幻月楼奇譚(2)

幻月楼奇譚(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
61
評価数
18
平均
3.5 / 5
神率
27.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
幻月楼奇譚
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603556

あらすじ

老舗高級味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓は、物の怪が見える
曲者の幇間・与三郎(よさぶろう)。今日も吉原の料亭「幻月楼」で言い寄るけれど、二人の逢うところ、なぜか不思議な事件が巻き起こり…!?げに怖しきは人間か妖しか──人気シリーズ第2弾!! 

表題作幻月楼奇譚(2)

高級味噌屋の若旦那・升一郎
物の怪が見える幇間(たいこもち)・与三郎

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

もどかしさも良さだとは思いますが(笑)

ホラーなので、もちろん妖しが出てきたり、ゾクッとする小咄もストーリーに織り込まれているのですが、それ以上に人間の持つ暗さやエゴなどの醜さでゾッとするところが、この作品の持ち味で読むのをやめられない良さだと思います。

しかしながら、ただ怖がらせるだけの話ではなくて、舞台が吉原ということや、飄々とした若旦那と本音をなかなか見せない与三郎の駆け引きが絶妙で、全体に醸し出していている色気がたまらない、しっぽりと読む大人のBLといったところです。

一巻ではまだ二人の関係が始まったばかりで、気があるのか、ないのか、狐と狸の化かし合いのようで萌えとまでいかなかったものの、二巻では相手への想いも垣間見え、ほんの少~しながらも身体の方もガードが弛んできて、このじれったさがたまらなく妄想を掻き立てて萌えます(笑)

とはいうものの、与三郎の方は仕事のためとはいえ女性も抱くし、若旦那に他の男をあてがったりするし、惚れるかどうかは別としても本気で欲しいと思わせる女がいたりするし、まだまだ気持ちの有り様をみせてくれない。う〰️ん、さすが幇間、与三郎の手練手管にはかないません(笑)

たまらない良さもある一方で、話の進め方に癖があるのか、突然、場面転換してみたり、時間が前後したりと、なかなか一読では理解しにくくて、何度か読み直さないとわかりにくい…という難点もあるのですが、これもまた持ち味。ゆっくり味わっていきたい作品でした。

1

余人には描けない世界

みなさんが書いてらっしゃいますが、すっごいスローペースな連載作品で、単行本も忘れたころに…なもので、どこにレビューを書こうかとまよったのですが。

シリーズのなかでBL的には、この2巻に収録の与三郎の過去話、先輩とのお話が抜きん出て印象深かったのです。女を共有することで繋がろうとするノンケの愛憎、って書いちゃうとミもフタもないですが…。幽霊話としても、もの悲しくもゾっとする、萌えるし情感あるしー、と素晴らしい出来映えだったと思います!

このシリーズ、ページ数が足りないのか、忙しいのか----締め切りが重なると確かご本人が描いてたから、忙しいゆえにだろうか…1回読んだだけでは頭にはいってこないお話も多いのだけど。
ハマったときにはなんとも言えない情緒があります。月でも見ながらお猪口で一杯やりたいような。
今ドキでない時代設定に、霊的、そしてじれったい萌え。今先生の独壇場だと思います。

1

早く続きを

のんびり続くので、いったいいつ次に読めるのか、それが気になるところですが、つかみどころのない若旦那と、思わぬ思い過去を背負っていた幇間の彼の先行きが気になります。

0

もどかしいよ

老舗高級味噌屋の若旦那と、吉原でタイコモチとして働く与三郎のお話、二巻目。
どっちも人間らしい弱さも強さもずるさも可愛げもあるキャラで、つくづく今市子さんのキャラ造形が好きだなァと思わされます。
連作短編集で、短編ごとに違うゲストが登場し、その人たちのドラマが濃縮されたストーリーで語られる。
ホラーなので、必ず幽霊(アヤカシ)も登場します。
主役ふたりはキス止まりで、毎回くっつきそうでくっつかない焦れったさ。この寸土め劇場も、もはや様式美となってしまってる感じw
若旦那の焼きもちが可愛くてツボです。

1

じれったい二人

花街を舞台に、あやかしと人間の欲が引き起こす不思議な事件に、
いつもいつも巻き込まれる若旦那と与三郎。そんな二人の仲は?!

1巻よりも積極的に迫る若旦那に、満更でもない様子の与三郎。
しかし、なかなか二人の仲は、進展しそうでそうでもない。

思わせぶりな態度を取るけれど、ハッキリしない与三郎。
与三郎からのサインを、あっさり見逃す若旦那。
デキてしまいそうで、デキない。この寸止め感といいましょうか?
じれったさやもどかしさが返って色っぽく、たまらなく魅力的です。

このシリーズは年に1回か2回というスローペースで、
今市子さんが描かれています。なのでコミックスの発売が大変、遅いです。

2巻発売が2007年でしたので、3巻が発売されるのはまだまだ先でしょう。
少しでも早く続きが知りたい読者にしては、酷なシリーズですが。
待つだけの価値はある作品だと思います。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ