空色スピカ

sotairo spica

空色スピカ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×222
  • 萌18
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
24
得点
292
評価数
76
平均
3.9 / 5
神率
38.2%
著者
かわい有美子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小椋ムク 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773099454

あらすじ

こんなに愛しいと思うなんて想像もしなかった……

緑豊かな高原に立つ、半寮制の男子校・清泉学院。伝統あるお坊っちゃま学校だが、行事に女の子を招くため、歴代、美形の生徒会長を据えて来た。そんな強者達に並び、新たに任命されたのは華奢で物憂げな美少年・楠ノ瀬。見かけとは裏腹に体育会系な楠ノ瀬を、生徒会の面々は見たまんまの「ギムナジウム風美少年」としてプロデュースすることに。中身とのギャップに苦労しながら、敏腕な副会長・高科に支えられて愛校心と彼女欲しさにがんばる楠ノ瀬だったが、いつしか欲しいのは高科だと気がついて……。
出版社より

表題作空色スピカ

高科汐見/生徒会副会長 冷静なブレーン役
楠ノ瀬亮人/生徒会会長 本来は体育会系の性格だが…

その他の収録作品

  • Fly me to the moon

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数24

むしろHがなくてもOKぐらいの気持ちです

高科汐見(生徒会副会長 亮人をフォローするブレーン的役割)×楠ノ瀬亮人(生徒会会長 見た目と異なり体育会系の性格)

前生徒会長から次期会長・副会長にそれぞれ指名された、見た目が天使のような(でも性格は体育会系の)楠ノ瀬と優等生かつ冷静な高科。郊外にある男子校ゆえ学校行事に呼ぶ女の子を確保するのは生徒会の最も大事な仕事で、会長・副会長が先頭を切って行事を盛り上げるべく生徒会メンバーとともに活動していきます。そうした中で楠ノ瀬と高科はお互いを意識し始め……

かわい有美子さんの作品を読んだことがなかったので、完全に小椋ムクさんのイラストに惹かれ購入したのですが、これすっごい面白かったです!!!二段組みなどなんのその一気に読み切ってしまいました。

郊外のお坊ちゃま男子校(半寮制)を舞台にしていますが、イベントに女の子を呼び仲良くなることばっかり考えているおバカな高校生たちが単純で可愛いです。それに生徒会で色々イベントを企画していくのですが、みんなで意見を出し合って「あぁでもないこうでもない」と活動する姿が(不純な動機とは言え)とても微笑ましくて、繰り広げられるほのぼの青春模様を目を細めるがごとくに楽しませていただきました。

イベントを企画したり実行したりの学園生活描写だけでも楽しめるところ、そこに高科と楠ノ瀬の意識しつつもなかなか進展しないという恋愛描写の部分が入ってきて倍の楽しみ方ができました。手をつないだり告白したりがいちいち可愛らしくてたまらない二人でしたが、想いが通じてからの高科は案外クサイ男でそのロマンチストぶりにはちょっと笑えました(それに照れる楠ノ瀬がまた可愛い)。一応Hはあるのですが今までの二人の流れだったらむしろなくてもOK(エロ好きな私がめずらしく)と思うほどでした。

それから……度々登場してはただならぬ空気を感じさせてくれた、元生徒会長・峰と副会長・護守の関係が非常に気になるところでしたが、あとがきによるとこの二人が主役の作品が出るそうなので今からとても楽しみです!!

7

こそばゆい学園モノ

流星シロップを先に読んで、こっちも気になったので。
こっちのカップルはほのぼのとしていて、
余計に衛守×峰はいろいろ大変な問題を乗り越えたんだなーと感じました。
この二人ってほかの人達から見たらこんな風だったんだー…ニヤニヤ

「空色スピカ」の生徒会長・楠ノ瀬は、峰とはまた違う、見た目は王子様より天使で、中身は体育会系。
しかも峰のように頭がいいわけではなく、副会長の高科がブレーンで、楠ノ瀬は客寄せパンダ。
そして副会長の高科。彼がとっても素敵なんですよ!!
峰が早々から目をつけていただけあって、クールでありながら頭の回転は速く、BL風を装うのも割り切ってこなしてる。
でも素直で一直線な楠ノ瀬のことが可愛くてたまらなくなっちゃうんですよね。
楠ノ瀬も体育会系でありながた乙女なもんだから、とっても可愛いカップルでした。
峰と衛守のように大きい問題とかもなく、普通の爽やか~な恋愛をしてました。
各イベントを通して徐々に距離を縮めて、同じクラスになって寮でも同室になって…
意外に普通の学園生活を通しての恋でしたよね。
こういう王道の話を、キャラの魅力だけでこれだけ素敵な作品にしてくれるなんて!
高科×楠ノ瀬は、衛守×峰のようにアダルティーな雰囲気ではなく、甘酸っぱい初恋の香りでしたね。
クールな高科も楠ノ瀬のことになると「可愛いよ、愛してる…」と耳元で囁いたり、
自転車二人乗りがしたくて入って追いかけてきたりと、ただの恋する男の子になってて可愛かった~!
楠ノ瀬も童貞、というよりこれが初恋だったんじゃないかな…っていうほどウブで、
嫉妬したり、高科の告白を聞いてないふりしたり、いちいち反応が可愛すぎる!!
バスの中で手をつなぐシーンや、学院祭の高科の演奏のあたりとかあとは最後のHのところとか、いろいろお気に入りのシーンがあります。

私の理想の男性はピアノが弾ける男性なんですよね(笑)
なんで高科は私のストライクゾーンのど真ん中なわけです。
クールなふりして実は熱かったり、そのうえ好きな相手はとことん可愛がってくれて。
淡泊かと思いきや甘いセリフを吐いたり。
楠ノ瀬と一緒に彼にメロメロになってました。
夢に破れた、しかも自分の限界を悟って涙を流して…っていうところも素敵。
頭がよくって純粋にピアノのこと愛してるからこそ気づいてしまったんでしょうけど。
そんな影のあるところも素敵!

この2作品読んでると、歴代の会長・副会長はみんなカップルだったんじゃ…なんて不安になります。いや、萌えるんですが。
今後もこのシリーズかなり楽しみ!
やっぱり読みたいのは柏木×葵だよねー
自由奔放の柏木の手綱を葵が握ってる…なんて、これなんて萌え!?
早く読みたい早く書いてほしい…!!

7

甘酸っぱ~~い!

名門男子校の生徒会長と副会長の恋のお話、って言っちゃえば
かなり王道的なないようなのかな~って思いますが。。。

確かに王道。でも心理描写が繊細で
ちょっとづつお互いが惹かれていく様子や
同じ男なのに、すごくかっこいいと思う感情や
すごくかわいいと思う感情に戸惑いつつもくすぐったく思う気持ちなんかが
小椋ムクさんの絵も相まってとってもストレートに伝わってきて
何度も甘酸っぱい青春モノ特有の萌えを感じて
遠い目になっちゃいましたw

メインの二人、生徒会長の楠ノ瀬と副会長の高科だけじゃなくて
脇を固めるメンバーも等身大でリアルだし
唯一、白馬の王子様を地で行く外見と
実はかなりの策士っぷりのギャップが魅力(?)の前会長・峰が
ちょっと浮世離れしてる感はあるものの、そこはいいスパイスになってて
この名門校の学園祭や体育祭を見に来ている
近隣の女子高生気分で楽しめましたw

かわいさんの作品はそれほど読んでませんが
他の作品はけっこうエロかった記憶が。。。w
この作品はそういう意味ではかなりぬるめ。
でも、だからこそ作品全体の甘酸っぱい雰囲気が生きてた気がしました。

引き続き、前会長×前副会長の『流星シロップ』も読もうと思います!

4

寮物大好きです

遅ればせながら夏頃に初読みで「素敵すぎ」と身悶えした作品でした。
手持ち未読本がなくなった為再読いたしました。
二段組も受け攻めの両視点も大好きです!
別荘地に建つ私立男子高校とその寮、そして近隣(と言ってもかなり遠方)の女子校から行事ごとに女子を集客することが最大の義務である一風変わった生徒会の話が中心。
携帯も通じない山の中の、男の園ですからね。

攻めの高科は、千葉の同系列学院から編入の変わり種。ピアノを長く習ってきましたが己の限界を早々に悟り、今は趣味と実益を兼ねた練習をしている次期生徒会副会長で寮長。
しらっとなんでもうまく流し、冷静。腹黒い計算もお手の物。

受けである楠ノ瀬はバレー大好きだが部は弱小。
中身はガチャガチャした普通の高校生だが、見た目は茶色がかった髪に色素の薄いまるで天使様。
その容姿のために次期生徒会長に抜擢され、流されるままに今にいたります。

けっこう初めの方から高科は楠ノ瀬のビジュアルを「可愛い」と評しています。
素直で飾らない部分も自分にはない魅力なのでしょう。

今期生徒会会長の対外イメージは外国寄宿舎風。
いわゆるBL風味で責める作戦です。
女子校へ生徒会として訪ねて行った時の高科の台詞が!
「きゃーー!」わたし悶絶!
女子高生も悶絶!
キュンキュンします!
実際の男子が口にだしたらサブイボになりそうですが…

ノンケ同士の恋愛の場合気持ちの変化が性急だとなんだか読んでいるとシラケてきますが、かわいさんの作品はその辺りが自然です。
小椋ムクさんのイラストもとても素敵。
シリーズの中ではこの一作目が一番好きです。

3

初々しいのがいい

高原のミッション系男子高校
生徒会、
寮生活、
ふわふわ天使顔の見目を裏切る体育会系バレーボールバカの生徒会長
陰から牛耳るクール眼鏡の副会長はピアノの道に挫折していて
前会長は王子様の見た目で腹に一物タイプ
前副会長は、前会長の護衛兼保護者みたいだし
次期会長は食えない双子の二人会長
合唱祭に体育祭、文化祭
と、学園物の王道萌を余すことなくてんこ盛り
生徒会に誘われるところから引退するまでの1年半弱の期間の話を、丁寧に綴ってある。

二人の関係は、小学生向け少女マンガでもあり得ないくらいかわいらしい。
でも、こういう丁寧な学園物は大好物
王道で、そこら中で使い回されているような設定でも、全然OK
小椋ムクさんのイラストも、とっても雰囲気があっています。
カバー無しで、電車で読んでも大丈夫。
こんなふんわり爽やかで、かわいいお話、BLの中に埋もれさせないで、もっと一般の人に読んでもらいたいなぁ。

2

これはきゅんきゅんする!!

緑あふれる丘にたつ、伝統ある半寮制の男子校・清泉学院。
半ば隔離された環境で暮らす彼らは、女の子と知り合う数少ない機会である学校行事に半ば命をかけている。
そのため、学校の代表である生徒会長代々美形が選ばれてきた。
今年、栄えある生徒会長に選ばれたのが楠ノ瀬。
黙っていれば物憂げな美少年風の見かけとは裏腹に活発な体育会系の楠ノ瀬のプロデュースを任されたのが敏腕副会長の高科で……

これは久しぶりにきゅん!!激しくときめきました。
周りの推薦で生徒会長、副会長になった高科と楠ノ瀬。
興味から好感、恋愛感情へ。
一つ一つの行事を通して少しずつ進展していく二人の関係が自然で、かわいくてもうときめきがとまりません。
なんだろうな。これは女子的妄想っていうある意味お約束な部分と、彼らのごくフツーの男の子っぽい部分のバランス感覚がすごいよくて、するりと物語に入り込めた気がする。
学校行事に女の子を呼び込むため、そんな馬鹿馬鹿しくも素敵な目標のためにがんばる男の子たちがほほえましい。
見た目美少年なのに中身はフツーの楠ノ瀬と、やり手の高科はいいコンビです。

まわりのキャラクターも良い味出していました。前生徒会長と双子が気になります。
続き買って来ようっと。

2

八ヶ岳の澄んだ空気と水のようなピュアな恋物語

書けないと思い込んでいた学園王道ものに挑戦した作品だと、作者自ら語っていらっしゃいます。

山の中の男子校で、いかにイベント事で女子を呼び込むかが命題の生徒会会長と副会長のコイバナです。
同性には全く興味のない二人が、だんだん惹かれあって行く様子がすごく自然でキュンとしました。
歴代の会長と&副会長は、近隣女子の好みそうな美形ぞろい。
王子様系だったりパワフルで派手めなイケメンだったり…
現会長が目をつけた会長候補は『ギムナジウムの薄倖系美少年』、あるいは『降臨した天使』路線の楠ノ瀬くん。けれど実像は元気な体育会系男子なんですけどね。
そして、副会長候補にはストイックな外見と実務を任せられる能力のある高科くん。
女子校へのお誘い訪問から体育祭、合唱、文化祭などの各イベントの企画やら当日の盛り上がりが、面白おかしく次々登場し学園もの好きにはたまらない魅力です。

しかし、この二人中々LOVEには発展しません。
顔ぐらいは知っている → 初対面で好印象 → いいやつじゃん → 気になる → 好き までが遠い遠い。
対外的な設定として二人が妖しい関係を匂わせることになっていて、本当の二人とは関係も性格も異なりギャップがあるからそんな演出も面白くて、実際に進展しない間柄に焦れ焦れしつつもついつい入り込んでしまいBLものであることを忘れてしまうくらいでしたが、すごく楽しめました。

寮生活でのドロドロとか変な事件は全くないので安心して楽しめます。
なので、BLらしくない、少女漫画チック、健全な寮生活というポイントで好き嫌いがわかれるかもしれません。

八ヶ岳の自然やレトロな校舎の描写など背景が美しく目に浮かびます。

また、ムクさんのイラストがいいです。
表紙のほんわかしたピュアな高校生の初恋というイメージ通りのストーリーです。
欲しいところにぴったりといい絵が入り作品の良さが倍増しました。

短編の『Fly me to the moon』での二人の初エッチが、初々しく若い二人のかわいいシーンでした。
楠 ノ瀬の「ギュッとして」が良かった。
ギュッとしたくなる可愛らしさです。

作品中気になるキャラの彼らの前任の生徒会長と副会長。
カリスマ性のある王子さまと軍用の訓練された大型犬のようなお二人には何か色々あったような…と思ったら、シリーズ2作目には彼らメインの過去編なんですね。
ぜひ読まねば!

2

可愛い❤︎

かわい有美子「空色スピカ」
あ〜〜可愛い!可愛いよー…何度目かの再読ですが、小椋ムクさんの絵とあいまってキュンキュンきます✨

本巻から始まる清泉学院寮シリーズは、それぞれに個性があって素敵ですが、このCPが一番好きです。
見た目は天使だけど中身は無邪気わんこな体育会系・楠ノ瀬と、楠ノ瀬のブレーンとして冷静に、でもきめ細やかにサポートする高科のバランスが最高に萌えます❤︎
攻の高科がクールな秀才眼鏡くんで、一見愛の言葉なんて囁きそうもないのに、幼い頃からピアノをしているせいか、はたまた高校生という年齢のせいか、情熱的でロマンティックな台詞を沢山言ってくれるので、作中の女子高生よろしく黄色い悲鳴をあげてしまいます(^ ^)

付属校ゆえ、大学に行っても2人は一緒にいられるらしいですが、この閉ざされた寮の中でず〜っといちゃいちゃしていてほしいなぁ、と思ってしまうくらい魅力的な設定でした♪

4

可愛いキラキラしたお話です

かわい有美子さんの「空色スピカ」
キラキラしたタイトル通り、ピュアな高校生の恋です

挿絵は、小椋ムクさん。カバーが秀逸です。

舞台は八ヶ岳山麓(八ヶ岳・・・聞いたことはありますが実際に日本地図を出されるとどこかわかりません)
中高一貫教育の男子校、私立英明大学付属清泉学院。

人よりも馬や牛の人口?が多い田舎なので、生徒の6割が寮生らしい・・・。
そして、この学院の高等部の生徒会長・副会長は、他校との交流という名の女子生徒勧誘のため代々容姿端麗な生徒が前任者によって指名・選出されるという少し変わった取り決めがあります。

その前任の生徒会長、峰秀一から選ばれた、楠ノ瀬亮人と高科汐見。

見かけは、キラキラふわふわした天使のような楠ノ瀬くん(でも、中身は体育会系・笑)を会長に、楠ノ瀬をサポートする有能実利型の高科くん(中高一貫教育の学院にあって高等部からの編入生)を副会長に、そして、いきなり会長・副会長に抜擢されたふたりをサポートするべく脇を固める生徒会役員、天野くんと丸山くんは、1年生の時から生徒会活動をしています。

こんなことがなければ接点のなかった楠ノ瀬くんと高科くん。
生徒会活動・学校行事をこなしていくうちに少しずつふたりの距離が縮まっていきます。
全体的にキラキラふわふわ、甘い雰囲気(笑) ←楠ノ瀬くん、そのまんまです
楠ノ瀬くん、可愛すぎる。
今時、楠ノ瀬くんみたいな男子高校生いるのかな・・・と思うくらい可愛いです。

小椋さんの挿絵が本当にぴったり。

前任者の峰くんと衛守くんも気になる存在。
あちこちに出てきて色々と思わせぶりな伏線をばらまいていました(笑)

シリーズもの?のようです。

「空色スピカ」の他に・・・「流星シロップ」「星屑シトロン」さらに甘そうなタイトルです。
そして、どうやら恋に落ちるのは会長と副会長だけのようですね。

他の生徒は、み~んな、会長・副会長が釣ってくる(爆)他校の女の子に夢中、健全な高校生です。

3

いいなぁ高校生

ひっさびさにガチで高校生モノを読みました。いや~面白かった!てゆーか、可愛いよ、ウン、楠ノ瀬、あんた可愛い。顔こそ物憂げな「天使さま」だけど、中身はチョー元気で明るい体育会系健全男子。部活のバレーも、突如祭り上げられた生徒会長の重責も、伝統校ならではのいちいちミョーにリキの入った行事の数々も、すべて全力投球、真っ向勝負。とっても単純明快で分かりやすいことこの上なしのキャラ。せっかく周りが1年かけて周到にプロデュースしてきた「ギムナジウム風美少年」の仮の姿も、体育祭の応援合戦でテンション上がりすぎて跳ぶわはねるわ、団員を「おまえらーっ」とあおるわでもう台無し。でも、ホントに楽しかったんだよね、エネルギーも余ってて、とてもおとなしくしてなんかいられないくらい。日頃沈着冷静を旨とする副会長の高科も最初はアワ食って、どうやってリカバーしようかと頭抱えつつも、結局あまりの楠ノ瀬の可愛さに「まいっか」と早々に降参しちゃうし。

 かわいいといえば、学園の生徒さん方総じて年の割にスレてなくておぼこい。さすがに半ば「陸の孤島」のような環境で俗世から隔絶されて育っただけのことはある。生徒会長に学年一見栄えのする男を据えるのも、やたら行事に熱を上げるのも、すべては「1人でも多くの女子に学園に足を運んでもらう」ためというのだから、たわいないというか、ホント罪がない。
 でもね、会長と副会長の間にわざとアヤシイ雰囲気を醸しだして、腐女子を引き寄せようという作戦はどうかと思うなあ。だってどんなに頭数集めたところで所詮腐女子は腐女子。キミたちと恋愛したいわけじゃない。あくまでキミたち同士で仲良く乳繰り合ってる姿を高みの見物してたいだけなんだもん。でもその不毛さに気づいてないとこがまた可愛いんだけどね。

 そしてもうひとつの誤算?は、会長副会長のアヤシイ関係のプロデュースが成功し過ぎて、マジで本物のカップルが出来あがっちゃったこと。女子を呼び込むための仕掛けに自分たちが見事にはまってちゃ世話ないだろ。まあ先代の峰&衛守も演出抜きでなにげにラブラブだったし(当然高科は気づいてる。楠ノ瀬は多分知らんけど・・・)熱くて直球の楠ノ瀬と、クールでこまやかなブレーン高科は確かによい組み合わせだと思います。それにしても学祭の舞台あいさつで、満場の観衆を前に堂々の「今夜高科君に抱かれたい宣言」・・・いくらなんでも直球すぎるだろ楠ノ瀬!!
 そしてさっそく2人して公約を「有言実行」した直後、身体を気遣う高科に「オレ、そんなヤワじゃないから、安心していいよ」・・・なんていうか、こう、いささか趣とか、風情とかに欠けるきらいはあるけれど、どこまでもタフで健全な若人の恋、全力で応援したくなりました。
 

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ