縄がなくてもだいじょうぶ

nawa ga nakutemo daijoubu

縄がなくてもだいじょうぶ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×236
  • 萌47
  • 中立16
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
29
得点
391
評価数
122
平均
3.4 / 5
神率
14.8%
著者
SHOOWA 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784832288355

あらすじ

有徳学院オカルト研究部3年ビビリの副部長・佐々木先輩は、 ちょっと影のある美形後輩・幾三くんのエロ&縛りテクに 翻弄されるさだめの男だったのだ! でもこれって、エロなの? ラブなの!!? 「愛」を知ってしまった童貞高校生の変わりゆく日々★注目度No.1著者が贈るミステリアス学園ラブコメ★描き下ろし憑き。

表題作縄がなくてもだいじょうぶ

剣道部員兼オカルト研究部副部長3年 佐々木孝太郎
オカルト研究部員1年生 吉田幾三

同時収録作品愛だよ!有徳オカルト研究部!

赤亀(高2・顔はいいが頭がおかしい)
香坂(高2・内申欲しさにオカルト部入部)

その他の収録作品

  • 間の大丈夫
  • 知らなくても大丈夫
  • 10年目の再会(描き下ろし)

レビュー投稿数29

流されつつも芯はある佐々木、いい男

 肝試し的な部活動から始まる導入は、SHOOWA先生らしい淡々としたギャグと下ネタが満載でとっても良かったです。ただ、悲しいかな、ここで私がより惹かれたのは赤亀と香坂カップルの方だったんですよね。パンツだけでここまではしゃげる可愛らしさ(主にはしゃいでいたのは赤亀だけでしたが)。フェラだけで終わってしまったので、是非とも赤亀が香坂に欲情するようになった経緯や、2人のこれからを読みたかったです。メインの佐々木と幾三カップルもそれなりに楽しめたのですが、自分には赤亀達ほど刺さりませんでした…。

0

そんな未来も

三つ巴→イベリコ→縄が〜の順で発売されてます。デビュー頃のしっとり感が嘘のようにわちゃわちゃとしたハイテンションエロ作品を繰り出す先生。
この作品は縛りプレイもさほど濃くは無いので、コメディを楽しむカンジです。そういった意味ではイベリコとも三つ巴ともまたちょっと違うかな。

ビジュアル的には香坂(内申の人)と赤亀(変態の人)で一冊描きそうなのに、佐々木(副部長)と幾三で一冊描いちゃうあたりが面白いです。佐々木さんは面白フェイスかと思いきやカッコいい設定でした。リアルにいたら、優しくて体格のイイこの人がモテるのはわかる。それこそ10年後は引くて数多。

10年後の再会がリアル〜に展開しちゃうもんだから、もうページ数ないんですけど!!!と。オチはオチでしたけど、そんな未来もありそうだな…と…ね…

萌〜萌2

0

シュールな部活動。そして描き下ろしのほろ苦さに、何とも言えない気持ち。

全く本編に触れられない、オカルト部・部員、赤亀と香坂の美形カップルの方が気になってしまう。
BL的には彼らの方がよっぽど主役級なのに。ただ出て来ただけである。残念。
そして、キャラ的には地味な副部長・佐々木先輩と、謎の美少年・幾三くんが本作の主人公。
副部長は居るが、部長はいつもスクリーン上でしか会話しない(登場しない。)とか、
幾三くんの家が複雑そうだとか、恋なのか、思春期の性への好奇心なのか、
はっきりしないまま、関係を持ってしまうとか。何か色々垣間見えては消えていく。
掴みどころが、あるような、無いような。とってもシュールな展開です。
そして、断る事なくいくつもの部活動に在籍している佐々木先輩は、
幾三くんの緊縛趣味も、受け入れてしまう。
兄弟の多い佐々木先輩の家にお泊りした二人が、こっそりベランダで隠れる様にして
キスしているシーンが、とっても可愛くて。
それはやっぱり恋なんだろう、とも思えるのです。

…が、描き下ろしの10年後。再会した二人は、卒業後、会っていないことが分かる。
これは、読み手側には結構衝撃です。
『お互い、蚊に刺されたみたいな恋愛。多分それだけの話。』
という、佐々木先輩のモノローグと、井上陽水のリバーサイドホテル(‼︎)に、
ほろ苦さを感じさせられて、切なくなるのだ。
ただし、これには謎のオチがあるので。本当のところは分からない。
青春とは。やはり、とても短くて、記憶の中だけで生きているもの。
胸にチクリと何かを残して終わります。

0

笑いあり、笑いあり。

表紙を見れば一目瞭然なのですが、
佐々木先輩の扱いがひどくて、
メインキャラだよね?と思ってしまいました。

先輩が荷台に乗せられて、
幾三より先に教室へ侵入してしまい、
怯える様子がほんと可笑しかった!

ハーレーに跨っちゃう幾三にもうけました。
(ワンコらのネーミングセンス!)

かっこ悪い先輩が、最後の方には
かっこ良く見えちゃうのだから不思議でした。

先輩のキスで蕩ける幾三の顔は可愛かったです。

社会人になった時の話が、
IF話なのか、数年後の話なのか、
判断が難しかったのですが、
先輩が彼女と暮らしていたのは残念だったな。
幾三と幾三母と三人で暮らして欲しかったなぁと。

しかし、全体を通してよく笑わせてもらいました。

1

不思議な美少年好きです

オカルト研究部、ほんとにオカルトでしたね。
でも、縛るの大好きな幾三くん、好きです。
寡黙な美少年で、最初は佐々木先輩のシャツの裾をキュッと持つとか可愛い。常に抱き締めてるくまと言い張るカエルも。なのに、家が複雑でお母さんがきつい。佐々木先輩の押しに弱いキャラも好きです。一気にリーマンにしないでもう少し高校生、大学生の四人を読みたかったなぁ。

1

真面目に読んだら負けな気がする

初SHOOWAさん。
よりによって何故これを最初の一冊に選んだんだろう自分…

色々ツッコミどころ多すぎて(笑)

オカルト研究部員の話なんですけど、意味ありげに出てくるオカルトちっくな謎はモノの見事に全て置いてきぼりだし、
どこからどこまでが妄想ネタなんだか、何が何やら(笑)

岡部長の正体とか、
幾三くんと一緒に体育館覗いてた女の子の正体とか、
幾三くんが大事にしてたクマって言われたところで絶対にカエルにしか見えないクマのぬいぐるみ(表紙の緑のヤツ)の謎とか、

聞きたいこと色々あるよー?

肝心の萌えどころは、思った以上にありました♪
もっとギャグエロに突っ切った感じかと思ったんですけど(赤亀&香坂サイドはそんな感じですけど…)、メインの佐々木&幾三カプが予想以上に可愛くて!
萌えた~
幾三くんの積極的なんだかウブいんだかよく分からないキャラは本当に反則。
佐々木もノックアウトされてたけど、私もノックアウトされた…
この二人の初々しい恋愛がまたいいのです。
大切な何かを気付かせてくれます。
恋とか愛とかはさ、人を変えるよね!

余りにも自分好みのギャグセンスだったので、ツボって短期間に何度も読み返してしまいました。

一言で言えば、
【シュール、且つ、ナンセンス】

だけど大切な何かを教えてくれる(←ここ重要)、そんな一冊。

お気に入りの一冊です。

0

ちょっとしたハードル越えたらおもしろかった。

ギャグマンガです。
《縄》っていっても、エロくないです。

初版で買って読んではあったんですが…よく解らなかったんです。
改めて読んだらアニメっぽいノリでおもしろかった。
《魁!クロマティ高校》に(萌え)を足した感じ。

私、SHOOWA先生の作品、好きなんですけど理解するのに時間がかかってしまう事があるのです。
人物からひいて全身を小さく描いてあるコマが多いからか状況がわかりにくい絵も多いです。
それから手書きの文字が実はすごくおもしろかったり、結構重要な事があるのに…読みにくい。
キャラクターがセリフなしで表情だけで語っているシーンを、最初(初読み)の時点でスルーしがちな上に、無表情なキャラクターもわりと多い。
…等が理由だと思います。
あくまで個人的な感覚です。
あー。巻頭にキャラクター紹介や設定説明があったら私には親切だったかもしれません。

他のレビュアーさんでも言ってた人がいましたが、SHOOWA先生が読者に媚びてないんじゃないか?と思ってしまいます。
この作品は特にその傾向が強い?
自分が描きたい事を楽しみながら描いている?…と特にこの作品に対しては感じました。
意図的にそうしてるのかなぁ…?

そうゆう作風(?)というかハードルを越えて改めて読むと…やっぱおもしろいなぁ…と思いました。
特にセリフ(手書きも含む)がおもしろかったです。
BL的には体型や立ち姿等もやっぱカッコイイし、脇キャラに萌え要素も充分あったし、ベランダキスもかわいかった。
主要CPの佐々木せんぱいと幾三くんの間にはほとんど会話がなく、会話のかわりにエロや縛りを通じて、お互いにだんだん「特別な存在」…(しかも結構純愛…!)になっていく様子もわりとしっかり描いてあります。
超ヘタレな上にBL界では異質の超モブ顔の佐々木せんぱいですが、巻末では幾三くんの母と同じく「あんがいいい男」に成長しているのでは…?
またこの佐々木せんぱい…とても優しいんですよ。幾三くんにずいぶん失礼な信じられないような事を何度もされてるんですけど、幾三くんには一度も怒ってないんです。生活指導員に「手に追えない」と強引に押し付けられた幾三くんは厄介な物件…でしかないのだけど常に幾三くんの味方でいてくれます。
私、個人的に面倒見のいい怒れない人が好きなので…佐々木せんぱい好きです。でも肝心な所では怒ってくれましたよ。(^^)

でも…いいヤツなんだけど…やっぱりモブ顔が過ぎて…BL的には萌え要素は少ない…。そんな萌え要素がない佐々木せんぱいと会話不可能な幾三くんをギャグマンガというベースで成長させてるSHOOWA先生ってやっぱスゴイかもしれません。


岡センパイ、幾三の家庭の事情、剣道を見学する女子…等々…解明されてない謎は山程あるのですが、一冊読み切りのギャグマンガだし、それを知って腑におちたところでどうということもなさそうなのでそれも問題ないと思います。

《知らなくても大丈夫》

…だと思います。

2

縄で強制恋

※ネタバレ有です。



◆縄がなくてもだいじょうぶ◆《怖がり&へたれ×感情をあまり外に出さない》
オカルト部員である佐々木、幾三、赤亀、香坂の4人は内申をもらうため、
部長命令で真夜中の学校の中で部活動をすることに──。

赤亀が変態過ぎる ← 香坂のパンツをそんなにかぶりたいのか!?w とツッコミを入れたいくらい ワッハ(゚∀゚)エロだね☆彡
冷静で天然な香坂もすごく良い♪ コイツにフェ○されるのか……でも、これで内申がもらえるなら…… ←オイッw
もー♪ 人って絶対絶命といか、自分が欲しいもののためなら、何でもやっちゃうところが好きですwヽ(*´∀`)ノウッハァ~

変態だけど、cpは香坂×赤亀かな……。
変態プレイを楽しみつつ、香坂に挿れてもらう……みたいなパターン…… が良いですねw(妄想)

佐々木が副部長だったとは…… 少し存在が ←w

幾三くんが可愛い顔をして、人を縛りるつける技術があるなんて 素敵♪ )^o^(お腹いっぱいですw

親に見つかっても冷静でいられる幾三がツボw 佐々木の驚いた顔も面白かったです♪

最後らへんの幾三くんが妬きもちをやく場面があって、もー可愛くて可愛くてw
佐々木の乳首もっとイジめてもよかったのに ←w


佐々木×幾三 cpは初々しくて好きです♪

1

そして読者もMになる

「SHOOWAさんと歩く富士樹海探検ツアー」に参加したら、スタート地点でいきなりダッシュされて迷子になり、青木ケ原でのたれ死んだ_| ̄|○・・・というのが一度目の読後感(汗)
作者に道案内してもらおうなんざ100年早えーわ、と一喝された気がして、自力救済の覚悟で出直し。二度目は辛うじて、樹海の木の間を疾走するSHOOWAさんの姿が一瞬見えた…ような?
幻覚かもしれませんが(苦笑)

こんな話です!と一言で表現されることを明らかに拒絶しているような作品(笑)なので、あらすじなど語るも愚かなのですが、とりあえずこんな↓お話かもしれません。
主要登場人物は、内申をもらうためだけのゆるい部活・オカルト研究部の部員4名(+作品内には実在しない(多分作者の分身な)部長1名)。
のっけからパンツをかぶり始めるイケメン部員にドン引きさせられたかと思うと、部員4人のうち絶対脇と思われた2人が、まさかの主役カプだったことが判明。
いや、表紙絵はたしかにこの2人なんですが…脇の2人に華がありすぎたというか(汗)
表紙絵・前が魔性の美少年かつ超不思議ちゃんかつ天性の縄師・幾三君。後ろが、幸か不幸か幾三に見込まれた副部長の佐々木。
幾三の父親は、緊縛SMに魅せられて家族を捨てた男。父のDNAを受け継いだのか、隙あらば佐々木を縛りたがる幾三・・・彼がカエルのぬいぐるみをいつも抱いているのは、カエルの子はカエルってことで?(←深読みしすぎ注意?)
大胆すぎる幾三に押されまくりながら、幾三のエロ可愛いさにほだされて、責められることに目覚めてしまう佐々木。(あ、この2人リバです。)

佐々木と付き合い始めて、超ド級不思議ちゃんだった幾三が少しずつ変わっていき、カエルのぬいぐるみとも訣別して、友達もできたり。
佐々木もまた晴れてドーテイ(&処女)喪失してマダムキラーに!
いろんな意味で2人が成長したひと夏の出来事が、ハチャメチャでとことんナンセンスなオカルト研究部の活動も交えながらコミカルに描かれていきます。

オカルト研究部は最後までナゾでしたが、個人的には幾三の佐々木に対する迫り方が一番オカルトちっくに見えました(笑)
幾三の不思議ちゃんぶりは、ちょっとSF級だったりします。
でも、佐々木を責めてる時の幾三はエロ可愛いながらも強気一辺倒なのに、佐々木にやさしく攻められると震えてしまう彼。
人を強引に縛るという形での愛情表現はできても、人に愛されることには慣れてないんですね。
佐々木の下で震えてる幾三、儚げな小動物みたいで、ものっそいキュート。
私がこの作品から唯一掴みとれたと自信を持って言えるのは、幾三のギャップ萌えです。
時に幾三に怯え(?)ながらも幾三を受け止めていく佐々木のやさしさもイイ。
個人的には、幾三に攻められる佐々木のアヘ顔がツボでした。(ギャグ絵ですがw)

とりあえずSHOOWAさんの世界を満喫できることは間違いありません。
ついて行こうとすれば振り切られますが、それもまたSHOOWAワールド。読んでいるうちにだんだんとM心が芽生えてきて、もっともっと振り切ってほしくなってきます。

3

yoshiaki

さんぽはたのしいさま

コメントありがとうございます(^O^) 笑っていただけてウレシイです。
「イベリコ豚と恋と椿」など、SHOOWAさんのコメディ系の作品がお好きでしたら、ぜひぜひ読んでみてください。
SHOOWAワールドの濃い一滴が味わえます♪  

さんぽはたのしい

冒頭の例えに悶絶し、本編読まねばと。上手い!

赤亀と香坂がもっと読みたい

相変わらずSHOOWAさんの表紙は原色ちっくですね(汗
表紙だけは、毎回「うーん」という感じです。

個人的にはメインカップルはあまり興味を持てませんでした。
わたしがツンツンヘア攻めが、あまり好きでないせいかしら…
なんでも内申に結びつける思考の香坂と変態真っしぐらな赤亀の方が、だんぜん読みたかったー。
赤亀・香坂の続編希望です。

メインである佐々木と幾三のカップルは、『三つ巴〜』の先生とウンポポくんに似てるなあという印象。
攻めが快感に流され、なんか受けを可愛いとか思ってしまうあたり。
両者のガタイの差なんかも似てますね。

部長の設定はノリが面白かったので、幾三がせっかく霊が見える人なので、縄でなくそっちでお話進めた方が一貫性があって良かったのでは…
あと、リバが苦手です。
ハッキリとした描かれ方はされませんが。
あのガタイで…ちょっと…

全体的にSHOOWAさんの作品の中では、低評価になってしまいました。
『パパ’sアサシン』や『三つ巴』、『イベリコ豚』が面白かったので期待し過ぎてしまったのかもしれません。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う