愛の深さは膝くらい

ai no fukasa wa hiza kurai

爱的深度仅即膝

愛の深さは膝くらい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×27
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
22
得点
168
評価数
43
平均
4 / 5
神率
44.2%
著者
依田沙江美 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥562(税抜)  
ISBN
9784832285149

あらすじ

代用教員として教師になった神主の息子・石倉先生は、書道部1年の坂下昴(さかしたすばる)から覚えの無い怒りを買っていた。どうやら石倉先生のテキトーな女性(&男性)遍歴を知っていて許せないでいるらしい。「デレデレすんな!エロくなんな!」なんて突っかかってくるけど、ある意味純粋な昴が可愛く見えてきて…!? 教師×小悪魔高校生のツンデレ★ラブストーリー!
出版社より

表題作愛の深さは膝くらい

石倉正規・高校の臨時教師
坂下昴・意地っ張りでウブな高校生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数22

意地っ張りで初心な青春16歳

先生x生徒ものです。たぶん…(笑)

なにこれ、もうむちゃくちゃ可愛すぎる。意地っ張りで見栄っ張りな高校生昴くんがあまりに可愛くて悶死するかと思っちゃったYO!(笑)

どうやら石倉先生は昴と出会うまでは、男も女もどっちも来いのタラシだったみたい、でも昴くんがまだ高校生で全然すれてなくて、これだけ可愛かったやっぱり大切にしようと思うよね、だって先生大人だし、昴くん見栄っ張りだけどほんとは超初心だし、そんな設定だから全然エロくもなんとも無いんだけど。やっぱり依田さんは良いです。好き好き大好き愛してる~

「いろいろ経験しておいた方がいいから」なんて女の子と付き合うことまで勧めちゃって余裕かましてるけど、実際そうなったら心中穏やかじゃいられないでしょうね。でもそんな言葉や態度の端々に石倉先生がどれだけ昴を大切に思っているかがわかって、なんだがジーンと来ちゃった。

これってまだ続いているんですよね、この先、この二人の関係がどういう風に変貌を遂げるのかものすごく楽しみです。

6

型通りの「ツンデレ」ではないので注意が必要。むしろ年の差に基づく価値観の差をとことん楽しむ物語。

すでにたくさんのレビューがあがっているのであまりくどくどと説明するつもりはないのだが、一点だけ強調しておく。
コミックスの裏表紙のあらすじや帯では、この物語の主人公の片割れである書道部1年生の坂下昴を「小悪魔高校生」とか「ツンデレ」と評している。
しかし、型通りの「ツンデレ」を求めてこのコミックスを読むと、肩透かしを食らうかもしれない。
昴の相手が同じ高校生であったならば、彼の言動はもっと「小悪魔・ツンデレ」に感じられたかもしれないが、読めば自明の通り、昴は単に子供なだけなのである。
それはもう一人の主人公である石倉の、大人のまなざしによる物語展開で裏付けられる。
したがって、むしろこの話の面白さは年の差モノ、つまり埋まらない価値観の差をとことん見せ付けられるところにある。
表面上は高校生を主人公とした可愛らしい話であるが、そこここに大人側の視点が入ることでなんともいえない味わいが増す、実は大人向けの物語ではないかと思うのである。

6

ツンデレLOVE!

先生×生徒です。
生徒の昴ちゃんがめっちゃ可愛いの!!
ツンデレで意地っ張りで、口が悪くて
・・・でも実はピュワピュワちゃんなの。
なんて私のツボをついてくる子なの。たまらん。

あとね~、私が依田さん上手いなぁ・って思うのは、脇キャラ。

書道部の先輩達がイイ。特になおちゃん先輩の絡ませかたうめぇ~。
そうそう思春期の頃って、ちょっとしたきっかけで嫌いになったり、転じて好きになったりね。
う~ん、青春だねぇ。
それをいやみなく表現できる依田さんが凄い。

昴ちゃんの高校生っぷりもとっても自然で可愛く感じました。
暴走しまくりで仰天な行動も起こすけど、私が一番かわいいなぁ、と思ったのは昴が母親としていたパンツの会話でした。
そうかそうか、パンツが駄目だったのか。(笑)
そんなスマートにいけない若さがとっても可愛らしい。

もう可愛いしか出てきません。
まあ、「ツンデレで意地っ張りで、口が悪くて」を可愛いと感じるかは好みの問題だけど、お年頃な感じがよく出ていてとっても可愛く思うわけですよ。
(まぁ、お年頃じゃなくても「ツンデレ・意地っ張り、口が悪い」には弱いですが)

意外と素直なところのある昴ちゃんが先生にどう迫っていくのか
(きっと先生は振り回されるぞ~♪)とっても楽しみです。
可愛い昴ちゃんに完敗・・・じゃない乾杯。
ごちそうさま。ありがとう。

4

メロメロです

みなさん仰る通り、受けの昂くんが可愛いこと可愛いこと!
また石倉先生も優しいところとか包容力あるところとか大人な感じがたまりません!

※以下特に萌えたシーン。ネタバレかもです
・壊れた水道の水で濡れちゃった昂くん、
ズボンはいてない姿を見て石倉先生がハッってなるところ。
昂くん、シャツからパンツの裾が見えなくていきなり足ってところがまた妙にエロイ。
なんか、男の人の、彼女が自分のTシャツ着てる姿を見てイイと思うのが分る気がします。

・八田部さんの車に乗せられた昂くんが、石倉先生に怒られるところ。
まず昂くんは八田部さんに、自分が握らせられたモノが何なのかいまいち気づいてないなんて!
すごい。そのウブさが良い。
しかも石倉先生にうがいするように言われた理由もいまいち分ってないなんて。
そして、昂が水道の蛇口でビューって水を飛ばす、小さな反抗がたまらない。

まだまだある……。というか、作品全体に萌えが散りばめられたような一冊ですね。
この作品のおかげで、先生×生徒もの、ツンデレがかなり好きになったかもです。

3

攻めも受けもステキ!

この話は、プレイシーンこそないもののしっかりBL。だけど、BLはちょっと…という人でもすんなり読めるお話で、多くのBL本にあるような展開の不自然さとか絵のおかしな感じとかは一切ありませんでした。しかも、ただちゃんとしているだけの漫画とかいうだけではなくて、可愛いー!とかカッコイイとかドキドキするシーンも満載です!
設定そのものは少女漫画の超定番、先生と生徒。それっていかにもありえない話になりそうなものなのに、最後までイライラすることなく本当に楽しめました。
大まかなストーリーの流れは、
神社の神主の息子である石倉は父親のコネで代理の高校教師となる。女子生徒にも同僚にも高感度大、学校にもなじんで先生って案外いいなと思い始めていた石倉先生だけど、なぜか生徒の中で坂下昇だけは反抗的。それはなぜかというと……って感じで……。

自分の頭の中を整理するためにもあらすじを書いてみて、あらためて思ったけど、その漫画が面白い作品になるか、つまらない作品になるかは案外小さな部分に左右されるのかも?依田沙江美先生のこの作品もどこか2、3、4、5、…箇所くらい間違っていたら、他のつまらないBL本と同じくだらないものになっていたかもしれないななんて。だって話自体は普通にそれ絶対ないでしょ!って部分もあるし。でもそれを不自然じゃなく見せるのがそれぞれの作家さんの腕の見せ所なんじゃないかなぁ……。

まぁとにかくこの作品は面白かったってことなんですが、私はBLに限らず結論をしっかり出さない作品のほうが好みだったりします。例えば主人公は死んだともとれるし生きてるともとれるというような。だから、今後本当のカップルになるの?ならないの?と、どっちづかずなこの話のラストもとっても良かったなぁ~。面白かったから次も見たいと思うけど、やっぱりこのまま続きは無ければいい!

2

微妙なさわやかさが

恋の駆け引きというのかな、わざとやってるんじゃなくて、成立しているところがいいです!
昴くんは悪意があるつもりはないのに、先生をぐるぐる振り回す。
そして、先生も昴くんのピュアな心を隙をついて混乱させる。
気持ち的に、2人それぞれが優位に立ったり、もてあそばれたり。
本当に行ったりきたり、で、もう一歩のところで祈願成就かと思いきや、また振り出しとか、すごい。
でも中学とか、高校の頃の恋心ってこんな感じですよね。
同級生が窓から落ちそうになったり、水道を壊しちゃったり、高校時代の瑞々しい雰囲気がうまく描かれている漫画。
読後の微妙なさわやかさが癖になる漫画ですね。
私も神評価で!

2

萌え死にしそう

評価の高さに釣られて購入しました。
萌え死ぬかと思った!
絵はかわいいし、キャラもいいし、ストーリー展開もいいし、最高でした。
とにかく昴くんが可愛い。子供だよあんた。そこがいい。
そんな昴くんを無理やり押し倒してやっちゃわない石倉先生も可愛い。
ふたりのラブシーンは見たいんですが、見たくない気もします。そういうのは他の漫画家さんに任せていい気がする。
あー、エロの百倍萌えた!

2

2人の掛け合いが見モノ!

先生と生徒のお話。

この生徒、昴くんは最初とっても腹黒・・というか策略家というか・・・ですw
色々な問題で頭を働かせ先生をやり込めようとする。
でもそれよりも先生がまたうわて。
そしてその先生よりもまた更に上を行こうとするw
この駆け引きが面白い~。

お互いに意識しだしてからの昴くんはもう
かわいくてかわいくてw
先生の行動に一喜一憂してます。
やっぱりそういうところ、先生はオトナなんですねぇ。

かわいい昴くんと、それから2人の掛け合いが
見どころな作品でした~^^

2

新感覚BL。

不思議な雰囲気の作品ですねー…。
受けが好きで好きでしょうがない大人の攻めと、ツンデレな子供の受けの話?
攻めは「早くくっつきあいたいなーw」と思うけれど、受けはまだまだそれを解ってくれない。いざそういう雰囲気になったら浴室に立てこもるって…乙女かっ!と思ったら、あぁあ…子供……。大人なBLラブロマンスな展開にはてんでなりません、この作品。
期待やら王道展開をサラッとぶった切られ続けるので、呆然と笑いがこみ上げ…。
いけない…あたしこんなに汚れ……(涙)と何かグサッと刺さり…。
先生とリンクしてしまいます。最後は爆笑してしまいました。
凄いなー…新感覚。
普段のBLは受けがウブだろうがピュアだろうが、獣な攻めが自分のペースに巻き込む話が多い気がしましたが、これは受けのペースに攻めが始終巻き込まれるって事か。
面白い!
攻めの軽薄さを表し、受けの鈍感さを表すこの題名。素晴らしいな~。
攻めの「いや、こいつはまだ「くるぶし」ぐらいがせいぜいだろ」ってのが一番納得。

7

BLのイメージが変わった

僕がBLをイメージするに、もっと濃厚な絡みのシーンがあるものだと思っていました。
が、この作品は違います。
ほとんどそんなシーンはありません。
物語の展開を楽しむものであります。

僕はBLを濃厚な性愛というイメージを描いていたので、この作品を読んでそれが誤解だと気づかされました。
肉体的な愛ではなく、もっとプラトニックな愛なんですね。

性愛の作品を好む方は物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、僕は満足しています。

BLのイメージが変わりました。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ