あなたのしもべ

anata no shimobe

あなたのしもべ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
9
得点
56
評価数
19
平均
3.3 / 5
神率
21.1%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799711835

あらすじ

捨て猫と一緒にエリートの直広に拾われた七海。
ひとりぼっちだった七海に初めての優しさをくれた直広との、幸せな日々。
でも、子猫に飼い主が見つかったら、七海は捨てられちゃうの…!?
「――僕はずっと君みたいな子猫を探してた」
しもべのように、運命の相手と一生を共にする幸せラブ?

表題作他に4編収録、その後ストーリー大量描き下ろしも?

(出版社より)

表題作あなたのしもべ

エリート会社員 永瀬直広
拾われた青年 七海

同時収録作品午前1時のドア

品行方正な病院の跡取り息子(異母兄)/篠宮正親
引き取られた愛人の子(異母弟)/篠宮真

同時収録作品痴漢休暇

叢雨
室生

同時収録作品プチ・パトロン

売れっ子作曲家の叔父/副島そあら
本家の跡取り息子/副島蒼

同時収録作品発情アイズ~常夏~

大学生/川島
高校生/和人

その他の収録作品

  • こねこの毎日(表題作・続編)
  • プチ・パトロン~After~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

趣味じゃない

すみません。普通につまらなかった。
絵もあまりきれいだとは思えないし、内容もありきたり。既視感のある設定から始まり、特に何かハプニングが起こることもなく収束するのでむしろ驚く。しかも続いた。
表題作の主人公は中高生が考えそうな不幸ぶったポエム思考で、しかも深みがあるわけでもなく、テーマに訴えかけることなく「捨てないで」「捨てないよ」の二台詞で解決するものなので何も響いてこない。
BLにストーリー性とか特に求めませんが、それならキャラなりシュチュなりHなり、何か秀でたものが一つぐらい要るんじゃないでしょうか?

0

軽やかな暗闇〜たりらびーワールド

気になる作家、たりらびー様。
表題作「あなたのしもべ」は、野良の仔猫と一緒に「保護」される七海の物語。
おっきなおっきなお目目で涙ぐむ七海。仔猫が貰われていった後も大人の直広さんに飼われる七海。
直広は言う。『飼い主の方が下僕なの 僕は君のしもべなんだよ』
主従なのやら下剋上なのやら、ねじねじと絡み合った「新耽美」の風情。

「午前1時のドア」
異母兄弟愛。プラス兄の抱える闇。
たりらびーさんは近親愛多いですね。でも様式美の金魚鉢の中のようで、読者は嫌悪感なしに愛でるだけ……

「痴漢休憩」
8Pの短編。「超リアルイメクラ」を利用する医師のお話し。でもすっごく面白い!

「プチ・パトロン」
一言、グイグイなショタ!(一応受けだけどね)。 お目目は巨大です。
将来的にリバの予感。というかこのCPには攻めたり受けたりの関係を築いて欲しい願望!

「発情アイズ〜常夏〜」
遠距離の二人。テレフォンHプレイというお話し。

掘り下げると怖いテーマをさらっと読ませる。やっぱ、たりらびーさん面白い!

2

幸せなしもべのお話

表題作は、七海という少年が子猫共々、大人の男・直広に拾われて幸せになるお話です。

個性的な絵に驚いたけど、ストーリーは仄暗くて、でも甘々で結構好きでした。
印象的だったのは、「飼い主の方が下僕」という直広の言葉と、七海に尽くす直広の姿でした。こういう形も新鮮でいいな~と思いました。

他の短編では、兄弟同士の禁断な関係や、イメクラでイチャイチャするカップルの話、甥っ子を溺愛してる叔父さんカップルの話、遠距離恋愛の相手が突然帰省する話と、どれもちょっと癖があって面白かったです。
初読み作家さんだけど、他の作品も読んでみたくなりました。

2

どんな付け睫も敵わない。

初読み作家さんです。
まず、表紙を見て「怖い漫画なのかなぁ?」と思いました。
モノトーンが、ちょい怖い感じがします。

中身はというと、甘々からゾクリとするものまでの短編集。

一番目を引いたのは、人物の描画ですかね…?

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

とにかく、まず「まつげ」に目が行きます。
こんなにふっさふっさで、ぴーーーーーんとしているまつげ、
見たことないです。
特に受けの顔。
幼ければ幼いほど、まつげが目立って目立って…
少女漫画でも、こんな凄いまつげ見たこと無い!って
くらいです(笑)

しかも幼顔だと寄り目で下から攻めを見上げる……という
構図が多いので、
「ぶりっ子が媚売って、わざと自分を可愛く見せようとする時って
 こんな顔をしているんだろうな……」とか
意地の悪いことを考えてしまいました。


一話目は甘々でした。
でも、ショタが地雷の人はご注意!!
かく言う私も、ショタが苦手だったりするのですが…
わざと攻めに媚び売って、猫の真似して
「にぁん」とか言うシーンは、背筋がゾゾッと
しました。
ショタ、恐るべし…。
1度は読みましたが、2回目はわざと避けました。
スンマセン。


二話目は、腹違いの兄弟の話。
ちょっとダークな印象でした。
特に、兄のほうが精神が病んでいる感じで、
その兄に毎日抱かれている弟……という話です。

だんだん兄が更生(?)の方向に向かっていくのが
嬉しかったです。
ハッピーエンドでホッと一安心。


あと、変わった趣向の話だと思った超短編がひとつ。
エキストラも全員ご用意バッチリのイメクラの話。
そこで、満員電車で痴漢を働き、
乗客の好奇な目にさらされながら
最後までいたしてしまう……というストーリーです。
(正確には、コレ全部がイメクラなんですが)

そんなイメクラ、値段が驚くほど高いんだろうなぁとか
どうでもいいことを考えてしまいました。
でも、新しい趣向の話だと思いました。

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

うーん、全体的に言うと、「ゴメンナサイ」な
感じです。
合いませんでした。

まず、視覚的に絵が好みではありませんでした。
普段は、絵とかは、ストーリーやキャラが良ければ
どうでもいいと考えている人間なんですけどね。

あと、話とキャラの性格もちょっと…っていう印象で
駄目でした。

次作は買わないかな…?
うーん、どうだろう?

2

つまらないとはいわないけれど

装丁がきれいだったので、このマンガ家さんのコミックスを初めて手に取りました。
結果的にはハズレ。

それなりに読めましたが、クセの強い絵柄で、特にアップの顔は非常につらい。
とても丁寧だし、個性的だし、絵柄なりの味はあると思うんですが、独特すぎて。
はるか昔の、商業で見かけるようになったころの中村春菊を思い出しました。こちらもクセが強かったけど、書き慣れるうちに、ずいぶんくどさが抜けていったから、この人もそうなるんでしょうか?

それから、おはなしが暗いですね。
ラブラブだけど。
ラブも、エロもあるけど、毒があって、陰気なので、読む人を選ぶ作風なのかも。

わたしには合いませんでした。残念。

1

タイトルに納得

タイトルと表紙の絵で二人の関係性が想像できますが・・・

この表紙のカップルで『あなたのしもべ』『こねこの毎日』の2編が描かれています。
受けの七海が近所に住む直広さんに飼われる話。
七海と直広さんの甘々な生活。
直広さんが七海を子猫として飼っていることがポイントでしょうか。
直広さんの「猫飼いは犬と違って・・・」のセリフになるほど、と納得しました。

一番好きだったのは『午前1時のドア』
優等生の兄と、妾腹の弟。
親の期待を一身に背負う兄が、自分を保つために夜な夜なしていること・・・。
兄弟もので、深夜の密会、それを覚えていない兄、かまってもらえて嬉しい弟という設定が禁断の蜜のように甘く美味しい作品です。

受け、攻めともにまつげが大変長く、特徴的に描かれています。
その分、人物の視線で執着心や優越感、愛情をより強く表現できているようです。

全部で5カップル7編のお話が収録されています。
明らかなショタの話が2編と表紙の子(年齢的には高校生くらい?)の表情が子供っぽいのでショタ属性のない方はご注意ください。

作品は白・黒・影としてのトーンの3色で表現されていてとてもシンプル。
だからこそ人物の耽美な雰囲気がより映えているのだと感じました。

どの話もHシーンがあり、しっかりと抱きしめ合う、絡み合う描写がたいへん好みでした♪
たまには変わった雰囲気の漫画が読みたい、という方にぜひお薦めしたいです。

5

なんか、怖いよ・・・

いや、そんな怖い話ではないのですが(少しだけそういう部分もあるけれど)、
なんだか背筋がぞわっとしてしまう。

愛を囁き、やることはしっかりヤっているのに、
甘々な話が多いのに、本人たちはすごく幸せだろうに、
よかったねぇ~羨ましいよぉ~とはどうしても思えないお話でした。

受けの、大きな瞳。
攻めの、切れ長で心まで見透かすような眼。
そしてどちらも、印象的すぎる長い睫毛。
その絵から、生気やリアルが感じられにくいのもあると思います。

そして内容からは、愛が過ぎてふたりで堕ちていくような雰囲気があります。
それがこの本の絵にとてもよく似合うので、一層ぞわっとするのかも。

飼われた猫(受け)は、
飼い主(攻め)の前では衣服を身に付けず、
「バイトもやめて、お家にいてね」と言われ、
朝は、「ミルクが欲しいよう」と言いながらモノをしゃぶって舐めて飼い主を起こす。
――そういうのキライじゃないけど、猫が仔猫すぎるからなのか、どうも・・・

超リアルイメクラで痴漢をする話「痴漢休憩」
携帯で言葉責めをする「発情アイズ~常夏~」は結構好きでした。
・・・やっぱり、受けが子供なのが苦手なのかもしれません。

※ショタに抵抗がある方はご注意を!

でも、
ごくごく当たり前の黒いインクが、この絵では妙に艷やかで色っぽく見えて、
そういうのも含め、好き嫌いは別にして、作品としてのまとまりは凄いなぁと思いました。

5

しもべなのは

2013年、一発目がこれ、、、。
「あなたのしもべ」
ああああ、
今年もBLのしもべとして過ごすのだろうか、、、、。

表題作は猫飼うのおはなし。

ネコを飼う=飼い主こそがネコのしもべ。
とことん甘やかして、どこにも出さずに、独占したい。

ネコと一緒に七海を拾ってくれた永瀬。
はじめて知った甘やかされる悦びと不安。
そんな七海は、お目々の大きなお人形チックなお顔で小柄で華奢。
対して、攻めの永瀬の方は普通に男らしいイケメンさん。
この、確信犯的な容姿の対比が切なさを盛り上げてる感じ。
ネコとして暮らしている七海が、エロ切なくて可愛い。

「プチパトロン」
この叔父さんは、きっと後5年以内に逆転されるに違いない!

5

成功の一例

長いまつげに顔の半分くらいあるような目にかわいい女の子のような受け。
嫌いな要素のはずなのに、全然OKだった前作のレビューの折、この絵柄でファンタジーを見てみたいと書きました。
しましたら、実にこの絵がもたらすものが絶大な効果を及ぼす様をみせつけられました!
ファンタジーといっても、それは実に甘美な耽美の世界になっていたような気がします。
この特徴的な絵をよりデフォルトして、白と黒のコントラストをはっきりさせ、
ストーリーもシンプルかつ明確にした結果がこれとは。
実のところ、前作よかったと思っていたのに、絵の印象は思い出せてもストーリーはかなりおぼろげです。
その点でも、この本はかなり印象に残りそう。

表題他1本
捨て猫に餌をやっているのを大家に咎められた七海に救いの手を差し伸べてくれたのは、アパートの隣のマンションに住む、エリート社員の直広。
猫を預かってくれて、里親が決まるまで、部屋に出入りして猫の世話をすることになるのだが、七海の不安は猫の里親が決まってしまったらもうこの部屋へ来ることがなくなること・・・
生まれと育ちから愛に飢え、求める主人公が、相手の手中に見事に落ちていく展開は、実によくあるなんでもない設定です。
しかし、絵が見せるのです。
不安げに涙を流す七海と、優しくペットを愛する直広と。
若干ショタの雰囲気を醸すからこその、この淫靡さは圧倒的だと思われました。

【午前1時のドア】
これも、異母兄弟という禁忌モノですが背徳的な雰囲気というより、弟の執着がほの暗さを演出して、そしてこの絵がそれを増強している。
そんな効果をあらわしていると思われました。これもまた耽美的な気がします。
午前一時になると夢遊病のように弟の部屋に訪れては彼を抱く兄。
それは十年間続いている。
不仲な父母、そして過度の親の期待へ答えようとするプレッシャーなのを弟は知っているのです。
動物を殺すという行為が、弟をだくことによってすりかわただけだったはずなのに、そこに実は兄は弟に救いを覚え、
弟は兄への愛を深め、
ラストの関係性が、自分が思ったモノと逆転する意外さが見せました。

【痴漢休暇】
ええー!乗客のいる車内で、乗客に丸分かりで行われている痴漢行為は性交へと発展して!!
トレインビーストだ~♪(昨年話題になった痴漢電車小説♪)
と思ったら本当にトレインビーストで、リアルイメクラでした(爆笑!)
なかなかにお洒落にエッチでエロでした・・・満足

【プチ・パトロン】他1本
一族経営の大企業の息子でありながら親と折り合いが悪く、家を出いている叔父を慕う甥。
この十六も離れた年の差が、明らかに小学生か中学生かと思われる甥主導で進む関係が斬新♪
叔父のヘタレ攻めは、きっと甥が大人になったら受けに逆転するのかもwww
ひょっとしてショタ攻めなのでは?と期待したが、それでもショタの誘い受けは美味しかったです☆

【発情アイズ~常夏~】
前作、発情アイズの番外ですが、前作を知らなくても楽しめます。
エロ特化になっているからです。
高校生モノ。

イチモツ描写が白抜き、もしくは形状をニュアンスで伝えるような描写になっているので、一見アレ?な部分になってしまっているのが惜しい。
表題など、この描かれていないイチモツの大きさと受け子の位置からみると、すごく巨根なんですけど・・・汗、汗、汗、、、
あと、飛ばした白濁が普通だと楕円だったり、雫だったり、丸を基本にした”ビチャ”というような絵で描かれるのですが、この作家さんの場合は直線型の長方形の変形なので、音に例えると”ピュ”って感じです(わかるかなw)
そんな点も注目してください。

表紙もインパクのある黒ですが、中身もきっと印象に残るでしょう♪

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ