言ノ葉ノ花

kotonoha no hana

言ノ葉ノ花
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神134
  • 萌×272
  • 萌48
  • 中立16
  • しゅみじゃない16

231

レビュー数
48
得点
1118
評価数
286
平均
4 / 5
神率
46.9%
著者
砂原糖子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
三池ろむこ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
シリーズ
言ノ葉ノ花
発売日
ISBN
9784403521690

あらすじ

三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった……。切なさ200%!! 胸に迫るスイートラブ☆

表題作言ノ葉ノ花

長谷部修一/白物販売員/25歳
余村和明/パソコン販売員/29歳

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数48

恋人の心を知りたい?

仕事も恋も順調な男・余村は突然人の声が聞こえるようになり、それまで築き上げた信頼も愛も全て失ってしまいます。でも働かないと食っていけないし、電気店で働く事に。
そこで出会った同僚の長谷部という無口な男の心の声を聞いてしまうのですが。
「離したくない」「好きな人の手だ」
長谷部が余村を好きになったのも、頭痛で苦しむ長谷部の心を読んだからという……関わらないようにしようと想うけれど、率直で純粋なまでに余村を求める長谷部に段々惹かれていくのは、とてつもなく分かります……!!!!だって今時そんなピュアボーイ居るかよ!ってぐらい素敵なんですー♪

普段そんなにHで萌えたり恥ずかしがったりしないんですが(え)
これは非常に恥ずかしかったーーーーーーー!!!!!!!!
だってだって色々言うんですもん!心の声で!!!!!!
余村には思いっ切り分かるのに!
長谷部サド疑惑が過ぎりましたよ。
でも、愛に溢れたラブシーンは最高でした。

ラストシーンは名場面・名台詞のオンパレードで途中涙が溢れて読めなかった……。
最近泣いてばかりな気がしますけど……年をとったせいなのか……←

愛する人の心って知りたいですか?知ったら相手の望みとか考えが解って嬉しいと思うけれど、逆に分からないから頑張れる、もっと大切に出来ると思うんですけどね。。。
色々深く愛について考えさせられる作品でした。

11

ガラス細工

とっってもいいお話でした。
ある日周囲の人間の心が読めるようになった主人公の苦悩が、繊細なガラス細工のような文体で綴られてます。
そんななか、一途に自分を思ってくれる、心は真っ直ぐだけど見た目は無愛想な同僚に惹かれてゆく。
切なかったー。
人間の本音は醜いのに優しいのは何故だろう。砂原さんが上手いからでファイナルアンサー(古)。
あと、エッチが超能力言葉攻め羞恥プレイで、あまり言葉攻めには萌えない私も萌え萌えノックダウンでした。
絶え間ない「好き」
近寄れば「キスしたい、触りたい」
キスすれば「中に入りたい」
最中は「可愛い、ピンクだ、なんだかんだ」
ひいいい…。
私なら「んー面倒くせーな、早くイケ」とか思ってるからヤバイなとか思ってしまった。
後半、能力を失ってからの苦悩もいいです。

10

リアルな心理描写

順風満帆な人生を送っていた余村が、
ある日突然「人の心の声」が聞こえるようになってしまう。

いきなり備わった能力に驚き戸惑い、
人の本音と建前を目の当たりにし人間不信なった余村は、
努めて人との係わり合いを避け、
世捨て人のように暮らしていました。
そんな余村の耳に、温かく響いた長谷部の一途な言葉……

「心の声が聞こえる」というファンタジックな設定と、
砂原さんお得意のリアルな心理描写で、
ぐいぐいと物語に惹き込まれます。

心の声が聞こえれば悩み、聞こえなくても悩む。
心の声が伝えるのは真実か?
日々、揺れ動く、人の心が思うことは「ひとつ」なのか?
人の心というものは繊細で複雑なのだと、深く考えさせられた作品です。

ラブシーンは「心の声が聞こえる」という設定を最大限に活かした
色っぽい演出で、大満足でした。

9

ファンタジックなお話‼ でも…リアルで泣けます!

初読み作家さんです。
ずっと気になっていた作家さんなのと、あらすじにひかれて購入です。
とても評価の高い作品なので気になっていました。
読んでみて、評判通り泣けるいい作品でした。

内容は、電気販売員•長谷部×電気販売員契約社員•余村の年下攻めのお話。

ある日突然、人の心の声が聞こえるようになってしまった余村。 それが原因で、恋人と別れ、前の会社を辞め、エリートコースからも外れ、電気販売員の契約社員として勤めながらひっそりと暮らします。

「心の声」が聞こえる事で、不安と恐怖に苛まれ、どんどん人間不信に陥っていく中で、同僚の長谷部の「声」を聞いてしまいます。

それは、余村に好意を持っているという心の声でした。

長谷部はいつも仏頂面で無口なので、怒っているように見られがち!
実際は、真面目で一途な年下のいい男でした。
心の声にも裏表がなくて、余村も一緒にいて心地がいいんです。
長谷部の一致一憂する様が可愛らしく見えてきて、どんどんひかれていく余村。

長谷部の気持ちを受け入れたのち、ある事がきっかけで、余村の秘密が発覚してしまいます。
長谷部は、好きな人の事だからと、向き合おうとするんですけど、心を全てみられていると思うと、最初は不安にもなり困惑してしまうんです。
避けられた方も辛いんですけど、避けてしまった方もまた辛いんです。
そんな2人の葛藤〜元通りの2人になるまでが、せつなくて泣けました。

「言ノ葉ノ星」では、突然心の声が聞こえなくなってしまう余村。
ずっと夢見るくらい望んでいた事だったので、最初は大喜びなんです。
でも、仕事で失敗したり、長谷部の声も聞こえなくなってしまったことで、どんどん不安になり、一人グルグル悩み始めます。
そんな苦しむ余村に長谷部が教えてくれるんです。
普通は心の声は聞こえないわけで、皆不安だということ。
だからこそ、その人の些細な表情や言葉から理解していこうとする努力が必要なこと。
余村は大切なことを忘れていたんですよね。

特殊能力で心の声が聞こえるだけで終わらないのが、この作品の凄くいい所‼
聞こえなくなるというストーリーを描くことで、人間関係の難しさを、現実味あふれるものとして表現した所が素晴らしいと思いました。

自分もそうですけど、人間誰しも裏と表はあるもの。
人によっても付き合い方は違うし、みせる姿も違うと思います。
自分の事を周りの人はどう思っているのか、嫌われていないか不安になるものです。
それでも、逃げたら駄目なんですよね…お互いに理解しあっていく為にも、必要な事は言葉で伝えないといけないし、その努力が必要なんです。
そして一番難しいと思う事が、人を信じる強さ!
そんな大切な事が伝わったくる作品でした。

萌もしっかりありました。
長谷部の心の声がいいんです。心の言葉攻めににやりとやられてしまいました(笑)

初読みだったにも関わらず、やられたなあと嬉しくなります。
繊細な心情描写とても上手で、キャラを大切に思う気持が伝わってくる作品でした。
重たいと感じる方もいるかもしれませんが、私は逆に心地いいお話だったと思います。泣かされましたが(笑)

胸にキュンとくる泣けるお話を…という方には、是非オススメしたいと思います。

8

人の気持ちなんてわからないものだけど

「言ノ葉ノ花」はCDを聴いて素敵な作品だと思っていたのですが、本はまだ読んでいませんでした。
シリーズの最新巻「言ノ葉ノ使い」を読んだのがきっかけで、ぜひ前作2巻とも読まねばと購入した次第です。

「言ノ葉ノ使い」のレビューでも書きましたが、このCPがシリーズの中で一番好きです。
「心の声が聴こえる」設定が秀逸なのとそれが存分に活かされている秀作です!

心の声が聴こえてしまう余村と、同じ電気販売店で働く物静かな長谷部の物語。
余村はクリスマスの夜に突然心の声が聴こえるようになってしまい恋人の本音を知り、それ以来人を避けるような生活を送っている。
電気販売店の同僚の長谷部とは売り場も違いほとんど接点がなかったが、ある日よろけそうになった余村を長谷部がささえるように助けたときに彼の「声」を聴く。
長谷部は自分のことが好きだとわかり、そこから少しずつ話すようになります。

他の人間とは違い長谷部はほとんど口で話すことと心の「声」が違わず、なおかつ余村への好意の気持ちがあふれている。
そんな長谷部に癒されていく余村。

傍にいたいと思うから「声」を聴いてはいけないと思ったり聴こえたことに対して応えたいと思ったり。
男性を好きになったことなどないのにしっかりと恋しちゃってます。

ただ「声」が聴こえることを長谷部に知られてから距離が出来てしまい臆病になり、上手くいかないならまた逃げるしかないと追い詰められます。
でも、もともと奥手で物静かな長谷部は実は余村が思っている以上に彼のことを想っていてくれているんですよね。
聴こえる気持ちがわからないだろうと言う余村に反対に長谷部は心を聴かれる気持ちはわからないだろうと。

心の「声」が聴かれることが怖いと思っても余村のことが好きだと告げられ、二人は結ばれます。
ここからの展開がいいんですよー。
なんと結ばれた後に「声」が聴こえなくなるんですが…

ところが今度は聴こえなくなったことで新たな不安が生まれます。
今まで疎ましかった能力なのにそれに頼っていた部分もあったことに気付き、仕事に対しても自信が持てなくなります。
長谷部の気持ちも疑ったりするようになり、ちょっと不穏な空気。
そんな余村に長谷部は諭すんですが、ここがけっこう男らしくてそれまで物静かで寡黙な長谷部が頑張ってくれているのが嬉しくなります。

ほんと、人の気持ちなんてわからないですよね。
余村が「声」が聴こえなくなってから聴こえていたときのその「声」自体が本当の気持ちだったのかと考える場面がありましたが、その迷う気持ちもよくわかります。
とにかく、「人の気持ち」を理解するにはやっぱりお互いにその気持ちを伝えあうことなんだと、分かり合うには話すことが一番なんだと。
その上で、話さなくても通じる部分が生まれるんだろうなと、いろいろ考えさせられました。
人との関係に疲れたときに読み返したくなる本です!

7

最後まではらはら・・

主人公は、3年前のある日突然、人の心の声が聞こえるようになります。
ねたみそねみが、あふれかえる混乱と、困惑のなか、人間不信になって外に出られなくなり、仕事も彼女も失くしてしまった余村。
それでも生きていかないといけいので、家電の販売店に勤めひっそりと仕事をします。誰とも接しないように、ひっそりと息を殺しながら、半ばあきらめて暮らしているとき・・
不器用で口べたな長谷部の余村を好きだという心の声を聞いてしまいます。
人の表と裏の汚さを味わいつくしていた余村にそれは新鮮な驚きで、裏表のない真っ直ぐな長谷部にだんだんひかれてしまいます。
でも相手はなかなか告白してくれないし・・
この辺とても面白いです。わかってるのに、応えるそぶりは自分から誘うようだし。
孤独をやっといやしてもらえるとわかったとき、縋っちゃいます。でもそれが恋かどうか余村は悩みます。
余村は、心の声が聞こえると、長谷部に告白しますよ。長谷部ならきっと自分をすべて許してくれると・・
長谷部は余村のすべてを受け止める決心ができません。彼の混乱に、余村も苦しくなります。
切ないです。余村の辛い気持ちが、ひしひし伝わって・・後半どんでん返しで、いよいよ長谷部との関係が危うくなります。
何もかも信じることができなくなり、死んでしまいたいとまで追いつめられる余村。
最後まではらはらさせられ、切ない作品です。

6

ただのBLじゃない、ただのファンタジーじゃない、人間の「心」に迫る傑作。

元々イラストの三池ろむこさんが好きで手に取ったら、大当たりでした!
砂原さんの作品は、明るい作品と暗めの作品のほぼ2パターンに分けることができると思うのですが、こちらは後者。ずっと雪が降っているようなイメージでした。
とにかく切なかったです。一作目の後半から、ずっと泣き通しでした…。

主人公が「他人の心の『声』が聞こえる」という設定ですが、ファンタジーというジャンルに括るのか迷います。
まぁ、BLそのものがファンタジー、と言ってしまえばそれまでなんですが。
ベタな『ありえねぇよ!』なBLネタ(住み込みバイトとか義理の家族とか奴隷とか…)がわんさかする中で、『心の声が聞こえる』ネタはBLであんまり見かけないですよね。少なくとも私は見たことなかった。
すくなくもこのお話は「ファンタジー」で括れる話ではないと思いました。『声』が、『声』に葛藤する二人がとてもリアルなのです…。まじめに考えてみようとすれば、心理学的な面からも社会学的な面でもいろいろと考えることができます。
個人的にはもっとこういうジャンルがあってもいいと思います。

また、『声』が聞こえると言うことを有効活用したえろシーンがとてもいい!
朴訥としたキャラの意図しない言葉攻めがえろい!いやらしい…!!
大変悶えさせていただきました!(笑)
Dear+にもかかわらず濃いです。
でも最後、声なしの1回も、すごくよかったです。精一杯、何かを伝えようとしていたからかな。とにかく胸に響きました。

切なさ…というより、なんだかやるせなくなったりもしましたが。
でも萌えも豊富だし、とても心に残りました。三池さんのイラストもよく合っていて、大変心癒されます。

本当に好きで、心に残ったセリフが書ききれないほどたくさんあります。
今まで読んだ小説の中で一番好きです。
人間関係など嫌気が差したときに、是非とも!!いろんな方に読んで頂きたいです。

6

萌えだけでは、おさまりきれない。

ここのレビューがかなり高かったので気になって読んでみましたが、おもしろかったです!!

いままでBL作品を読んで、考えさせられることは多々ありましたが、
これは人間の「心」についてのストーリーで、こんなにも素晴らしいとは思いませんでしたあああ!!((嬉´∀`嬉))
かなり考えさせられちゃいましたよw


三年前のクリスマスから突然人の「心」の声が聞こえ、人間不信に落ちる 余村。
余村の同僚で年下、しかも「声」で一途に余村へ注ぐ愛情 長谷部。

Hシーンが非常に恥ずかしかったです。まあ、かなり萌えましたけどねw
だって長谷部の「心」の中で言っている内容がかなりヤバい!!あんなプレイをされたら誰もが恥ずかしがるに違いないw

それと余村の能力があるときと、なくなった時の内容が、
とても悲しくせつない気持ちになりましたね(つД`)
「声」を聞く能力を持った分だけ、それだけのリスクを負うのは辛いなーと思いました―…。

人間の心は非常に複雑で、口に出している声と、心の声はやはり違う時があり、口にした言葉だけが真実とは限らない…
ということはもともと頭の中ではわかってはいましたが、この作品を読んでからは当たり前すぎて忘れていたことを思い出されましたね。 はっ とさせられましたよw


この作品を読めて本当によかったです。人間の奥深いところまで書かれていて考えさせられると思います。
これは萌えだけではおさまりきれない!!神すぎる作品でしたw

6

物語に入りこめた

シリーズ3作品すべて読みましたが、このお話が一番好きでした。
長谷部(攻め)が余村(受け)をまっすぐに慕う気持ちが、余村の固く閉ざされた心を徐々に開いていくのですが、この長谷部の心の声を読んでる読者も相当癒されます(笑)
見た目は無表情で無口な長谷部の心の中はめちゃくちゃ熱いという、そのギャップもまたすごくいい。
人が人をまっすぐに思う気持ち、恋い焦がれる言葉の数々が胸を打ちます。
余村の元婚約者や元同僚や店長などの心ない言葉の数々、それはおそらく大人になると誰もが持ちうる打算なのだと思うのですが、人は打算だけではないんですよね。そういうところもさりげなく描かれているし、心の声が聞こえていた話と、心の声が聞こえなくなってしまった話の両方が収録されていて、気づくと余村の世界(言の葉の世界)にしっかり心が浸かっていました。
このような設定を過不足なく表現し、そして深く共感させる筆力はすごいと思います。

余談ですが、ナレーションが三人称なんですが、ときどき長谷部本人や長谷部の動きを「男は」とか「男の節ばった指が」とか、名前ではなく「男」と書かれているところに萌えました。
とくにRシーンで「男」と書かれると、色気が増すというか、すごくグッときました。
ほかの作品を読んだことがないのでわからないのですが、地の文に独特の色気を感じる書き方をされる作家さんだと思いました。
シリーズ以外のほかの作品も読んでみたいと思いました。

6

心の裏のそのまた裏は・・・

とっくにドラマCDを聴いていて、小説の方は積読だったのですがやっと読みました。やっぱりこっちも良かったです。
CD聴きながら泣いていた記憶があるのですが、今回はほとんどの展開を知っていたため、泣くまでには至りませんでした。
先にこっちを読んでいたら、きっと泣いていたと思います。ちょっともったいない気がしました。

ある日突然他人の心の声が聞こえるようになってしまった余村は、人間の裏面を知ることとなり、疑心暗鬼に陥ります。
それまでの生活を全て捨て、今では家電量販店の契約社員で働いている彼ですが、ちょっとした出来事で他の売り場の社員・長谷部が自分に好意を寄せていることを知ります。
仏頂面の長谷部の心の声は純粋で、余村にとって大変心地よいもので、いつしか余村も長谷部に好意を抱くようになるのですが・・・

聞きたくもない他人の気持ちを聞いてしまうという苦悩、悪意のない心の声を持っている人もいるんだという救い。
無防備な心をさらしてしまっているという不安、それでも好きな気持ちをどう始末つけるべきなのかという苦悩。
聞いてしまう人と、聞かれてしまう人の葛藤が苦しいほどに伝わってきます。
メールという通信手段も効果的に使われていて、余村だけでなく長谷部の戸惑いも十分伝わってくるのです。

やっと二人の気持ちの折り合いがついてめでたしめでたしだと思われたのですが、
元はひとつのお話だったという続編の「言の葉の星」では、声が聞こえなくなった余村の再びの苦悩が描かれます。
今までは、声を聞くことによっていつの間にか情報を得て、自分が傷つかないようにうまく立ち回っていた余村が、聞こえなくなったことにより今までとは逆の疑心暗鬼に陥るのです。
そこまで疑り深くなっちゃうのかというほどに。
小さな嫉妬と足りない言葉でどんどん溝は深まるばかり・・・

はっきり言って何も悪いことをしていない二人が、どうしてこんなに苦悩しなくてはならないんだろうかとかわいそうにもなりますが、
聞こえるときも聞こえなくなってからもお互いを必要とし、悩みながらも固く結ばれてくれた二人だからこそ、神様が出合うきっかけとして苦しい試練を与えてくれたんじゃないかと思いました。
真面目で純粋な長谷部くんの今までの頑張りに対する神様からのプレゼントが余村だったんじゃないですか?

ちなみに、店長さんが自己嫌悪に陥っているの心の声を聞くシーンがあるのですが、私としてはそこがとってもツボでした。
人間って、反省する生き物だからいいんです。

5

サエナビー

こんなに、的確に作品を表したレビューはないと思いました!
作品でも泣きましたが、このレビューを読んでまた泣いてしまいました。
賛否両論って言葉がありますけど、人の感じかたとはほんとに様々ですね。
自分と同じような意見だと「よいレビュー」で、自分とは相容れない評価が書かれてると「イマイチなレビュー」ってことになるのかもしれません。
だけど少なくともこのレビューは、私が漠然と感じた言葉にできない感情ををそのまま文章にしてくれたといっても過言ではない、自分にとっての「神レビュー」です。
ありがとうございました。
こんな何年も経ってからのコメント申し訳ありません。
でも、コメせずにはいられませんでした。

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う