじゃなくて、それからの日々のほうがとても大切なんだってことを、改めて教えてもらった感じです。

なにより…真ん中のないお弁当に、言い知れない「愛!」を感じましたっ!

全体的に淡々と静かに展開するのに、心の動きや距離の計りかたなんかが凄く伝わってきて、幸せな気持ちになれました。
エロも、結構しっかりありましたね。
ブツドン!挿入ドン!
って感じじゃ全然無いのに、なんだかすっごくエロく感じました。
なんだろ?流れ?表情?

とにかく…。
私、これまで読んだ草間さんの作品で、一番好きかもです。
とても大好きなお話でした!

4

何度でも読みたい

お話そのものが静かに静かに展開されるので、大きく心揺さぶられるような出来事は無いのですが、大人同士の恋ってこんな感じでいいんじゃないかと思うので、おまけで神評価。

離婚したばかりの男・篠田がうっかり入ってコーヒーを注文してしまった朝倉の店は、実は煙草屋兼骨董屋で・・・
そこは、思いのほか居心地が良くて・・・

朝倉が“女顔”なので、はじめはこの二人の関係がどう展開していくのか不思議だったのですが、なるほど、あとがき(カバー裏)にて作者が言っているように、うっとうしい系乙女攻×私生活での積極性に欠ける中年受で、納得しました。
さらに眼鏡×眼鏡ですから、メガネスキーにはたまりません。

とにかく私生活に自信のない篠田と、篠田に惚れちゃったゲイの朝倉がいい感じで凸凹コンビなのがなんだかうれしいのです。
ヘタレの篠田さんが、本当の気持ちに気付き、朝倉のところに行ったときの言葉「私は君の手にしっくりくるか?」がなぜかエロチックでした。

あとの3話は、両思いになった二人のその後のお話ですが、大人なバカップルのお話でもあります。
「端っこマニア」のお弁当といい、大きな荷物を持って温泉旅行に行くことといい、大変現実じみていてそこがおかしいし、そこが好きです。
さらに、温泉での浴衣(?)姿が非常によろしいのです。
着付け方といい、着崩れ方といい大変セクシーで結構です。

さらに、カバー裏「ゴローは犬」(ゴローは、二人が温泉地で拾ってきた犬です。)もオチがついて結構でした。プププ・・

2

真面目な顔して、実は抱かれたかったんでしょ…?

淡々ほのぼのとした雰囲気の中に滲むエロスが、本当に草間さんらしいなぁと思った作品でした。
草間さんの作品って決して派手ではないのに、沸々と燃え上がるマグマのような萌えが生まれるんですよね~。
今回の作品も、前半が淡々と進む中、中盤からの巻き返しが凄い。
眼鏡オヤジリーマン・篠田の可愛さがどんどん増すんですよ。
そしてそんな篠田を溺愛する朝倉の変態っぷり(?)も際立っていく。
そうこうしているうちに、もうまんまとこの作品にハマってしまいます。
萌えとしても、眼鏡攻めに眼鏡受、親父受け、11歳の年の差、年下攻め…など、いろんな要素が含まれてます。
後半にいけばいくほど、ニマニマしちゃうこと間違いなしです!W

妻に離婚された篠田は少なからずヘコんでおり、そんな彼が仕事帰りに見つけたのは、朝倉が経営する煙草屋兼古物屋。
篠田が喫茶店と間違えるほど、その店は篠田にとって安心する場所でした。
その居心地の良さは果たしてどういう感情に繋がるのか…。
いかにも真面目で堅物そうな篠田と、そんな篠田に恋する朝倉。
真面目な篠田のモノローグが主なので、前半はちょっと退屈だったりします…(スミマセン)
でも唐突に動き出す恋、そして篠田の告白。
この二人に関しては私はどっちが受でどっちが攻でも、特に拘りはありませんでした。
しかし、篠田の驚愕の告白によって、私の中で篠田は超受に確定いたしました。
実は男と付き合っていたことがあると。
そして、その男のことはどうしても抱けなかったと。
その男のことは好きだったと。

…………。
それって実は(潜在的な部分で)篠田さんは抱かれたかったってことでしょ…?

この事実を知って、私の中のフタが取れました。
もうとめどない萌えがあふれ出てきてwwwww
無自覚ネコちゃんだなんて可愛すぎますよ!!!
堅物で真面目な眼鏡オヤジリーマンが、
実は男に抱いてほしいなんて思ってるけど、それを自分で気づいていない不器用さんだったなんて!!!!!

ここからは怒涛の萌えターン!
恋人編でも萌えがとまりません!
初エッチはカットされてるんですが、1年後くらいの、すっかり安定しちゃってるカップル編が載ってます。
そのエッチがもう、もう…!!
気持ちよさそうな朝倉のイキ顔に大興奮です!!
エロいです、エロすぎますよ、草間先生!!
旅行に来てもエッチしたのがバレないようにと色々しちゃう(ココはもう是非コミックスでご確認ください!w)朝倉に、
優しさというよりも変態さを感じてしまいますwww
むっつり朝倉、萌えーー!!
はぁはぁ
エロにばかり萌えてはいられません。
二人のラブラブバカップルぶりに、もう後半はニヤニヤが止まりません。
いい大人の男が二人でなに可愛いことしてんですか!
特に篠田さん!いい歳して可愛すぎますwww
乙女なのは朝倉だと思ってましたが、こうやって見ると、この二人、百合カプですねwwwww

今回もほっこり幸せな気分にさせてくれるお話でした!
草間さんの描かれる眼鏡オヤジ年上受は、本当に逸品だと思います!w

4

ちょっとトボけた几帳面?な課長がカワイイ

草間さんの久々のBL単行本、首をながーくして待ってました!
活字にしてしまうようなところも手書きではいる文字とか、手作り感がなんとも味わい深いんですよね。
今回は攻めも受けもメガネと、ご法度でもあるのか?自分は全然気にしないのだが、でもかといってそれでものすごく萌える、ってことでもなく、ごくごく自然に受け入れられます。
W眼鏡でお約束のキスの時眼鏡がぶつかる、とかそんなベタは一切なく、さりげなく受けが攻めの眼鏡をはずすシーンに色気は感じました。

何でも一人でやってしまって妻は飾り物になってしまったことから離婚することになった篠田。
祖父の骨董屋兼タバコ屋を引き継いで、偶然出会った篠田をかわいいと思う年下ワンコの朝倉。
篠田の律儀さが、そしてちょっと天然ボケが入った部分が朝倉でなくてもカワイイと思う。
本当にごくごく普通の人だ。
ただ、どうも過去に男性と・・・な事があった模様。
きっとネコ×ネコだったのね~ww
きっと朝倉が自営で自由の効く商売をして、いつも家にいる人というのが、今まで祖父と暮らし、亡くなった事で淋しかったので構ってくれる人が欲しかったから、篠田にぴったりだったんだろうな。
最初、篠田は自分が書きためていた小説を紛失したことに異常にこだわって、それを入れる箱を探したことから朝倉と親しくなって。
元妻に小説を返してもらった時、本当に欲しかったものに気が付く。
昔書きためたものより、朝倉といれば、新しい小説が書きたくなっていた。
もう過去にこだわる必要はないんだって!
そんな伏線がこっそり根底に敷かれていて、草間さんらしい展開に人の心を読ませるのが上手いな~としみじみするのです。

本当は犬が嫌いだけど、朝倉の為に犬を飼おうと、それを同居するきかっけにしようと考える辺りの篠田にかわいさを感じるのです。
朝倉自身が大型のワンコみたいですが、何故か男所帯に犬一匹って萌える設定だったりして、自分的ツボなんです♪
本編のエロが薄かったので、『旅する犬』の温泉旅行でのエチは貴重でした!
また、その中で明らかになる朝倉の素顔。
どんだけ!な感じで朝倉は淋しい人だったんだなー、でも篠田という連れ合いが出来てよかったよな、と思うのでした。
カバーはずした本誌にあとがきがあるので忘れずに!
犬のゴローが私は女の子って言ってるのに片足上げてジャー!って男じゃん!!びっくりしましたw
ラブラブで大変よろしい♪

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ