水嶋/澤村

水嶋/澤村
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
21
評価数
6
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
秀香穂里 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
サークル
Cult7〈サークル〉
ジャンル
オリジナル
発売日
ISBN

あらすじ

「くちびるに銀の弾丸」番外編“Love tonight and Love year”年末年始のラブラブなお話です。

表題作水嶋/澤村

ゲーム会社ナイトシステム広報 澤村
ゲームクリエイター 水嶋

レビュー投稿数4

お互いしか知らない顔の“二人”

年末年始って、お仕事忙しい方々は
それこそ「毎年何なんだ!!」と大変でしょうけれど
やっぱり特別感は否めませんよね。
職場は一緒でも、長い休みは取れない為
なかなかゆっくり出来ない仕事人間の恋人となら
尚更くっついて過ごしたい!

今まで散々合コン行きまくって一夜のお愉しみを繰り返してきた
ひとでなしとも言える澤村が
急に合コンの誘いを断るとか
周りの人間は皆信じられなくて当然でしょうw
それは真面目で融通がきかないけど
自分の前だけでは可愛くなる恋人がいるから。

二人で食材を買うとか、一緒に水炊きつつくとか
その後お酒に酔って緩みきった姿とか……。
もう甘くて嬉しくてニヤニヤしてしまう!!
恋人同士なら当たり前の光景ですけれども
痛い目みてる澤村だし、傷付けられた水嶋なので
良かったね…としみじみしてしまうのでした。

そして水嶋の誘い受けもたまらないのですが
水嶋のもっとも嫌いな騎乗位が
澤村のもっとも好きな体位だなんて!
んでそれをしちゃうって!!
恥ずかしがりながらも感じて乱れる姿というのは
言葉で言いつくせない程好きですw
たっぷり濃厚なエロ描写ですので
流石秀さんだな…と思いました!

最後指輪かと思いきや表札でした!
水嶋の部屋澤村が来て、同棲なんて更に甘!
それも愛の証だわと
またニヤついてしまうのです。
CDの近藤さんと遊佐さんのお声を反芻しながらだと
もっとニヤニヤ…。
いいよね、BL読むと皆さんそうですよね、ね?
自分ばかりが気持ち悪い奴だとは思いたくないw

…というわけで、お菓子いらずの同人誌でした♪
(それとこれとは別か)

2

2人の未来の形

「くちびるに銀の弾丸」「くるぶしに秘密の鎖」の同人誌。

内容は「くるぶしに〜」の本編後なのかな。2人は同居しています。
設定は年末。
水嶋と出会う前の澤村なら。
ワーカホリックの上女好き合コン好きキャバクラ好きなハンター気質の澤村は、年末だろうが何だろうが長時間労働と飲み歩きのセットコース。体力も気力も全て仕事と遊びに費やしていた。
しかし今は。
上司も合コン仲間も軽くいなして、早く帰ってのんびり休みます、と。
周囲はアノ澤村を変えた恋人は一体どんな可愛い女性なのかと驚いているけど…
澤村も自分で自分の変化に驚いている。
この俺が?
…と言いつつ、水嶋に対して抱いている強烈な独占欲は、たった1人に向ける特別な愛情の証拠…
さて、仕事納めの後の2人の住まいでは。
こたつに入って2人で一緒に作った水炊きを食べ、日本酒を飲み、いつも仕事にストイックな水嶋もリラックスして。
そして水嶋の方から澤村を誘う…澤村にとっては何とも素直で、技巧も何もない誘い方だけど、そんな所にも溺れそうに可愛いと思う。
そして熱い行為。ここはR18の同人誌ですからじっくり書いてあります。
さすがエロの匠・秀先生的な。
そして大晦日、水嶋のリクエストに応えてカレーを作り、水嶋のためにお茶を淹れる。
そんな昔とは全く変わってしまった自分がおかしいけど。
さて、新年へのカウントダウンに合わせて水嶋に差し出す小さな紙包み。
「水嶋/澤村」
それは新しい表札。
2人でこれからも続けていく日々をこんな形で表す。秀先生おしゃれだな。

1

お家がいちばん

ラブラブな二人が、いちゃいちゃしまくるだけのお話しでした(笑)
年末年始をお家でラブラブに過ごす澤村と水嶋。
本当にそれだけの話なのですが。彼らがここまでくるのに色々とあったことを
思い返すと、なんだかじーーんとしてしまいました……

特に水嶋さんがリラックスして幸せそうだったところが、良かったです!
幸せな人たちを見ていると、こちらまで幸せな気分になれるから癒されますね。

そして幸せいっぱいの二人を見た後は、『くちびるに銀の弾丸』
『くるぶしに秘密の鎖』を読み返したくなりました。

2

お幸せそうで結構結構

「くちびるに銀の弾丸」のふたりの年末年始の休暇のお話。

お決まりのようによく働く人たちで、会社の大掃除までしてからお休みに入ります。
そのあと二人仲良く買い物へ行って、鍋食べてほろ酔いになって・・・あとはアマアマエッチになだれ込み。
なんと水嶋さんが色っぽく誘い受け!半分くらいエッチシーンですよ。ごちそうさま。

ちなみに、表題「水嶋/澤村」は表札のことです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ