真昼の恋

mahiru no koi

真昼の恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神63
  • 萌×229
  • 萌25
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
27
得点
507
評価数
123
平均
4.2 / 5
神率
51.2%
著者
草間さかえ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
心交社
レーベル
Chocolat comics
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784778110512

あらすじ

デキる営業のつもりだった中川正午が任されたのは、若社長岡崎一が営む今にも潰れそうな町工場。自分達が会社に切られそうだということも知らず犬のように懐いてくる無邪気な一を、正午は助けたいと願うようになるが…。
(出版社より)

表題作真昼の恋

岡崎一,町工場を一人で経営
中川正午,課長に片想いの部下

その他の収録作品

  • 楽しい平日
  • 冬空の軌道
  • 春と嘘
  • 夜明けの虹
  • 3度目の夏(描き下ろし)
  • カバー下:漫画、あとがき

レビュー投稿数27

平常感。

このタイトルの「真昼」が名前の方だったらと思うと急に恥ずかしくなりますね!という事で感想です。

お話は。これといって大きな波も問題も起こらないで、
ぼのぼの。まったり。でも真摯だな。という印象でした。
親にカミングアウトだったり挨拶(!)だったり、普通、重く描かれたらホント重いんですけどなコトも
作者さんの述べてた『読みきり連載』(笑)というスタンスが良かったのか、そうさせているのかも。しれない。
全てのお話通してすごくすきなBLの一冊です。
恋愛は当事者2人でするものですが、現実、過ぎる生活は2人だけで回るものでなく、
色んな人を巻き込んで、時には巻き込まれて積み重なるワケで。
そんな当たり前の情景がBLでうまく絡めて描かれている
数少ない良作だと思います。(あくまで私の好みの部分でです。
まぁBLだけでなく恋愛マンガ読むのに、当事者2人以外のキャラが存在感あっても邪魔って方もいらっしゃるでしょうが…。
(だから余計数少ないと思うのか。書き手の考えも含めて。
各題でいうと『春と嘘』がすき。垣間見るハジメちゃん。
描き下ろしはおかしかったですwww

キャラは。ハジメはまぁ…カワイイ。へたれワンコでw
いやでも持って行くトコは持ってくのでヘタレではない気もするな…、あ。おバカなのか、おばかワンコですねw
まひるさんは年上専門とかファザコンだとか言ってた割に
年下ワンコに甘々で、でもちゃんと懐柔しちゃってて年上の余裕も見えてます。ハジメの可愛さに当てられちゃったんですねvきっと。

総じて突飛な設定や展開はなくても面白いものは面白いのです。
描ける方にしか描けないということですが。

5

年下わんこ攻最高~

草間先生にしては明るいテイスト。
わんこ攻×美人受様。この年下わんこがスッゴイ可愛かったです。
年上専門の受様は課長(もちろんおっさんです。)が好きだったのですが
初めて年下わんこに特別な感情を抱きます。
もう~年下わんこがいちいち、課長の事となると嫉妬してムキになるのがなんとも
かわいい~
受様もそんな攻様をとっても可愛く、愛しく思っているのが凄く伝わってきて
さすが草間先生だな~っとため息ものです。
甘甘の草間先生とっても良かった~
2人で受様のお父さんの所に挨拶に行くたびに水をかけられるんですけど。
それでも何回も行くんですよね。2人で。
そこで墓穴を掘る受様の台詞にほんと笑いました。
家族の愛もさりげなく描かれていてとっても大好きな作品です。

5

年下の男

正午さぁぁああああんっ(* ´З`*)ハァハァ
買うつもりじゃなかったんだが、帯の見出しに犯られたw
「あなたの好きな大人のおとこじゃないけれど」
なんだその健気ワンコな台詞wときめくじゃないか!
お話も、タイトル見出しに負けない一途なお話でした。
取引先の若い社長と営業マン。
ほだされて、愛されて。
好きだったタイプの大人の男じゃない。
けれどそれが苦にならないくらい好きになっていく。
かわいいと思えてしまう。
そんなストーリーがとてもなにより可愛かった!
居心地が良くて、うれしくて。
年下の男に甘えてしまう。そんな正午さんの表情が好き。
正午さんを好きで好きでたまらない、それこそワンコな岡崎の
瞳のキラキラもまた美味しかった。
両親にご挨拶~な巻末。これもなかなかに好きです。
「入れられるのは」の大オチwwよもやまさかの展開には大笑いして
しまいまいました( ´∀`)ゲラゲラ

3

リーマンBLで一番好きです。

「マッチ売り」の二冊のあとに読みました。
随分毛色が違う作品で驚いたものの、がっつり読ませてくれて流石です!
草間さん、こういう普通の話も描かれるんですね。
いやあ、二人とも可愛くて、最後まで楽しませていただきました。

この話は、リーマンBLで一番好きです。初めて読んでから、他に400冊程BL漫画を読んで、リーマンものも数多くありましたが、矢張り今でも一番好きです。
くっついてしまう課程があまりに短かったので、此処ももう少し丁寧にやっていただけたら良かったなあと思いつつも、簡単に始まった本気もまたありかと思うので、これもまたよし。片想いは長かった訳ですし。

またいつか続編を描いて下さったらなあと思うのですが、描いていただけなくてもこの二人はずっとこのままなんだろうなあとほくほくしてしまいます。
末永く、お幸せに。

3

しっかりしているようでぬけている(笑)

面白かったー草間さんの漫画、好きですヾ(≧∇≦)
今回の話は毎話攻めの泣きオチというw

年下ワンコ攻めなんですが、ハジメよりもまひるさんがとても可愛く思えちゃいます♪
しっかりしているようで微妙にぬけているのです。
特に書き下ろし「三度目の夏」でのまひるさんの先走った応答には噴きました。
いやいやいや…お父さんはそんなカミングアウトを求めてなかったと思うよwww
あれですね、せっかく室内での対話に持ち込めたのに~次からはまた着替えとビーチサンダル持って行かねばならなくなりましたね(笑)
そしてそんなまひるさんから絶大な信頼を寄せられている五十嵐課長は素敵なオジサマです。
まひるさんと一緒に私もキュンキュンです。
カバー下の大人気ない対応もステキですw
でも家では立場弱そうです。
まひるさんのグルグル原因はほぼ五十嵐課長関連。

ハジメのまひるさん大好きー(ノ´∀`)ノっぷりが見てて可愛いです。
…「バスの人」って誰だよw

ハジメとの関係で父親との間に光が見えてきて良かったです(ノД`)
自分でもファザコンの延長って言ってるし…やっぱ寂しかったんだろうな…って思うから。

3

無駄なコマがない!

短編が多い漫画家さんですが、これは1冊まるごと「真昼の恋」です。
登場人物も舞台も同じなのですが、長編をくぎっての連載ではなく、
連作という形体っぽく、毎回ちゃんとオチがあります。
短いページ数で、登場人物の関係性を振り返りつつ、今回の事件(?)の
起承転結を描かれています。
無駄なコマがないです、ほんと。
私はコミックスで読みましたが、雑誌でぽつりと途中の1話だけを
読んでもちゃんと話が分かる気がします。
草間さんらしいコミカルな作品で大好きです。

3

何気ない日常の積み重ね

昔、「真昼の月」っていうドラマがあって
そんな感じかと勝手に思っていました。
全然違います。
「真昼」って受様の名前(正午・まひる)から取ってるから!!
草間さん作品なので、エチはさらっとしています。

表紙絵を見て分かる通り、受様はバリバリ仕事するリーマンです。
受け受けしい受けが苦手なので、私にはこれポイントです。

誰かを救ったり、危機に陥ったり、当て馬が出てきたり
そんなことはなーんにもありません。
日記に書いたとある一日。
そんな毎日の積み重ね。
でも、二人の関係が深まっているのをほのぼのと感じます。

個人的には、受様のお父様に二人で挨拶に行くシーンが好きです。
まひるさんの天然さに悶えました。

2

年下攻めの可愛さを再確認した一冊(笑)

久しぶりに本棚から出して読み返したのですが、やっぱり年下攻めはイイ!めちゃくちゃカワイイ〰️!改めて実感しました(笑)

年上の彼のために一生懸命だったり、焼きもち焼いたり、相手の見せるちょっとした表情や言葉の端々を見逃さないように形振りかまわず必死なワンコだったりすると、もう本当にたまんない〰️!きゅんきゅんする〰️!そのくせいつもはただの従順な可愛いワンコのくせに、ときに若さに任せて強引だったり、可愛いさを武器に甘えてみたりと年下の強みを発揮して相手を翻弄してみたり…まさにこの作品はそんな年下攻めを十二分に満喫できる一冊でした。

そんな可愛い攻めが堪能できる一方で、受けのまひる(正午)の方もすごいイイ〰️(泣)秘かに想いを募らせていた上司に認められるために働いていたにも関わらず、その上司に先細りの町工場の担当を任されリストラされたと勘違いして、公私ともに落胆していたことから話は始まります。

そこで出会ったのが跡を継いだハジメで、彼の前向きで真っ直ぐな姿に、年上にしか興味がなかったはずなのに、どんどん惹き付けられて、嫌いなはずの〈まひる〉という名前を呼ばれることも、予定を狂わされることも、年下も、半ば呆れながらも受け入れてしまう。
とこか投げやりだったまひるの気持ちがどんどん軽くなって、ハジメといる場所が居心地のいい場所となって、そしてかけがえのない場所になっていく。どっか〰️ん、という情熱的な場面はないものの、二人の結び付きがどんどん固くなっていく過程がたまらなくよかったです。

そしていつも感じるのですが(笑)草間さんの作品は激しい絡みではないのになんでかエロい。ものすごく昂ります(笑)ページ数を割いてるわけでもないのに、めちゃくちゃドキドキする。なんなんだろう…舌使いとかがエロいのかな(笑)
いつもはクールなまひるさんも、やっぱりすごい艶っぽくてエロかった…(悶絶)

2

久々に読んだら更に好き

作家買いしている草間さかえ先生の作品の中でも特に好きな一冊です。
小説ショコラで4年掛けで掲載されていた作品が1冊になっています。付き合っている2人の短編が5話も見られるのとても嬉しい。
草間先生は短編の中の起承転結が鮮やかなんですよね〜

かつてはしっくり分からなかった正午(リーマン受け)の「誕生日って後で知ったら落ち込む」と岡崎(年下攻め)の「言わなくても泊まってくれたから10倍嬉しかった」が妙にハマって、あーこういう事だったのか、となりました。
岡崎目線で読んでいたのが今は正午目線で読んでる気がする笑

描き下ろしもそうですけど、台詞や絵の中に読み手が少し考えると分かるように情報を出す草間先生、趣があってホント好き。

0

はじめくんの「ガーン!」な顔がたまらなく可愛い


草間さんって、絵のテイストが独特だけど、背景もご自身で描かれてるんですかね?同じタッチの線だし。だからこそ世界観に入り込めるんですけど、これがアシスタントさんだったら、その技術に拍手 !


もーまひるさん素敵です。仕事が出来る受け大好き。
しかもその原動力はナイスミドルな上司への恋心って、どんだけ可愛いのですか!

はじめくんは本当にいいヘタレわんこ攻め(笑)
とにかく可愛い。のに腕のいい職人なんて!軽トラを運転してるのがツボ。かっこいー!かわいー!

ストーリーをお仕事に焦点当てて、それをうまく二人の恋に組み込んでいるので全くとっちらかった感は無く、むしろ仕事と恋愛をうまくバランス取れている出来る男達のお話、といった印象。(でもその出来る男具合が押し付けがましくないのがさすが!)

五十嵐さんもかなりいい味出してます。上司にしたいNo.1。そりゃ好きになっちゃいますって。
でもそれを「ファザコンの延長」ときちんと自分で理解しているまひるさん。
でもそれが逆にはじめくんにどうにもならない嫉妬を生ませることに(笑)
だってそれはなかなか超えられないよー、元彼って方がまだやり方がありそう。

そして描き下ろしの「三度目の夏」。うまくいってるんだねぇ。なんだかはじめくんが男らしくなってる?まひるさんの美しさもまた一段と…。

まひるさんのお父様になんとか交際を認めてもらおうと何度も訪問する二人ですが、恐らく緊張のあまりどエライ発言してしまうまひるさんに笑わせてもらいました。
そりゃ「がちゃーん!」てなるわ!

でもこのコメディ加減が、はじめくんの工場でカミングアウトした時のことを語ったまひるさんのどこか冷たく、淡々とした表情を思い起こさせてホロリときました。
よかったね、やっぱり親子はお互いが歩み寄れば解りあえる。
いやまだ時間がかかりそうだけど(笑)

草間さん本、集めたくなりました!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う