恋はドーナツの穴のように

koi wa doughnut no ana on you ni

恋はドーナツの穴のように
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神20
  • 萌×241
  • 萌29
  • 中立10
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
17
得点
361
評価数
108
平均
3.5 / 5
神率
18.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403523359

あらすじ

終わったはずの恋に囚われているドーナツ屋の店長・倉林が何故か気になる高校生バイト・・・無口な年下攻エバーラスティング・ラブ!!

ドーナツ屋店長の倉林は、多すぎる業務、使えないバイト、単調な毎日に疲れきっていた。携帯の中の元恋人のアドレスを眺めては、束の間の現実逃避をする日々だった。一方、新入りバイトの凜生は今時の冷めた高校生。恵まれた容姿で女の子にもてるくせに、他人に興味を持てないでいた。けれど黙々と仕事をする倉林の携帯電話を眺める横顔は妙に気になって……? バイト高校生×ドーナツ屋店長の12歳年の差ラブv

表題作恋はドーナツの穴のように

上原凜生 高校生バイト 17歳
倉林由和 ドーナツ店長 29歳

その他の収録作品

  • ハニーリングを一つ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

昔の恋をドーナツの穴に例える表現が琴線に触れました

29歳のドーナツ屋の店長のお疲れ具合が気の毒になるほどでした。
文章読んでるとその鬱屈感というか人生詰んだ感が半端なくて、とても29歳には思えない。
途中の挿絵で店長がもう少し若々しく描かれていればまだ良かったんだけど、挿絵の店長は目の下に一本線があるので、もはや30代後半の人にしか見えず、高校生と29歳の恋がひと回りどころかふた回りくらいあるような感覚にどうして陥りがちで、彼らの恋愛模様にはさほど萌えることが出来なかった。


でも私がすごくいいなぁと思ったのは、過ぎ去った恋をドーナツの穴に例えるところです。
この比喩を読めただけでも、この小説に出会えて良かったと思いました。

表紙でもドーナツ食べてるし、読むまでは「恋はドーナツのように甘い」みたいなデレ甘な話なのかと激しい勘違いしてたのですが、よく見たら「ドーナツの穴」なんですよね。

3年前に別れた男のことが忘れられない店長が、彼をドーナツの穴のようだと言うのです。
彼に関する記憶の中で、彼を想う気持ちは真ん中からぽっかりと抜け落ちてしまって、そこだけ穴のようになっている。
だけどドーナツの穴のように穴として存在しているせいで、そこはただの空洞ではなく、まだ彼への思いが存在していると錯覚してしまう……。

ここが私の心に沁みました。
過ぎ去った恋、忘れられない人への想いをこう表現するとはねぇ……。
こういう自分では表現できないけれど、それそれ!そう言いたかったの!!みたいな表現に出会えると、読んで良かったなぁとつくづく思います。

そして昔の男から連絡を受け、身勝手な言い分と共に復縁を望まれた店長。
そこでようやく初めて、自分が忘れずに思い続けてきたものは、ただの虚空だった……と悟るところも物凄くいいなと思いました。

攻め受けのストーリーとしては萌ですが、ドーナツの穴が琴線に触れたので萌萌です。

それと、鉛筆彫刻って凄いんですね!
この作品で初めて知ったのですが、ググって驚嘆しました。
思わず家にある鉛筆を手元に置いて、細密な出来栄えの完成品と見比べてしまったほどです。


2

恋❤

店長倉林の仕事ぶりにがっつり共感できます。
そうそう、休みなしでノンストップで疲れきっているのです。
そのようにがむしゃらに働いていた時がありました。
その時はBL作品読む余裕は一切なかったです(^^ゞ

凛生の特殊能力が凄いです。
鉛筆の芯をひたすら細かくけずったり
ドーナツを神業で仕上げたり
途中接客もがんばる、基本素直でまじめな高校生

ただ、素敵な話だなあと思うのですが
もう、年配者の私としては
ひたすら眩しくて
純粋で
つくづくその感性を感じ取れなくなったんだなあと思った
今日この頃です

お若い方たちの感性にお任せいたしますm(__)m

3

タイトル通り「恋」のお話

ポップな表紙に惹かれて購入、そのポップさゆえ(?)に軽んじてしまい少しの期間放置(ごめんなさい!)、読後感も非常に良く、爽快な気分で放置(本当にごめんなさい!)。
しかし改めて考えてみると、私の中では評価高かったです。歳の差ラブです。日常BLです。高校生×リーマン。めちゃ好みです。
カラミはとってもノーマルかつシンプルなのですが、宝井さんの挿絵がエロさを倍増させてくれます。
目線は頻繁に凛生と倉林の間を行き来するので、ふたりの心情がわかりやすいです。
若者特有の勢いとか不器用さと、大人びた性格を合わせ持った凛生のアンバランスな感じ。決して若いとも歳をとっているとも言えない年齢で、いろんなことを諦めて日々を過ごしていた倉林の変化。とても読みやすいです。
個人的に「凛生、おまえ-------」に萌えました。このふたりなら倉林が凛生をこういう風に呼ぶようになることは自然なのですが・・・「ムフ♪」となりました。
凛生は倉林への感情に気づくことによって、これまで適当に付き合って適当に別れてきた女の子たちの気持ちも理解します。一方、倉林にも過去の苦い恋があって・・・・・・。
このお話はやっぱり「恋」ですね。「愛」というよりは「恋」。恋のお話を読みたい方はぜひどうぞ。

3

数年後の彼らが見たいな。

田舎のドーナツ屋さんを舞台に、
ゲイゆえに傷を抱えて日々働くくたびれた店長・倉林と
イケメンだけれどテンションの低い高校生のバイト・凛生の
一回りも違う年の差もの。

家族にもどこか鬱屈したものを抱え、
勉強やスポーツに打ち込むわけでもなく、
来るもの拒まず去るもの追わず、過ごしていた凛生が
初めて恋をして、戸惑いながら必死にがっつく様も、
高校生に迫られて躊躇いながらも引き込まれていく様も、
どちらも良かった。


ということで、面白く読んだのだけれど、
個人的に一番インパクトがあったのは鉛筆彫刻!
(無趣味な凛生の唯一の趣味「鉛筆削り」ですw)
思わず検索してその画像を見て、目が点!すごすぎる!
こんなこと出来る子がそばにいたら、
それだけで惚れちゃうかも?しかも若くてイケメン?


そしてドーナツの穴と聞いて、最初卑猥な連想をしたことを
最後に告白いたします。(懺悔)
いやいや、本当にいい比喩だったです、よ、はい。
実際にはエロは少なめ、変態プレイもありません、です。

1

なんだこの可愛い攻めは

このりお(※平仮名でご容赦ください)なんて可愛い名前を持つ彼こそ新時代の攻めなのではないかと!
高校生らしいのに決して子供っぽくはない。決してスーパーじゃないけどちゃんとかっこよくて、おまけに可愛い。
受け様の可愛さかすんじゃうよ。でもいい。

無表情でテンション・血圧・体温とそろって低そうなりおが受け様にはワンコと化すのはたまらないなー。
初めて致そうとするときの余裕のなさも可愛いったら。
俺も、俺もって嫉妬に燃えながら致すなんて、けしからんもっとやれ!

今時の草食系で普段は素で涼しい顔してるのに、えっちの時にはやたら嫉妬深いセリフを吐いてくれるりおくん、君はすごくいいと思う。
そして私は砂原先生のエロが好きだ。

3

攻めが可愛い…(キャラ的に)

私がこの小説を買った理由は、砂原糖子さんと宝井先生が好きだからという理由だったのですが…
話としては素晴らしいと思います。
高校生とドーナツ屋の店長という歳の差12歳という個人的に大好きな設定でいつもだったら受け贔屓なのですがこの作品は店長も勿論恋愛に臆病で高校生と付き合っても将来別れるんじゃないかとびくびくしてる小動物みたいな可愛さ(29歳ですがww)があって好きですが
攻めの高校生の高身長でイケメンなのにぼんやりぽやぽやしていてでも好きになったら一直線に激突wして来て個人的にどストライク過ぎて読んでる間ニヤニヤが止まりませんでした。
個人的に好きなシーンは店長が「君って草食系だよね」と言って攻めが「…俺は肉食ですよ」とさり気なく店長に抱きたいアピールをしていてかなり萌えました。 攻め可愛すぎますよ本当に…///

これは本当に買ってよかったです。

5

ぜひ、ドーナツを食べながら。

恋をドーナツの穴に例えるって、何て可愛くて詩的なんだろう。しかもその表現の仕方がとても上手いんです!
皆さん大好き「年の差」ものです。年の差だけがメインではないですが、男子高校生(バイト)×店長という上下関係や立場の違いもあってか、今までで一番「年の差おいしい!」と思わせられた気がします。
攻めは無関心であっさりした男子高校生の凛生。イケメンでクールな凛生が受けの倉林に惹かれてからは、余裕もなくして突進していきます。その過程が可愛くて可愛くて。
他にも鉛筆削りが趣味だったりドーナツ作るのが得意だったりするのも可愛い。
倉林も三十路前の29歳といえど醸し出されるくたびれた感じが程よくていい。
ドーナツ屋が舞台で紆余曲折ありつつもとても癒される作品でした。宝井先生のイラストも世界観とぴったりで麗しい。

5

表紙の印象と違う

宝井先生表紙ということで買ったのですが砂原先生ファンになりました過去作品買わせていただきます(^o^)
表紙見たときは手前の学生ぽわぽわ天然系受けか~~と思ったのですが身長高かったんですね上原くん170くらいだと思ってました(´・ω・`)
倉林さんも20代にしては老けすぎかな~とは思いましたが中の挿絵ではそうでもなく大変可愛らしいお顔をしています 分け目が好みです✌
年下攻めに振り回されるのが好きなので大変好みの作品でした!
文章も今まで読んだ作家さんの中では断トツ好みで読みやすかったので過去作品も読ませていただこうかと思います!

4

砂原さんは好きなのに…

受け攻めの両視点です。
評価がひじょうに良いのに恐縮ですが、苦手な作品でした。
今まであまり、砂原さんの苦手だなあと感じるお話はなかったのですが…


受けの倉林は、田舎町のドーナッツチェーン店の疲れた店長。
29歳。

攻めは他人に無関心な高校生の凜生。
ドーナッツ店のアルバイトです。


倉林が店長を努めるドーナッツ店に、バイトの面接にやってきた凛生。
絶対受からないだろうと思っていたら、予想外に面接が通り働くことに。
そんな店長とアルバイトの恋のお話です。

受け攻めが反対なら、個人的にはかなり萌えるシュチュエーションです。
一回り違うなら、年上攻めが好きなので。
2〜3歳くらいの差なら気にならないのですが。

イラストは室井理人さんだったのですが、10代を描かれるのはアリでも、大人となるとあまり好みでない(ファンの方すみません・汗)ので、頭の中を挿絵がチラチラしてしまって乗りきれないという部分もありました。
目の下のあたりのシワがあることで29歳というよりも、30代後半くらいに見えてしまってよけい。

ただ、凜生の友人・珀虎がひじょうにわたし好みでした。(受けならね)
砂原さんの『ミスターロマンチストの恋』の、受けさんの友人と似ています。
口が悪く小型犬タイプの男前が好きなもので。

6

ドーナツの穴よりリングに愛されて幸せに

昔の恋(彼氏)がドーナツの穴のようなものだとの例えがなるほどなと思った。

年下×年上の場合、年の差があればあるほど若い子をこっち側に引き入れちゃいけないとか、大人としての正しい行動をしようとしてすれ違うとか、いつか成長したら勘違いに気づいて捨てられると怯えたり身を引く系の話がよくありますがこの作品もやはり一旦は離れて行こうとするのですが、諦めない凛生のおかげで繋ぎ止めることができてよかったです。

でも、凛生が母親の不倫を疑った出来事と誤解だったとわかった出来事がどうも理解できませんでした。読み返してみても、なんでそう思っちゃったの?とよくわかりませんが大筋には影響ないのでまあいいかと思ってます。

それから鉛筆彫刻というのが複雑で、作者さんが丁寧に解説してくれていますが全然わからず想像もつきませんでした。最後の方でチェーンの挿絵があったので凛生の器用さと根気に驚きでした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ