ゴミ拾い集団「イベリコ豚」のリーダー・入江と、椿。出会って意気投合し惹かれ合っていくけれど……。

イベリコ豚と恋と椿。

iberiko buta to koi to tsubaki

イベリコ豚と恋と椿。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神227
  • 萌×2124
  • 萌76
  • 中立25
  • しゅみじゃない21

219

レビュー数
88
得点
1884
評価数
473
平均
4.1 / 5
神率
48%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
シリーズ
イベリコ豚と恋と椿。
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784796402781

あらすじ

不良のくせにゴミ拾い活動をする集団「イベリコ豚」…地元じゃ有名なイカレた連中が「ポイ捨てしただろ」と俺にイチャモンつけてきた。やってもねぇ罪をなすりつけられて一触即発の雰囲気になった時、現れたのが奴らのリーダー通称「イベリコ」。コイツがなかなか男気のあるヤローで、俺はすっかり惚れちまった。ところが急にイベリコが「二度と俺の前に姿を現すな」と衝撃発言をしてきて…!?
BL界の革命児SHOOWAが贈るヤンキー受ロミジュリラブ!

収録作品:イベリコ豚と恋と椿。/イベリコ豚と繁殖小屋/BAD ROMANCE in ブタ/目覚めの日/繁殖小屋は貸し出し中。/イベリコ豚とお王様ゲーム。(描き下ろし)

(出版社より)

表題作イベリコ豚と恋と椿。

ゴミ拾い集団のリーダー 通称イベリコ(入江)
椿建設のやんちゃ息子 椿・高校生

同時収録作品BAD ROMANCE in ブタ  / 目覚めの日 / 繁殖小屋は貸し出し中

源路 高2
吉宗 高3

その他の収録作品

  • イベリコ豚と繁殖小屋
  • イベリコ豚と王様ゲーム
  • カバー下漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数88

ゴミを分別する不良達にときめく

 シュールなギャグ感と青春らしい劣情、男同士だからこそ出来上がる関係性が混じり合った、SHOOWA先生ならではの空気感をたっぷり楽しめる作品でした。ギャグ要素はとても多いんですが、淡々としていてうるさくないんですよね。個人的にこういう笑いの散りばめ方がとても好みでした。同じ舞台で2CP収録されていますが、私はどちらかというと最初の入江×椿の方がお気に入りです。このCPがもっと多く描かれていれば萌2評価になった気がします。ただしこれはあくまでも、強気受けが好きという個人の性癖の問題なので、けっして悪い評価ということではありません。何はともあれ、不良のゴミ拾い集団という斬新で素敵な設定を思い付いてくださったことをまず評価したいですね。

 入江×椿はそれぞれの家があまり仲が宜しくない者同士ということで、若干ロミジュリ的関係にある2人です。喧嘩が強い入江に男惚れし、椿が入江の学校に入り浸るようになって2人の距離は縮まります。椿のまったく物怖じしない堂々とした男らしい態度や、一見冷めてそうな入江も実はかなり椿に絆されているところにすごく萌えました。

 入江の取り巻きである源路×吉宗は、後輩と先輩の関係にあり、さらに吉宗がなかなかヘビーな過去を抱えているので少しシリアス感は強めです。ただ、吉宗はその過去を後悔しているようには感じませんでした。良い思い出というわけでもないけれど、当時の吉宗にはきっとその関係が必要だったんだろうと思います。この年頃特有の危なっかしさを感じさせますね。踏み込むべき世界でないのは分かっているのに惹かれてしまう感じ、分かるなぁ。吉宗の心を手に入れたい源路が晴れて付き合えるようになるのか見守りたいと思います。

0

吉宗さんの重すぎる過去を初めて知った作品。

基本シュールなギャグ作品です。
前半は入江と椿のほのぼの感さえ漂ってくるアホアホバカップルのお話。
後半は源路と吉宗の切なくてちょっとヘビーなお話が収録されています。

しかしゴミ拾いをする不良集団って一体なんなの?と思いつつ、
この作品(というかこの作品の続きである「イベリコ豚と恋の奴隷。」を買ったきっかけは…
① BLCDキャスト買い(前野智昭さん攻×小野友樹さん受がどうしても聞きたかった)→
② 原作の「イベリコ豚と恋の奴隷。」も読みたい。→
③ なんかシリーズ揃ってないと気持ち悪いから「イベリコ豚と恋と椿。」も買う。
というめちゃくちゃな順番でした。
あわよくば源路と吉宗さんも出て来て欲しいな~と思っていたら後半ほぼ彼らのお話だったので大喜びで読みました。
…結果、重かった。正宗さんの過去が予想以上に重かった。
「イベリコ豚と恋の奴隷。」でなかなか2人がすんなりくっつかない理由がここにしっかり描かれていたのか、と。
特に正宗さんが伊賀という男に拾われてどんどん落ちていく「目覚めの日」という短編は内容も重たく、切なくて、胸に残る作品でした。この短編が好きじゃない方もたくさんいらっしゃるようですが、続編「イベリコ豚と恋の奴隷。」を描くためにはどうしても必要だったし、正宗さんの抱えている傷の深さがずっしりと伝わって来て、より、正宗さんの幸せを願わずにはいられなくなる内容でした。
ちゃんと日の当たる場所に戻ってこられて、本当に良かったね、正宗さん。

シュールな笑いと重たいテーマの振り幅がすごく、読む人を選ぶ作品ではあるかもしれませんが、私はこの独得な感じがかなり好きです。

この作品を読んだ上で、正宗さんの気だるげな色気を堪能しつつ「イベリコ豚と恋の奴隷。」を読み返してみようと思います。
でも本当、正宗さんのポニテ最高に好き。

0

キラキラしてない高校生活を思い出す。

今作「イベリコ豚と恋と椿」と、
続巻「イベリコ豚と恋の奴隷1,2」読了済です。

ニィーニの森でSHOOWA先生に魅せられてから、ずっと読みたいと思っていた作品でした。

前半は何故かゴミ拾いのボランティア集団をまとめ上げているヤンキー、イベリコ(攻)と、それに巻き込まれる他校のヤンキーの椿(受)の恋物語。
後半はイベリコ集団メンバーの、吉宗と源路の話にになります。

けっして難しい話ではないのでさくっと読めるのですが、印象としては
「ああ、高校生活って本当はこんな感じだった」です。
もう高校なんて卒業して××年が経過してるわけですが、その間につい高校時代はキラキラしてて、
体力もあって楽しくて夢があって、甘酸っぱい恋もしたりして…!とか勝手に思い出してるんですよね。過去補正で。
でも実際はけだるくて、親とかめんどくさくて、早く大人になりたくて、危ないこともやってみたりして…でもずっと一緒の友達とかいたなあ。
そういうリアルな生活を描いてくれてる気がして、すごく心に刺さりました。

BL漫画としては、絵は雑ですし(すみません)、話もヘビーなところはありますが、これといって新しいところはないかもしれません。独特のギャグセンスは面白いです。なんか心に刺さる。それがいいと思います。雰囲気漫画が好きな方にはハマるタイプの作品です。
私は好きです。


0

テキトーなのにヘビー

キャラにもイラストにもストーリーにもいい意味で気の抜けたテキト~感が溢れてるのですが、時にシリアス。特に吉宗編は、吉宗の過去が歪すぎて、嫌悪感を抱いてしまいました。そこに至るまでの家庭環境や生い立ちといった納得のいく理由付けがなかったから更にかな。ただ興味本位で首を突っ込むにはちょっとヘビー過ぎる世界でした。
表題作の方は攻めに暴走癖があるものの、安心して読めました。憧れの延長で恋心を抱いてしまう椿君が男らしいし可愛いかった。イベリコのために繁殖小屋造ってあげる仲間たちも皆いい子!

0

表題作は好き

表題作は喧嘩の強いゴミ拾い集団のお話で面白かった。
でもそのスピンオフがアングラ感強めのいわゆる過去あり、しかも様以外とのシーンもあるわ、裸の女に迫られるだのデブのおっさんに奉仕させられるだのがあって、かなりキツかった。

0

コメディよりもシリアス

BL界では、非常に有名な作品だと知って、読みました!あまり女々しい感じではなく、絵や雰囲気がカラっとしているので、一瞬少年漫画っぽく思えました。けれど、ちゃんと色気があって、バランスが良い作品だと思います。
基本的には、明るくギャグ(言葉のセンスがほんとにいいです!)が多いです。でも、時々胸が締め付けられるような言葉やシーンがでてきます。その最たるが、「目覚めの日
」でした。これを読んで、shoowaさんは、本当はコメディ系ではなく、シリアス系が得意な方なのでは、と感じました。この方のシリアスは、ちょっと雰囲気がありすぎて、シリアスだけ描いたら、読者は皆立ち直れなくなっちゃうと思います。コメディ要素が無かったら、どんな作品になっていたんだろう…。
とにかく、この作品が多くの人から愛される理由がわかりました!!とても素敵な漫画だと思います。

1

最高に面白い

ずっと見ていたい高校生。

0

カッコ良すぎる受け

久しぶりにBLを読んで笑っちゃいました。どのキャラクターも個性的で親しみがわいてきます。ストーリーもしっかりしているし、主役の裏側で並行して進んでいる脇キャラクターの話も気になりまくりです。早く続巻を読んでどうなっていくのか知りたいです。SHOOWAさんの絵はこういった感じのちょっと笑いの入ったお話にピッタリだなぁと思います。悲しいお話だと本当に立ち直れなくなるくらい雰囲気があり過ぎてガツンときちゃいます。ヤンキーの青春が素敵です。

1

ぬこぬこ

この作品のレビューを書いていなかったことに驚きですが、読み返しての感想を。
他の方のレビューにもありましたがSHOOWAさんの作品は私もこれが初めて読んだものでした。タイトルのキテレツさと、表紙のイケメンに、気にはなっていて、評価も高くて話題にもなっていたのを覚えています。

シリーズも今や三冊目。この一冊目から私は吉宗の色気と時折見せる暗い部分にきゅんきゅんしてました。もちろんイベリコさんと椿のバカップルも大好きなんですが、思いの外早めにくっついてくれましたし、吉宗さんは過去のことがあるので今後はどうなるんだろう?源は報われる日が来るのだろうかと次を期待した巻でした。

二巻、三巻は主に吉宗カップルの話なので、イベリコさんの男気とか優しさとかキレたら強いとことか椿の可愛らしいところが一番堪能できるのはこの一冊目なので貴重とも言えますね。

3

男惚れ

今思い返せば初めて読んだSHOOWAさんの作品がコレでした。
表紙のイケメン高校生にヤられて…w

中を開けば独特のユーモアに笑いどころはなく
独特のコマ割りが読みにくさを感じ
無心で表紙のイケメンを見るコトだけを楽しんで
ソッと本棚奥の奥に仕舞い込んだ思い出。
その時すぐにレビューをしていれば「趣味じゃない寄りの中立」にしてたと思います。

それでもSHOOWAさんの描くイケメンが好きなので幾つか本を読み、
再度こちらにチャレンジしたら、初読みの時よりは楽しめました。

椿が可愛いですヾ(*´∀`*)ノ
「男惚れ通り越していっきに恋心目覚めちゃったろーが」の一言にキュン。
喧嘩が強くて憧れに近い感情だったのが、恋心に変わるってイイですね(∩´///`∩)
いざエッチとなると、挿れられる側として躊躇しちゃう姿も可愛い!
それだけに初エッチの終わりは美しくあって欲しかったわ…。
アレでいいのか…それが面白さなのか…ううーん、わからん(-言-;)

そして、源×吉宗編。
いきなり吉宗さんのヘビーな過去がぶっこまれてビビったけど、それが良かった!
表題作がアホカップルなので、こちらは切な成分多めで雰囲気が違って楽しめました。
源は苦労の道のりを歩き出してしまったので、早く想いが報われるといいなーと願う。。。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ