若社長と純愛ごちそうキャンプ

wakashachou to junai gochisou camp

若社長と純愛ごちそうキャンプ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
44
評価数
14
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
今城けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
駒城ミチヲ 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784344843523

あらすじ

カラフルなテントが並ぶ蜂谷キャンプ場で、雑誌社で働く白玉純は今日も一人でテントを張ってごはんを作る。そんな至福のひと時に、気になる人が現れた。いつも一人で名前も知らない、声もかけづらい雰囲気のソロキャンパーの男性。深山という名を知ってからもはじめは白玉が一方的に喋りかけるという間柄だったが、、白玉がキャンプごはんを振舞ったりするうちに徐々に仲良くなっていき、いつしか居心地のいい距離感に。だが時たま「隣合っている星が傍にいるとは限らない」と深山は他人を寄せ付けないような面を見せる。ある日、白玉が勤める雑誌社と大手スポーツ用品メーカーとの大きな企画で先方に赴いた時、社長だと紹介されたのがキャンプ場では見たことのないスーツを着こなした深山澄仁でーー!?

表題作若社長と純愛ごちそうキャンプ

深山澄仁、スポーツ用品メーカー社長
白玉純、キャンプ好きの雑誌記者、27

その他の収録作品

  • 花霞ーSADAMEー
  • 春告げ鳥
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

こうみえて、攻めが意外とムッツリです

こちら、キャンプBLです。
BLはたくさん読んでますが、キャンプネタは初めてだったりします。

私はですね、虫が嫌いだし、こう埃っぽいのも嫌いなのです。
キャンプじゃなくとも、野外での食事はしたくない。
虫とか埃とか入ってそうだしね。
とまぁそんな私でさえ、なんだかキャンプをしたくなる素敵な作品なのです。

こう、満天の星の下で、美味しい珈琲を飲みながら寄り添って語る二人ー。
優しく繊細に綴られる主人公逹の恋愛に、超ロマンチックな気持ちにさせてもらえたりして。

ところでこちら、とっても素敵な表紙ですが、星を見上げて語り合うと言う本編の中のシーンになります。
イラストは言わずもがなですが、タイトルのデザインも可愛いんですよ~。
「愛」のパーツの一部がハートで、「ごちそう」のパーツの一部が星。
些末事ではございますが、めちゃくちゃ可愛いのでどうしても言いたくなりました☆


内容ですが、よくキャンプ場でかち合う物静かな男・深山×雑誌社の記者でキャンプ好きの青年・白玉によるキャンプBLになります。

一人キャンプを満喫している白玉。
よく一緒になる、こちらも一人キャンパーの深山と、とあるアクシデントをキッカケに仲を深めて行きます。
そんな中、仕事上で深山の会社と関わり、彼が社長だったと初めて知る白玉。
二人の仲は更に親密さを増して行きますが、それぞれ抱えている過去があってー・・・と言うものです。

で、こちら、作品のキモとなるのがキャンプ!
とにかくキャンプの描写が丁寧かつじっくりでして。
単純に、テントを設営して料理を作ってと言う部分から、キャンプを通して二人の距離が近づいて行く様までー。
なんか、白玉の作る料理がオシャレな上に美味しそうなんですよね。
オイルサーディンにちゃちゃっと手を加えておつまみにしたり、ちぎりパンを焼いてみたり、アヒージョだのガパオライスだのを手際良く作ってみたり。
こんなん家でもやらないよ・・・。
いや、お料理上手な姐さん方は作られてるでしょうけど。

で、そんなお料理上手な白玉が料理を作ってはお裾分けし、深山からは本格的な珈琲をご馳走される。
珈琲を飲みながら、星空の下で語り合う二人のシーンがとても素敵なのです。
これはいい雰囲気になっちゃうよね~て感じで。

と、徐々に距離が近付いて行く二人ですが、そんな中現れる白玉の元カレ。
フリーの記者である彼は、白玉と深山の関係に気付いてスクープにすると脅して来て・・・と言った流れ。
更に深山には、まだ整理しきれない暗い過去があってと言った感じで。

これ、二人が二人とも、辛い思い出や後悔している出来事なんかを抱えているのです。
二人が出会った事により、そんな過去をゆっくり昇華して本当の意味で人を愛せるようになるー。
優しく繊細に綴られる、この部分になんとも心を打たれます。

なんと言いますか、二人で星を語り合うシーンが要所要所であるのです。
地上から見れば隣り合って見える星も、実際は何万光年、何億光年も離れてると最初は語っていた深山。
それがですね、ラストでは「あの星逹はずっと一緒に居続ける」と白玉に語るんですよね。
なんか感動しちゃって。
くっ、ロマンチック過ぎるだろーと!

まぁそんな感じで、心に傷を持つ二人が結ばれるまでを、キャンプと言う題材を上手に使って、優しく繊細に綴ってあるのです。

ところでこちら、エロが結構濃厚。
過去の後悔から、なかなか白玉に手を出さなかった深山。
ふっきっちゃった後は割と強引と言うか、ちょっぴりSと言うか。
ちょい変わったその雰囲気に、怖じ気づく白玉。
すると「逃がさないよ」「だからもう諦めて、私のものなりなさい」みたいな!( ≧∀≦)
白玉がまだ処女だと分かった時の、ものすごく嬉しそうな態度にも笑っちゃったりして。
あと、格好つけてますが、彼は割とムッツリなワケです。
二人が結ばれる前にもですね、白玉が深山の家に泊まるシーンがあったりするのですが、何故か自分のシャツだけ着替えとして出すのです。
「下はサイズが合わないからね」とか、もっともらしい事を言いながら。
素直に受け入れて、彼シャツ状態になってる白玉に、当然萌えたんですけど。
深山、こいつしょーもないな~とか言いつつ。
なんで彼シャツて、こんなに萌えるんでしょうかね。

と、ストーリーといいエロといい、とっても好みで萌える作品でした(* ´ ▽ ` *)





9

お互いの心にある過去の棘が抜けるまで

寡黙な深山と、アウトドア雑誌の記者で正義感の強い白玉のソロキャンパー同士の恋。
おひとりさまキャンプってのも有りなんだね…
ソロキャンパーとしてアウトドアを楽しんでいる人もいるんだって初めて知った。
あと、作中では飯テロ注意報を発令しておいたほうがいい位に、アウトドアで映える料理のオンパレードだ。
野外での調理なのに随分と材料をふんだんに使った料理が多い気がするのだが、手慣れたら皆これ位のごちそうを作るのだろうか?

キャンプ場で知り合った深山が実は大手スポーツ用品メーカーの若手社長だったのだが、彼が大型アウトドア施設のオープンに力を入れているといった仕事上の繋がりも出来て、公私のバランスを保ったうえで親しくなっていくが…

白玉がゲイである事を子供の頃にからかわれたコンプレックスとか、深山が自分のせいだと己の内心で背負っている婚約者の死とか、お互いに惹かれていくうちにそれぞれの心に刺さっていた棘が抜けていく様子も感じられる。
ただ一つ、途中で白玉の元カレ・加東が金目当てに深山を強請ろうと絡んでくるも呆気なく撃退されたが、その場面で深山が手切れ金代わりに渡したものって何だったのだろう?ってのが気になるかな。

最初は無口だった深山が白玉に心を開いていくうちに、会話が増えていく様子がいいし、過去の気持ちを吹っ切って告白した後の彼はなかなかに情熱的だ。
おかげで、ゲイでありながらも行為に全く慣れていなかった白玉の身体があっという間に手懐けられているのだった。

4

キャンプ紙上体験!

山の雰囲気が楽しめるかなとワクワク読み始め。期待通りに、澄んだ空気や美味しそうなお料理、そして美しい星空の様子が楽しめたので萌2よりの萌です。期待通りっていうのがやっぱり嬉しい~本編280P弱+後日談20P+攻め視点後日談10Pほど+あとがき。どっか自然の豊富なところに行きたい気分の時に良いんじゃないかと思うんです。

蜂谷湖キャンプ場にいつものように一人キャンプしに来た白玉は、手慣れた様子でテントをはり、かまどを用意して食事の支度をします。5月に訪れて以来、久しぶりにやってきたのですが、隣で騒々しい大学生グループが11時過ぎたころに花火を始めてしまうという災難。ちょっとどうかと考えて顔を出したところ、モメてしまい、花火でタープが燃えてしまったり、大学生が火傷してしまったりと大騒ぎ。時折このキャンプ場で見かけていたキャンパーも手助けしてくれて、なんとか収拾でき・・・とお話は続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受けの元カレ、荘田(♀、SNS発信力高いアウトドア派、そこそこ絡んできますが悪い印象ないです)、受けさんの上司等。

**好きだった点

料理!鮭のレモン蒸しみたいな料理、チリコンカン、エビタコのアヒージョ等々に加えてワイン・・・
空気美味しいに決まっていて、絶対料理も美味しいに違いない!と確信できる数々の記載。たまりませんでした。
テント等キャンプ用品に関する記載もワクワクいっぱいで、キャンプ気分をめっちゃ疑似体験でき幸せ~♡

攻めさんは訳あって口数少なく小難しそうな印象の方なのですが、コミュ力高い受けさんの表情に癒され、料理に胃袋つかまれ、最後は受けさんをがっちりHOLDする方になってますので、恋話も楽しめましたです。

意思疎通できない昆虫類が大の苦手なため、なかなか自然の中でキャンプ★はできないのですが、お話で読ませていただくだけでこんな嬉しい気持ちになるなんて、なんと有難い・・・
アウトドア派な方は楽しんでいただけるお話なのではと思いました。

2

都会では生まれない恋

今回はスポーツ用品メーカー社長と
アウトドア専門誌担当の雑誌記者のお話です。

受様がキャンプ場で知り合った攻様と
仕事で関わる事で恋人となるまでの本編に
糖度高めな後日談を2本収録。

受様は中学生の頃からキャンプを始め
雑誌社のアウトドア専門誌で
記事を書いている事もあって
キャンプが大好きです。

週末にはお気に入りのキャンプ場で
ソロキャンプをする事が多いのですが

そのキャンプ場にはいつも同じ場所で
受様同様ソロキャンプをする男性がいて
恋愛対象が同性の受様は彼のことが
ちょっと気になっています。

その人は受様より5才くらい年上の
上質な大人の男を感じさせるキャンパーですが
他人を寄せ付けない雰囲気を発していて
受様は挨拶くらいしか接点がありません。

このキャンパーが今回の攻様になります♪

受様は攻様を見かけるだけで十分で
無理にお近づきになろうとは
思っていいませんでしたが

キャンプ場で大学生が起こした
ボヤ騒動に関わったことから
初めて名乗り会い少しづつ
交流を深めていきす。

そんなある日
受様は仕事の一環で
スポーツ用品メーカー主導の
大型アウトドア施設のプロジェクトに
編集長と共に担当者として出席します。

ところがそこに
社長として攻様が現れて
受様はびっくりしてしまいます。

攻様は受様には
大企業の社長としてではなく
キャンプ仲間として親しくしたい様で
下の名前で呼び合う仲にまで進展しますが

受様は攻様の言動の真意が
いま一つ掴み切れないでいました。

そんな中、
受様とかつて付き合いがあった
フリーライターが2人に接触してきて!?

自分がゲイである事に
コンプレックスを抱いていた受様と
元婚約者の死で深い傷を負い
他人と距離を撮り続けてきた攻様の
恋物語になります。

受様は孤高な雰囲気の
ソロキャンパーだった攻様に
憧れめいた思いを抱いていて
少しづつ親しくなる中で

攻様が心を開いてくれる事で
より彼に惹かれていき

1人の時間を作るために
あまり人と接してこなかった攻様も
受様と過ごす時間を
楽しむようなっていくなります。

攻様が大企業の社長と判り
受様とはいろいろと格差はあるとしても
私的な関りから始まった2人なので
このまま距離を縮めていくのかな
と思いきや

受様の元カレが登場して
攻様を金づるとしてロックオン!!

受様ばかりか
攻様までも強請ようとするのです。

しかし、それによって
攻様の過去が詳らかになり…

2人がお互いの手を取り合うまで
予想外な攻様の過去と思いに
キュ~ンとさせられつつ
楽しく読ませて頂きました♪

また、
寡黙、孤高な雰囲気な攻様ですが
受様との絡みシーンはかなり濃厚でして
意外な激しさも結構ツボ♡でした。
 
キャンプというと
小学校の野外学習なイメージの私には
2人のキャンプはオシャレ過ぎて
目から鱗な感じでして
今時のキャンプってスゴイのですね (ӦvӦ。)

そんなキャンプ飯の凄さと
自然の雄大さな美しさが丁寧に描かれていて
インドアな私もにわかキャンパー気分を
味わえたのも楽しかったです。

今回は料理上手な受様つながりで
chi-coさん『王様の恋愛美学~准教授杉崎桂一郎~』
はいかがでしょうか。
こちらの攻様も胃袋が先に陥落してます(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ