パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~

papa's assassin

爸爸的暗杀者

パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神71
  • 萌×267
  • 萌28
  • 中立11
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
31
得点
718
評価数
187
平均
4 / 5
神率
38%
著者
SHOOWA 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス HertZ Series
発売日
ISBN
9784813053521

あらすじ

高校生の龍之介は、常にモテる男前の父・ダニエルと二人暮らしをしている。龍之介は知らされていないが、龍之介は14年前、ダニエルがある女性から託された子供だった。気の置けない友達もいて、楽しい毎日を送る龍之介。けれど、ダニエルには言えない秘密を抱えていて…!?
(出版社より)

表題作パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~

同時収録作品パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~

ヴィス,父親にソックリの恋人
龍之介,報われない片思い中の高校生

その他の収録作品

  • ダニエルのSEXY日記

レビュー投稿数31

一緒に泣いた

「うわー、やられた!」という感じです。
表紙があまりに濃かったので、敬遠していて損しました!
ミリオンさんもその辺りどうにかしてくださったら、もっと手にとられる方、増えると思うに。
しかも、続き物でした。
副題の『龍之介は飛んでゆく。』を見た時は、頭の中で『コンドルは飛んでゆく』が流れましたよ(笑


受けである龍之介のパパ・ダニエルはアサシン(多分、今は引退しているのでしょうが)。
龍之介は高校生で親友(男女)と体を重ねている、バイ。
10歳のある日からパパを意識しだし、今現在も恋心を抱えています。


ダニエル目線と龍之介目線で進むお話に分かれているのですが、ダニエル目線ではひたすら龍之介を心配し、龍之介目線ではダニエルへの報われない恋に切なさ全開。
実際、ダニエルと龍之介は血の繋がりはないのですが龍之介はそのことを知らないので、自分の恋心に苦しんでいます。

龍之介がダニエルの彼女と三人で食事をして、良い息子を演じていた時の心中での『地獄』という一言にやられました!(涙

はっきりした説明調のセリフはなくとも、SHOOWAさんの描かれる作品は共通して表情で感情を読ませ、引き込んでくれます。

後半に登場した攻め、ヴィスは何者なんでしょうかねー。
嫌いですよ、わたしは!
断然、ダニエル派ですから!(笑
ラストのダニエルには震えます。

SHOOWAさんの作品は、受けも攻めも大好きになれることが多くて読んでいて応援したくなるから不思議です。
龍之介の親友ふたりの存在もすごく良かった。
全部は打ち明けられていなくても理解者がいてくれて、ほんのちょっとでも安心できました。
出来れば龍之介はダニエルと幸せになって欲しいけど…ダニエルが完全に息子として愛しちゃってるから無理でしょうかね。

次巻も必ず買います!
はやく出て欲しいー。

7

ギャグと切なさが溶け合って独自の空気に

◆あらすじ◆

父一人子一人で日本に暮らすダニエル(42歳 フランス人)と龍之介(16歳 ヨーロッパ系ですが出生は謎)。
ダニエルは、14年前に見知らぬ女から預かった龍之介を自分の子として育てています。
成長するに従い、ダニエルを父親としてではなく恋愛対象として見るようになった龍之介。
ダニエルと血が繋がっていないことを知らない彼は自分の気持ちに戸惑い、苦しんだ末、ダニエルにそっくりの男・ヴィスと付き合い始めますが――
続編(未刊)ありの第1巻目です。

◆レビュー◆

「イベリコ豚と恋と椿」と同時期に発行されたコミックス。龍之介のセフレのゴン太は、「イベリコ豚~」の入江の弟・翔太です。
「イベリコ~」の人気に食われた感がありますが、個人的にはこちらのほうが雰囲気があって好きです。(表紙絵は中身とは雰囲気が違います。)
ダニエルのモノローグで進行する一話目は、まるでフランス映画みたい。
モノローグが語る「いい子に育った」龍之介像と、モノローグに重ねて描かれていく龍之介のSEX三昧の現実とのギャップに苦笑しながら読み進むうち、ダニエルの知らない龍之介の心の闇がじわじわと見えてきて…
可笑しさと切なさのバランスが逆転していく感じがまた、心地良くて。

ダニエルは表稼業はガテンですが、どうやら裏稼業がありそう。龍之介に関しても、本人の知らないところで不穏な動きが…ただ、そこはまだ匂わせる程度で、今回は二人の、基本は親子関係、でもちょっぴり恋人入ってるような、微妙な関係の描写がメインになっています。

この2人、一見したところは本当にステキな友達親子なんです。まさに理想。
ダニエルには恋人(女性)もいますが、龍をすごく愛してて、子煩悩で。
でも、実は他人な二人の関係を意識してこの作品を眺めると、景色は一変。
個人的に心拍数が上がったのは、スーパーで夕食の買い物をする龍とヴィスの会話を盗聴したダニエルが、「あきらめろ龍 お前とそいつは徹底的に食が合わん」と心の中でつぶやく場面。
ダニエルの中にあるのは、父の愛?それとも無意識のジェラシー?・・・(≧▽≦)
どちらとも取れる微妙な心理が淡々と描かれていくさまは、まさにフランス映画的。
ギャグも盛大に挟まっていますが、笑いと切なさがお互いを浸蝕し合わず絶妙に溶け合ってる感じ。これはSHOOWAさんならではのワザですね。

龍がダニエルに激似のヴィスといたしてしまうシーンもほんとに切なくて。
龍がヴィスを好きな理由が「ダニエルに似てるから」という時点で、ヴィスがダニエルにかなうわけがないのに。
ヴィスとの出会いに、初めは舞い上がってたのに次第に虚しさも感じ始めているような龍の表情にも惹き込まれます。

ダニエルと龍、一体どうなるんでしょうか?
龍の想いが叶ってほしいような、このまま良い親子でいてほしいような・・・(/ω\)フクザツ
龍の親権をほしがってる謎の人物の正体も、すごく気になります。

◆SHOOWAさんの昭和ネタ◆

SHOOWAさんの作品には昭和を感じるネタがしばしば登場しますが、この作品もパパが42歳のせいか、昭和満載でしたね。昭和ではないけど、バブル時代の象徴「ジュリアナ●京」も。
その一方で、「OKつかまつり~」(「イベリコ豚~」にも登場。入江兄弟が発信源?)のような誰もが使ってみたくなる独自の言い回しを発信したり、画風も今感覚のスタイリシュさで、アナクロ臭ゼロ。
1人で二世代分のカルチャーを軽くカバーしてる気がする年齢不詳なオーラも、SOOWA作品の魅力だと思います。
昭和の記憶をお持ちの方は、ぜひこの作品に散りばめられた昭和を探してみてください。

7

こっそりリンクされてるのが嬉しいやら悔しいやら

やっと読めた。
なんてsexyなパパなんだ!アサシンらしきとこはまだ出てこないけど、ダニヨルさんは『ジンと猫は~』にちょっと出てるんですって?もう手元に無い…。タイトルにもあるように、ジン~に出てたときはアサシンだったのかな。冒頭で、もうこんな仕事は辞めようと誓ってますが、その仕事が殺し屋だったのかも…
そしてその後どんな理由や経緯で日本に住むようになったのかなどなど、細かな説明がないのですが、これがだんだんと明かされていくのでしょうか。

自分がダニヨルパパの実の息子ではないことを知らない龍之介は、パパに恋してることで悩んでます。
さらに追い打ちをかけるように、息子がゲイかもと疑っていたパパに、おまえストレートだよね?よかった~と言われ、落ち込みます。
パパのことは諦めようと決意したところに現れたのは、パパを10ぐらい若返らせたような男ヴィス。あっけなく龍はヴィスと恋に堕ちちゃうわけですが…怪しいですこいつ。どこかのスパイかも。だいたいなにこの学ランみたいなコート。なんて疑いながら読んでく内に、ページ数残り僅かでアレ?ちょ、あれちょっと待って!これ続きもの~~~!?
どっかに「1」って書いてたか…な。書いてないよね。いやいやびっくりした。
もひとつびっくりしたのは、龍の親友というかヤリ友のゴン太こと翔太。
イベリコと同じ顔…と思ったら、ペーパーに相関図があって、イベリコの弟とな。
別ペーパーでは、イベリコさん20歳とあって、どんだけ留年してんねんって笑ったけど、あるいは留学してたとか?もっと意外だと入院してたとか?
そんなこと思いながら『イベリコ豚~』を読み返してみたら、カバー下にイベリコ兄妹がしっかり載っていました。
龍之介が載ったイケメン高校生特集の雑誌にも、知ってる面々がたくさん載ってるようですし、いま配信中の作品にも接点があるみたいだし、これもいずれコミックスになるのかな。見逃せないです。

5

2巻を読んで「神」確信です

そんな評価の付け方もどうかと思うんですが。
すいません…(汗)

この巻だけだとまだ序章も序章、タイトルの「アサシン」要素まるでゼロなんですよ。
これからいよいよ何かが起こりそうだぞ~って期待をさせるも、まだ何も起こっていないところで終わるんで。
なので評価を決めかねていたのですが、2巻読んで“間違いない”と思ったので改めて「神」!
いくつか読んでる続きモノの中で、いま一番続きが楽しみで仕方のない作品です。

ジャンルとしては「向日性のとびら」的骨太ストーリーなSHOOWAさん。
あちらが単巻の足早展開でストーリーの肝となる部分が端折られて拍子抜けだったのに対して、こちらは複数巻構成でガッツリ楽しませてもらえそうです!

この巻は丸々一冊、息子〔龍之介〕の恋愛ターン。
パパに恋してしまった息子の行き場のない切な苦しい恋心が、可笑しさを交えた絶妙のトーンで描かれています。
切ないのに笑っちゃうっていうのが個人的に大好きなので、SHOOWAさんのこの独特のトーンは堪りません。
笑っちゃう。
パパの子を思う愛のこもったモノローグに合わせて息子のトンでもない日常(親友2人と3Pしてるw)が描かれてるのとか。
SHOOWAさんの狙い通りにまんまと全部笑っちゃってるw

で、そんな風に性欲だけは何とか吐き出せても心は何も満たされてない龍之介がなんかもう気の毒過ぎて(T_T)
パパがデートでいない時に、部屋で独りでパパを妄想して慰めてるのとか泣けます…

パパはパパで、ある日龍之介のベッドの下からゲイ雑誌を見付けてしまって「ゲイが悪いとは言わないが…まさかうちの子が…いやいやナイナイ」的な親としての葛藤に悩まされて、龍之介が女の子とエッチしてることにあからさまに安心したり。
そのあからさまな態度がまた龍之介を傷付けてしまう訳で…う~(T_T)
自分の恋人に言われた「いい父親ね」って皮肉を言葉通りに受け止めて上機嫌になっちゃってるし…パパはホントいい“パパ”なのです。

パパの親としての愛情が深く愛されてるだけに、全く報われそうにない龍之介の恋心が余計に切ないです。

あとストーリーとは関係ないですが、ちょっと一般受けしなさそうな6%DOKIDOKI(原宿にあるグロカワ系の雑貨屋さん)みたいな絵面のヘンテコリンさもすごく好みです。
ガチャガチャした色味の表紙デザインとか、ヘンなぬいぐるみで溢れ返ってる龍之介の部屋とか超カワイイヨー!

2

ストーリーに引き込まれる

SHOOWAさんは「イベリコ豚」でツボにはまり、何作か集めてしまった好きな作家さんです。珍しく絵はめちゃくちゃ好みというわけではないのですが、魅力的な絵だと思います。

パパも龍もキャラクターがいいです。
親子(近親)ものは自分的にNGですが、本物の親子ではないし
ストーリーも伏線がたくさんあり、続きが楽しみです。





1

アサシンの意味について。

アサシン=暗殺者、殺し屋

読み終わって、全く意味がわからずアサシンを辞書で引きました。
おお!「おもしれー!」そのご興奮して面白いを10回程叫びましたw/(^o^)\
ダンディーな親父大好物な私にとって、龍之介と親父の関係はぺろぺろ!
とにかくダニエルがイケメンだああああああああああ!
こんなパパだったら恋しちゃうよね(*´ω`*)

ネタバレあります↓
龍之介は健全な高校生に育ったらしいのだが・・・ん?前も後ろも!?
今時の高校生ってこえぇー(・_・;)
性に対してオープンなだけだよね!なんて独り言を言いながら読み進め、
龍之介のチャラさにヒューヒューして、泣き顔にhshsして、とにかく忙しい。
ってか泣いちゃうんだwかわえぇ(*´ω`*)と思っていたら、同じ事を思ったのか
トイレの前でまさかのナンパwわーお!いっけめん発見!
まあ、完全にフラグキター\(^o^)/な展開でしたww
いやはや、でもさすがアサシンダニエル!盗聴器にはびっくりしたなーw
ん?なにやってんだ?とおもったら・・まさかのでしたーw
数コマに繰り広げられるダニエルの葛藤がああああもおおおお!たまらん!
SHOOWAテクニック満載!続きを全裸期待!\(^o^)/

1

異色のBL作品だと思う

劇画調で、内容がサスペンス。
こんなBL作品もあるのだなー、と驚きました

「龍之介は14年前、ダニエルがある女性から託された子供だった。気の置けない友達もいて、楽しい毎日を送る龍之介。けれど、ダニエルには言えない秘密を抱えていて」・・という紹介文。

表の顔は、ダメダメなズボラオジサン。
実は、本当の姿は、凄腕のエージェント。
・・読んで居て「浮浪雲」を思い出してしまいました。
ダメダメでふわふわだけど、行動の裏には深い愛がある。
危険を承知で、川で投げ込まれたカワイイ坊やを護りながら育てる長期のミッションには、とある国の王権相続がかかっていた。

スリルある物語、
女性から勝手に投げ落としてきた子供を無償で育てるダニエルの捨て身の愛情に感動しました。
深い内容です。

0

はめられたのかな?

初めてレビューします、つたないところは目をつぶって下さるとありがたいです。

こちらで大変評価が高いSHOOWAさんの「イベリコ豚」
BLを読み漁りはじめた頃、わたしも読んでみたのですがどうにもよさが分からず
(大好きな皆様すみません!)
好きな本しか手元に置いておきたくないタチなもので、早々に手放しました。
もう、SHOOWAさんの本を読む機会はないだろうと思っていたのですが、
最近本屋で、この本の表紙のパパ・ダニエルと目があって
(もちろん、んなワケはない。いや、分かってはいるんですよ、一応)
目力にやられ固まること数秒・・・ということが3回程あり、
エンドレスに続きそうだったので、そのままレジに連れて行くことにしたのです。

読み始めてみたら、引き込まれる、引き込まれる・・・
(細かい内容は割愛。前の方々が素晴しいレビューを書いてくださっていますし)

龍之介の笑顔にキュン
パパ・ダニエルを想う姿に胸がグッ

龍之介は心の内をあまりしゃべらない
無口なわけじゃないけど、発する言葉の何倍も気持ちを飲み込んでる
またその表情が多彩なんです
そんなに色んな顔でもがいてるのを見せられたら、そりゃこっちは感情移入しちゃうよ
せつないよ。
それでもって、龍之介の気持ちを更にリアルにしているのが
パパ・ダニエルの文句なしのかっこよさ。
表紙の顔で既にやられたわたしが言うのもなんですが、親としての姿勢や、純粋に龍之介を可愛がってる姿や、立ち振る舞いがスマートなところ、などなど、いやいやかっこよすぎて、こんな人と一緒に長くいたらそりゃ惚れちゃうわ、ってなもんです。

せつない恋心に胸を痛めつつ、かっこよさに身悶えしつつ、夢中になって読み進めて・・・

て・・・あれ?

下に小さく、to be continued...の文字

次のページには、「次巻に行く前にセクシーなおまけ。ダニエルのセクシー日記」

continued? 次巻? あれ? と、せっかくのダニエルのセクシーなお姿にも心ここにあらずでページをめくり読み進めると、最後にSHOOWAさんからのメッセージが

「読みきり作品と思われた方はすみません!」と。

う~!!
わざとですか? 1巻と表紙に表記しないのはこだわりですか? 
買う前にこちらのレビューを読んでおかなかったわたしも悪いのかもしれませんが、
でも、う~!!!!!

好きであればあるほど続きが気になり、且つ我慢するのが苦手なタイプのわたしが悪いのかもしれませんが、これはないよ、心の準備ができていなかったよ、続きがすぐに読めないと分かっていたらフィルターをかけてあんまり入り込まないように読んだのに・・・。
というか、1巻しかでていないと分かっていたらきっと、表紙のダニエルの誘惑(?)
にも屈しなかったのに!

くやしいけど、この本は本棚の奥深くに保管。

2巻が出るまでの間に再読しちゃって、またう~!!ってなって
結局SHOOWAさんの他の作品にも手をだしてしまいそうな気がする・・・
・・・はめられたのかな。

2巻では龍之介がダニエルにはめられて、うれし喘いでる姿をぜひ見たいな
そうしたら、この気持ちも成仏できそうです。
(でも欲を言えば、龍之介の妄想でもいいから逆も見たい)


お伝えしたいこと:続き物。読みきりと思って読むと痛い目をみるかもしれません。
         それを差し引いても登場人物の魅力とシリアスさに引き込まれる
         素晴しい作品。
     

7

パパはセクスィーw

舞台が日本なのに、登場人物はフランス人だったり、デンマーク人だったり、おばあちゃんがブラジル人とかetc...実に無国籍な雰囲気漂う人々。
モラルもフリーな雰囲気が溢れ
義理の父子ものなんだけど、その奥深いんだか軽いんだか、切ないんだかおかしいんだか、感情の方も無国籍なみに色んなものが詰め込まれ
そして!!何やら重篤な謎も隠されていて
色々なものがどっさりと沢山味わえるこの本作は、何故かとっても贅沢な本だな♪という印象。
だけど、全然複雑で分かりにくいということは全くなくて
凄く素直に純粋に物語もキャラクターも楽しめるのです。

何やらヤバイ事に足を突っ込んでいたのでしょうか?
ダニエルは逃亡途中に突然女性から子供を預かり逃げるはめになる。
そして14年。
ダニエルの子供として龍之介は、二人で日本で生活中。
龍之介はどうもダニエルが好きみたい。
その感情をもてあますと、親友のゴン太と寝たり、女友達も入れて3Pなんてやってるが、それが乱れた性という雰囲気は余り感じない。
龍之介ののほほ~んとしたキャラクターのせいでしょうかww
そんな時に、ダニエルに良く似たデンマークから来たヴィスと知り合い、関係をもつのです。

龍之介とダニエルの親子関係が、それはそれは実に魅力的!
まるで友人のような、親のような、龍之介はやりチンとか言うけど、肉体労働をしているようには見えない、なかなかの男前。
彼が家事をしている姿が思わず萌えます!
そんな掃除をしている時に龍之介の部屋で見つけたgay雑誌←オヤジ似(?)のアニキの裸体写真に爆笑!!
息子はゲイ!?
そこから父親としての悩みと心配が増えるのですw
本当、律儀なお父さんですね♪

そして龍之介は、一見ボヤーンとしてやる気がなさそうないい加減そうな表情に見えるのに、実に子供な雰囲気が満載。
思いっきり笑ったり怒ったりという表情は見られないけど、ダニエルに彼女ができるのにショックを受けてる時の顔といったら!!
ああー、何てかわいい子なんだろう♪

だけどちょっと波瀾が起きてくるのが龍が家にヴィスを連れ込んだのとダニエルが鉢合わせした時!
それと何やら、龍の出生に関わる何かがありそうで、、、
一体何があるの?
龍の気持ちは、ダニエルの気持ちはどうなるの?
シリアスとユニークが混在して、ますます目が離せないこの続き!
ストーリーの見せ方も飽きさせないし、キャラクターも魅力的です。

描き下ろしは多分龍之介目線なんだろうなw
何をしてもセクシーなダニエルということで(爆)
そしてカバー裏、本体の迷路もお忘れなく!

5

ぶっ飛んでて、セクシーで、シュールで、そして切ない。

人気のSHOOWAさん、実は初読み。
どれも表紙が今ひとつツボじゃなさそうな予感があって、
今までなんとなく手に取る機会がなかった。

このたび読んでみるきっかけになったのは、山中ヒコさんの「ギブズ」。
そのカバーをめくったところに、「パパ's アサシン」のキャラがチラリ。
ん?と興味を惹かれて、ようやく辿り着いた次第。

感想は、読んで良かった!(表紙で避けていて損したよっ!)
そして、え?これ続き物だったのか?
最後何ページか残して、これどうやって収束するの?と
結構ドキドキしたのだけれど、「分かった、2巻を楽しみにする」と本を閉じた。

正直最初、ダニエルがフランス人という設定が飲み込めなくて
(息子の名前は龍之介だし、グランマとの会話が向こうは横書きだけれど
こちらのセリフは縦書きで、これ向こうは仏語でこっちは日本語?と思ったし)
ちょっと混乱しながら読み初めたのだけれど、読み終わって再読したら
その点に限らず、重要なことがサラッと書かれていたりして
なるほどねーという感じだった。
次巻、張られた伏線の謎が明かされていくのだろう。

モデルにしたがらなかったのは、顔を露出させたくなかったんだとすると
ダニエルパパは、彼の曰くありげな出自を知っているってことか?
そんなに都合よくパパにそっくりなイケメン(デンマーク人)が
現れたりしないだろうしねぇ。

途中まで、トンデモ設定のコミカルでセクシーな父子ものと思って読んでいたが、
いやいや、恋の行方はそんなホームドラマ的な展開じゃなく
世界を股にかけた大掛かりなLOVEになるのか?!

カバーを外すと、迷路が
ここに山中ヒコさんが参加されているのも、また楽し。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う