モルグの番人

morgue no bannin

モルグの番人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×28
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
151
評価数
42
平均
3.7 / 5
神率
38.1%
著者
今城けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陸裕千景子 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
発売日
ISBN
9784592875796

あらすじ

見た目ヤクザ系の雑誌記者・須賀と新聞社で死亡記事のみを管理している美貌の変人・柳。二人は、ある日、新人少年モデルが出演している陰惨な裏AVを見てしまい…。究極のオンリーワン・ラブ!!
出版社より

表題作モルグの番人

須賀,雑誌記者で柳の番人
柳,新聞社勤務,IQ200の麗人

レビュー投稿数13

片言な科白が逆に作用して、残念でした

「知り合って10年。ただ一度の例外も無く再会のたびに須賀を凝視するのは、IQ200の麗人・柳。
(略)
非道な事件の解明とともに、10年間友人を貫いてきた二人の、互いへの妄執と独占欲が暴かれる」
というのが、カバーに記載のあらすじ。(あらすじっていうか謳い文句っていうか)
これを読んで購入したものの、読み終わった後、首を捻った、というのが正直なところでした。
決して間違ってはいないし、誤解したのはこちらの責任なのですが、"IQ200の麗人"と聞いて思い描いた人物像と、実際に描かれていた人物像がかなりかけ離れていました。
柳は確かに天才肌のお方ですが、日常のルーティンが崩れることを厭い、人の感情も自分の感情も理解できず、コミュ障で、興味のあることに絶大な集中力を発揮する、という、……作中一言も触れてないけどアスペルガー症候群のような。(アスペルガーと断じてよいのかも分からないですが)
誰もが振り向く美貌の人だけど、小説だから、片言な科白が逆に作用して、頭が良いというより子供っぽいという印象を持ちました。
出会ってから10年間、そんな柳にずっと片思いをしていた須賀。
恋愛感情を押し込めて「友達」だと自分に言い聞かせる須賀が不憫で、でも二人は両片思いで、切ないと思える展開のはずがどうしても柳のキャラクターが邪魔をして、そう思えず残念。
ストーリーの核になる事件もあっさり目で、そもそも須賀は雑誌記者だから事件の真相を探っても解決はできず、本人が自首して解決するというのが消化不良でもありました。

良かったのは、二人をずっと見守ってきた寺本のキャラクターです。
都合がいいキャラといえばそうだけど、彼のアシストが、硬直した二人の関係の潤滑油的な役割を担い、登場するたびにほっとしました。

0

あまり見ないキャラの受け

陸裕先生の描く美しい男…最高でした。

タイトル、モルグの番人…ピンとこないタイトルに興味がわきますよね。
お話…というよりは、受けのキャラがなかなかに独特でレア感ありました。
まるで機械人形のような…攻めを通じないとリアル(現実)を感じられないんですよ。
うまく説明したいのだけれど、これは読んだ人じゃないと伝わらないかもしれない。

イレギュラーな事態に困らせないよう攻めはいちいち言葉にして伝えることが多いんですよね。
それは行為中も同じで、これはなかなかにえっちでした。
受けの言葉もそれに返すようで、新鮮で可愛い会話を楽しめました。

二人の関係は攻めの一方的な片想い、とうわけでもなく…
好きなどといった感情が分からない受けも受けなりに、攻めのそばにいたがっているらしい状態にキュンときました。
部署には納得ですが、キャラ的に新聞社勤務、ってピンとこなかったんですよね。
同じ業種に…だなんて、そこまでか、って。

お話も面白そうで最初は結構夢中になりましたが、後半には失速した気がしなくもなかったり…。
危険な組織も絡んでいる事件性のある記事を公にするんですから、やはりリスクはつきものですよね。
ただその割に、期待以上にハプニングがおきないんですよね。
能力があり別方向から攻めを助ける受け、という頼もしい一面も見れたりします。
お決まりな危険を求めたいわけではないですが、もう少しだけ手に汗握る展開あれば、私的には盛り上がった気がします。

結局攻め受けの恋愛面がメインになってくるので仕方ないかもしれませんが、大きな展開よりも地味なやり取りが多い印象となり、退屈してしまった気がします。

ただつまらなくはないので、刺さる人には刺さる作品な気がします。
初めましての作者さんでしたが、よく見るような登場人物が出てくるお話ではなく、そういう点では良かったです。

0

IQ200の柳が可哀そう

この作品がデビュー作なのだそうです。物語を書きなれている人みたい。

柳は、IQ200、自己表現、表情がが乏しい麗人。新聞社の『モルグ』勤務。対人関係を上手く紡げない。過去に親から虐待を受けていた。
柳の高校からの友人は二人。
柳が唯一認める友人は、雑誌記者の庸一。眼光が鋭い強面の優しい人。
寺本は、バーを経営、柳をとても愛しているが、柳は寺本を認めない。

雑誌記者の庸一がたまたま入手したDVDに映っている少年の顔を、柳は凝視して、ある殺人事件のコード番号を庸一に告げることから始まるサスペンス。
殺人事件の謎解きをしながら、柳の複雑な生い立ちを知る庸一。

柳は、感情を表す言葉の意味が分からない。好きとは?愛するとは?食うとは?・・親鳥が雛に教えるように、庸一が柳に接して教えていく様子が、愛情に満ちていて、ほほえましかった。庸一の深い理解と愛を受けて、柳はやっと人並みの幸せをつかめたんだな、と嬉しくなりました。

--「モルグ(morgue) 」
フランス語由来で、morguerが語源  1 死体置き場。2 新聞社の資料室、調査室。

★IQ200なら、柳はメンサに登録が可能な頭脳の持ち主。保護を受けたらよかったのに。
▶mensa :
1946年にイギリスで創設された、上位 2 %の IQ (知能指数) を持つ人達が参加する国際グループ。JAPAN MENSA は mensa の日本支部、

敷居が低いので、日本人の登録者も最近増えています。
・・常人と異なる視点や感性を持っている人が高IQには多いから、凡人にいじり壊される事が多いようです。理解されにくいので、サヴァン症候群とか、自閉症のような病名を付けられて気の毒。

著者の200IQの柳の描写が興味深かった。
柳の奇妙な受け答えが面白かったのですが、それは、親から虐待を受けていたことと、脳内の動きが一般人より速い高IQ独特の特徴だと思う。脳が活発に動いているとき、一般人の動きがスローモーションに見えるらしいです。


0

伏線が…

特に好きな作家さんや絵師さんではなく特段好きな設定でもないのに妙に気になる作品ってありませんか?私はこの「モルグの番人」がそうで、クールな印象のタイトルに惹かれて一体どんなお話なんだろうとワクワクしながらページを捲りました。ちなみに「モルグ」というのは「死体安置所」という意味だそうです。

物語は雑誌記者の須賀(攻)の一人称で進みます。高校時代からの親友・柳に十年も片想いしている須賀ですが、想いを告げるつもりはなく、変わり者で孤独な柳の一番近くに居て彼を守り続けたいと考えています。ある日、須賀と柳は少年への暴行シーンを収めたDVDを入手します。その少年がすでに死んでいることが分かり、犯罪の匂いを感じた須賀は何としてでもこの事件を白日の下に晒そうと東奔西走します。そして事件を追ううち、柳が「モルグの番人」というハンドルネームでインターネット上の巨大掲示板に出没していることが判明するのですが――…というお話です。

序盤は面白かったのですが、終わってみると、回収されなかった伏線が多すぎてなんだかスッキリしない作品でした。事件についても柳についても、情報量は多いのに最後までとっ散らかっていた気がします。

何より、物語の軸になっているはずの少年レイプ事件の存在感がどんどん薄くなって、その分、須賀が柳のことをあれこれ考える描写が増えて行くので、置いてけぼり感満載でした。あんなに必死に、それこそ体を張って事件を追っていたはずなのに、具体的な描写が中途半端なんですよね…。最後も須賀が決着を付けたわけでもないしなぁ。

あと、柳がとにかく変わり者で、意思疎通できているのか心配になるほど――いわゆる電波系のようなレベルなので、萌え以前に心配になってしまいました。巨大掲示板とやらで活躍していた理由も、もっと言えば須賀を好きになった理由も、最後まで分かりませんでした。

二人の友人である寺本と、須賀が保護した少年・春海のお話のほうが分かりやすくて良さそうだったなー。二人のその後が気になります。

1

繊細なカオス

今回初めて、「しゅみじゃない」で評価を入れた作品にレビューを書きます。私はこれまで「神」と「萌え2」ばかりで書いてきましたが、この頃不自然に思うようになり、またレビュー関連でコメントしたのですが、自分では一つも書いてないのにイカン気がしたのです。今後は「しゅみじゃない」でも書いていくつもりですが、作品と作家さんへの敬意は常に持って臨みたいです。
前置きが長くなって失礼しましたが今城けい先生の「モルグの番人」です。
攻めの須賀は雑誌記者、受けの柳は新聞社の「モルグ」と呼ばれる特殊な部署で働く美貌の青年。二人がひょんな行き違いから手に入れたDVDはモデルの男子をレイプした裏AVで、その男子は死んで発見された(死因は薬物の過剰摂取)。許せん!と事件を追っていくという、ミステリーがベースのblなのですが、このミステリーが残念なことに不発な印象なのです。
物語はかなり早い段階から、事件の謎よりも主人公の柳へ視点が向けられます。そう、この柳がですね、不思議過ぎてよく分からない人物になってしまっているのですよ。
IQ200の頭脳に完璧な容姿の麗人、なのにコミュニケーション能力が著しく欠除している、そのような設定であり、攻めの須賀とも決まった喫茶店のみで会ったり、確認のために毎回ジーッと凝視したりしているのですが、段々ですね、これほどの状態だと何か深い事情があるかと、肉体的に起因する直截的何かがあると考えますが、そこには触れられず、不思議な様子は仔細に描写されます。待ち合わせに40分遅れたら、柳は完全に自分の中に入ってしまっていて、危機的な状態になってしまっている場面が最も深刻、且つこの作品のクライマックスであるかと。ですが根本的なところが明かされないので、読者としては戸惑いました。
モデル男子売春とレイプ事件はあっさり解決して、正直印象が薄いのですが、柳への謎は強く感じました。
そして何より、タイトルでもあるモルグの番人、がさっぱりなのです。モルグの番人とはこれまた柳を表していますが、新聞社社員の能力としてではなく、ネット民としてなのです。これならば、新聞社はいらなかったような感じが拭えません。
今城けい先生には高い文章力を感じますし、心理描写には惹きつけられます。私は読んだのはこれが二冊目ですが、行間から繊細さと優しさが滲み出ているような作風だな!と。流血して人が死ぬミステリー、サスペンスよりも、心理的な視点に主を置いたものの方が合っているように、私は思いました。

2

事件ものとしてシリーズ化しないかな?

おっもしろかったですー!!!
陸裕さんの挿絵が柳の人形のような雰囲気と合っていてすっごくイメージ通りでした。
表紙からして素敵じゃないですか!?
綺麗ー。
因みに受け様の表紙での肌色比率が素晴らしいことになっていますが、中身ではそこまで…?って感じです←
いや、やっていることはやっていますし…天才なのに辿々しいとしか言いようのない口調の柳が“純粋・無邪気”に積極的ですが。
うん、もう純粋で無邪気としか言い様がない。
何かこう幼い子が夢中になっている感じ?
大切な宝物とか大好きなものとかそんな感じ?

本当ねーこの受け様は頭がかなり良いのにコミュニュケーション力がかなり低いです。
攻め・攻めと共通の友人1名としか会話成立しなさそうな…ってかちゃんとした会話が成立しているのは攻めとだけですが。
でもそのコミュニケーション力の極度の低さも過去の家族関係が原因とあるから切ないものです。
それでも高校時代に傭一という存在と出会えたのは本当に良かったでしょうね。
もう柳の構成成分は傭一で出来ています!といっても過言じゃないぐらいの依存度です。

傭一の方も高校時代から柳のことが好きだったりー。
端(攻受共通の友人)から見ていたら両片思いの状態なのに本人たちは気づいていなくてモダモダしました。
攻め視点で話は進んでいき、柳の感情はかなり控えめ…というか感情の変化分かりませんレベルなのに傭一大好きっぷりが感じられるんですよね。
傭一が待ち合わせ場所に来ないと思ったらパニクって外界と自分を遮断してしまって、単に遅刻してきたを傭一かなり動揺させる展開になったりー…まともに会話するのは傭一だけだったり!
突然のチューにはパニクって大変なことになるけど、傭一限定で事前宣告したら何してもOKってとこが何か可愛い。
どんだけ好きなのかって思うのです。

あと事件はやるせない内容でした。
「こいつ本当に最低!罰せられてしまえ、クズ」って思えたら良いのに…思えないんですよねー犯人の過去が。
自分自身苦しいことを分かっているのに…それでもやってしまって止まらなかった。。。
どうか救われて欲しいです…。

もう1つのカップル、寺本(高校の同級生)×春海(事件の証人)の方も気になります。
寺本さんが結構お気に入りなのでスピンオフ出たら絶対に買います。

そうそう…モルグの意味を改めて調べてみました。
モルグ 【morgue】1 死体置き場。2 新聞社の資料室、調査室。
…だそうで~…この本では2番の意味で用いられていましたが、1番の死体置き場って不穏ですね(汗)

3

攻め視点

圧倒的に受け視点のお話が多いBL界の中で、攻め視点で展開されていく物語を読むのは新鮮な気分になります。
攻め視点のお話って好きなので。

ミステリアスというか、天才的頭脳を持っているんだけど浮世離れした不思議な雰囲気の柳がイイですね。
そんな柳を愛でもって優しく包み込む傭一。
ずっと柳を守り続けている傭一こそ立派な番人だなと思います。
柳の依存っぷりや傭一の嫉妬深いところも萌えますね。
友人の寺本もイイ味だしてます。

表紙も色っぽくて素敵です。

1

萌×2と萌で悩みました

一人称でした…
知らなかった…
一人称小説はかなり苦手です。
BLで最近一人称に出会っていなかったので、油断しました(泣
そんなわけで、題材はひじょうに面白そうだったんですが、心はドンヨリで読み始めました。


攻めの傭一は26歳で、週刊誌のライター。
長身で、丸ヤの方と勘違いされる風貌。(こういう表記のある攻めって珍しい・笑)
16歳からずっと柳に恋し、思い続けています。

受けの柳はユニセックスな美貌の持ち主で、IQ200(て、どんくらいなのよ…)。
傭一の元同級生で、新聞社で『モルグ』と称される、死亡記事の資料整理をする部署に在籍しています。


変化を望まない柳。
それに対してあくまで友人というスタンスを必死に崩さず、献身的に柳へつくす傭一。
同じ人間としかつきあわず、同じ店しか利用せず、同じ時間にしか行動しない。
そんな柳を傭一(と、数少ない友人の寺本)は、彼の心と体の平穏のためにリズムを守りつきあってきました。
柳をメタメタに暴いてしまいたい欲求と、守ってやりたい愛情がつねに拮抗しモヤモヤしている傭一は不憫ですが、どこか可愛らしいです。

ふたりが関わる事件は初っ端からヘビーです。
偶然知った少年への集団強姦。
しかも彼はその後自殺していた…
記者の傭一は正義感というよりも、こんなことがまかり通る世界に憮然とし、記事にする決意をすることに。

事件自体はドロドロですが、傭一が怒ったり焦ったり嫉妬したりとひじょうに気持ち良い男でしたので、暗くなり過ぎませんでした。
この作品では、一人称の良い面が出たなと思います。
一人称で主人公に気持ちに添えないと、読み続けることが苦痛になりますから。
ですので、一人称苦手なわたしにも楽しめる作品でした。
一番切なかったのは、傭一が柳の手を握って公園で子守唄を歌うくだり。
このシーンはお互いの気持ちがすごく寄り添っていて、忘れられないシーンでした。

なぜか、読中、柳と傭一のセリフを混同してしまい、「あれ、今のはどっちのセリフだ?」という具合に、何度か前へ戻るという始末。
これはわたしの読解力のせいなんですが、出来ればふたりの口調をまったく別にして欲しかったです。
柳はもちろんぶっきらぼうに喋りますが、傭一も男っぽく話すので、混同しがちでした。

ところどころ上記のような理解しづらい部分はありましたが、主要人物たちは皆、魅力的で良い作品でした。
特にわたしは寺川が好みの攻め(決めつけてますが)なので、スピンオフ希望です。

最近、台風のような勢いで陸裕さんがイラストを書かれた作品を読んでいる気がします。
最初は失礼な話ですが、まったく気にしていなかったのです。
が、目に触れることが多かったせいかファンになってしまいました(苦笑

2

サスペンス調

サスペンスっぽい雰囲気が花丸文庫だなあという感じ。

アスペルガー症候群っぽい受の、ちょっと浮世離れしたキャラクターが気になって、恋愛部分にはイマイチ感情移入しきれなかった。

サスペンス部分は書き慣れている感じでどんどん展開していって面白いのだけれど、男同士とかそういうことに対する周囲のリアクションのなさが気になったかもしれない。

熱血漢な主人公の正義感とか、犯人の動機とかに納得とか共感しきれなくてちょっともやっとしたまま読み終わってしまいました。

1

長身強面×IQ200美人のオンリーワンカップル

須賀は、高校・大学と同級生の柳と、就職後も、近況や依頼を聞く月2回の待ち合わせを楽しみにしていた。
逢う時間も店も座る場所もオーダーも、ずっと変わらない。
何故なら柳が嫌うから。
柳は普通ではない。彼の世界は仕事と須賀しかない。
須賀は、美貌の柳を想い続けてきたが、それを隠したまま友人として付き合っている。変化を好まない柳には打ち明けられない。
この2人の元に、間違って受け取ったDVDにあった少年への強姦の映像が!
柳は、その少年の死亡詳細を記憶していた!
2人は事件究明を誓う!

この柳、映画「レインマン」のダスティン・ホフマンの演じた主人公と同じ症状です。
その特徴は、
【オウム返し、言葉の理解の遅れ(返事がなかなか返ってこない)、視覚優位(見たものの記憶の継続)、物事へのこだわり(変化を嫌う、特定の物や人)、パニック(体が固まる等)、視線が合わない(この話では須賀は除く)】が当て嵌まります。
それと、IQ200の抜群の記憶力から「サヴァン症候群」ではないでしょうか。
文中にははっきりと書かれていないのですが、察するに「先天性」なので「自閉症」と推測します。(自閉症は先天性だけです)
柳が、性的虐待の過去を話す所があって、その後少ししっかりする様に見受けられますが、トラウマを起点とするのは難しいです。
本当はどうなのか、作者にうかがいたい所ですね。

柳は、急激な動きがダメなのですが、須賀に限っては「何かする前に宣告する」と何をしても大丈夫だという面白い約束が出来ます。
そこが可愛いポイント。
例えば、突然、チュッ!とキスするとフリーズしてしまうのに、須賀が「キスして良い?」と問えば、ブッチューレロレロキューポンがOKに。
ここら辺の柳のBL話に柔軟に付き合ってくれている所、嬉しいです^^(クスッ)
それと、須賀が暴漢に遭い、須賀の傷の手当てをするシーンは、無防備な柳の手や視線に、須賀はバクバクです!
こういうガマンエピソードは、いくつあっても良いです♪

そして話が進むにつれて、今まで柳を守ってきた感のある須賀を、柳が守っていくのですが、須賀を守る為には自分の危険も顧り見なかったり、IQ200を生かして犯人を追いこんだりと、以前のボ~っとした柳からの変身ぶりにびっくりでした!

もう1つのカップル、高校の同級生・寺本×事件の証人・春海。
別れたくないと泣いていた春海のその後はどうなったのか気になりました。
スピンオフが出てたら読みたいな^^

最初から最後まで面白かったです!
恋愛も事件解決もスムーズに進み、読後感も良かったですよ♪

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う