「連はいずれ俺の存在が脅威になると思うんだよね。だから秘密は共有しようぜ?」

巧みな狙撃手

takumi na sogekishu

巧みな狙撃手
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
53
評価数
14
平均
3.9 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813011606

あらすじ

ある朝、飼い犬の散歩に出かけた湯本は、森の脇道で近所の高校生・連がひとり自慰に耽る姿を目にする。見られてはならない姿を見られて絶望する連に、湯本は言いようのない欲情を覚えて関係を迫るのだが……
表題作『巧みな狙撃手』、義父と義息の不道徳な関係を描いた『堕ちていく』『掴み取れない』ほか、暴力と不条理と劣情が混在する松田美優の珠玉の作品集登場!
(出版社より)

表題作巧みな狙撃手

複数
複数

その他の収録作品

  • 甘美な試乗
  • 制裁
  • トモダチカンケイ
  • 犬と餌
  • 死ぬほどキスしてくれ、ベイビー
  • 堕ちていく
  • 掴み取れない

評価・レビューする

レビュー投稿数7

体をつなげても独り

電子書籍で読了。挿絵なし。

短編集です。収録されているのは8編。
甘くないです。全ての作品が痛くて苦い。
『痛い』作品は多々ありますが、どこかに恋の甘さが漂っているように感じるんですね。「堪え忍んだ後に幸せがやってくる」的な。
でも、そういうものは一切感じられない。『せつない』んじゃなくて『苦しい』んです。登場人物が誰一人幸せになると思えない。

やっていることはエロいんですが、エロが欲望と直結している感じで萌えはありません。『性愛の深淵』みたいな怖さもありません。

折り重なった欲望をかき分けかき分け進んでいくと、その一番底に愛はあるように思います。
でもそれは成就しない愛。
茫漠たる荒野に一人佇んでいる光景が目に浮かびます。

1

松田作品ダイジェスト、内容が濃いです。

電子書籍版を購入。
挿し絵なし、あとがきなし。

短編集です。
一言で言えば、松田作品ダイジェスト。
短いながら、すべて、松田テイストが色濃く表現された8作品が収録されています。
次はどんな話だろう?
どんな手で私たち読者を唸らせるのか?

ワクワクします。
ページをめくる手が止まりません。
これが、短編集の醍醐味なのでしょう。
このワクワク感に「神」評価をつけました。
そういえば、同じように「神」評価をつけた作品があります。
水原とほるさんの「窓」です。
あれも、本当によかった。
この作品が気に入った方には、あの作品もオススメします。

私が今まで読んだ松田美優さんの作品は、わかりやすいラブが描かれていません。
依存と愛情、暴力と愛撫……全然違う離れているはずのこれらの境界が、何かの瞬間に重なりあう。
そこを捉えて物語にしています。
本作に収録されている8作品全てがそうです。

それは、依存なのか愛情なのか?
暴力なのか、愛情表現なのか?
捉えたのか、捉えられたのか?

物語の最後で、読者に考えさせます。
結論は描かれません。
読者の解釈に委ねられます。

私が気に入ったのは、最後の2作品。
「堕ちていく」、「掴み取れない」。
これだけは、前編と後編という感じで繋がりがあります。
背徳感、閉塞感が半端なくよかった。
このあと、3人の関係はどうなるのだろう?
想像が色々と膨らみます。

2

とにかく濃い短編集

独特の濃さがぎゅっとつまった短編集。

全体的にほのぼのしたラブストーリーというよりは、痛くて無理やり系が多いです。あと攻めが外見含めてオラオラ系多し。シャイノベルズだしちゃんと男と男がまぐわってるんですけどボーイズラブより男性向け官能小説って言った方がしっくりくるかもしれない。
表題作の「巧みな狙撃手」なんかはまさにそれで、性欲>>超えられない壁>>恋愛 という感じ。その後のふたりを妄想するのも楽しいですけどもう少し甘い展開があっても良かったかも…と思いました。

0

痛くて変態な短編集

「巧みな狙撃手」
森の中で乳首弄りながら自慰してる高校生の連。
湯本が犬のステフを散歩中に発見。
秘密を共有しようと半脅しでセックスします。
このシチュエーションに萌えました。
森の中でイケない事をしてる高校生。
それに漬け込む近所のお兄さん。
黙って見ている犬。
BLで青姦を読んだのもこれが初めてでした。

「制裁」
体育教師と高校生の話。簡単に言えば体育がめんどくさくてサボる市川に先生がお仕置きする話。
体育倉庫に市川を吊るして放置。
放課後に先生がやって来て、市川を吊るしたまま下着を下ろし尻の奥を舐め始める。
嫌だ嫌だと言っていた市川も感じまくって最後はその気になります。
真面目に授業に出るようになり、先生からのご褒美を待つようになる。
高校生だからか、性への目覚めが早い。欲望に真っ直ぐな所が良い。

「トモダチカンケイ」
巧みな狙撃手も良いけど、この話がいちばん好きかな。
友達なのにセックス。タカシには彼女もいる。
コウはもう終わりにしようと言うが、タカシは無理矢理されんのが好きなんだっけと言って、コウの腹を殴って無理矢理セックスする。
コウは嫌がってるけどセックスに溺れてます。体は正直って事ですね。

8個の作品がありますが、どれも優しい話じゃないです。
痛くて変態な短編集だなと思います。
んで、奈良千春先生のイラストがエロい。

3

書き手の趣向がはっきりしているが故に好みが分かれそう

攻のスペックは
25歳以上且年上、悪い男、男くさい、ドレッドや髭、スモーカー、つなぎやジャージ
エロは濃い目で、無理矢理(でも受も攻との行為を憎からず思っている)
このあたりをいいなと思えたらオススメです

限りなく1人称に近い3人称で3人称にする意味あるか?というものが1編だけ気になりましたが、全体的に上手いです
趣味が合わなくて残念です

(特にオリジナルHPを作成していた)主婦の物書きさんに多いのですが
商業誌のプロフ欄やあとがきで夫や夫の友人のエピ話するのは個人的にはちょっと嫌いです
知らんがなwって感じです

0

エロ短編で、思った以上に深いです。

短編が8篇収録されているのですが、全てがなかなか奥深いです。
全体的に痛い作品でエロも高めなのですが、色々なシュチエーションが楽しめます。
表題作品の内容はリーマンと高校生なのですが、青姦です。
犬の散歩してる攻め様が公園の木の陰から聞こえる声が気になり・・・
そこで見たのは、近所の金持ちの高校生のお坊ちゃんで、朝から一人Hしてる。
それもお外で・・・それを見た攻め様は興奮してくるが、ダメだろうなんて思いながらも
内緒にして欲しいならって感じで高校生と青姦しちゃう。
それに味をしめたのは・・・二人ともです(笑)

後は、自動車整備員とお客のカーセックス、先生と生徒の制裁と言うお仕置きとご褒美
どっちも同じエロ事なんですけどね。
結婚もしている友人との切れないオトモダチカンケイと言う名の不倫。
飲食店経営者とバイトの駆け引きめいたエロ。
高校時代の先輩後輩の再会ストーリー。
義父と息子の禁断の関係などがエロ度高めで描かれている作品です。
どれも相手との駆け引きめいたやり取りで、罠にかかったのは結局誰?って感じや
本当に堕ちたのは果たして誰なのか?とかかなり痛くて重い作品ですがどれも
読みごたえがある短編でした。

1

短編集

松田先生ご自身のHP時代のものを加筆修正した短編集です。

ある物語の一部分を、先生が書きたい所(=Hシーン)だけ抜き取ったような内容で、オチが無いもの、恋の成就ほぼ不可能なカップルも出てくる為か評判が良くありませんが、私には大変満足出来る一冊でした。

オチが不明瞭、短編で物語を深く掘り下げておらず表面的な部分だけ描写したようなものが多いので、逆に私たち読者に今後の展開を勝手に解釈出来る自由を与えてくれたと思います。
『萌は与えた!あとは自分で想像しろ!』『はい先生!』みたいな…。



様々なシチュエーションの話が入っているので、お気に入りの話が一つは見つかる筈。


H度高め、一話大体30P前後、気軽に深く考えず楽しみたい方にお勧めです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ