レオパード白書(2)

leopard hakusho

レオパード白書(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×218
  • 萌15
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
208
評価数
54
平均
3.9 / 5
神率
33.3%
著者
扇ゆずは 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

作画
扇ゆずは 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
レオパード白書
発売日
ISBN
9784403662720

あらすじ

「レオパード」のホスト・燐花は19才にしてセックスに飽きていた。暇つぶしに出た補習で、メガネの教師・薬師寺が男と出来ていると知り、ちょっとからかうつもりで手を出したのだが、大人しい男と思っていた薬師寺が豹変し?!

表題作レオパード白書(2)

周防燐花,ホストクラブの人気ホスト実はまだ高校生
薬師寺灯,攻様の学校のさえない生物教師実は…

その他の収録作品

  • 秘密のレオパード君

レビュー投稿数12

ギャップと勢い!!

本シリーズ最後まで読みまして、2~4巻メインの燐花×薬師寺が一番好きです!!

生意気な生徒×地味な先生
あれよあれよと流されてあんあん鳴かされちゃうんかしら?と思ったら!

燐花が薬師寺に投げ飛ばされてビックリ!!薬師寺先生、凶暴!武術面も性格もめちゃくちゃ強かった!!それなのに不倫相手に泣きすがってる姿は健気で…強いのに乙女ってめちゃくちゃ好きです。人生適当に過ごしてた燐花も惹かれるギャップ!!薬師寺の強さにも脆さにも惹かれる美しさがある!!

薬師寺は燐花に可哀想だと言い、燐花は薬師寺に自己愛と言い、2人が言葉でも力でもぶつかり合ってくのがガチンコで熱い。冷えた心も凝り固まってた心も動く熱さ!

デートと言えない燐花が申し出たタイマンからの求め合いも熱かった!3回めのキスは同時にって描写もドキドキしました。

燐花が薬師寺を気になって気になって絡んでくのに、薬師寺は不倫相手のことばかりで燐花を無下に扱うのもジレジレして、2人が絡めば勢いがすごくて、ラブ&暴力でいきましょうって押してくださった担当さんに感謝です!!

0

1巻との繋がりはほぼないです

燐花(高校生 ホスト)×灯(生物教師)

有名人の親がいて高校の時から家出して、月収500万で偏差値80…設定がモリモリすぎてはしゃぐなはしゃぐなって感じですね燐花。タバコなんて吸ってるから若いのに勃起不全になるのよ!

ネタバレ

一方灯も冴えない生物教師かと思ったら豹変します。既婚者の教授を偏愛してストーカーまでしてる武闘派というこれまた盛った設定。

ギラギラ度は前の巻より低いですが、扇先生らしい作品でした。3巻に続きます。
ちょこちょこ出てくる真行寺と電話してる絢が可愛い。真行寺×絢メインの続編が見たかったなぁ。

0

凶暴な瞳に恋をした

きましたー!!
こういう受け、大好きなんです!!
と、声を大にして叫びたい。

レオパードシリーズは5巻までしか読んでないですが、その中で1番好きなカップリングです。

攻めの燐花ももちろんとても素敵なのですが、何より受けの薬師寺さん…!!
地味で眼鏡で、おじ様に片想いして不倫中って、全然惹かれない受けだな…なんて初めは思っていたのですが、違ったんです。
とんでもなく凶暴で、カッコいい受け様だったんです…!

周防燐花は、とにかくマクラで稼ぎまくる、クラブ・レオパードの人気ホスト。
昔から、女の方から金を払い体を求めてきた。そんな燐花にとってホストは天職のようなものでしたが、19歳にして、セックスに飽きを感じ、EDになりかけてしまいます。
深刻な危機感を覚えた燐花はしばらくホスト業を控え、高校に真面目に通い出すようになり…。

留年中の燐花の高校卒業のため設けられた、マンツーマンでの特別授業。その担当教師となったのが、眼鏡をかけた冴えない新任教師・薬師寺灯。
オドオドとして、困ったように愛想笑いを浮かべてばかりいる彼に、燐花は初め、なんの興味も抱きませんでした。

けれどある日、会ってほしいと泣きながら電話をしている薬師寺の姿を見た燐花。
その電話の相手が妻子持ちの男だと知り、俄然薬師寺に興味を持ち始めます。
なんで男?しかも、妻子持ちの、ふたまわりほども年上の男を?抱いてんの?抱かれてんの?
こいつは男と、どんなセックスをするんだろうか?

初めての感覚にそそられ、思わず、手を出してしまった燐花。
「俺が してやるよ」
瞬間、薬師寺の目つきが、すうっと、変わり、
格闘技経験のある燐花をあっさりと投げ倒してしまいます。
前髪をかきあげ、眼鏡を外し、不敵な笑みを浮かべて燐花を見下ろす薬師寺。
ただただ言葉を失う燐花。
けれど、なぜか、反応した身体。ガチガチになったあそこを、薬師寺は冷たい笑みを浮かべ、靴でグリ…と突く。
「笑わせてくれるぜ クソガキ」

この一件以来、燐花の中で薬師寺は放っておけない存在になっていきます。
猫の皮被った、とんだ化け猫教師。普段は自分の前でも皮を被ったままなのに、深く入り込もうとすると本性を出し、燐花の芯を抉るようなセリフを吐く。
必ずアイツに後悔させて、自分の方が上なんだと分からせてやる。

そして実現したタイマン勝負。
互角の展開の勝負の中、響く着信音。その途端に薬師寺の集中は全て携帯に向かい、慌てて電話をとります。
さっきまで全く隙がなかったのに、電話ひとつで丸裸になった背中。
その不意をついて、燐花は薬師寺を縛りあげ、そのまま無理矢理に犯します。
自分の方が”上”なんだと、証明した。
気は済んだはずだったのに、薬師寺の、去り際に自分を見る瞳に、どこか心は引っかかったままで…。


最初はただの、興味本位。次は、苛立ち。次は…。
変化していく、燐花の薬師寺に対する感情。
猫被りの凶暴教師にイラつくのに、惨めな不倫に必死にしがみついてる姿を見ると、なにか放っておけない。
馬鹿だと思うのに、自分にはあんなに凶暴で強い顔を見せるのに…。

燐花は、自分では気づかないうちに、薬師寺に恋をしてしまったんですね。
でも薬師寺は、不倫相手の教授に心底惚れてる。

教授のことになると我を忘れる薬師寺をひっぱたいて、
「目ェ覚ませよ先生……‼︎」と言った燐花に、
「わかってる……本当は お前に言われなくてもわかってる……」と涙を滲ませたシーンが、すごく切なくて胸を掴まれます。

そして思わずキスをした燐花の、薬師寺を見つめる瞳。
”なんで、こんなに、必死なんだ。”
…恋です。恋ですよね。自分でも、理解できない感情に振り回されて、でも瞳に、好きだって、現れてる。そんな曖昧な感情に、悩んだり葛藤したりしてる時期が、私は好きなんです…(灬˘╰╯˘灬)♥。・゚

この巻のラストで、2人は再びタイマン勝負します。
薬師寺の、携帯番号をかけて。

ここの2人、本当にカッコいいんです…!
甘い言葉を囁き合ったり、優しく触れ合ったり。そうじゃなくて、殴り合うのが今の2人にとって最高のコミュニケーション。
息は切れて血が滲んで、汗みずくの2人。

なんとか薬師寺を押し倒した燐花。
”何もかも俺のモノにしたい。汗も血も、流れる体液を全て舐めとりたい”
薬師寺の唇から流れる血を舌で拭う燐花。
そして初めて、同時にした、キス…。
そのまま、「やりたくなった。付き合え」なんて言っちゃう薬師寺さん!!

もう、本当にこの人は…。
強くて、エロくて、凶暴で…!魅力の塊のような人ですよ!!
喧嘩のあとに、乱暴に体を重ね合う2人…。
きっとキスは、血の味がするんでしょうね…。

でも、燐花は完全に薬師寺に惚れちゃったけど、薬師寺の心はまだまだ掴めてません。
体の相性だけ認めてもらえて、バイブ代わりなんて言われてしまったりするのですが…。

次巻予告で、”お願いです先生 俺と恋愛して下さいーーー”と、あるのですが、まさにですね。
この巻時点では、2人には恋愛の”れ”の字もありません。
燐花の片思い…。モテモテだったクールなイケメンが、全然相手にされなくて体だけしか求められない相手に、初めて必死な恋をする…。それだけで燃えますよね。笑

燐花が、タメ口の中でちゃんと”先生”って呼んでるのがすごくツボです♡

一方的暴力ラブは苦手ですが、立場こそ違っても対等な関係での暴力ラブは、男同士ならでは!!な感じがして本当に好きなんです。
この作品では燐花も薬師寺もお互い格闘技経験者なので、喧嘩にも迫力やリアリティーがあって、余計に興奮します…!!

こんな素晴らしいカプを生み出してくれた担当M氏様に感謝しかないです( ; ; )
そして、こういうカプは初挑戦とのことなのにこんなに魅力的に2人を創り上げた作者様に脱帽です…!

1

担当さんグッジョブ!に尽きる

レオパードの中ではこのカップルが一番好きです。
2巻~3巻まで同じお話で完結します。

地味で温厚、冴えない生物教師の薬師寺(受け)と生徒でホストの燐花(攻め)。
しかし、この受けクンが猫を10匹くらいかぶってる!そして眼鏡を外すととても綺麗な瞳をしていて…。
もうこの段階で自分的に期待度MAXな設定でした。

そして2巻の山場と言えば、薬師寺と燐花が屋上で格闘する名シーンですが、ここで初めて、薬師寺が格闘技の心得があったことが明らかにされるというのが巧い。
温厚な仮面を脱ぎ捨てた薬師寺の眼光の鋭さに、ギャップ萌えキタぁぁぁ!!とあやうく大声を出してしまいそうです(笑)

格闘シーンでは、動きや技のひとつひとつがカッコ良くて、技の構えや仕草なども流れるように美しいです。服のシワなどもすごく本物っぽい。
主人公2人の本気の喧嘩シーンというのは担当さんの発案で、作家さん側は最初反対をされたそうですが、担当さん本気でグッジョブです!

ただ、いつも思うのですが、この作家さんは正面顔の絵はいまひとつで、横顔などの角度のある絵の方が綺麗ですね。そしてスタイルの良さや、Hシーンの美しさはさすがという感じです。

ホストだった燐花は、苦しい恋をすることになります。
あまたの女性を食い物にして来たホスト君が、一途な恋にひた走るのもまたギャップ。薬師寺に対する燐花の切ない目線が心に痛いくらいです。
この恋が成就しますように。

3巻につづく(笑)

3

No.1ホストと不憫な二重人格教師。

小4で初体験を済ませ(気づいたら女が腹の上で踊ってたっていう・・・)
今や19歳でイケメンホスト!

面白いのがこの燐花の学校のクラスメイト、燐花以外が素朴すぎるwwww
顔面格差社会にもほどがあるだろう描写ですwww

インポになってしまったと悩む燐花。
そんなとき、いつも情けない気弱な先生が恋人であろう相手に電話で縋る場面を目撃する。
ちょっとからかうつもりが、先生のキャラは豹変!
クッソ強い俺様キャラに早変わりwwwwww
この出来事によってなんとインポが直る燐花ww
そっからはもう、坂を転げ落ちるように先生に恋してしまったこのホスト!!爆

今回はまだセフレ止まり?で思いは伝わらない燐花ですが、次の巻。
ふたりの関係が決着を迎えます!

2

オラオラ(エロエロ?)系ホスト×先生

あらすじを見たとき、その組み合わせどうなの?と思ったんですが、
今となってはしっくりくる二人です。

年少送りにまでなったホストの燐花×薬師寺先生の今作。
次の巻も丸々この二人のカップリングなので、読者の人気があったのか作家さんがハマったカップリングなのか。とにかくシリーズのなかでは量多めなカップリングです。

まず受けの薬師寺がギャップ萌えありで美味しいです。
弱そうに見えて実は強い。そしておじさんに萌える体質らしい。
そしてそんな薬師寺に徐々にはまっていく燐花に萌え。
薬師寺がつれなくすればつれなくするほど追いかけたくなる燐花、それがサガと言うものですよね。

ところでホストクラブ「レオパード」の人たち、次々に男と付き合っちゃってますが、
ここのお店ちゃんと人を回せているのか謎です(笑)

3

気持ちの動きがガッツリと。

まるごと全部ひとつのストーリー。

燐花の本性は、ドMって事ですねw
薬師寺先生が本性を見せた時に
ドキドキワクワクしちゃうわけですからねー。

その薬師寺先生も、教授との恋愛に関して
燐花に全部打ち明けちゃうなんて
やっぱり殴り合いとかすると
心の距離が縮まるんですかね~。
そういうことができる男同士、
ちょいと羨ましいな~なんて気持ちで読みました。

燐花もさすが、百戦錬磨なだけあって
教授と薬師寺先生の関係を全部紐解いてしまう。
そのおかげで先生は正気を取り戻せて、
燐花も自分の気持ちに気付き、
お互いが前に進んで行くんですけど^^。

こんな、道が開けた!なところでこの巻は終わってますw

1

バトル系愛の確認?

2巻目は高校生ホストの燐花と教師の薬師寺が主人公の切なくて苦しい恋。
燐花くんのホストになる前の背景は結構ハードですよねぇ~
だって小4が初体験なのは・・・まぁ、良いとして?それがお金になるなんて
ほんと凄すぎて枕営業ホストが天職なんて言う19才の高校生なんですもん。
そしてお相手が教師、院卒の新米教師なんですがこちらも二重人格?ってくらい
態度が激変しちゃうような、でも一途で純情で、寂しさから依存的な年上の男と
不倫しちゃってる困ったさんでした。

不登校が原因で高校卒業が危うい攻め様は特別補修を受ける事になり、
その担当者が受け様になるんです。
地味で、直ぐに忘れそうになるような受け様なんですが、ある日偶然に
電話で恋人に会いたいと縋りつくようにしている受け様を見かける。
暇つぶしにその事でからかって、そんな相手の代わりに抱いてやるなんて・・・
しかし、大人しくてオドオドしてるような受け様がいきなり豹変しちゃう。
まるでジキルとハイド並の豹変で、攻め様は受け様にねじ伏せられバカにされる。
攻め様は実は枕営業のし過ぎでイ○ポ気味だったのですが、受け様に反撃され
ねじ伏せられ勃起しちゃうんです(笑)
思わずMに目覚めたのか?なんて思った程です。

そこから攻め様は受け様が気になるやらイラつくやらで目で追うようになります。
でも、受け様は未だに不倫相手に縋りつくような醜態を晒してる。
攻め様はそれが許せない、恋や愛では無く、依存だと受け様に・・・・

この二人は全然甘い感じにならないんですよね。
それに二人とも格闘技経験者だから言葉よりも手足が出ちゃうので傷だらけ。
なかなか見ていると痛いなんて思うシーンが多いのですが言葉で伝わらないなら
こぶしで伝えるみたいな男っぽい雰囲気もあってなかなか良いのです。
攻め様の思いが受け様に届くのか?そして受け様は?なんて感じの恋愛序曲。

3

拳で始まる恋もある!?

シリーズ2巻。
ですが、主人公が違うのでこの巻から読んでもOK!

雑誌でチラホラ読んでたのですが、最初読んでなかったので…知らなかったよ、薬師寺がこんな大きな猫被ってたなんて!!
ケンカ上等な教授に不毛な恋をする先生だと思ってました。
なので。
最初、ちょっとそんな猫被りな薬師寺にひいてしまいました。
あまりこういう優しい雰囲気の人得意ではないので。
もっとガツンとした感じの人の方が好きなので。
なので、本性出てる強気というか男らしい感じの方が好きなんです。
ですが、教授に縋ってたりもして…なんか雰囲気がなかなか定まらない印象です。
切ない恋だけなのかと思ってたら、その関係もどうもただの不倫とかいうのよりはかなり歪んでるように見えたし。
そして、燐花の指摘が正しいのならある意味ヒドイ関係にも見えるし、うーむ。
一方の燐花は高校生にして身体を売り物にするホスト。
セックスに対する幻想を持たない男。
それが商売の危機になった時、運命の出会いが訪れて。
最初はそんなつもりもなかったのに、惹かれていくのが恋。
気付いたら目が離せないのが恋。
まさかケンカから芽生えるとは思いませんでしたが。
本気の本性で向き合えるし、ケンカから男の友情が芽生えるのはよくあることですし恋情だって芽生えることもあるのでしょう。
ケンカだけではなくて、本当はそれはきっかけにすぎないのですが。
ただケータイの番号を教えて、と言うのではなく「勝ったら」とか言っちゃうあたりに素直になりきれない燐花の初恋に悪戦苦闘する感じとかあって好きです。
今回はまだまだ「恋の芽生え編」
この後の2人の恋愛物語がとても楽しみですvv

そして。
脇にチラチラ出てくる絢。
もうすっかり飼い猫状態ですねー。
かわいくメロメロじゃないですか。
もう少し強くいてもいいのかなーと思ったのですが、あの真行寺相手じゃ無理でしょうか?(笑)

2

ギャップ萌え!

殴り愛と聞いて。
カラーが煌びやか過ぎて苦手な絵…と避けてて正直すまんかった。
アクションシーンがかっこいいわ美しいわで滾りました!!
これでアクション苦手だったってマジでか…。
BLって絡み絵は上手くてもアクションシーンはちょっとアレな場合が多くて「でもラブ主体でアクションは添え物だから仕方ないよね…」と思ってたけどどっちも上手いよ!
地味っ子眼鏡が実は武道の達人のクールビューティー、だけど恋愛面では超卑屈とかイメージが2転3転するギャップ萌え。
いや眼鏡に白衣ってだけでも萌えなのにこんだけのオプション付いてると堪りませんわー(*´Д`)
攻も傲慢俺様系なのに格下と思った相手にいきなりのされるわ振られるわ、いろんな意味で牡の矜持がばっきばきに折られて散々なのがすごい「ざまあw」で楽し過ぎる。
挙句「眼鏡外すな!」とか独占欲丸出しでやきもきしてるし。かーわいーw
「ざまあ」状態に一回落っこちた彼が本気の恋(初恋)でどう巻き返すのか…続巻速く買わねば。…ってわけで早速注文しちゃいました♪

どうでもいいけど燐花ってクソ生意気なのにちゃんと「先生」呼びなのが面白いw

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う