ただ、俺はお前に愛されたい

青年は愛を乞う

seinen wa ai wo kou

青年は愛を乞う
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×216
  • 萌22
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
16
得点
191
評価数
54
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
日野ガラス 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
ISBN
9784862528803

あらすじ

自分がゲイである事をずっと隠してきた高校生の楓は、親友の奥田に想いを寄せていた。 この想いは一生伝えてはいけない───そう心に決めていた楓だが…。 交錯する想いが辿り着いた先とは…?
青年たちの繊細な心を描いた、日野ガラス渾身のデビューコミックス!

表題作青年は愛を乞う

高校生・楓の親友/奥田
高校生・学内一のモテ男/楓

同時収録作品彼方の恋

カメラマンの卵/吉崎
かつての学園のアイドル/萩野カナタ

その他の収録作品

  • Sweet morning(彼方の恋・続編)
  • がんばれ!吉崎
  • カナタはかなりめんどくさい性格
  • 奥田の自己主張
  • あとがき

レビュー投稿数16

ゲイ→ノンケの切なさ、苦しさを描いた珠玉の作品集

日野ガラスさん初コミックス。
初めてとは思えないくらい、繊細で作り込まれた作品ですねー
2シリーズ収録されているのですが、どちらもゲイのノンケへの想いの
切なさ、苦しさを描いています。
これがまたリアルで見ていても痛いほどです。

『青年は愛を乞う』
小さい頃に自分がゲイであると自覚した主人公・楓は学内でも女子にモテモテ。
でも、好きな相手は同級生で親友の奥田だけ――
楓は、男に抱かれたい、愛されたいと願う自分のことを見にくいと思い、
ゲイである自分に劣等感抱きまくりで、自分がゲイであるのを知られることを日々怖れながら暮らしています。
無意識に男に好かれる要素のある女子のことを憎み、「親友」という名前で奥田の側に居続ける楓。
しかしそんな楓の想いは突然溢れかえる時があるんです。
楓は奥田のことが好きで好きで、好きすぎてギリギリの状態で自分を保っていると思うんですよね。
自分の想いを伝えたいけど、ノンケの彼にはきっと伝わらない。
自分では伝えられないのに、無邪気に自分の想いを伝えられる女に嫉妬して。
楓をみてると胸がキリキリと痛みます。
途中、奥田視点で話が進むのですが、こちらも良かった。
奥田はノンケですが、親友である楓にある種の執着があって、こっちも怖いようでいて切なかったです。
ラストはお互いの想いが爆発するのですが、今まで溜まっていた互いの本音が溢れ出て
なんかもう…鳥肌が立ちました。
本気でお互いが大好きなんだなーと伝わってきました。
物語のほとんどは楓視点で進み、楓ばっかりが苦しい想いをして、楓ばっかりが奥田のことが好きなイメージが強いのですが、
書き下ろしでは奥田のありあまる独占欲が垣間見れて、なんだかニヤっとしてしまいましたwww

『彼方の恋』
カメラマンを目指す吉崎がゲイビの撮影現場で出会ったのは、高校時代の学園のアイドル・萩野だった。
あの頃あんなに輝いていた萩野がまさかゲイビに出演するなんて――
吉崎は萩野を連れて逃げだしていて…?!
高校時代輝いていて、誰もが憧れた萩野。
その萩野は実はゲイで、さびしがり屋で、甘えたなんて吉崎は思っていませんでした。
誰よりも輝いた道を歩むと思っていた萩野が今、自分の目の前で路頭に迷っている。
吉崎はなんとも言えぬ感情を抱きます。
こちらの作品も、萩野のゲイである苦しみや、ノンケに対する劣等感などがメインです。
吉崎と恋人同士になってからも、自分が男だから吉崎に子供を見せてあげられない…とかグジグジ悩んで結局苦しむんですよね。
この萩野の「ゲイだから」「ノンケだから」の劣等感は一生引きずるのかもしれません。
でも、全てを包み込んでくれる器の大きな吉崎なら、そんな萩野ごと幸せにしてくれるように思います。

どちらの作品でも、ゲイである主人公が「ただ愛し愛されたいがけ」「普通に手を繋いだりキスをしたり抱きしめ合ったり触れ合ったりしたいだけ」と言っているのが印象的でした。
ただ普通の恋愛をしたいだけなのに、それが出来ない、その苦しみ。
私は同性愛者でもないし、その苦しみを理解することは難しいのでしょうが、
ノンケだのゲイだのをひっくり返して、そうやって好きな人と愛し合いたいという想いを持っているからこそ
BLに私は惹かれるし、素敵だと思うんですよね。

美しくて繊細な絵柄に劣らず繊細なストーリーに、もう目が離せませんでした。
今後も期待の新人さんだと思いますよー!!

3

切なく苦しい恋愛模様を描いた良作です

日野ガラス先生の初コミックだそうで。
表題作ともう一作、計2作が収録されているのですが、安定感があって話も作りこまれていてよかったです。テーマが一貫されていたのもいいですね。
絵も透明感があって線の細い絵で綺麗でした。時折「あれっ?」というところもありましたがそれはまぁそれとして…w

お話はゲイだということをひた隠しにして生きてきた楓(美人受)
化粧をしたところで女にはなれない、愛されたいのに親友の奥田(攻)が好きと打ち明けられず、この距離をずっと保ったまま、誰にも勘付かれないように生きてきた。
しかし文化祭をキッカケに、今まで「親友」という言葉で保ってきたものが崩れていき…

楓視点と奥田視点でお話が進むのが良かったです。
好きなのに言いだせない楓と、楓に対して徐々に親友以上の気持ちを抱いていく奥田。奥田が嫉妬のあまり、楓宛の手紙を破り燃やすシーンが印象的でした。
あの時奥田が抱いていた気持ちが、今まで恋愛対象だったはずの女性に対して「嫉み」に変わった瞬間ブワっと鳥肌が立ったというか、切ない気持ちにさせられました。奥田も楓と同じ気持ちを味わってるのだな、と…。
これ以上膨らませにくいとは思うのですが、付きあってからの二人とかちょっと読んでみたいな~とは思いましたね。

もう一作もゲイとノンケのお話でしたが、両作品ともゲイであることの苦しみや、愛されたいという欲求を上手く表現していて切なくなりました。
重いテーマを上手く描き上げていて、今後も期待できる作家さんだと思います。

3

切ないけど幸せ

表題の『青年は愛を乞う』が切なくて切なくて...涙

男の人に愛されたい
けれど自分は男だから、絶対にこの気持ちを知られてはいけない
自分は醜いのだから...

ずっと自分の気持ちを隠してきた主人公。
でもある時ずっとひた隠しにしてきた想いがこぼれてしまい...

攻も超いい奴で、最後幸せになれて本当よかったと思いました。


一緒に収録されている『彼方の恋』も、同じように女の人のように自分も男の人から愛されてみたい というお話です。
表題作よりも少しコミカルに描かれていて、こちらも良いお話です。

とても秀逸なコミックです。
今後も楽しみです!

3

愛されること

レビュー評価が高かった作品だったので、是が非でも読みたかったんですよね~wwwようやく読めて満足。
思ったより・・・─('ε乂)─と思ったのは秘密ですw
表題作【青年は愛を乞う】はある意味王道。
クラスメイトで親友のあの男が好き。あの男に組敷かれたい、抱かれたい。
そんな思いを押し込める日々。イタズラに引いた赤いルージュ。その無様さに・・・・そして・・・!?なお話。
悟られないように、バレないように、いまの関係を壊さないように。
絶えて、絶えて絶えた先に~なお話。
攻が、受へと宛てられたラブレターを破くシーン好き。
なんだけど、それ以外はちょっと感情移入できず。
ちょっと残念でした。切なく“見せよう”が見えすぎてる感じがする。
というか、最近この手の重たい思考の作品に乗り切れない自分がいる。
なんでかな。ちょっぴり寂しい

>>彼方の恋
どっちかっていうとこちらのほうが好きでした。
高校時代、男からも女からも持てる王子のような男。
それはそれはキラキラキラキラw
ところが久しぶりに再会した場所。それはゲイポルノの撮影現場!?
しかもモデルって・・・・え!?ちょっ!
そこから始まるドタバタらぶこめでぃですね。
別に、男に犯されたいわけじゃない。快楽を求めているわけじゃない、ただ普通の男女がするように、笑いあったり、触れ合ったり。じゃれあったりするような恋愛がしたい。求め、求められ。
やっぱり難しいのかな。そんな受を「かわいい」と思ってしまったからしかたない。ノンケ×ゲイなほのぼのストーリー。
昔はあんなにキマってて、しっかりして見えたのに本当は・・なギャップもありますが、なにより、こども見たいに感情むき出しの受が可愛かった。
その後の、写真を見て~な攻のくだり。
どっちもどっちというか、これまたバッカップルな絵に癒され。
うん。かわいいww
悩むのもいいけどこのくらいライトに描いたほうが入りやすい。
そんなこと・・ないのかな??

2

交差する想いが辿り着くその先

青年は愛を乞う、というタイトルが全てを物語っているように思います。帯「ただ、俺はお前に愛されたい」この言葉にも、何か惹き付けられるものがありました。ストレートだけど深みのある言葉ですよね。まるで水彩画のような美しい表紙も魅力的です。

他のレビュアーさんもおっしゃっていた通り、作者さんの名前のごとくガラス細工のような1冊でした。2つのお話が収録されていましたが、私はとにかく表題作をおススメします!まずお話のはじまり方からして新鮮でした。他の作品ではあまり見ない形かと。切なくて苦しくて痛くて、だけど消えることはない好きの気持ち。親友でありながら、互いに恋心を抱いてしまった高校生男子のお話です。最後はハッピーエンドなので、切ない中にもしっかりと甘さがありました。結局は両想いだったわけですが、男同士でしかも親友に…という罪悪感や戸惑いなど心の葛藤を描いてあり、ズシリときます。

愛したい、愛されたい。その想いは、男同士であれなんであれ同じなんですね。とてもステキな作品でした。

2

「愛し愛されたい」という気持ちに満ちてます

二作品が収録されています。
表題作と同時収録作はそれぞれ雰囲気は異なるけれど、どちらも受けがゲイで「好きになった相手に愛し愛されたい」という心の底からの叫びが伝わってくる作品です。

【青年は愛を乞う】
高校生同士・思春期真っ只中ということもあり主人公の悩める度合いが高いです。
女になりたいわけではないけど、女のように男から愛されたいと願う自分は醜いと思いつめていて、読んでてかわいそうになるほど。
ゲイであることを周囲にひた隠しにしながらも「男に愛されたい」という願望を打ち消すことができない楓。

好きな相手は親友の奥田なんだけど、実は両片思いであることがあっさり2話で、奥田視点で話が展開されることからわかってしまう…。
お互い「親友」というキーワードで気持ちをごまかしてる様子、二人してもがき苦しんでるような様子が丁寧に描かれているので、それはそれでアリだとは思うのだけど、できればずっと奥田の気持ちがわからない状態で読み進めたかった気もします。
3話完結なので展開が早いのだけど、でも気持ちを確認したあった後の切羽詰まった、気持ちが溢れ出るかのような二人の描写もいいなと思います。


【彼方の恋】
私はこちらのほうが好き。
高校時代の同級生の再会ものです。
急遽ゲイビの撮影に呼び出されたカメラマンの吉崎。そこにいたのはかつての学園のアイドル・カナタ。
高校時代は成績優秀でスポーツ万能、そして容姿も淡麗なことから学校中のアイドルとして男女問わず人気ものだったカナタ(受け)が、まさかのゲイビ出演ということで思わず現場から連れ出しそのまま逃げ去り…。

好きな男に騙されてゲイビ出演する羽目になってしまったことに傷つき、男同士でしか出来ないセックスがしたい訳じゃない。普通に…女の人が男の人にするように…男の人が女の人にするように…好きなひととキスしたり手を繋いだりしたかっただけなのに…。と泣き崩れるカナタを見て、俺が叶えてやるとあっさり絆されるのだけど、その超展開もOK!って感じ。
カナタは過去、ろくな男に出会わなかったことから結構拗らせているというか、自分にも自信がなく、ちょい情緒不安定ぎみで一言で言えば「めんどくさい男」(そこがかわいいのだけど)
吉崎はカナタが安心するような気の利いたセリフ、甘いセリフは言わないけど、日常生活の中でちょいちょい見せてくれる優しさが胸に沁みるというか、結局ずっと一緒に暮らしていくのならこういう穏やかで優しい人が一番いいよねぇと思うんです。
女の名刺を見つけて勘違いから荒れた後に、よしよしされてるシーンがすっごく好き。

今、初めてこれが日野さんの初コミックだと知って驚いてます。
日野さんのコミックスは全部読んでいるのだけど、その中でもこれは結構上位にくい込んでいる一冊で、初コミックからこういう「らしさ」が全開だったのだなぁと。

1

テーマが一貫していて心に迫る魅せ方です

デビューコミックスなんですね。
名が”ガラス”というだけあって、主人公のガラスのハートが響いてきました。
受けの気持ちに女性読者が、とても感情移入しやすい作りに仕上がっていて、共感を得ること間違いない本です。
また、テーマもゲイを自覚している青年がノンケを好きになりというシチュ。
そして、その気持ちは知られちゃいけないと思うと同時に、男子が女子を好きになるように、普通に恋愛をしたいだけ、という性別を超越した人間同士の恋愛をしたいという、欲求を素直に描きだしていると思います。

男が好きという自覚をした時、女になりたいわけじゃないけど男に愛されたいと欲求を持った自分に気がついた楓。
親友としていつも一緒にいる奥田にその気持ちが通じるまで、楓の葛藤がひしひしと伝わってきます。
これはBLに限らず、男女の恋愛に置き換えてもそのままいける内容です。
恋愛って、好きな人に愛されたい、愛したい、その根本は同じなんだから、男同士だからって特別な事は何もないんだな、ということを見せてくれます。

そしてもう一編の『彼方の恋』もテーマは同じ。
カメラマンの吉崎が、かつて高校の同級生で学内アイドルだったカナタに再会したのはゲイビの撮影所。
無職で住所不定で風来坊のようなカナタはこの姿が本来の自分何だと言う。
吉崎はそんなカナタが放っておけなくて、でも彼を否定することは一切せずに、一見流されていそうに見えて、しっかりとカナタを見守って支えている姿が心強い。
う~ん、、かなり吉崎はイイ男だ!!
こんなイイ男は嫁にしたいぞ!!
ここでカナタは、女みたいだったらよかったのかな?ってノンケに恋した苦しみを吐露しています。
こうした切ないツオがしっかりおさえられていて、とてもわかりやすく物語に入り込めるのですね。

カラー絵はとてもきれいです。
全体もさーっと流すと、とても綺麗に描かれているのですが、よく見るとちょっと荒い部分も目についてしまいました。
この絵の不安定さがなくなると、もっと素敵な作家さんになること間違いないと思います。

3

痛いほどの想い。

「青年は愛を乞う」
ゲイであることをずっと隠し続けている椿の恋は秘密の恋。
誰にも知られてはいけないもの。
そして、そんな片恋の相手は自分の一番近い場所にいるかもしれない親友の奥田。
椿が必死で隠そうとしている姿がどこか痛々しくて好きです。
バレたら全てが終わってしまうと考えてるから誰にも知られてはいけないし。
それなのに想いは募るばかりで。
自分の中の妄想で穢すことさえ後ろめたくて…。
それは椿だけの一方的な感情かと思いきや、キャンプファイヤーの時のラブレターの件で奥田が見せた行動と表情がすごい印象的でした。
絆されるとかそいうのではなく、もっと感情的というか自分の感情として奥田が椿のことを強く想っているのが見てとれたので。
ちょっと黒いとさえ思える感情がリアルな感じがするというか…。

「彼方の恋」
ゲイビの撮影現場に現れた高校時代アイドルだったカナタ。
偶然再会した同級生・吉崎に連れ出され、流れで一緒に暮らすことになるが…。
ゲイとノーマル。
考え方がまるで違うから、さりげなく傷つくような言葉を発することもあって。
違いはあってもただ望んでいるのは同じように、ただ好きな人にフツーに愛されたいだけで。
特別なことを求めているわけでもなく。
けれど、フツーであることが難しく「特別」に感じられるような。
優しくされればされるほど。
愛されれば愛されるほど。
いつか終わる未来のことを想って暗く落ち込む気持ちは止められなくて。
自分の中でぐるぐるウジウジしてしまう部分もあるけれど。
そんな未来の不安さえも、今、ここで君が笑っていてくれるだけで忘れられるような。
救われるような。
ほんの些細なことで幸せを感じられる日常が1日でも永く続くことを祈らずにはいられません。

どちらの作品もどこかゲイのしんどい部分というか苦しい部分が見てとれて引き込まれる。
椿は本当に痛々しいくらいだし、カナタはそれに比べれば明るくも見えるけどそこに苦悩がないわけではなくて。
それでも幸せな日々が続けばいいなぁと思います。

3

表現のセンスに掴まれる

言葉の選び方や組み合わせ方が秀逸で惚れます。
特に最初の数ページのインパクトは凄かった…!
モノローグのひとつひとつに心を鷲掴みにされました。
作詞家、小説家ならともかく、漫画家さんでここまで好みの方はちょっとなかなかいないかも。
BLジャンルでなら中村明日美子さんくらい?
絵のセンス(絵柄ではなく、視覚表現的な意味で)も凄く好みだし、久々に感性面から惹かれる作家さんに出会えました。

始まりのインパクトが本当に凄いので、胸がヒリつくような痛々しいトーンを想像して読んだのですが、切なさはあれど思ったよりも明るくさらっとした感じでした。
どなたでも読みやすいストーリーだと思います。

女になりたい訳ではないけど、女ではない自分は醜い。
男に愛されることを知っている女には敵わない。
俺の手の届かないものに易々と手を伸ばす女なんて嫌い。
ゲイ男性が女性に抱くコンプレックスをこんな風に表現されるともはや言葉を失いますね…ガツンときました…

ただ表題作はストーリー展開が個人的にちょっと残念…
我が儘を言えば、2話目の奥田(攻め)視点は読みたくなかった。奥田の気持ちは知らないままで読み進めたかったです。

そういった意味で、お話的にはもうひとつの『彼方の恋』の方が面白かったです。
こちらも“ただ普通に”男に愛されたいと願う青年〔カナタ〕と、ノンケの主人公〔吉崎〕のラブストーリー。
カナタの涙ながらの主張がこれまた胸にガツンときます。

カナタは過去にいくつも苦い恋愛を経験していて、ちょっとめんどくさい子になっちゃっているのですけど、でもまぁなんかそれが可愛くも見えます。
吉崎の包容力で思いっきり甘やかされながら愛されてほしいなと。

ストーリーは王道ながらも、作家さんのセンスに引き込まれる一冊でした。

3

とても繊細なお話でした

作者さんのお名前通り、ガラス細工のように繊細なお話でした。

キャラの心情がとても丁寧に描かれていて、自分の性癖に嫌悪を感じながら、それでも好きな人の傍に居たいと願う心が痛いほど伝わってきました。
すごく脆い、本当にガラス細工のような心や関係が、いつか壊れてしまうじゃないか…と、根っから図太い私までとても繊細になった気分になりました。

「男を好きになる」という自分の性癖に気付いたときに、化粧をしてみるというのが凄く新鮮で、「あぁ、けどそう言うものなのかもしれない…」と感じました。
自分が女みたいになりたいのか、男として男に愛されたいのか。
もっとも簡単に確かめる方法ではあるかもしれないですね。

けれども主人公の彼は、その時の自分の化粧した顔を見て「醜悪」だと余計に傷ついてしまいます。
触れると壊れそうな心が伝わってきて、本当に切なかったです。

すごくシリアスなお話でしたが、お友達2人に妙に癒されたので、重くはなかったですww
傍にあんなお友達が居るってことが、嬉しかったです。
見かけや性癖は関係なくて、ただ人として大切にしてくれる友人が居るんだってことが、とても救いになりました。

絵はとても綺麗で読みやすいです。
綺麗なんだけど、上手かと問われると時々「ん?」と思う角度とかあったりしたんですが……、これがデビューコミックスなんですね!
すごくすごく楽しみな作家さんを見つけてしまいましたww

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う