「愛蜜結び~オメガの王と溺愛騎士の甘い婚姻~」コミコミ特典SS小冊子「恋人の部屋で」

aimitsu musubi omega no ou to dekiai kishi no amai konin

「愛蜜結び~オメガの王と溺愛騎士の甘い婚姻~」コミコミ特典SS小冊子「恋人の部屋で」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

127

レビュー数
2
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
愛蜜結び~オメガの王と溺愛騎士の甘い婚姻~
ページ数
12ページ

あらすじ

コミコミスタジオさんで購入するといただける特典SS小冊子。
なくなり次第終了。
A5サイズ/12P
SSのタイトルは「恋人の部屋で」。
SSの内容:時系列は本編終了後。クロヴィス視点のお話です。
クロヴィスの故郷が見たいというノアの希望にこたえて、二人でミュー家を訪れるが…。

表題作「愛蜜結び~オメガの王と溺愛騎士の甘い婚姻~」コミコミ特典SS小冊子「恋人の部屋で」

クロヴィス・ミュー,近衛騎士団長で、ノアの番
ノア・アメロンシェ,オメガでアメロンシェ国の国王

レビュー投稿数2

大好きな人の全てを知りたい

本品は『愛蜜結び~オメガの王と溺愛騎士の甘い婚姻~』の
コミコミスタジオ特典小冊子です。

本編後、ノアがクラヴィスの実家を訪れるお話です。

ミュー伯爵の治める領地は国の北東の端にある
畑の内と小さな村々が点在するのどかな地域です。

クラヴィスの父である当主と兄が
ノアを乗せた馬車を待ち受けていて

先に降りたクラヴィスが
ノアの手を取って降りるのを手伝うと
当主の後ろに揃った使用人たちの間から
抑えた感嘆の声が上がります。

ミュー伯が丁寧にを迎える言葉を発すると
緊張していると言っていたノアですが
受け答えは堂々としていました。

まあまあな変わり者の兄・クリストフは
クラビィスが惚れたという人物が
どんな方なのかか楽しみにしていたと
興味津々なことを隠そうともせず
クラビィスは内心慌ててしまいますが

ノアはクリストフの言葉を素直に受け止め
そんな素直なノアを前よりかわいくなったと思う
クラビィスもたいがいかと思われます♪

通された館でもノアは好奇心が溢れていて
ノアが緊張しているようで心配していたクラビィスは
ほっと胸を撫でおろします。

そもそもミュー家の領地まで来ることになったのは・・・

A5判カラー表紙(カバー同イラスト)12頁の
クラヴィス視点での後日談になります。

ノアにクラビィスの育った場所に
行ってみたいとせがまれての事でした。

恋人がかつて過ごした場所に行きたがるあたりも
実に可愛らしいと思っていたクラビィスですが

かつてのクラヴィスの部屋は
シュティーアに行く時にもっていかないものを
処分したために殺風景でしたが

ノアは部屋全体が懐かしい匂いがすると言って
くんくんと鼻をうごめかし、
ベットからいい匂いがすると倒れこんで
クラビィスの理性を擦り切れさせる

・・・という無邪気なノアに煽られるクラビィスが
とっても楽しい小話でした♪

ノアもベッドの匂いに悩殺されて
クラビィスに手を出されちゃうというオチで
たいへん美味しかったです (^m^)

※他店舗特典(レビュー済)
アアマゾン特典は街中デートのお話です。

0

本編幕間のお話です

こちらのコミコミスタジオさんの小冊子は、本編最後のノアとクロヴィスの結婚式前のお話でした。

ノアの希望でクロヴィスの故郷であるミュー家の領地へと出掛けるのです。
隣国に行ってからノアが外出について、前向きで自信を持った事が伺えました。

ミュー伯と長兄のクリストフに出迎えられて、初めは緊張していたもののやがてノアが打ち解けて行く様子が書いてありました。何にでも好奇心旺盛で目を輝かせるノアが微笑ましかったです。

そしてノアの希望通りにクロヴィスの部屋に2人は向かうのですが、ノアがクローゼットのクロヴィスの服やベッドからクロヴィスの匂いがして良い匂いがすると喜ぶんです。
その匂いがノアにある変化をもたらして…となります。

本編でノアの危機にクロヴィスが颯爽と現れたのは、実はノアの命令に反して故郷に帰っていなかった事が分かりました。ノアの希望が無ければ実はミュー伯はともかく、長兄とあまり会っていない事が分かりました。

でも、暫く会っていなくてもお互いに思いあっている家族で、ノアの事も自然に受け入れる度量の大きな一族だという事が伝わって来ました。

本編最後の結婚式ではノアが身籠っていたので、クロヴィスの故郷でクロヴィスが子供の頃に遊んだ川や、登った木や仔馬のいる小屋に行ってノアは楽しんだ事と思います。

0