秘密なんだけど

himitsu nandakedo

秘密なんだけど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌8
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
66
評価数
21
平均
3.3 / 5
神率
9.5%
著者
鷹丘モトナリ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス Cita Citaシリーズ
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784832286580

あらすじ

美容院でアルバイトする高校生の裕基(ゆうき)はひょんなことからカリスマ美容師でドS…な杉村(すぎむら)にヤバい秘密を知られてしまった…。そのうえ脅迫めいたHな要求までされて、すっごく嫌なハズなのに何故か身体が勝手に反応しちゃって!? ドMすぎてハメられてる事に気づかないv 話題の表題作+(秘)裏設定&マンガ描き下ろし付!!
(出版社より)

表題作秘密なんだけど

杉村忍 カリスマ美容師
長野裕基(18歳) 高校生・美容院バイト

その他の収録作品

  • それは秘密です
  • あとがき

レビュー投稿数6

表紙絵で即買い


絵が気にいって買いました。

内容も私的に萌え~っ!でした。

双子の兄が大・大・大好きな裕基。
もはやブラコンの域にはとどまらず…そんなイケナイ想いを、バイト先のスタッフに知られてしまい…?!

と秘密を握られてしまうんですけど。
…裕基め。かーわーいーいーーっ!

ツボです、この双子弟。

いつもにこにこ、進んでなんでもやるし、嫌なことだって嫌とは言わない。

なんていいこ!

それにしても、杉村め。
裕基泣かして喜ぶなんて…このいじめっこ!でも気持ち分かる!

なんていい反応をするんだ、裕基。
そんなに喜ばしてどうする!


いやー、始終ニマニマして読みました。

2

秘密を握られて

というトコから2人のカンケーが始まるんだけど、あんまりその設定は気にならない展開でした。

表紙が気になり購入しましたが、予想以上に面白かったです。

高校生の双子の弟・裕基とバイト先の美容師の杉村とのお話なのですが、「杉村が裕基のことをモノにするまで」みたなお話・・・かな。
杉村のメガネ姿が、読んでいくうちにハマリ、Hシーンの時にメガネを外してる顔がちょっと物足りなくてさびしい感じがしました(笑)
続編も出ているようなので、読みたいと思います。


0

ドSじゃなくって、いじめっ子ですね~

あらすじの確認もせずに、表紙のみで購入したのは、久しぶりなぐらい・・・何も考えずに買ったんですが・・面白かった~・・
双子のお話なんですが・・双子兄は「好きなんだけど」でカップルになるみたいですね~私はこれは読んでないんで、よく分からないんですが・・
今回は双子弟裕基のお話です~

なんか、すっごくこの裕基が可愛くって、攻めの杉村もたま~に裕基の可愛さにやられてるのがわかる場面があるんですが・・
そこは「きゅ~ん」と来ますね~日頃がドSなだけに・・そのギャップがたまらない~愛されてるね裕基君・・って感じでこっちが嬉しくなっちゃう感じですね~
どうやら裕基は知らない間に兄の直基と従兄弟の久利に守られてるんでしょうね~って感じですね~
このカップルもとっても良かったんですが・・個人的に気になったのがこの従兄弟の久利と浩司さんの関係ですね~カップルなんですよね~きっと・・この二人を読んでみたいですね~

すごいと思ったのが、美容師って設定なだけに、髪型がすごい凝り様でしたね~あれは、大変だろうなぁってなぐらい可愛い髪形でした~

ちょっぴり切なくて、可愛いお話でした~

ただ、ドSといってもただの、イジッメコですね~なので、そこに惹かれる人はちょっとオススメできないかなぁ?
好きな子ほど苛めるってな感じのSです~

3

Mへの挑戦 by作者さん

ジャケ買いしました
だって攻・杉村がメガネで黒シャツでなんかみょーにエロい表情だったもので…笑

こういう受かわいくてすきです
鷹丘先生の書く受の傷ついた表情や切ない顔がたまりません
きゅんとしちゃいます

番外編の4.5は受・裕基の双子の兄・直基視点のお話です
直基が、裕基が杉村になにかされたんじゃないかと、度を越した心配をしてるのが裕基あいされてるなーとかんじました

鷹丘先生曰く本作品は「Mへの挑戦」だったそうで、あとがきで「Mって何だー!?」と書かれていて、ドS・ドMキャラともに相当苦労したようです
私はどちらのキャラも好みでした!



0

ドSと無自覚Mの恋の行方は?

ドSの嗜虐心を煽る、無自覚ドMーー
恐ろしい子( ̄▽ ̄;)

美容院でアルバイトする裕基は、憧れのカリスマ美容師・杉村に出会いーー…

裕基は、双子の直基が好きなブラコンです。
コレ、恋愛的な好きではないと思うんですよね。
大切で愛しくてーーみたいな、独占欲なんですけど、
決して恋ではないなと思います。

そんな裕基の前に現れた杉村は、ゲイのタラシ。
裕基に執着して弱みに漬け込み、着々と距離を縮めていく策士です。
この二人、SとMだから自然とマッチングしてしまう結果に^^;
恋愛に至る過程とかすっ飛ばしてしまった感はありましたが、
納得のカップリングでした。

0

快楽に流されがちな赤面きゃんきゃん

あとがきによると「Mへの挑戦」らしいですが。
Mと言うより、気性の荒い仔猫を手懐ける話でした。

『好きなんだけど』の直基の双子の弟・裕基の話です。
わたしの場合は『沈黙の夜に…』を先に読んでいたので、久利の従兄弟というイメージ。
ちなみに上記の2作を未読でも十分読めますが、読んでおくと「飯島の受難はまだ続いてるのね…」とか、「ロングの久利、美人!」とか、「杉村にもやっと春が!!」などと思うことができます。

母を亡くして2人きりの兄弟である直基に執着する裕基。
直基に彼氏ができて、クサクサした日々を送っていたところ、バイト先に新しいスタイリストがやってきて…。

バイト先は従兄弟である久利が経営する美容室で、新しい美容師というのが雑誌でも取り沙汰されるカリスマ・杉村です。
初対面風ですが、久利の方の話を先に読んでいるわたしからしたら、「え、会ってるよね?それにさんざん双子の話も聞かされてたよね?」というツッコミポイントが。

それは置いておいても、うーむ…。
杉村が裕基を気に入ったのは、人が嫌がることをニコニコしながら進んでやったり、自分を犠牲にすることを厭わない部分、さらに常にニコニコしてるけど、飯島(直基の彼氏)に向ける視線の強さという部分なわけですが…。

ニコニコしてる?

わたし的には1冊通して、裕基という子が赤面してきゃんきゃん言ってる印象しかなくて。
むしろわがままな甘ったれさんというイメージだったので、ライブよりバイトの穴埋めを優先した場面に違和感を覚えたくらいで。
赤面きゃんきゃん受けが苦手なので、この子を好きになれなかったのが致命傷でした。

さらに昔、久利のことを好きだった杉村が、当時の久利にそっくりな裕基を気に入るのは自然な流れだけど、他のスタッフたちは裕基よりも直基の方がそっくりって言ってるんですよね。
そこをどこかで回収するのかと思いきや、特に何もなく。
双子なのに直基の方が久利似という設定をつけたなら、杉村も直基の方がいいんじゃないかと悩んだり、杉村が「見た目だけなら直基くんを選ぶよ。でも久利コピーが欲しいんじゃない」みたいな台詞を言う流れがあっても良かった気がします。

そもそもこの「身代わり」部分の扱いがすごく軽い。
思ったほど悩まないし、1コマだけでさらっと解決してるのも、「あれ?そこ、重要じゃなかったの?」という肩透かし感があって。
身代わりってとてつもなく切ないポイントじゃないですか。
そこを存分に生かしてくれないことに、切なさを覚えました。

長くなりましたが、終始赤面きゃんきゃん受けが好きな方にはおすすめです。
そうじゃない方は、何かしら物足りなさを感じるかもしれません。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う