「運命」なんとおれに似合いの言葉

YES IT’S ME

yes it's me

YES IT’S ME
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×223
  • 萌19
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
22
得点
230
評価数
59
平均
3.9 / 5
神率
27.1%
著者
ヤマシタトモコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784904101544

あらすじ

「好きです、この世の何よりも----自分を。」
容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能で対人関係も良好。
おれの人生なんの問題もない…はずなのに!
幼なじみの江城(通称キノコ)が放った言葉が
おれの心を惑わせる!?
20数年来のくされ縁から、一緒にお★★に入るまで。
ヤマシタトモコが描く笑撃の短編集☆

表題作YES IT’S ME

幼なじみのキノコ・江城(えのき)、社長
自分大好き・美しい東間(トーマス)、副社長

同時収録作品目蓋の裏にて恋は躍りき

沼上、美大生
馬原、美大生

同時収録作品彼女は行方不明

同時収録作品minun musiikki

布木(ふき)和明、チェリスト
清重 環、ピアニスト

同時収録作品Loathe!

(名前なし)黒髪
(名前なし)

同時収録作品夢は夜ひらく

その他の収録作品

  • YES、IT'S YOU
  • YES、THAT'S IT
  • Aari te minun?
  • 胸の裏にて心は躍りき
  • カバー下(postscript)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数22

両思い

ヤムシタトモコ先生の作品は、台詞回しがどれもヤマシタ先生ですね。たまーに違うのもあるけど、テンポと話し方が同じ。先生もこんな人なんだろうなってのがキャラに滲み出まくってる。

一番最初に収録されている「目蓋の裏にて恋は語りき」(現実的劣等感強め眼鏡美大生×才気あふれる童貞ピュア少年系美大生)や、「minun musiikki」(オケのチェロ×ピアノ)も、「夢は夜ひらく」(これはほぼレディコミ)も好きですが、表題が突き抜けて大好き。

◾︎表題
なんでこの作品がそんなに好きかって、東間(受け トーマス)にめちゃくちゃ共感するからなんですが、そんなこと言うとヤバイ奴だと思われるだろう。「おれとおれとは両思い」的な感覚が分かりすぎて、東間に完全にハマりました。俺専グラフて。
このトーマスを差し置いて社長やってる江城(きのこ頭 えのき)がまた曲者で、圧倒的に自信があるように見える風情で策略家めいている一方で、東間が好きで好きで意図せず攻撃を受けてるとこが、魅力抜群です。

◾︎minun musiikki
(オケの既婚チェロ×ガタイ良ピアノ)
ヤマシタ先生の描くクズ男が好きです。女とも男ともヤレるタイプのクズ男が特に好き。

0

可愛いナルシストは大歓迎

◆彼女は行方不明
 短いし終わり方も呆気なかったけれど、意外と余韻が残るというか、妙に心に引っかかるような作品でした。行方不明と噂の女子を探す旅に出た古林と八名木。古林にひっそり懸想している八名木は、そんな女子のことなんかどうでもよく、頭の中では酷い扱いをしていて、彼女と会った時には人として最低な言葉すら吐いてしまう。いくら恋敵といえ、そんな言葉を投げつけられる筋合いはないですよね。彼女が返した言葉や表情が目に焼き付いています。でも、他人に吐いた言葉はなかったことにはならない。恋をする男子の、綺麗なばかりじゃない醜い感情を見せつけられ、共感も嫌悪も同時に覚えた物語でした。

◆YES IT’S ME(表題作)
 すっごく面白くて、可愛い表題作でした。自分大好きなキラキライケメン・東間と、幼馴染で目の上のたんこぶ的存在でもある江城。東間のナルシストっぷりは徹底しているけれど、オープンだし隙もあるし、嫌味もなくて可愛らしいんですよね。そんな自分大好き人間のことを知り尽くしている、ちょっと隠キャっぽい江城。でも、隠キャっぽいのは見た目だけで、大胆に勝負をかけたり駆け引きのテクニックは東間より何倍も上。この関係性がたまらなかったです。何の脈絡もなく江城の萌えツボを突く東間と、突如ツボを突かれて崩れ落ちる江城には笑いました。東間の脳内を占める割合で、東間自身を超えて江城が1位に君臨した時にはガッツポーズをしたくなりました。

0

小さなトーマスとキノコが可愛い

短編集です。
表題作は、クスッと笑える感じで面白い。
んだけど、他の作品は少し難解というか、ひねりすぎてるというか。
そんな感じがして物語の中に入れず、外から見てもよくわかんない、という印象を抱いてしまう。

「目蓋の裏にて恋は躍りき」
美大の学生同士の2人。
沼上はシニカル、馬原は子供っぽい。沼上は馬原が好きというより、馬原の持ってる感性みたいなものが眩しいということなのでしょうか?

「彼女は行方不明」
BLなんですか?短編としては興味深い展開だし芦立さんの造形もいいと思うんだけど、BLとして読もうとすると全く意味がわかんないんです。

「minun musiikki」
これもよくわかんない〜。BLっぽい話ではあるけど、清重(ピアノ)は布木(チェロ)を好きなんですか?布木が言いがかりしてるんじゃなくて?ここがわかんないから置いてけぼられてます。

「YES IT'S ME」
「YES IT'S YOU」
やっとわかるお話になってホッとして、余計に面白く感じるという罠。
キノコくんのビジュアル好きですよ。モッズっぽい。
キノコが…おれを…⁉︎、のページは、オルフェウスの窓(池田理○子様)か‼︎って。

「Loathe!」
意地悪な恋人。ラブなうちはいいけど度が過ぎるとヤバいよ、と思う。ちゃんと好きを表そう。

「夢は夜ひらく」
これはすごく良かった…
一言で言うと、生きづらさの話だと思うんだけど。なりたい自分、そうなれない自分の話。
ゲイであったり、トランスジェンダーだったり、女っぽくない外見だったり。
(厚化粧のおばさんも許してあげて!)

「YES THAT'S IT」
いよいよ一緒にお風呂に入って、これからシますよ、という…
仲良しさんのHってなんか気恥ずかしいよな。喘げないよなぁ。どんなか読んでみたいぞ。

描き下ろし2編と、カバー下に恒例の作者様による作品コメント。
やっぱり表題作が好きです。

1

あれこれあります

色々なタイプのお話が詰まってます。
私が特に好きなのは、表題作の「YES IT´S ME」と「目蓋の裏にて恋は躍りき」です。
初めのはナルシストの子とその幼馴染みの話なのですがかなりぶっ飛んでいて痛いけど最終的にあまーくてきゅんとします。
目蓋の…の方は変わり者と言われてる美大生とその友達の話です。変わり者と言われてる人に魅力を感じるのですごくかわいく感じました。
他のものはちょっと理解できませんでした。

0

合うお話と合わないお話が・・・

ヤマシタトモコ先生の作品を読むのは初めてです。
先にドラマCDを声優さん目当てで聴いていまして、その時に興味を持って原作本も読む事にしました。

ドラマCDに収録されていた「まぶたの裏にて恋は踊りき」と、「YES IT'S ME」「YES IT'S YOU」「YES THAT'S IT」はとても面白かったのですが、他の作品が私には合いませんでした・・・
切なかったり、辛かったり、痛かったり、心理的に残酷だったり・・・という内容で、読んでいて切なくて辛かったです・・・。(私はそういうのがとても苦手で・・・)
なので、ドラマCD収録作品以外は「しゅみじゃない」評価で、ドラマCD収録作品が「萌」評価となっています。


0

キノコって美味しいよね~

ヤマシタトモコ先生、初読み作品です!
なんか、ヤバいんですけど……この世界観にハマってしまいそう。
ハイセンス過ぎる、下ネタの数々。
キノコって美味しいですよね!ハイセンスな下ネタなんだけど会話が日常っぽくてなんだか良いです。
二人の関係は運命~クルクル~クルクル~(アホか)
てか、あれだ、二人の頭の方がハイセンスなんですよね!
子ギノコなんて表現、他で見た事ないです。
チェロ弾きの人は……リヴァイ兵長に見えてました。あの目が!
ちょっと、似てるな~(^-^; って思ってました。
彼女は行方不明は……苦手です。

1

ストーリーでも絵でも魅せられます。

表題作の「YES IT’S ME」「YES、IT'S YOU 」「YES、THAT'S IT」 エノキとトーマスのお話がすごくすごーくツボでした!( ´ v ` )=3 
誰かと比べて自分は凄いとえらそうなタイプの人は苦手ですが、このトーマスの自分大好き!自己完結型ナルシストの人って凄い好きです。もっとこういうタイプの人が見たいです。近くに居ても面白いな~って観察出来そう♪

「自分とすれ違って、振り返りたい!他人が羨ましい!」発言に爆笑しました。周囲の人の返答の仕方も慣れてるな~と笑ってしまった。「お母さんのバカー!うそです。生んでくれてありがとう!」トーマスの品の良さが伺えます(笑)
B型&脈略のない唐突の話し方&テンションの上がり下がりが凄くて、キノコ(エノキ)に心配されますが。同じB型としては・・・思い当たるふしがありすぎます(////)

自分が一番大好きだと思っていたのに、その回想にいつもエノキがいて、意識してしまって・・・可愛い!常に淡々としてるエノキもトーマスの発言に萌えてぶっ倒れるのが良かったです。飄々としてる人が、余裕がなくなる瞬間とか堪らないです!!!二人とも可愛い・・・

同時収録の「夢は夜ひらく」もBL作品では、見かけないお話で新鮮でした。
お二人が勤めている化粧品店でメークされてみたいなぁ~と心底思いました。個人的に三崎さんが好きです!女性であっても男性であってもお洒落したり、化粧したり、恋をしたり縛られずに出来るようになったらいいのになぁ。

「彼女は行方不明」切ないですが、酷い台詞も吐きますが、そんな八名木好きです。短いお話ですが、この一方通行っぷりや未成熟な感じが好きです。
他にも美大生のお話とか、美大に通ってる子達はこんな感じなのかな~と面白かったです。

カバー裏にそれぞれのお話について、コメントがあるので「こういう考えで、描かれたのか~」と妙に納得したり。びっくりしたり。

ヤマシタトモコ先生の絵も味があって、スタイリッシュでお洒落で凄く素敵でした。わたしの頭では辿り着けない世界や考え、ストーリーをお持ちなんだな~格好良いな~他の作品も読んで見たいと思いました。

1

落葉キノコ食べたらコレ思い出した

いやー、好き過ぎて困る、ヤマシタさんのこういうの。
このメーター振り切る感じの勢いって言うか、開いてイキナリ不覚にも笑って心が掴まれる感じがもう。
正直もう中畑清はとっくに超えてます。色んな物が。

表題作【YES IT'S ME】からの【YES IT'S YOU】【YES THAT'S IT】。
幼馴染のトーマス(東間(トウマ))とキノコ(江城(エノキ))のお話。
キノコの伏線によって、トーマスはキノコを意識するようになる。
もうまんまとキノコの術中に嵌るけれど、大博打は大当たり。
ずっと俺1番のトーマスだったし、それでいいと思って居たキノコ。
それが、いとも簡単に狂う。
気付けばトーマスの頭の中はエノキだらけだし、それを知らされる瞬間にエノキは萌え撃ち抜かれる(笑)

もうね、キノコガンバレですよ。
天はキノコの味方をした。
ガンガン、キノコのキノコでキノコって下さい(笑)

トーマスは自分以外の人間が1番になるのなんて初めてだから、まぁ照れるんですよね。
キノコは「それが普通だ」と認めさせる。
コレが恋だ、トーマス。
自分チェック大好きなんて、度を超えるとただの変態だ(笑)
(明るいトコでガンガンしたいトーマスは、既に変態か)

トーマスのヘタレ具合もいいんですが、キノコのきついキツネ目に色気も感じる私。
やっぱりこの頃のヤマシタさん画も大好きです。

表題作以外も面白いんですが、それらが霞む位、これらが好きです。

4

きのこっのこのこ 元気な子!

          by(某CM曲です)
あんまりにもバカバカしくってこの話大好きですね。
「キノコ」と「トーマス」
センスの高いネーミング技がキラリと光ります。
ヤマシタトモコ作品は あまりハズレが無いです。凄いです。
ストーリーは 3歳からいっしょで性格がめんどくさい「トーマス」と
しっかり者の「キノコ」の日常。
もう「トーマス」の性格めんどくせい!!ナルシストだから。
性格はそうそう簡単には直りませんから。
「キノコ」がこれからも側にいるから安心です。
お風呂のシーンだけでも エロイです。満足満足。
ギャグがお好きな方に お勧めです。





0

萌える!!!!

まあこの一言に尽きます。
トーマスのかわいさ!!!!
今までずっと自分だけ好きだったナルシストイケメンが
ふいに心に滑り込んできたキノコに戸惑う・・・。
自分のこと考えられないくらいにキノコのこと・・・!!
ほんとは昔から、ずっと。

幼馴染設定ってなんでこんなにときめくんだろうか。

迷言あふれる作品・・・

俺は何でおれの他人に生まれてこなかったんだ!
俺もおれを振り返って見たい!!!!!!!www

憎めないナルシストです。是非。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ