イベリコ豚と恋と椿。【BLCD】

Iberian buta to koi to tsubaki

イベリコ豚と恋と椿。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神56
  • 萌×218
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

224

レビュー数
15
得点
386
評価数
90
平均
4.4 / 5
神率
62.2%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
土屋雅紀
音楽
鈴木潤一朗(選曲)
脚本
沙藤いつき
原画・イラスト
SHOOWA
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典:おしゃべりCD
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4961524599967

あらすじ

――極上の男たちの物語。
不良のくせにゴミ拾い活動をする集団「イベリコ豚」…地元じゃ有名なイカレた連中が「ポイ捨てしただろ」と俺にイチャモンつけてきた。やってもねぇ罪をなすりつけられて一触即発の雰囲気になった時、現れたのが奴らのリーダー通称「イベリコ」。コイツがなかなか男気のあるヤローで、俺はすっかり惚れちまった。ところが急にイベリコが「二度と俺の前に姿を現すな」と衝撃発言をしてきて…!?
男気のあるゴミ拾い集団のリーダー・入江×椿建設のやんちゃ息子・椿編のほか、入江のお目付け役である二人・無口で不器用な源路×トラウマ持ちの色っぽい吉宗編も収録! BL界の革命児SHOOWAが贈るヤンキー受ロミジュリラブがドラマCD化!

表題作 イベリコ豚と恋と椿。

入江 → 野島裕史

椿 → 間島淳司

源路 → 前野智昭

吉宗 → 小野友樹

評価・レビューする

レビュー投稿数15

ゴミはゴミ箱に(^◇^)

漫画の面白さがCDとなって更に勢いを増した。
この作品に関しては、漫画も読んでCDも聴いてみるといいと思う。
台詞のテンポ、リズムが 漫画の一コマ一コマに完全にシンクロしていて、キャラクターの個性がイキイキして楽しさも倍増するはず。
チャーミングな高校生がたくさん出てくるとってもオシャレな作品です。
おすすめ度120%

2

ハヴァナイスデー

原作既読。シナリオとしては原作に忠実ですが、音だけでは状況が分かりづらいシーンがあるので原作を読んでから聴くことをオススメしたい作品です。

前野さんは一番低いゾーンの声で演じていらして、ちょっと無理があるような気がしました。源路は別にあそこまで低音じゃなくても良いキャラだと思うので尚更。源路以外のお三方の声は中低音という意味では似ていますが、そこまで聴き分けが難しいとは感じませんでした。一斉に喋るようなシーンがあるのでそこは聴き込みが必要かも…。

野島さんの攻はこの作品で初めて聴きました。とても良かったです。イベリコの「能ある鷹は爪隠す」感がよく出ていて、惚れ直しました笑 一方の間島さんも椿の「普通の元気な男子高校生」という雰囲気が良かったと思います。

あと、なんといっても吉宗スキーな私は吉宗さんの魅力…エロさと気怠さと性格の複雑さと男前っぷりを100%再現してくれた小野さんに一発KOされました。なんですか吉宗さん、そのダダ漏れな色気は…!けしからん…!!なんてことはない、でも結構重要なターニングポイントになる短い台詞があんなに破壊力満点だとは思いませんでした。

原作でさらっと書かれているバナナのくだりは音にすると最高に可笑しかったです。

3

原作未読ですが・・・

原作未読ながら、キャストさんたちが好きでチャレンジ精神で聴いてみました。ですが、野島兄さん、間島さん、小野友さん・・・声が似たり寄ったり(この音程のボイスが好きなのだろうか?)で聞き分けられず!演技は上手なのですが、誰が誰だかわからない状態で原作の大切さを痛感しました。原作を読んでから聴いてみることをオススメします。


内容は面白くて笑いながら聴いていました。特に小屋のシーンは屋上に・・・?ありえないだろ!とか思いながら楽しませてもらいました♪

2

原作の方が好きだったかな

これは原作既読でないとダメかなあと思いましたねえ。
あの萌え萌えーな『傘チュウ』もきっと、読まれてない方には何が起こったのかわからないのでは?
ぜひこれから聴かれる方は原作片手に。

まず、誰が喋ってるかよくわからない…(苦笑
野島裕史さんが攻めの入江(イベリコ豚さん)で間島淳司さんが受けの椿なわけですが、わたしの耳がこなれてないせいかどっちがどっちかわからなくなる場面が多々ありました。
間島さん(椿)の方も声が男らしいので、ふたりで静かに話されると(特にファミレスシーンが…椿が叫んでるとかなり違うのですけど)「??」となりまして(汗
原作はとにかく大大好きなのですが、うーん、こちらはハマれませんでした。
音声化って難しいですねえ。
ただ、ホエイさんは良いです!すんごいぴったり〜。(←そこ?)

後半は、前野智昭さんが攻めの源路で小野友樹さんが受けの吉宗。
こちらは前半とは打って変わった路線なのですが、吉宗がエロス〜。
良いですねえ、小野さんの吉宗。
『イベリコ豚と恋と奴隷。』のアニメイト限定CDで小野さんの吉宗は聴いていたのですが、本当にピッタリ!
小野さん吉宗にはハマったので、続編も聴きたいと思います。

1

うっかり地雷踏んで瀕死の重傷

原作未読。
SHOOWAさんの作品は【向日性のとびら】や【Nobody knows】【月影】など、ドシリアスな話はもの凄く好きなのですが、コメディ側に振れるとシュールすぎて理解の範疇を超えるというか、そのノリについていけないので苦手意識があります。
コメディとシリアスが同居してるよ、という話を聞き購入してみたのですが、もの凄く評価に迷うという結果に……。

2つのCPのお話が入ってますが、表題作は割と普通に聞くことが出来ました。
それでもやっぱりシュールな展開と独特なギャグに、途中なんとなく意識がそっちに持って行かれ、引っかかり感はあったのですが、そこそこ楽しむことができました。
問題はもうひとつのお話の方でして、これはすみません……受の子の方の過去が生理的に受け付けられず、途中棄権。
BLCDで途中棄権ははじめてなので、勿体ないなと思いつつも、それでも先を聴く勇気がありませんでした。3P以上の地雷原だったというか、その要素があると絶対に近づかなかった、というネタがあり胸が悪くなってしまい……。

役者さんはメインが4人。
野島さん×間島さんと、前野さん×小野さんなんですが、実は声の聞き分けがよく出来ず、集中できなかったというのが本音。
特に登場人物が高校生ということで、みんな気だるげな、それこそ作中の言葉を借りるなら「ぬぼ~」っとした話し方をされるので、ん? これは最初の方のカップルの片方? え? どっちが喋ってる? という状態に何度かなってしまいました。
確実にこの人だけは間違えなかった、というのはホエイ役の人です(笑)
原作を読みながら聴く方が楽しめるかもしれません。

しゅみじゃないと中立の間で散々迷いましたが、表題作がなんだかんだ言って楽しく聴けたので、中立とさせて頂きました。

3

全てにおいて神レベル!!

原作も大好きですが、CDはさらに大好きです!
キャスト陣も脚本もBGMも抜群!
タイトルコールまでも可愛い始末!!
何度聴き返しても飽きない、
素晴らしい作品だと自信を持ってオススメできます!!

スト―リは大きく分けて2パート。
野島裕史演じるイベリコと間島淳司演じる椿のお話と、
前野智昭演じる源路と小野友樹演じる吉宗のお話。

まず、野島兄のイベリコがカッコ良すぎる!
ちょっとルーズな話し方に
普通のセリフさえエロスを感じてしまいます!!
トラック3で聴ける
「分かってんよ」とか語尾の「なんよ」のエロさに
何度悶えたことか!!!
野島兄、もう大好きです!!!

前に書かれていた方がいらっしゃいますが、
野島兄と小野友さんは確かに声質が近いので、
お二人の声を聴き慣れていない方が
イベリコなのか吉宗なのか戸惑う、
というのも分かる気がします。
でもしっかり聴くと全然違う声なので大丈夫!


間島さんの作品は初めて聴きましたが、
男っぽさの中にちょっぴり可愛さもあって
椿に合っていました!
耳馴染みの良い、聴きやすい声です!
トラック3の「ウガ~!!」っていう叫び声、可愛過ぎます♪


小野友さんの吉宗は、色っぽくて素敵です!
キャストを知った時は
“ちょっとイメージ違うかな?”って思っていたのですが、
聴いてみるとピッタリでバッチリ!!
声までしっかり美人で最高です!!


まえぬの源路もイメージぴったり。
男らしくて落ち着いていてすごく心地良いです!
小野友さんとの相性も良くて、
こちらのカプも存分に楽しめます!!


脇役ですが、ホエイもいい味出しまくっていて
オイシイですよ~!!


ほんわかできて萌えまくれる、
本当に、本当に素晴らしい作品!
原作好きの方にもキャスト好きの方にも
絶対聴いてもらいたいCDです!!

5

声優さん達に萌え!

原作が大好きなだけに、買うことをしばらく躊躇していたCD作品でした。
野島お兄さん、間島さん、前野さん、小野さんというキャスト。
どうかな?と思いながら聞いてみて。

入江くんが野島さんて、柔らか過ぎんか?と思ったのに。
意外にも?ぴったりでした!
プライドチキンの魂抜けたシーンとか、喧嘩でマジ切れとか、静と動の差がクッキリしていて面白かったなー。
源路くんの前野さんもどうかな?と思ってたけど、あの渋い声でのムッツリ具合がすごくて、最高でしたし!

椿くんの間島さん、吉宗くんの小野さんは想像通りというよりも、想像以上に良かったです!
椿くんの切れ具合もフヌケ具合も色気も良かったー。
でも特に、吉宗くんの色気とかアンニュイな感じとか、すごくピッタリでシビレました。
「OKつかまつりー?」とか「ヒヒ~ン」とかの台詞も、思わず笑ってしまって大変でした!

そして、ホエイさんの台詞もナレーション最高!
何度聞いても楽しいし、シリアスシーンも良かったです。
原作共々、お気に入りな作品になりました。

4

私も豚になりたい


原作も好きですが、このCDはもっと好きです!
声優さんの演技もですが、脚本がとにかくいい。演出もいい。

声が聞き分けにくい~との前評判を聞いてたんですが、私は前野くんと野島さんが好きだったので、特に難しくはありませんでした。
飄々としつつほのぼのとしつつ、シリアスがあってしめるとこはしめる、この潔いテンポも好きです。

まずイベリコと椿くんのパートですが、ぼけーっとしつつ芯が強いイベリコを野島さんが本当に好演!淡々としつつ熱っぽいところとか、キャラクター設定に乗っ取った演技がハマっていると思いました。間島さんも「うがー!」とか阿呆な叫びがとても面白く、男の子ながらもかわいらしい演技が似合っていました。
話自体に特にそう大した盛り上がりがあるわけではありませんが、原作を忠実に再現しつつ音声化にした時のセリフまわしにぐっと引きつけられる作品です。

源路と吉宗さんのパートは…正直感情移入しすぎて「吉宗さんが幸せになってくれないと生きていけない」と思うくらいには思いつめました(笑←)原作読んでる時も心臓が痛くなりましたが、音声化するとより深みが増していて吉宗さんがかわいそうでどうしようもなかったです。それまでがほのぼのコメディまっしぐらだったので、余計だと思いますが。
小野くんの演技はアニメでさらりとしか聞いたことなかったのですが、いい声してますねええ。前野くんが低く分厚い声で演技してましたが、それに負けず劣らず低い通った声だなあ~と思いました。控えめな喘ぎというか呻きというか、ただ控えめなだけじゃなくて押し殺した感情の吐露具合が吉宗さんらしくてよかったです。
源路と吉宗くんにはぜひ幸せになっていただきたい。頑張れ源路!

この作品は受がかわいくも男らしいところがいいなと思います。あと原作の設定が何より面白いなあと。
続きはむずかしいようですが、ぜひとも続編を出してほしい作品です。

あんまり好きなのでもうずっとリピートしまくって聞いています。吉宗さんの受っぷりと源路のがっつき具合がドツボなんです…吉宗さん幸せになってほしry

5

トンでもなく楽しいCDになりました!シリアスもあるよ♡

 原作既読

 野島さんと前野くんの声以外にあまり慣れていないせいか、最初誰が誰やらで脇役も含め大混乱するのだが、慣れてくるとめちゃくちゃ楽しい♪メインの4人はもちろんだけど、脇役のキャラクターたちがあまりにも濃くて熱くて面白すぎる!!時々主役喰っちゃう勢いです(笑)
 入江と椿の男らしくてウブで面白いカップルの話も微笑ましくて良いのだけれど、吉宗の過去話が切なくて。その吉宗に惑わされる源治がシベリアンハスキーみたいな不器用な可愛らしさがあり、堪らない感じ。
 「吉宗、こういう男にめいっぱい愛されちゃいなよ!」と余計なことまで言いたくなります。(笑)
 しかし、皆様がおっしゃっていらっしゃいますが。
 吉宗役の小野友樹くんの受けを今回、初めて聞いたのですが、めっちゃ色っぽくてびっくり!!
 私は彼のメインの作品は『パラスティックソウル』と『丸角屋の嫁取り』とこの三作しか聞いたことないのですが、すべて違っていてそれぞれものすごく良いです。
 とくに今回の吉宗は、少し掠れた喘ぎ声が死ぬほどセクシーです。
 この方、なんなんでしょうか?末恐ろしいわ…
 野島さんの久しぶりの攻めはほんとうに男前で素敵です。
 間島さんの椿は一直線で男らしい受けっぷりがカッコ可愛いです。
 前野さんの源治、ヘタレ具合が最高。年下攻めの好きな方、キュンとしますよ。
 そしてなにより。豚どもがサイコーです!!

 追記
 GUSH9月号(2012)の方にキャストインタビューが載っています。メインの四人の声優さんのお話が載っています。ぜひご覧あれ(*^。^*)

 ちなみに私だけなのでしょうか?
 「トゥギャザーしよう~」と聞くと無意識にルー大柴が…
 「つかまつり~」ときくと卑弥呼さまが思い浮かぶのは…(笑)

5

出演声優さんがお好きなら、是非!!

私は野島兄さん目当てでした。
いつも受けが多い裕史さん(きゃ♪)ですが
低めで落ち着きのあるトーンが珍しくて嬉しくなりました!!
『くいもの処 明楽』の鳥原役ともまたちょっと違って、
またまた野島兄さんを好きになりました!素敵ーーー!!

間島さん、野島兄さんとお声が似ていらっしゃるw
でも、入江に戸惑いながら惹かれていく様と
「トゥギャザする」には悶えましたよ…。ハバナイスディも良かった!

実は私、源路が原作では一番好きだったんですが
前野さんて確かに年下攻めのイメージ強いけど
源路ってタイプでもなかろう?とたかをくくっていましたが!
なかなかナイスでしたーーーー!!
吉宗に欲情するあたり、入れるだけじゃせつないと素肌を密着させたいシーン、
あああ、愛ですよ!!

皆さんイチオシの吉宗役・小野さん!
声ハマってたー!イメージどんぴしゃ!本当に!!
そんなに動揺しなさそうなのに、源路のがっつきにほだされそうになるあたり…。
今の吉宗があるのは、過去の悲しい出来事があったから。
どうか源路にはすべてひっくるめて包んで欲しい。
きっと二人なら良い関係になれると信じたいです。

…にしたって、原作が続いてもそのCDは聴けるんでしょうか!?
どうしてなんだー!
大抵のファンは付加価値を求めているわけじゃなく、
数年たったとしても気になる作品を読んだり聴いたりしたいだけなのに!

イベリコファンの皆さんには勿論、
お気に入りの声優さんがいらっしゃれば、
ほのぼのとした雰囲気で収録されたという今作を
原作片手に楽しんでいただきたいです。
やっぱり、既読でも正直CDだけだとわかりづらかったので…。

ちなみに今更ながら「OKつかまつりー」は
いい砕けっぷりで日常的に使いそうになって困る。
…実はもう、少し使ってる…。




5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ