コミック

  • 推しカプに愛されて解釈違いです!!
  • 推しカプに愛されて解釈違いです!!

推しカプに愛されて解釈違いです!!

oshikapu ni aisarete kaishakuchigai desu!!

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作推しカプに愛されて解釈違いです!!

黒須明煌、19歳/上白金凪、21歳・アイドル「TryTrick」のメンバー
朱瀬澪、19歳、アイドル「TryTrick」のリーダー/腐男子

その他の収録作品

  • BONUS TRACK
  • カバー下:キャラ紹介

あらすじ

腐男子の澪(みお)は、売り出し中のアイドル「TryTrick(トライトリック)」の
明煌(あきら)と凪(なぎ)のカップリング(リバ可)が今のイチオシ!
なのに、その二人の間に割って入る邪魔者が一人…「TryTrick」のリーダー且つ
センターを担う朱瀬(あかせ)澪。この僕だ!!

自分がセンターであるが故に推しカプが並んでくれないジレンマを抱えて過ごしていたある休日、
神サークル様の同人誌(あきなぎ&なぎあき)を堪能しようとしていたら
明煌と凪が家に押し掛けてきて――

腐バレ→推しカプ二人から迫られるという謎展開で、
アイドル3人の溺愛ラブコメBL開幕!!
描き下ろし漫画も収録。

作品情報

作品名
推しカプに愛されて解釈違いです!!
著者
みづい甘 
原作
柳江 
媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
チルシェコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784575381511
4.1

(28)

(15)

萌々

(4)

(8)

中立

(1)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
4
得点
116
評価数
28
平均
4.1 / 5
神率
53.6%

レビュー投稿数4

【明煌+凪×僕なんて解釈違いなはずなのに・・・!!(澪)】

エロス度★★★★★★

明煌・凪と澪が紡ぐ恋物語・・・開幕♡

芸能界もの・3P。

明煌と凪を推しカプとして愛でていた腐男子の澪。
おやおや、推しカプに逆に迫られてしまう展開がとても美味しいですね。

ワイルド系で男前な明煌と美人でSっ気のある凪に求められて戸惑いながらも澪が絆されていき、自身も2人を欲しがってしまうのが素晴らしかったです。
また、澪のアイドルとして頑張る姿が明煌と凪に影響を与えていた天然っぷりも魅力的で、推しカプに同時に愛されてトロ顔を披露しながら色気を振り撒く澪の可愛さが眼福で最高でした。

0

三人みんなで仲良く

メインキャラクターが三人いるとだいたい3Pと、誰かが名言を言っていましたが、この本がまさにそれです。
構図としては、「攻め+攻め×受け」です。

倫理観関係なしに、楽しく3Pです。
アイドルグループの三人が仲良くラブラブ。
絵はキレイだし、深く考えずに読めるところがオススメ。

主人公は隠れ腐男子アイドルですが、実は努力家だし、好感のもてるキャラクターでした。
それぞれ違うタイプの攻めたちが受けをどうやって好きになったかも描かれています。

0

3Pは好きなんだけど!

久々の3Pものでワクワクしながら読んだんですけど、ちょっとなんか惜しいなぁー物足りないなぁーと感じるお話でした。

設定としてはアイドル同士の攻め2・受け1で、受けが腐男子で攻めズをカップリングしててそれがバレて...みたいな感じなんですけど
受けの子のユルさというか、絆されというか、自分が総受けなのを受け入れちゃってる部分が最初からあるので、設定はめちゃくちゃ好きなんですけどね、なんかこういまいち(私が)盛り上がれず。

良くも悪くも、よくある3Pのお話かなーというところでしょうか。

2

解釈違いも乗り越えられる。

冒頭からインパクト大です!(笑)
ナマモノBL同人誌を本人たちの眼前に晒してしまうとは…。しかも、晒してしまった張本人が赤の他人ではなく、ともに活動する同じグループのメンバーだとは…。
あらすじは確認した上で購入し、読んだのですが、こうして本編を読むと改めて大きな衝撃を受けました(笑)

かっこいいステージをこなしながら、二人の間に割って入ってしまう自分自身を邪魔だと感じて残念がる澪の忙しい胸中。おもしろいです!
第1話の勢いの良さやテンポの良さに引き込まれます。

あきなぎあき推しの澪が推せます!
どっちのカプも推せて決めきれないが故のリバ! めっちゃわかります!!
彼自身は受固定されているようですが、登場人物にリバを推してもらえると心強いです。
ありがとう、澪! 私もあきなぎあきを推すよ!
でも、明煌+凪×澪も推すよ! 一人の受が愛される三人カプも大好きなので!

三人ともアイドルとしてステージに立っている姿がかっこいいです!
三人でグループを組んでいるのに、何故自分以外のメンバー同士でBL妄想するようになってしまったのだろう…と疑問を感じていましたが、最初は澪以外の二人でグループを組んでいたから、とのこと。
顔合わせのときから動揺っぷりをひた隠しにする澪、やはりプロです!
過去の回想を通して、凪と明煌が何故、澪を好きになっていったのかが伝わってきます。アイドルという職業を選ぶことに対する苦悩も含めてのエピソードなので、読み応えもありました。
トラトリというグループにとって、澪がどういう存在で、どれだけ重要な人物なのか。
澪自身の魅力も伝わってくるエピソードでした。

そして、澪を取り合う当て馬かと思った浅木さん。
まさかまさかの、二人時代のグループ「Trick」の古参ファンというオタ仲間だったとは…!(笑)
明煌たちと出くわした場面で、めっちゃスマートな対応をしていた浅木さん。その胸中が澪の想像通りだとすると、可愛いです。
これからは睨みつけずに仲良くしてあげてほしいな、と思っていたら、良好な関係を築けている様子が覗えて嬉しかったです。

凪が推しです。
明煌が抜け駆けするのを待ち構えていて、抜け駆けしなかったことを残念がるところで凪に落ちました。
凪のそういうところ、めっちゃ好きです。きっと凪は澪が一番好きだろうけれど、明煌のことも相当好きなんだろうな、と。
明煌のことをしっかり認めているから、澪を二人で一緒に愛することも受け入れられるのだと思います。
そうでなければ、いくら澪が二人とも手放せないと主張したところで、認めていない相手なら自分一人で独占しようとする気がします、凪なら。

三人でのえちシーンもえちえちで良きでした♪
澪のとろけている表情、いいですね。そんな澪にめろめろになっている明煌と凪もいいですね。
これからも三人仲良く過ごしてほしいです。
解釈違いは解釈違いとして心に残したまま、解釈違いも乗り越えられるのだと教えていただきました。
とりあえず、澪のために、あきなぎあきの同人誌100万冊増えろ! と祈っておきます(笑)

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP