言ノ葉ノ花【BLCD】

kotonoha no hana

言ノ葉ノ花
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神138
  • 萌×212
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

75

レビュー数
32
得点
780
評価数
168
平均
4.7 / 5
神率
82.1%
著者
イラスト
媒体
BLCD
作品演出・監督
阿部信行
脚本
クレイ・シーゴット
原画・イラスト
三池ろむこ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
シリーズ
言ノ葉ノ花
収録時間
155 分
枚数
2 枚
ふろく
版元初回予約特典:フリートークCD「落花流水」
フリートーク
あり
発売日
JANコード
4560223560249

あらすじ

三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった……。

表題作 言ノ葉ノ花

長谷部修一 → 小野大輔

余村和明 → 神谷浩史

その他キャラ
長谷部果奈[武田華]/ 増岡[塾一久]/ 結衣子[河原木志穂]/ 小寺健二[奈良徹]/ 河山亮[山中真尋]/ バイト[高橋まゆこ]/ 原野[山田智子]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数32

涙がとまりませんでした

泣ける泣けるときいて、
神谷さんときいて、
原作は読んだことないのですが聞いてみました。

これはもう…涙が止まらなかった。

年下攻め~っていうのも個人的にすごく好きなんですけど、
この物語のキーポイントである

「心の声がきこえてしまう」

という設定に、やられました。


いやなことばかりきこえて、苦しくってたまらなかった余村サン(神谷さん)。
そんな余村サンのチカラに、助けられて、好きになってしまった長谷部クン(小野さん)。

ありえない不思議チカラのせいで、長谷部クンの好きの気持ちは筒抜けで・・・
そんなまっすぐな彼に、とまどいを隠せずにいたけれど、どんどん惹かれてしまう・・・

長谷部クンなら、と思って秘密を打ち明けてみても、疑われるばかりで。

「もう誰の心の声もききたくない」と涙するシーンの神谷さんの演技に、
聞いてるこちらも涙ボロボロでした。

駅のホームのシーンは涙なしじゃ無理ですよねえ・・・。

長谷部クンの心の声の

「好き…」「かわいい…」「キスしたい…」
「カラダ綺麗だ…」「ぴくぴくしてる…」

などなど、もう余村サンを真っ赤にさせちゃう心の声に、聴いてるこっちも悶絶(笑)

このおふたりはえちーも上手みたいですね(笑)
とくにちゅーがすごくえっちだったw
作品に合った、『ちゅーしたくて仕方ないくらいに好き』の気持ちが表れてるの。
なんとなくいい雰囲気だから、とか、
ただ好きだからうまく両想いになれたからのちゅーじゃなくて、

『僕は心の声を聴かれたっていい』
『少しは怖いけれど、そんなの関係ナシにこれだけ好きだってことわかってください』
っていう一生懸命に好きを伝えようとしてるちゅーだったのが印象的。

フリートークも仲良しそうでにやにやしちゃいました。
とってもおすすめでございます~^^



16

BLCDにハマるきっかけとなった1枚

BLCDに全く興味が無かった私を、
CDの世界に引っ張り込んだきっかけの作品。
私にとっての超メモリアル作品です!
以前から主演のお二人がパーソナリティーを務めるラジオ番組のファンで、
二人が共演するのなら、CDを聞いてみようなじゃいか!と購入。
そんな不純な理由で手に取りましたが。これがまた!!素晴らしかった。

事前に原作は読んでいましたが。
朴訥な雰囲気が、まんま長谷部だった小野さん。
寂しげで泣きの演技が「神」だった神谷さん。

そして「心の声が聞こえる」というファンタジー設定が、
とてもCD向きな作品だと実感。「心の声」は文章で読むよりも、
音で聞く方がキツイし、辛いです。
なので人間不信になった余村の心情には、
原作よりCDの方が共感できました。

特にこのCDの白眉は「言ノ葉ノ花」(DISC.1)のラスト。
気持ちが擦れ違った余村と長谷部がメールを交わす、駅の場面です。
ヘッドフォンで聞いていたら、右から左から余村と長谷部の声が…!
3D万歳!音源化の醍醐味を味わえたメールの演出に感動。

自らが最後通告を突きつけたくせに、
『……終わってしまった』
とがっくりする余村が、本当に可哀想でした。

『神様、もう僕は誰の心も知りたくない。
どうか聞こえないようにして下さい』

と泣きながら神に祈る余村の言葉が、胸に突き刺さりました……
もう、切々と訴えかけてくる声で。
聴いているこっちまで、泣けてくるのですよ(神谷さん、スゴイ)。

「DISC.2」は気持ちが通じあった長谷部と余村が描かれた
「言ノ葉ノ星」を収録。
両想いになったらなったで、色々と問題があり、擦れ違う二人ですが。
基本はラブラブで甘く、お互いがお互いを熱烈に好きでる雰囲気が
伝わってくるので。聞いているこっちまで赤面する事が多々ありました。

『えっと、余村さんって結構、付き合うと甘い人なのかな?
もっとクールな人かと思っていました』

という長谷部の甘い呟きには、本気で照れました……
小野さんの声がもう、デレデレで!!

神谷さん・小野さんの息の合った熱演に、
原作を大切にしている丁寧な脚本。
濡れ場もがっつり3ヶ所あり、終始がっつき気味で野獣っぽい演技の
小野さんに笑いを誘われつつも、萌えました。
年下らしい攻めで余裕のなさそうなところが可愛いくて(笑)
そしてBGMがとても綺麗で、私にとっては最高のCDです。

11

藤棚

>ミドリさん

コメントありがとうございます!
私はこの作品、原作よりもCDが好きだったりします。
実にCD向きな作品なので、機会があれば聞いて頂きたいなぁ。

小野DとヒロCの絡み。私も初めは恥ずかしくて、
何度かヘッドフォンを放り投げましたよーーー!!
しかしその恥ずかしさを超えると、素晴らしい萌えがやってきます。
小野DとヒロCの濡れ場は絶品です!

ちなみに杉田×ゆうきゃんの「Scarlet」も聞きました。
私は小野D×ヒロCよりも、こっちのコンビの方が妙に恥ずかしくて。
いたたまれな~い!!と思いつつも、萌えました。
ミドリさんも頑張って聞いてみて下さい!(笑)

ミドリ

藤棚さん、こんにちは!CDレビュー盛り上がってますね!
この作品、原作はあまり好きではないのですが、
小野DとヒロCの共演作ということで気にはなってるんです。
なにしろ、ヒロCの喘ぎが聞きたいよ!
でも、小野DとヒロCの絡みということで、恥ずかしくて聞けないっていうのもあります(笑)
同じ理由で、杉田×ゆうきゃんの「Scarlet」も聞けないんですよ、
怖いけど聞きたいけど恥ずかしい!みたいな(笑)

涙が止まらない、いろんな意味で。

二人に感情移入しながら聞いちゃいました

もし自分がこうなら、
もし自分が相手なら

そんな風に考えながら、聞いてたら
涙止まらなかったです。

共感できるところ一つもないんですけどね。
なんか互いの辛さが分かってドキドキうずうず、
シクシクしながら聞きました。

とにかくお2人の演技が素晴らしいですね。
神谷さんはほんと素敵。シリアスなシーンもお上手だし
喘ぎ声なんか抜群ですね。
キスの音がほんとうまい。
小野さんがうまいのか?
神谷さんがうまいのか?
どっちでもいいんですけど
「もしかしてほんとにヤッたことあるのかい?」と思ってしまうくらいお上手ですね。


ま、そんなことどうでもいいんですけど
PCで聞いてたんだけど
うちのノートパソコン、マルウェアウイルスに侵食されちゃっててCD聞き終わったら変なウィンドウが20個くらいでてて雰囲気ぶち壊しでした。おわり。

11

喘ぎが…b

こちらでのめちゃ高評価&神谷さんが声をあてているので購入

大正解でした♪(o・ω・)ノ))

キャスト良し!ストーリー良し!エッチ良し!
ドラマCDにあまり手をつけない方におすすめしたいです☆
実際自分がはまりました…w

原作も結構好きでしたが、
CDのほうが原作より私は、物語がすーっと入ってきました
泣きはしませんでしたが切ないっす
寝る前に聞くと、興奮して眠れねー( ノД`)…


1枚目を聞いたら寝ようと思ってたのに続きが気になりすぎて
結局全部あっという間に聞いちゃいました!!

10

心の声までも頂ける贅沢なCD★

じんわりと心に染みるいいお話でした☆
DGSの二人がメインということで、ずっと気になっていた1枚。やっと聴けました!
とても丁寧に描かれている物語で、CD化して更に良さがプラスされていると思います!!CDドラマとしてはかなり間を大事に創られていて、作品の世界観が正確に表現されています。
BGMもしっとり…作品にぴったりでした。
他作品よりもモノローグが多く、主人公余村視点の恋情をメインに描かれている作品です。

余村(CV:神谷浩史さま)は、聴こえてくる様々な心の声に振り回されて、人を信用できなくなっていたときに、長谷部に出会う。
心の声が聞こえることを苦痛に思っていたのに、そのおかげで長谷部の気持ちを知ってしまうという皮肉な設定がうまく活きていたと思います。
余村の後ろ向きな淋しさを、神谷さんが巧い演技で表現されてました。
心の声が聞こえなくなってからの明るい余村との演じ分けもお見事!揺れる余村の心が神谷さんの声で綿密に創り込まれてます。。。

長谷部(CV:小野大輔さま)の心の声はまっすぐ純粋で、聴こえてくる素直な想いは聴いているこちらの心にダイレクトに沁みてきます。
コレがこのCDの一番の聴きどころ!!!!!
「好きです…余村さん」とか。
「キスしたい」
「抱きたい」
「かわいい」
とか…もー嬉しい言葉ばかり。聴いていてドキドキせずにはいられません。
エチシーンより、心の声攻めのほうが恥ずかしかったw
それがまたいい具合に心のツボをギュンと押してきて…いちいちトキメいてしまう~~~★余村もこんなに暖かい言葉のシャワーを浴びたら、好きになってしまうと身をもって納得させられました!
これが、普通の会話でなく、心の声だからイイ!!!
心の声までをも、聴かせていただける貴重な作品だなーと思います。
そして心の声と、普通の会話をうまく演じ分けている小野さま素敵です♪
長谷部の純粋なキャラを掴んでられました(><)
長谷部がいい男過ぎてまいった。。。

あとおいしい点はww
エチシーンですwまぁーSE(効果音)がすごいwどっちが出してるんだろぅとか考えてしまいました(汗)巧いな…。。
1枚目に1回(さわりっこ)
2枚目に1回(最後まで)←小野さまの強引な感じが萌えたぁ。
1枚目にキスシーンもあります☆←好きぃぃ
エチシーンは尺が長いほうだと思います♪聴きごたえたっぷり。
エロぃ~~~デスっ!!!!!(><)
もちろん愛あるからですが。小野さまの余裕のない感じが好きでした!神谷さんの喘ぎ声は…毎度すごい超絶技巧です!!w

私は全体を通して1枚目がとくに好きです。キュンキュンがハンパない~~。話の作りとしても良くできているなーと感動しました!
2枚目は、余村の心の動きがマイナス方面に揺れ過ぎて、苦手な方もいるかもなーと思いました。ちょっと曲がり過ぎている時間が長いので。でもラストはラブラブで幸せでよかった♪(*^_^*)

特典フリトCD!!キタコレwww
S神谷さまがガンガン攻め込む攻め込む!!22分の間小野さまをいじっていじって思う存分楽しんでいるさまが笑えました☆息ぴったりな二人の関係性が見えて始終ニヤニヤでしたw
トーク内容は、心の声が聞こえたらどうするか?がメインだったかしら。
小野さまがすぐに神谷さまにいじられてしまうので、話が進まないw

いいお話だったし、フリトもすごい面白かったので満腹!!あー長谷部がいい男すぎ!惚れてまうぅぅぅ。
ごちそうさまでした!ストーリーとして特に2枚目中盤、二人の関係のテンポとヤマが不足してるかなーと思いましたが、原作をCD化して相乗効果があるのと、キャストさんの演技が神なので…神評価で。

9

体内の水なくなるかと思った!



ここのレビューを読んで聴いてみたのですが…

いやー泣きました泣きました。
全体的に余村が静かめなトーンで喋るので、
しっとりとしていて聴きやすいです。

けれど内容は濃厚。
エロとかそういう話じゃなくて、
もし「心の声が聞こえる」状態になってしまったら
人間はどうなってしまうのか。
人ってそんなに強くないんだよ。っていうのが凄く伝わってきて、切ないです。

同僚の心の声を聞いてしまった時の余村の気持ち、
また聴くまいと思っていた長谷部の心の声を聴いたときの気持ち…
考えるだけで胸が締め付けられます。

エロを目的にしたBLCDも多い中で、
この作品は人の感情をしっかり描いています。
その描写の深さが半端ないです。
砂原糖子さんあっぱれ!!

また、神谷さんと小野さんの演技力にも脱帽です!
あの2人が演じたことによってよりよいものになっています!
原作よりCDの方が個人的には好きです。

神谷さんの喘ぎは相変わらず可愛いです。
長谷部の心の声に言葉攻めされて照れまくってる余村、可愛い!!

BLCDを聴く人なら絶対に一度は聞いて欲しい作品です!!

8

せつなくてあまい

原作既読。
心の声が聞こえるという設定は、CDにするには最適だと思いました。

余村(神谷さん)の厭世的な雰囲気が、音声になることによってより深みが出てきてます。
同僚の長谷部(小野さん)も、寡黙な性格なのに心の中では余村に対する気持ちがだだ漏れ状態で、心を読める余村の立場としては恥ずかしいってもんじゃないだろうな、と……。
そういった余村の戸惑いを神谷さんが非常に巧みに演じてらっしゃり、距離の取り方を一生懸命計っている姿にきゅんきゅんします。
そして小野さんも、余村のことが好きで好きで堪らないという必死さが良く出ていて、実際に口にする言葉の不器用さとの対比が良かったです。
1枚目の最後、駅のホームのシーンでは、神谷さんの泣き演技につられてこっちまで涙が……。

後半、心の声が聞こえてくるのがあれだけ嫌だったはずなのに、いざ聞こえなくなってしまってからの神谷さんの演じわけもお見事です。
最初は浮かれていたのに、人が何を考えているのかわからないという状態にどんどん不安定になっていく余村の姿が痛々しいのですが、それが普通だということを長谷部は訴え気持ちをぶつける姿にときめきます。

そしてこのCDの醍醐味といえば濡れ場!
寡黙なくせにエッチになると気持ちがだだ漏れだけに、強烈な言葉責めになってる小野さんに悶え、そんな言葉責めに乱れ狂う神谷さんのあまりの可愛さに発狂しそうになりました。
舐めるようにして聴いてた自分も大概変態なんじゃないかというくらい萌えました。

原作に割と忠実に作られていて、とても良かったです。

7

泣きました!

久々に聴いてみたら、やっぱり泣きました・・・笑

神谷さん演じる余村のモノローグが切なくて切なくて・・・
BLCDで泣いたのはこれが初めてでした。

特に駅のホームでのシーンは、余村の感情が溢れ出し、泣いているのですが、神谷さんの演技がまたすごい・・・。
小野さんの優しい声もまた涙を誘います。とにかくもらい泣き。

情事では小野さん演じる長谷部の感情が余村にダダ漏れ、笑
それを恥ずかしがる余村に激しく萌えました。

2枚組なので、当然長いですが聴いたあとに聴いてよかったと思える作品です。モノローグは神谷さんにお疲れ様と言いたい。笑

特典CDもおふたりの仲が垣間見えるようで、とても楽しかったです。神谷さんのツンデレっぷりに笑いました笑

新しいCDも出るそうなので、そちらも必ず買いたいと思います。

7

無口だけど心の声は、言葉攻めw

声優さん好きの視点から・・・
小野×神谷のカップリングで年下攻!
ほかにも、このおふたりを起用したCDはあるのですが
このCDが、小野さんと神谷さんのはじめてのお手合わせです。

ま、それだけでも聴く価値はあると思うのですが
ドラマCD2枚組でして、かなり丁寧に恋心を描いていて
神谷さんが凛とした声で心情を丁寧に丁寧に演じるのが
ひっじょうに良くてですね・・・泣きました(T~T)
なんて切ない演技するんだっていつも思うよ。
小野×神谷で惹かれて聴く人も多いと思うけど・・・
小野×神谷という話題性だけじゃない!名作です。
作品自体が、とにかく素晴らしいです。

長谷部(小野)は、不器用で口下手な男。
普通に出会っていたら、長谷部の真意はつかめなかったはず。
余村(神谷)は、長谷部の心の声を保証に長谷部を信じることができていたんですよ。
つきあいはじめて余村は、長谷部に心の声が聞けるという秘密を告白するんです。
長谷部は、しっかりと受け止めるけど心を読まれるのが怖くて引いてしまうんですよねー。
余村は、長谷部と会うときは心の声を聞かないように必死に神経をよそにむけるんです。
それは長谷部を慮ってのはずだったのに・・・会うたびにもしかしたら
長谷部の心変わりを聞いてしまうのが怖かったからなんですよー。
なんだかんだあって、中盤から余村は心の声が聞こえなくなるんですわ。
それは余村が願ったことで、とてもうれしかったはずなのに
長谷部の心の声が聞こえなくなった途端、急に不安になるんですよ。
ちょっとのことで妬いたりさw相手の心変わりが怖くて怖くて仕方ない。

お互いノンケ設定なんで、男が男を好きになる不安とか
心の声が聞かれてしまう攻の不安
心の声を聞いてしまう受の安心感、聞こえなくなったときの不安感
心情がほんっとによく描かれていて、ドキドキしたよ。
んで、えちしーんも手順踏んで進むんでそれもなんか良かったし。
神谷さんの「うん」とか「いいよ」とか「しよ」とか!!
どんだけかわいい声しとんじゃー!!
って思ったさっっっ!
んで、小野さんは無口な青年なんですが心の声は「好きだ」とか「触りたい」とか
「ピクピクしてる」とか「かわいい」とか駄々もれなんですよ。
無口だけど心の声は、言葉攻めwというね。この設定良かった!

6

(´゜Д゜`*)ハフッ


すっげぇおもしろかった(´`*+)
この作品は\神/

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ