天使をください(2)

tenshi wo kudasai

天使をください(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832280403

あらすじ

不思議な砂漠でくりひろげられるたき&ほたるの
ハートフルメルヘン。双子や潮や雷、謎の鳳凰
(?)たま、カゼキン…。  (以上出版社)

1997年刊行同名単行本の文庫化。
当時のカバーイラストを中扉として収録。

表題作天使をください(2)

たき(瀧) :単純乱雑大柄黒猫
ほたる(螢) :天然お子様ふわふわ白猫

同時収録作品天使をください

陸(ネコ)
珠生(ネコ)

同時収録作品天使をください

雷(ネコ)
潮(ネコ)

同時収録作品オープンセサミ

克次
拓也

その他の収録作品

  • ’97もっと帰ってきた輝け!全日本怪奇生物大賞への道

評価・レビューする

レビュー投稿数2

メルヘンはメルヘンのまま。

「天使をください」
2巻です。
というわけで、螢が少しずつ成長しております。
独占欲も出てきました。
まだまだイロコイの段階ではないようですが、そのうち瀧は報われるのでしょう(いつだよ)
それまでは生殺しでドンマイ!

1話完結形式で大体お話は進んでるんですが、中には陸×珠生のエピソードもあったり。
陸は健気だし、珠生もなかなかに可愛い。
やっぱりこの子たちも2匹で1つと見なすのが正しいんだろうな。
潮んとこも相変わらずというか、すっかり2匹は馴染んだ様子で。
雷を振り回す潮がなんだか可愛く見えてきました。

これにて、このお話はひとまず終了。
最後の最後までメルヘンのましろさんワールド。
それでも、「大きくなる(成長する)」意味とかそういうのがうまくその世界を崩さない言葉で描かれていることになるほどなぁと思ってもみたり。

相変わらず、シュールな笑いなのかボケなのかツッコミなのかに徹していた双子ちゃんにもステキだったよ、と伝えてあげたい(笑)


「オープンセサミ」
まだ拓也たちが街にいた頃のお話。
瀧と螢の出会いの物語でもあったり。

蛍がちっさくてかわいいvv
ちっさいのに一生懸命で。
拓也のためになんとかしてあげたいと思う気持ちが、素直になれなかった2人のヨリを戻したんだろうなぁ。

0

良いんです幸せなら

不思議な砂漠の真ん中で今日も猫達は戯れています。
強いて不自然な所を揚げるとするならば、恋人達は皆
雄同士だったのです…と言うメルヘンラブコメBL漫画。
子猫もさりげなく大きくなって、強かな受に成長してゆく
ものなのですね。

同時収録作はおとうさん・克次&おかあさん・拓也の
学生時代の話。
メルヘンの世界の人だって嫉妬はちゃんとするのです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ