シュガーコード

sugar code

シュガーコード
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×222
  • 萌54
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
32
得点
349
評価数
103
平均
3.5 / 5
神率
18.4%
著者
夏目イサク 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
ISBN
9784403662836

あらすじ

アパート管理人の亮は、街で見知らぬオヤジを助けた大土井の男気に惚れ、行き倒れた彼を家に連れ帰った。大土井はそのまま亮の部屋に居着いてしまい、あの時の勇姿が幻だったかのように一日中寝てるだけ。だが地上げ屋に狙われピンチに陥っていた亮を救ってくれたのは、やはり大土井だった。実は大土井はヤクザで……!?

表題作シュガーコード

大土井誠,28歳,ニートのふりして実は…?
高木亮,23歳,アパートの管理人兼広告デザイナー

その他の収録作品

  • あとがき
  • シュガーコード ~それから~

レビュー投稿数32

絵柄も展開も安心


893という題材も絡んでいますが、安心して読めるお話でした。
大土井という、誰にも繋ぎ止めかねるような、大雑把な人物に、執着を(恐らく初めて?)覚えさせた亮。
彼は、目に見えて優しいというのではないのだけれど、アレコレと(主に大土井にですが)頭を悩ませることの多い、人間味あふれる人物に描かれていました。世間に揉まれてる…
受けがこういったグルグルするキャラだと、攻めにとことん愛されて欲しくなります(笑)
大土井は、まあ言ってしまえば、この作品の売りなのでしょうけれど、非常にオンオフの落差の激しい攻めでした。そして、あるものを除いて、何に対しても関心が薄そうなのに、冷たいわけでは決してない、なんとも不思議なキャラ。
まーあなんも気にしてない感じがかっこいいです。でもやっぱり気にしちゃってるところが可愛い。受けより全然あざといですね。

以降、亮がポジティブに関係を回していきそうに見えて、彼が疲れてふいと向こうを向いてしまったら、大土井がちゃんと追いかけてあげそうな感じかなぁ。

あと、絵柄が、これ嫌いな人いるのかな…?ってくらい絶妙なあっさりさを保っている。ストーリーの展開も無理がなく滑らかで、安定してるなぁ、と思いました。あくまでも素人目には、ですが…
愉快な二人の周りのキャラ達の編成も過不足なく、きちんと当て馬(にもなってないだろうか)要員もおりました。
何だか、全体的に、作者さん理系だろうか(笑)

大土井と亮、一緒になれて心底よかったなと思います(笑)ので、萌×2をつけさせていただきます。最初から最後までおいしい作品でした…!ハッピーエンド、何度も読んじゃう。

最後に、タイショーめっちゃかわいいですわ

2

魅力的な登場人物たち

あとがきによると、この作品は「タイトロープ」のスピンオフを描かれる予定だったそうだったのですが、全く別の作品に^^。
夏目さんの予定では「タイトロープ」のどの登場人物のスピンオフ予定だったんだろう?と気にもなりますが、このお話も読めてよかった!という感想です。

人情に厚くて優しい高木君と、カッコイイ所とだらしなくて怠け者な所が不思議に混ざり合ってる謎な人物、大土井。
ちょっと掴みどころがないようなキャラなんですが、それに振り回される高木君が可愛かったです。
二人を取り巻くキャラ達も魅力的で、特に好きだったのが大土井の弟、浩二と高木君が大家をしているアパートに住むサクラさん。
男前な(性格もルックスも^^)浩二は魅力的だし、サクラさんは美人で優しくていいキャラでした。

1

ドラマCDからの原作買い

声優さん目的で先にドラマCDの方を聞き、面白かったので原作を購入・・・というパターンです。

CDでは大土井さんの飄々とした感じが非常にツボでしたが、原作もその飄々さが非常にツボで・・・
グータラモードとお仕事モードのギャップ萌えも・・・
Hシーンは最後の方にしかないのですか、それが結構グッときます。(大土井さんもグッときてます・・・)
エロさは微糖ではありますが、私は案外キスシーンに萌えました。
ほんわか淡々ながらも、物語とキャラクターと設定が面白いので、楽しく読めます。
夏目作品は初めてだったのですが、この世界観が好きで今他の著作も集め始めました。

1

亮くんにもっともっと執着して!

面白かったです。

大土井さんも亮くんも好感がもてるキャラクターでした。

大土井さんはすごくモテるけど女性との付き合いが長続きしないという設定のようですが、何だか分かる気がします。

飄々としていて掴みどころがないのに、冷たいわけではなくて思い遣りもある。
しかし、自分に対しても相手に対しても執着がないのです。
だから長続きしない。

しかし、亮には執着しているようですから、このふたりは大丈夫かなと思います。
これからも亮にもっともっと執着して、いつまでも仲良くしてほしいです。

0

読み返してみたら、想像以上に面白かった

前に1度読んだときはそれ程面白いと感じなかったんですが、
読み返してみたら前よりも面白かったです。

多分以前ハマれなかったのは、大土井さんが夏目イサク先生作品の
攻めではあまり見られないタイプで、よく掴めない人というか…。
要約すると、もっと受けの亮くんに対してベタ惚れ&執着くれ!!
って感じだったからだと思います(笑)

しかし今回はそのことを頭に入れて読んだので、大土井さんもちゃんと(?)
格好よく見えました。大土井さん何か違う…と思った方、少し間を空けて
もう一度読み返してみると、感じ方が変わってくるかもしれませんよ~。

ストーリーは極道系ですが、割とあっさりしています。しかし物足りないと
いうわけでもなく、読みやすかったです。話の重点が極道ではないので、
雰囲気が変わらないこのくらいが丁度いいと思いました。

きっと1度読んだ状態でつけたら萌え評価だったと思うんですけど、
今は萌×2で!もう1度読んでみて良かったです。個人的には弟に
もうちょっと亮くんと大土井さんの邪魔をしてもらって、もっと
大土井さんが落ち込んでいるところを見たかったなぁ(←酷いw

0

893?

イサクさんの新作!今回もよかったです。
そしていつになく受けがかわいい。

このマンガ、受け視点なんですけど
私は攻めに感情移入?してしまった。
とゆうのも、この攻め、ところかまわずちゅっちゅちゅっちゅするキス魔なんですが、
自分が受けの表情とか言動にあーかわいい!って思うと攻めが次のコマでちゅってしてる(笑
最初からそれなんで最後の方はかわいいって思った瞬間、くるぞくるぞ・・・!みたいな。
別の意味で面白くなりました。

攻めのキャラが謎すぎて、
最初は受けがすきなのがあんまし伝わってこないし、
何だこいつ?ともやっとするのですが、
そのもやもやも、ぜんぶ受けが代弁してくれるので割とすっきり読めます。
雑誌掲載時より100P以上かき直されたとゆうことですが、
確かに受けはともかくこの攻めはさぞ動かしづらいだろうな・・・

もう受けかわいいし攻めもなんだかかわいいし相変わらずキャラの見せ方が上手いわで、
今回も満足でした。
1冊丸々1作品なので読み応えもあります。
でもやっぱりイサクさんのやくざものはやくざっぽくない・・・(笑

3

少し異質な感じに思えて…

イサク作品にしては、んっ⁉…と思ったんだけど、何回か読み返すうちに、じわじわとこの作品の良さが見えてくる…静かに萌えるお話でした。

内容は、インテリヤクザ•大土井 × ダメ好きお節介な管理人•亮の年の差&年上攻もの。

チンピラに絡まれているオッサンを助け、そのチンピラをボコボコに倒していた大土井。
その風貌と雄姿に魅せられた亮は、ひょんなことから自分が管理人を務めるアパートに連れていきます。
行くところがないという大土井は、そのままアパートの空室に住むようになり…何故か、自分の部屋より、亮の部屋にばかり入り浸る始末。

出会った時の大土井は、かっこいいヒーローのようだったのに…
気づけば、髪も髭も伸び放題、ダサメガネに、ドテラを来て、仕事するわけでもなく、亮の愛犬・タイショーの散歩と、ゴロゴロ過ごす日々。

地上げ屋に絡まれ始めた亮を助け出した大土井は…実は実家がヤクザだと発覚。
大土井にも事情があって…と
そんな2人が織り成すロマンス。

普段はモッサリしてて冴えない男だけど、実は、凄く優秀な大土井。
ただ、執着心が希薄な大土井は、凄く浮世離れして見えます。
結構執着萌な私としては、物足らなくて、最初は、大土井の真偽はどうなのか、少しイラっとしながら読んだものです(笑)
ただ、何回か読み返していくと、普段はヘラっとしているのに、ふと真剣な眼差しで見つめていたり、本当は照れ隠しなだけで、意外とヘタレだったり…と、いろんな表情に隠されている、亮を特別に思っている感情なのかも…と思えてくると、大土井に対する着目点も変わってきて、不思議と楽しめました‼
ギャップ萌…はたまたじりじり萌⁉といった感じでした(笑)

亮は、おじいちゃん子で、情に厚く、純粋で素直!
だけど、意地っ張りな所もある、可愛らしいタイプ。
女装姿も可愛かった♡
ただ、いつものイサク作品のよううなツンツン受けとは違う、攻めに振り回され気味なツン受け位の受様でした。

表紙の大土井が、出来るかっこいい攻様に違いないと思っていたのに…その実態のギャップには笑えましたけどね(笑)

大土井の弟の方が花があるので、結構萌タイプでした♡
他の、アパートの住人や愛犬タイショーもいい感じで絡んできて、この辺はイサク先生の良さが際立っていて楽しめます。

私的には、いつものようにダイレクトに萌えさせてくれるイサクワールドが好みのようなので、『萌』評価になってます。

イサク先生らしいほのぼの、可愛らしいお話!
ギャップ萌&変わったヤクザもの、ほのぼのライトなお話を読みたい方にはオススメです。

3

コミックス化にあたり、大幅加筆修正?!

おおおお…これは…
ディアプラで読んでいた方は驚かれると思いますよ。
完結しています、ちゃんと(笑)!!
確かに本誌では中途半端だったんですよ、かなり。
くっついたのはくっついたけど、なんかハッキリしない二人で。
そんな二人がコミックスではしっかりまとまってくれました♪

街でかっこいい男を拾った亮。
アパートに連れ帰るが、その男・大土井は日増しにダメ男になっていって…
イサクさんらしい可愛いラブコメです!
ぼさぼさ頭に無精ひげ。初めて会ったときとは全く違う大土井。
喧嘩が強くてかっこいい男だったはずなのに、何故だかニートのダメ男。
そんな大土井に振り回されながらも、なぜか彼に惹かれていく亮。
そして大土井の正体が明らかになってからは、そのギャップがまた亮をくすぐるわけなんですよねw

亮は今までのイサク作品の中でも一番な美人さんな気がします。
そして、ツンデレが多いイサク作品の受キャラの中では珍しく、健気受ですよ!
ダメ男・大土井に惹かれながらも、自由奔放な彼に振り回されまくり、それでも健気に彼を思い続けます。
一方、自由奔放すぎる大土井は、亮を振り回してるつもりは一切なし。
自覚がない分、やっかいなんですよね~。
天然すぎる大土井の言動に亮は傷ついたり、そして傷ついた亮を慰めるのがその大土井だったり、
天然で大雑把な男なのに、優しくって包容力があるから、結局大土井が全部受け止めてうまくいっちゃうんですよ。
そしてキメるときにはビシっとキメるから、だからかっこいいんですよね~。
だから亮も大土井のことを好きになっちゃうんですよ!!
普段のドテラを来てる姿と、本職の姿(ヤクザの息子)とのギャップが大きすぎますから!!

「好き」の言葉がないのにキスしてきたり、亮の告白を受け止めつつも自分の気持ちを言ってくれない大土井に、
モヤモヤしていた亮と、そんな彼に気づき、すれ違ってしまう二人なのですが、
本誌ではなんとなーーくこの後二人が結ばれたような展開だったんですが、
コミックスではちゃんと大土井の気持ちも聞けますし、

ち ゃ ん と エ ッ チ が 見 れ る ん で す よ !! 

ここが大きい!本誌では見れなかったですもん、ラブラブな二人!!
何考えてるかわかんなくて、やっかいだ~と思っていた大土井ですが
ちゃんと亮に思いを伝えてからもすんごいやっかいですwww
素直になったら素直になったで、もう恥ずかしい~!!
実は直球勝負な男のようですw
これもまたギャップ萌えなんでしょうねぇ…。
最後の最後、すごく幸せそうな二人(と一匹)を見て、私もすごく幸せな気持ちになりました。
無事、コミックスで幸せな二人をみることができて私も嬉しいです。
書き下ろしも相変わらずなかんじでwww
亮は可愛いし、大土井の可愛い一面も見れたし大満足♪

2

やっぱりイサクさん好き~~~!

なんでイサクさんのお話は、キャラみんながこんなに愛おしくなっちゃうんでしょう!
本当に、みんな素敵!主役の2人だけじゃなくて、ご近所さんも、ママも、弟も、ヤクザな仲間たちも。
可愛い。カッコイイ。優しい。あったかい。面白い。
嫌な奴なんて居ないのに、ちゃんとハラハラドキドキを堪能できるお話って、本当に幸せ~な気持ちになれます!

普段もっさいけど、やるときはやるんだゼ!
な大土井が、ホントにカッコイイ!
そんで、天然振り回し系!
これは亮は、ず~っと振り回されっぱなしで苦労するんでしょうね!
だって無自覚なんだもん(笑)

それにしても…、このお話はホントヤキモキした~><
くっついたかと思えば出て行っちゃうし、帰ってきたかと思えば、嘘間男の弟にあっさり譲って外に出ちゃうし;
そこは「渡さ~~~ん!」って言ってっ!!!

なんか、相思相愛なのは分かってるんだけど、周りは安心して見てらんないって感じ!
けど本人たちはなんとな~く上手くやっちゃってて、「大丈夫なんだけどな~」とか言って、のほほんとしてそうです(笑)

そんなこんなで、私はまたしても「イサクさん大好き~~~!」と叫ばされるはめになりました。まんまと(笑)

ところで、このお話タイトロープのスピンオフ?なのだそうですが、どこら辺がだったんでしょう?
ヤクザ繋がりってこと?かな?
ぱっと読んだ感じ繋がりを見つけられなかったので、これからタイトロープの読み直しです!


2

夏目風ヤクザ物?

既刊「タイトロープ」のスピンオフ・・・として最初は考えられていたらしい作品だそうですが、どこにも龍ちゃんや直樹は出て来ません。
でも、匂いはあったというか、どこか雰囲気が似ている感じがしました。最初の1ページとか・・・

夏目さんの描くヤクザは、仁侠の世界なのがイイ感じです。みんな良い人なのでホッとするというか。ハードな極道モノも大好きですが、こういう可愛いお話もいいなぁ。
極道モノが苦手な人でもきっと大丈夫だと思います。

さて、1ページ目では超格好良かった大井戸さんですが、その後は殆ど無精髭に半天羽織ったさえないオジサンになっています。ギャップ萌え狙い?!普段は超ヘタレですが、やるときはやる、そんな素敵な(?)攻めなのです。
でも、基本的にはヘタレ攻め属性ですね・・・

受けの亮青年は、まさに「夏目さんの受け」代表格的外見。ちょっと可愛くて天然さん。行き場の無かった大井戸を、祖父から譲り受けたアパートに住まわせてあげる良い子なのです。
ちょっと下まつげ多めでぱっちり目なのが可憐です。

そのアパートが地上げ屋に狙われていてちょっとした事件が起こり、亮君はなんとなく大井戸さんへの気持ちを自覚するのですが、そこから先が長い長い。誤解や行き違いやお互いの環境の違いから、上手く行ったかと思えば何か変なことになっていたり、結構(作者から読者への)焦らしプレイ多めです。

Hシーンはあるけど、少なめ。それより、夏目さんの真骨頂である(と個人的に思っている)、受けの子の赤面シーンが沢山あって、それで満足出来るくらいです!可愛すぎる~
赤面スキー同志にはたまらない作品でしょう。

あ、意外な名傍役、大井戸弟。カッコよすぎて惚れます。下まつげもイヤラシい感じでイイ!
個人的には、こっちが攻めの方が好みなんですが、この人が攻めになると、お話がガラっとシリアスになりそうな感じがする・・・
女受けしそうな外見なのに男に惚れられる男。ホントカッコいいよ!
描き下ろし編では、弟×亮(??)っぽいのが少し見られます。

でも、全編通して一番気になったキャラは亮の飼い犬「タイショー」かも。 あのふかふかに顔を埋めたい!!ある意味一番の萌えキャラ・・・!

平和でほんわかと甘い感じのお話でした。




1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う