鬼才・SHOOWA先生の最新作! 不思議の森の住人たちを描いた、感動の人外BLファンタジー。

ニィーニの森

niini no mori

尼尼之森

ニィーニの森
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神91
  • 萌×226
  • 萌34
  • 中立16
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
28
得点
677
評価数
181
平均
3.9 / 5
神率
50.3%
著者
SHOOWA 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784396783433

あらすじ

そこは、夢の世界。
人間は動物に、動物は人間に、
種族を変えて 愛おしい生を共におくる-- 。

「愛しのココ。
僕がいなくなって、悲しんでくれる君がいたら少しうれしい」

ニィーニの森は、さまざまな種族が集う不思議な森。
満月に願えば湖の妖精が願いを叶えてくれるーー。


[第1話]
人間とブタ、そしてカエル。
呪いを受けた〝君〟に恋をしてーー。

[第2話]
狼が育てたのは猫科のハーフ。
狼は見届けたい、愛し子を。

[番外・蛹の脚]
カブトムシの恋を描く異色作。

[第3話 前中高編]
殺し合う人間とウサギの一族。
種族を超え、男はウサギの青年に惹かれていく。

描き下ろし収録!

表題作ニィーニの森

オーウェン,ウサギの血を引く人間
タドタ,ウサギ

同時収録作品第1話

カエル
オメット, タドタと入れ替わったブタ

同時収録作品第2話

ウルフ, 狼から人間になった男
ココ, 獣と人間のハーフ

同時収録作品番外編 蛹の脚

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数28

ア○パ○マンとス○フ○ン登場?

ニィーニとはなんぞや?と、予約時から頭を傾げておりました。

動物擬人化ものは苦手ジャンルなんですが、SHOOWAさんは作家買いをしていますので、とりあえず予約しておりました。
どんな内容でもとりあえず買うことは決定ではあったのですが、気持ち的には『モフモフものかー』とテンション上がらなかったというのも事実です。

書き下ろし含めると七話あるのですが、わたしが撃沈したのは二話目のウルフとココのお話。
ウルフがねー、もう、わたしヘタレなんで読みたくなかった!正直!
切ないんです!
生き死にはたとえ神様でもどうすることもできない、未練があっても心残りでも自然の摂理には抗えないことが描かれていました。
なので、生きられる間は悔いの残らないように生きようってことなんですが…ウルフにもう少し救いが欲しかったなあ(涙

ウルフのお話以外はとりあえず目に見える形のハッピーエンドです。
書き下ろしまで読むと、一話目のオーウェンとオメットの会話が理解できるんですよね。
一話目の時はあまり考えずにサラッと流してしまっていたんですが(苦笑

『僕らの三つ巴〜』のようなギャグエロ特化作品から『Nobody Knows』や『パパ’sアサシン。』のようなホロリとさせられるものまで多様な作品をお送りくださるSHOOWAさん。
今回はホロリの方でしたね。
森の管理人のニィはス○フ○ンみたいですし、オメットはア○パ○マンだし、其処此処に笑いと毒が詰まった素敵な作品でした。
SHOOWA欠乏症になる前に、はやく他の作品の続刊も出ると良いのですが。

15

SHOOWA先生の熱意と工夫にひたすら感動します。

民族紛争や憎しみの連鎖による虐殺、差別などの深刻な問題が、真正面から描かれ、かつ娯楽作品としても成り立っている、大変な力作だと思います。

こんなしんどいテーマは、私などは考え出したらどうして良いのか分からなくなって「人類なんか滅亡すりゃいい」と厭世的な気分になるか、「自分の身の回りのことだけ考えよう」と、思考停止してしまうかのどちらかです。

SHOOWA先生は、そこから逃げずにこれだけの漫画に仕上げられました。
しかも、読者を楽しませることを犠牲にすることなしに。

まず、見る者の心を和ませる、これだけ可愛らしく面白い舞台設定をつくられたところが、読み終えた今では、先生の緻密な計算によるものではないかと思い当たります。

いきなり重いテーマから入らず、何気ない序章からだんだんと深いところに読者を誘ってくれるところも、身構えず素直に話に入って行ける工夫でしょうか。

第一話では、恐らく先生の「こうあってほしい」理想の「ニィーニの森」がどういうところなのかが、軽やかなタッチで描かれます。

その後で、自分よりも大切な相手を守ろうと、命をかける狼の姿が切ない第二話が続き、
途中にはさまれた番外、オス同士のカブトムシカップルに自分たちを重ねて、同性愛者が幸せに生きられる「ニィーニの森」への憧れを語る恋人達の物語が終わる頃、やっと読者はこの本に込められた、先生の思いに気付き始めるのです。

第三話は憎しみの泥沼にはまった種族間の争いと、それに立ち向かう人間と動物の姿ががっぷりと描かれていて、現実に今も世界で起きている不幸な出来事を嫌でも思い出してしまいますが、ここまで来たらもう止められません。

「ニィーニの森」が、彼らをどう導き、救ってくれるのか、SHOOWA先生の思いとともに、見届けずにはいられなくなっているでしょう。



11

yoshiaki

むぼちさま

コメントありがとうございます。
むぼちさんはじめ皆さんのレビューを読んで面白そうだなと思って読んでみました。
書きたいことがたくさんありすぎて全部は書き切れなかったのですが、とりあえず、こんなスケールの大きい話を、小難しくせずに、笑いも交えて描いていけるSHOOWAさん、さすがだなぁと思います。
むぼちさんも書いていらっしゃるように、物語への惹き込み方が上手いですよね。
いろんな意味で、心に残るBLでした。

性別も、種族も越えた愛に満ちる森

表紙やタイトル、最初の物語から、
優しく愛らしいファンタジーかと思って読み始めたのだが、
それはある意味正しく、でもそれだけに留まらない一冊だった。
まずは、クラシックで凝ったデザインと材質の装丁に惹き付けられ、
ページをめくると……

ニィーニの森。
赤みの肉を食べたら呪われるというここでは、
色々な種類の生き物が仲良く暮している。
そして、満月の夜には願い事を叶えてくれる妖精が現れる……

大きく分けて4つの話が収められているが、
読み終わってみるとそれらの話が関連しあっているのが分かる。

1)何か願いごとがある、子豚を連れたウサ耳くんとカエルさん。
2)老いたオオカミと、わがままなネコ耳ちゃん。
3)森を離れた番外編。人間の思いも絡む、カブトムシの恋。
4)3話に亘るの長い話。人間とウサギ族の争いの中、
  自身のアイデンティティと愛をみつけて行く青年の話。

段々テーマがシリアスになっていくが、最後の話では
自分が昔悩んだ肉を食べることへの疑問や葛藤が思い出された。

個人的に涙が止まらなかったのは、二つ目のウルフとココの話。
あまりにも美しい愛、あまりにも切ない!


生きる事、愛する事、深いテーマを
どこかトボケた味わいもある筆致で、優しく描いた作品です。


10

今回のテーマは絵本

この人は本当に別人のような作品をいくつも生み出せる。その変幻自在さにはうならされてしまいます。ものすごく独特の世界観なのに、どの作品もしっかりと引き込んでくれます。

今回は全くのファンタジーでした。絵本のようにしたかったということで、装丁も構成も絵本のようです。ふんわりとした1話から徐々にお話が濃くなっていき、3話では前・中・後でがっしりと本編が描かれています。

いろんな垣根を越えてみんなが仲良く暮らせるニィーニの森。みんなで仲良くできたらいいのに、という理想の森だと思います。
ただ、1話目の蛙のように最初からそこに住んでいるものにはわからないものもあって、それだってとても大切なものなんじゃないかと思いました。

番外編のカブトムシの話。運命の相手、という気がしました。生まれる前に約束した相手のことを、生まれ落ちた時に忘れてしまって、でもそれを思い出して寄り添って暮らす。それを見た人間たちにも影響を与えていく。これも一つの3話への布石だと思います。ニィーニの森という桃源郷に逃げてみんなで暮らせる「いつか」を待つのも一つの方法だし、たとえニィーニの森に行きつけなくとも自分たちが垣根を超えることで周りにも変化を起こすことができる。それも一つの方法、という提示ではないかと。

ほかにも深読みできる&語れるポイントはたくさんあるのですが、長くなるのでおいておきます。絵本や童話というのは、やさしく読みやすい中に深いテーマを隠してあって、じんわりと何かを響かせてくれるものですが、この本も作者の意図通り、そういう意味でも絵本のように仕上がっていると思います。

さらっと眺めるもよし、深く浸るもよし。本棚に並べて、絵本のように時折ページをめくるのがぴったりです。

9

そこに行けばどんな夢も叶うというよ〜

今回の新刊は「イベリコ豚と恋と椿。」のようなコメディ色の強い作品や、「パパ'sアサシン」のような外国映画を見ているような作品とも違う、ファンタジーな設定の作品でした。
この作者さんはまだまだ別の引き出しを持ってそうで、目が離せませんね。

ニィーニの森を舞台にした、性別っつーより種族をも越えたカップルたちの連作集です。
個人的にツボってしまったのは、ココとウルフの話でしたねぇ。
ウルフの愛が切な過ぎて、泣ける…(苦笑)

後半は、一話二話と登場していたオーウェンとタドタの話で、二人がそれぞれニィーニの森に来るまでのいきさつがわかって、一話目に繋がる作りになってます。
前半とは違って、ダイナミックなストーリー展開です。
ファンタジーな世界設定なのに、違う存在同士がわかりあうことをマジに描いている辺りは「イベリコ…」のどこまでマジかわかんない感じを彷彿させるし、タドタが崖から転落して場面展開するところや、ラストシーンが一話目に繋がる辺りの余韻は「パパ…」に感じた映画的なものが感じられました。
…やっぱり、この作品もSHOOWA先生らしい作品でしたねぇ。

5

cryst

はじめまして。
レビュータイトルに禿同です。私もレビューしながら頭の中をその曲がエンドレスでした(笑)
同じことを思った方がいらっしゃる~~!とうれしかったのでコメントに入れさせてください。

心にボタリと墨を落とされたような読後

SHOOWAさんは重たいシリアスと、どこまでも突き抜けたギャグものと両極端だけどこれはどっちかなと。
どっちでもなくほんわかファンタジーか~なんて序盤ですっかり油断してたもんで、やられましたよ。ウ、ウルフ( ;∀;)
オーウェンのルーツの旅の話はファンタジーのようだけど、現実世界でも同じようなことが延々と繰り返されてるなあと思うばかり。
カブトムシの話は雑誌掲載かで読んだけど、一冊の流れで読むとまた深いものがありました。
妖精さんや管理人はなぞのままでいいと思う。
魚を捕る変な機械の変な脚に目が釘付けでした(笑)

4

強者を排除した弱者の楽園

ガツンとくる。
けど言葉にするのが難しい。
レビュー書くのをとても悩んだ神本です。

不思議なファンタジーBLだという前情報だけで読み始めた本作ですが、第2話(狼ウルフの章)でSHOOWAさんが何を描こうとされているのかが徐々に解ってきて、そこから先は息をつめて読みました。

ウルフの章には人が生きていく上での色んなテーマが何重にも込められているのですが、ここに出てくるウルフと仲間の狼との会話のあとの、ウルフとココの会話がすごく好きです。
「ウルフは群れを出て恐くない?」
「ああ ココがいれば何も恐くないよ」
仲間から変わり者扱いされて群れに上手く溶け込めなかったウルフにとって、ココの存在がいかなるものだったのかがよく分かります。
その次のカブトムシの章に登場するゲイカップルの会話も印象的。
「それ(=しがらみのない世界)は夢の世界だな」
「近い夢さ とっても近い夢だよ」
はみ出した者らが夢見て、或いは目指すニィーニの森は、
赤身の肉を食べてはいけない森
=肉食動物(=強者)は住めない森
あぁそれってきっと弱者たちの理想郷なんだろうなと。

そして物語は一気に本題へ。
ここからの内容は、さすがは初期の頃から人間のサガを描き続けてこられた作家様だなぁと感心せずにはいられないものでした。
SHOOWAさんが何を訴えたくてこの作品を描かれたのかがこの第3話からビシバシと伝わってきます。
ファンタジーに落とし込んではいるけれど、描かれているのは紛れもなく現実。
だけど読む人に合わせて如何様にでも読み取れるようになっている内容だと思います。

「卑怯だなんて思わないで 逃げるのよ楽園まで」
最後のこれにはウルフの章で堪えた涙腺も軽やかに決壊、ボロ泣きでした。
あーもーなんなんだSHOOWAさん…(TДT; )
私この人の漫画で何冊泣いてるんだろ。

はみ出しちゃう人たちには、キャラが発する言葉、交わす会話のひとつひとつが、ダブルミーニング、トリプルミーニングでグッサグッサと突き刺さってくる作品なんじゃないかなと思います。

BLかどうかって言われたら確かにどうだろうとは思うけど、そんなことはどうでもよくなるくらい良かった。神。

4

久し振りに思い出した、懐かしい温かさ

すっごく良かったです。
SHOOWAさんの本は幾つか読んでるんですが、
絵も好きだし雰囲気も好きなんですけど、何故かあんまりいいなぁ〜と思うのに出会えてなくて…
でも「ニィーニの森」は違った!
面白かったー。
ファンタジーものはどちらかというと、そんなになのにビックリでした。

中でも泣いたのは、やっぱり2話目。
もう…読み終わっても、思い出すだけで泣けてきます。
ウルフの愛が深すぎて、あったかすぎて、
もう…もう…もう…何も言えません。
ココが失恋して泣いて帰ってきたのを、
ぺろっと涙を拭いて、
守るように、守られるように2人で寝ている絵は、
初読みの時はいいなーと、
再読みの時はなんとも言えない気持ちでありました。
本当いいです。
後1日…でもあれは満月じゃなかったのかな。
満月でも妖精さんには無理だったのかな。
永遠なんてないのは解ってるけど…。
「大好きなココ」「愛しのココ」
たった6文字、5文字の言葉なんだけど、
なんてあったかいんだろう。
もぅ………やられた。

その他のお話も良かったです。
それでもってSHOOWAさん独特の世界がピリッと所々に効いてて、
それが可愛かったり、せつなかったり、笑っちゃったりで益々いいんですよね。
後いつも思うけど、SHOOWAさんのって効果音がドンピシャですよね。
人参を「ショリショリ」って、あー解るってのと、それだけで可愛いなーって思っちゃう。
蛙君が恋に落ちてくのが可愛かったー。
最後湖から飛び出しちゃいましたね。
後オーウェンの家のドアノブのカタツムリも可愛かった。

入っているお話はすべて繋がっているので
(カブト虫のお話は違うかな?)
きっと読めば読むほど色々発見とか想像力の世界が広がるのかも。
特に1話目は再読の方が、細かい所の各々の表情が解ってきて楽しかった。
勿論初読みの時も楽しかったですが。

いやーとにかく面白かった。
考えさせられたし、癒された。

2

世界観に惹き込まれる

どの話も好き。
BLを普段手に取らない人にも読みやすい作品じゃないかな?

特に[第2話]ウルフ(狼)とココ(猫)の話が一番切なかった…うるっときた…。
もうもうウルフが健気すぎてヤバイ。
ココのことを本当に大切に思ってたんだね…。
最期に「また会おう。」ってあったけど、また…いつの日か別の形で出会える日が来ることを祈ります。

[第1話](カエル&ブタのオメット)と[第2話](狼と猫)の話を読んだ時は「オーウェン…あんたどんだけ軽いのか…」とか思っちゃってごめんなさいー_| ̄|○))
過去編[第3話]読んでからオーウェンとタドタの再会シーンを見返すとオーウェン本当に嬉しくて堪らなかったんだろうな…。
だがしかし!
ニィーニの森の呪い(※赤身の肉を食べたものには呪いがかかる)で中身入れ違ってるって分かっているのにも関わらず手を出すのはダメ!!(#`゚д゚乂
ちゃんと説明したんだから、中身タドタ(外見ブタさん)の方を構ってあげて!

カブトムシの話は衝撃的すぎた。
マジでカブトムシだからね。
でもなんか考えさせられたな…。
そういや小学校の時、男子がカブトムシを戦わせてたな…って思いだして凹む。
達矢たちにニィーニの森に連れて行ってもらって幸せになって。
ってか達矢たちも幸せになって…!
あとカブトムシに希望を見出すしがらみって何なのか気になる。

カバー下には変形ローマ字表が載ってるから表紙に書かれているのを解読?するのもこれまた楽しいw
なんだか絵本や童話のような世界観でした。

ニィーニの森の管理人さん(ニィ)が謎の人のままだけど、謎のままでも雰囲気あっていいかもー。
不思議な存在ってね。
因みにムー◯ンのスナ◯キンを思い出させる人でした。

1

差別のない世界

OnBLUEで掲載が始まった時、おや?今度は童話みたいなファンタジー路線なんだ。
と、軽いノリとほのぼのとした展開を予想していました。
しかし、回を重ねることにそこに切なさやシリアスさも重みを増してきて、明確に見えてくるこの作品のテーマ。
”肉を食べてはいけないよ、呪われるから” ”願いを叶えてくれる妖精がいる”
不思議な管理人ニィーニがいる、種別問わず平和に暮らす「ニィーニの森」
その森の存在自体が、人種・種別・性別 色々な差を乗り越えて皆が平等で幸せにくらせる場所としてあるのです。
行きつく先はそこにあります。
この1冊を読み終えた後、物騒で不穏な現在の日本を含めた世界情勢、同じ人間同士の差別や争いや暴力弾圧。
そうしたモノに対する、皆同じじゃないか。
そういったメッセージを受け取ったのですがどうでしょうか?

では、だからBLとしてはどうなの?
と突っ込まれてしまうと、たまたま男同志だったけ。
でもいいじゃないか。そこまできつく縛ってしまわなくても。
グローバルな、人が差別なく暮らせる森という設定自体が、マイノリティに対する広い懐のような気がするのでBLとしてもひっかかるんじゃないかと。
そうしたコダワリはどうでもいい。
ただひたすらに、この本を構成する物語たちにひしひしと愛を感じて感動して、そして従属と憧れを見出すのです。


1話目
カエルが出会ったブタを抱えた耳欠けのあるウサギ
このウサギは願いを叶えてくれる妖精に会いたくて池に来ているのです。
その願いとは?
この1話目はプロローグにして、この作品の全体をざっくりと、これから展開される全てが凝縮されてつまっていたのです。

2話目で人間オーウェンに惚れて失恋した猫科(?)のココと、彼を見守り育てる為に妖精に人間にしてもらった狼のウルフの、とても深い深い見守り愛には涙さえ。
まだ若く、その愛情に甘えて深く意味をしることのないココが残酷にさえ思えながら
それでも、こうやって愛を覚えて大人になっていくのだと。
ここにも種別を超えた愛が・・・

番外編では、カブトムシの蛹が土の中で再会の約束を果たし、成虫となってやっと再会出来た時。
カブトのオスの本能で、あんなに仲のよかった自分を敵視してまったくかつてを覚えていない相手に必死に訴えるカブトムシの話が
それを助ける人間の、多分ゲイカプでもあり、病という障害を抱えた彼等と重ねながら、ニィーニの森の話をするという。
この話で、この作品のテーマがくっきりと浮かび上がってきた、BLとしての色をみせてきたようなきがしました。

そして3話目にて、とてもシリアスな展開を見せます。
ウサギと人間のやらねばやられるという、泥沼の殺戮
1話で登場したオーウェンがどうしてこの森に来たのか?ウサギのタドタとどうして再会だったのか?
そんな伏線が回収されることとなります。


話もすばらしいですが、このカバー装丁も素敵です!
どうしてオーウェンとタドタでなく、ココなのか?
皆が主人公だからいいのです。
深く果てない感動がありました。
神にはてしなく近い萌×2なのです!

18

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ