待ち狐と人の子

machigitsune to hitonoko

待ち狐と人の子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
51
評価数
14
平均
3.9 / 5
神率
35.7%
著者
ん村 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784758079433

あらすじ

大正九年、帝国大学に合格した深作清は貸家に向かう途中、
道に迷い尾崎と名乗る男と出会う。

大きな屋敷に住む尾崎は清がお金に困っていると悟り、
屋敷に迎え入れた。
しかし尾崎には秘密があった。

それは自分が人に化けた妖狐であること、そして清の祖父・清史郎への
恩返しのために清を迎え入れたということだった。

隠し事がある中、二人の共同生活は続いていき――。

表題作待ち狐と人の子

尾崎(清の祖父と旧縁を持つ妖狐・年齢不明)
深作 清(尾崎の住む屋敷に迷い込んだ大学生・21歳)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

書生って、好い…

ん村先生初読みでした。綺麗な絵柄がBLクリエーターズに掲載されていて、気になる作家さんのひとりでした。この作品も紹介されていています!

大正時代のお話。
まだまだ、書生がいたんですね。深作清は、帝大に入学と共に上京してきます。迷い込んだ道には立派なお屋敷。
そこで、お屋敷の主人の尾崎と出会います。尾崎は外国人と見紛うような髪色と体格。
そんな尾崎は、清を書生としてお屋敷に迎え入れてくれて同居が始まります!

程なく、尾崎が四つの尾を持つ妖狐であると判明。なのに清は、するりと受け入れて行くんですよ~

医学や科学が進んでいた大正時代。帝大生の清は探究心旺盛で妖狐の存在にわくわくしちゃうんですよ!
尾崎と清の祖父は、昔、友人として交流しており。ところどころ、尾崎が祖父と清を重ねているんです。でも清は、違います!
尾崎を大事なだんな様として、慕いながらあれこれ世話を焼くのです。
カフェのハイカラなライスオムレツも、女給さんから教えてもらって。尾崎に食べさせてあげたい一心で。可愛いよ、清。

まあ、このライスオムレツが心情変化をもたらすんですけどね。
ライスオムレツ旨そう…

尾崎も清も互いに惹かれて行くんです…主従関係じゃないし、友情じゃないのに気づいて行くんですよね~!

正直、祖父と尾崎に恋情があったのかなぁと思って読み進めていましたが、違ったようで。
清には、祖父に感じていた友情でなく感情で接していると尾崎が気付くんですよね。

でも、違う時間の流れで生きている。尾崎の抱える孤独感、切なさが後半ぐっと迫ります。

清は、健気で探究心旺盛で。あー尾崎が惹かれて行くのわかる。悠久?の孤独感の中でくるくると新鮮な今を吹き込む清は、尾崎にとって素晴らしく吸引力のある愛しさを感じさせてくれたんだろな~

清の健気な頑張りで、尾崎がちゃんと現在と向き合えるようになって良かった~!

あと、尾崎と清は恋人同士になるんですけど。
大正時代の乾物ローションを溶かす場面は御座いませんでした~!
でも書き下ろしでは、今後の二人には必要になるんだな!清あざと可愛いな!
尾崎がやっぱり野生見せるんだろな!
是非みたいな~っと期待して可愛くおわりました。
エロさも良いけど、ちょっと優しい話で癒やされてみたいな…という時期に、お薦めします❤

まあ…乾物ローション(先生のインタビューで登場)見たかったですけど…

3

先には死んじゃうけど・・・

大正9~11年のお話。
帝国大学へ進学した清が東京に出て学生用貸家に向かう途中迷子になったところを
大きな屋敷に一人で暮らす尾崎に声を掛けられ
書生として迎え入れてもらう事に。

後に尾崎が天狐だと分かり、屋敷に迎え入れたのは
清の祖父である清史郎への恩返しだった。

尾崎に惹かれる清が”自分は祖父の代わり”
としか見られていないと悩む姿は切なくも胸がキューンってなっちゃいました♪

清が東京をめちゃくちゃ満喫して
色んな処へ行くが、人間や人込みが嫌いな尾崎は誘っても全く家から出ない。
この尾崎が人間と関わらないようにしているのが、
慣れ合ってしまうと、寿命の違う人間との必ず来る”別れ”がつらいからだと
分かるとまたまた胸がキューーーーーンでした!!
せつなぁい!

人外のこの寿命問題は本当に尊い!!
だからこそ描き下ろしラストのページの
可愛い笑顔での「100年先でも離させん」は爆萌えでした!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ