縄がなくてもだいじょうぶ

nawa ga nakutemo daijoubu

縄がなくてもだいじょうぶ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×229
  • 萌39
  • 中立14
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
27
得点
322
評価数
102
平均
3.3 / 5
神率
14.7%
著者
SHOOWA 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288355

あらすじ

有徳学院オカルト研究部3年ビビリの副部長・佐々木先輩は、 ちょっと影のある美形後輩・幾三くんのエロ&縛りテクに 翻弄されるさだめの男だったのだ! でもこれって、エロなの? ラブなの!!? 「愛」を知ってしまった童貞高校生の変わりゆく日々★注目度No.1著者が贈るミステリアス学園ラブコメ★描き下ろし憑き。

表題作縄がなくてもだいじょうぶ

剣道部員兼オカルト研究部副部長3年 佐々木孝太郎
オカルト研究部員1年生 吉田幾三

同時収録作品愛だよ!有徳オカルト研究部!

赤亀(高2・顔はいいが頭がおかしい)
香坂(高2・内申欲しさにオカルト部入部)

その他の収録作品

  • 間の大丈夫
  • 知らなくても大丈夫
  • 10年目の再会(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数27

人を喰った作品。そんなとこが好き…♥

2カップルのお話なのかなあという出だしで、完全に一人称の主人公がいるんだけど、あれ?じゃあこの表紙のでっかい男のコは…このモブ的な先輩だよね?ん?となるのです。
多分最初はほんとにモブ先輩だったんじゃなかろうか。
表紙のこの人だよね?と、しつこく確認しながら読み進める内にようやく主役に昇り詰める先輩(笑)
剣道のあとの背中の筋肉がものすごく素敵です。顔もだんだんとイケメン寄りに。
人が良くて断ることができない先輩は、部活も委員会も色々とかけもちしていて、オカルトクラブなるよくわかんない部活にまで所属しているのですが、部員は5人。ナゾだらけの部長のナゾは解き明かされないまま。

残る3人の個性も強烈ですが、変なぬいぐるみをいつも抱えている幾三君を教師に押し付けられている先輩。
霊が見えたりもしてるし何考えてるかわからない幾三くんは、先輩のことを好きなのか、それともただ縛りたいだけなのか。

家庭環境に問題ありなDKというのはSHOOWAさんのキャラによくでてきますが、そういったコの性に対する歪みっぷりもまたお得意ですよね。
エロシーンはさほどエロくはなく滑稽さを強調しているように思えるし、どこまでも人を喰ったようなこの一冊。
書きおろしの10年後のお話には、まんまと騙されて切なさにホロリとなってしまいました。私の清い涙を返して。

4

魅力的なキャラクター―――!!


活動をしていなかった、有徳学院オカルト研究部に、
姿を見せたことのない部長・岡ルイトから活動指令が!!
4つのたまを集め部長をみつけだせとのことだ!

ビビりの副部長 佐々木
何か怖い    幾三
イケメン変態  赤亀
内申ほしい   香坂

彼らのたまたまを探す恐怖の学校探索が今!はじまる!!

この学校探索で性癖が露わになっていきます。
赤亀は香坂のパンツを欲しがり、たまを手に入れる試練で
なにかを失いすっきりする香坂。
佐々木は幾三にしばられ何か目覚めた気が。。。。
幾三は新しい自分がわかりました。

その後の幾三君のアプローチがかわいらしいのです。
乳首見せて欲しがったり、佐々木の家にアドバイスされたまま
サボテンを持ってったり、それに全く触れない感じも良いですね。

これからも縛ったり縛らなかったりするのでしょう。
佐々木が大事に大事にするから大丈夫なんだろーなー。
赤亀がすごく魅力的だったー。パンツは頭にかぶるのが正装なんじゃないか?
と思わせてくれるような偉大な人物です。一歩間違えれば偉大な犯罪者です。

そして物語の最後はオカルト研らしいできごとがあああああ!!

2

もうどうでもいい(←褒め言葉)テンションとオチw

冒頭第一話は、高校のオカルト研部員4人が、部長の指令で夜の校舎探検に挑むんですけど、数多の試練?をあんなことやこんなことで撃破していくうちに、なんだかいろいろエロエロな展開になってしまうという内容です。
見所はやはり、妙なノリとノーテンキなテンション、理不尽な展開(笑)でしょう!

一話目の主人公は内甲欲しいだけのテキトー男な香坂だったのに、二話目以降はビビリな副部長の佐々木になります。
話の中心も校舎探検後の、佐々木×なんとなく怖い幾三の二人が、意識しあって親睦を深めていく展開になります。(主に縛ったりとかフェラとか。笑)

幾三くんは表情に乏しくて、独りでいることが多く、緊縛(おぉ「きんばく」と入れたら最初は「金爆」に変換されたんで、ちょっとビックリした!ウチのワード変換偉いっ!)が趣味という、ミステリアスな一年生。
彼は母子家庭なのに母親とはあまり上手くいってなさそうなので、佐々木はますます放っておけません。
そんな佐々木の優しさに、思わず感情のあふれた表情を見せてくれる幾三くん。
妙なノリとノーテンキなテンション、理不尽な展開(笑)なのに、ちゃんと二人が惹かれ合う課程での恋心も一応描かれてます。
そして二人は気持ちを確かめ合うように結ばれて…と書くと普通のボーイズラブな話のようですけど、重ねていいますが妙なノリでノーテンキなテンション、理不尽な展開(笑)です。

このアナーキーなSHOOWAワールドは一度ハマるともう堪えられませんっ。
ハマったあなたは僕と握手だっっ!!

2

ラブコメ

リバだっていうから期待していたのですが
リバって。。。。がっつり、ツッコミツッコまれじゃないのね・・・
と、、、ちょっぴり凹んだ私は負け組なのかという話。
おいといて。
なんだかよくわからない部活動の面々から始まるお話なのですが
終わりよければ全て良し。
結末までちゃんと読めば、十分充足感のあるお話だったかなと思うのです。
ひとまず幾三ちゃんが可愛いからいけない(ノ∀`)
なんな顔で見上げられたらなんでも言うこと聞いてあげたくなっちゃうじゃない!
緩急、もろもろあって面白い一作でした。
佐々木先輩もいい人オーラですぎてて面白かった。
幾三ママも言ってましたが、いい男だと思うのよな。

パンツ男のとこのカップルでの続編があるのかないのかわかりませんが
これはこれで面白かったです。

2

ちょっとしたハードル越えたらおもしろかった。

ギャグマンガです。
《縄》っていっても、エロくないです。

初版で買って読んではあったんですが…よく解らなかったんです。
改めて読んだらアニメっぽいノリでおもしろかった。
《魁!クロマティ高校》に(萌え)を足した感じ。

私、SHOOWA先生の作品、好きなんですけど理解するのに時間がかかってしまう事があるのです。
人物からひいて全身を小さく描いてあるコマが多いからか状況がわかりにくい絵も多いです。
それから手書きの文字が実はすごくおもしろかったり、結構重要な事があるのに…読みにくい。
キャラクターがセリフなしで表情だけで語っているシーンを、最初(初読み)の時点でスルーしがちな上に、無表情なキャラクターもわりと多い。
…等が理由だと思います。
あくまで個人的な感覚です。
あー。巻頭にキャラクター紹介や設定説明があったら私には親切だったかもしれません。

他のレビュアーさんでも言ってた人がいましたが、SHOOWA先生が読者に媚びてないんじゃないか?と思ってしまいます。
この作品は特にその傾向が強い?
自分が描きたい事を楽しみながら描いている?…と特にこの作品に対しては感じました。
意図的にそうしてるのかなぁ…?

そうゆう作風(?)というかハードルを越えて改めて読むと…やっぱおもしろいなぁ…と思いました。
特にセリフ(手書きも含む)がおもしろかったです。
BL的には体型や立ち姿等もやっぱカッコイイし、脇キャラに萌え要素も充分あったし、ベランダキスもかわいかった。
主要CPの佐々木せんぱいと幾三くんの間にはほとんど会話がなく、会話のかわりにエロや縛りを通じて、お互いにだんだん「特別な存在」…(しかも結構純愛…!)になっていく様子もわりとしっかり描いてあります。
超ヘタレな上にBL界では異質の超モブ顔の佐々木せんぱいですが、巻末では幾三くんの母と同じく「あんがいいい男」に成長しているのでは…?
またこの佐々木せんぱい…とても優しいんですよ。幾三くんにずいぶん失礼な信じられないような事を何度もされてるんですけど、幾三くんには一度も怒ってないんです。生活指導員に「手に追えない」と強引に押し付けられた幾三くんは厄介な物件…でしかないのだけど常に幾三くんの味方でいてくれます。
私、個人的に面倒見のいい怒れない人が好きなので…佐々木せんぱい好きです。でも肝心な所では怒ってくれましたよ。(^^)

でも…いいヤツなんだけど…やっぱりモブ顔が過ぎて…BL的には萌え要素は少ない…。そんな萌え要素がない佐々木せんぱいと会話不可能な幾三くんをギャグマンガというベースで成長させてるSHOOWA先生ってやっぱスゴイかもしれません。


岡センパイ、幾三の家庭の事情、剣道を見学する女子…等々…解明されてない謎は山程あるのですが、一冊読み切りのギャグマンガだし、それを知って腑におちたところでどうということもなさそうなのでそれも問題ないと思います。

《知らなくても大丈夫》

…だと思います。

2

大笑いしてきゅんきゅんして忙しい!

最初の方はずっとギャグばっかりでした。
SHOOWAさんのセンスが光りまくってましたよ(*´∇`*)

イケメンで変態の赤亀さんと香坂さんカプも気になります~!
しかしなんだこのパンツ漫画はww

そしてメインカプの佐々木先輩と幾三くん。
幾三くんは縛るのが趣味♪だけど、色々と事情があるようです。
ミステリアスな襲い受け最高ですね(*^^*)
幾三くんを丸ごと受け入れた佐々木先輩に乾杯(^^)/\(^^)

体から始まった関係だったけれど、2人が徐々に近づいていく過程にきゅんきゅん(≧▽≦)
震えてる幾三くんが可愛すぎてヤバい。

SHOOWAさんの素敵ギャグが飛び交うこの作品、ぜひみなさんに読んでほしいです!
もうSHOOWAさんに虜やぁ(*´∇`*)

1

誰が主役なの~から始まるワクワク感

ワクワク感なのですが、あらすじや攻め受けの詳細が入っていると思わずそちらに
目が行ってしまう訳なのですが(笑)
今回のお愉しみは学園もの、名前だけのオカルトクラブの部員たちのお話。
そのキャラもかなり個性的で、それだけで楽しめる流石先生今回もいい仕事してます。

佐々木と幾三は先輩後輩なのですが、佐々木はヘタレだけど、頼まれると嫌と言えない
かなりいい人って雰囲気で、幾三は無口でいつもぬいぐるみ抱いてる不思議ちゃん。
先輩を縄で縛ったり乳首舐めたりいきなりフェラしたりと、大丈夫かっ!?などと
心配してしまうような少年なのですが、家庭はちびっとヘビーでしたね。
それにさすが次代のオカルト部長、色んなものが視えてます。
しかし、個人的には笑わしてもらってちょっぴり切なくて良かったです。

1

縄に惹かれて

作家さんと、タイトルに惹かれて購入。

やっぱり内容がぶっ飛んでて好きです。

一ページ内のコマ数や文字数が多くて、いろんな出来事がてんこ盛り。休む暇のない作品だと感じました。けどそこが良い!

オカルト研究部の突然の活動。この内容もまた無茶苦茶。仕組まれた感満載。何でもお見通しな部長様はいったい何者?!(笑)

無表情だけど欲望に誠実な幾三くんが一番好きです。ぼーっとした佇まいで、縛りたいとか萌える。

縛り=SMと定義づけてたけど、幾三くんに関してはそう感じさせない。新たなSMワールドを垣間見た気がします。

佐々木副部長。可愛いv
絵柄が三枚目なのに、そこそこモテてる設定も面白い。幾三くんに何だかんだで甘々で、掘られちゃう。リバ要素に、男同士だからこうでなくちゃね!と思わずニンマリ。

サブキャラも皆ツボ突きだらけ。変態の赤亀も結構好きだなぁ。

書き下ろし作品
すんごく好みの内容でした。
私は、一度別れてよりを戻す設定に萌えます。一番最後の場面は想定外過ぎて、えっ?この萌を返せ~!とまでは行きませんが、いい意味で、ガクッとと肩を落としました!

神に近い萌2な作品です。

1

縄で強制恋

※ネタバレ有です。



◆縄がなくてもだいじょうぶ◆《怖がり&へたれ×感情をあまり外に出さない》
オカルト部員である佐々木、幾三、赤亀、香坂の4人は内申をもらうため、
部長命令で真夜中の学校の中で部活動をすることに──。

赤亀が変態過ぎる ← 香坂のパンツをそんなにかぶりたいのか!?w とツッコミを入れたいくらい ワッハ(゚∀゚)エロだね☆彡
冷静で天然な香坂もすごく良い♪ コイツにフェ○されるのか……でも、これで内申がもらえるなら…… ←オイッw
もー♪ 人って絶対絶命といか、自分が欲しいもののためなら、何でもやっちゃうところが好きですwヽ(*´∀`)ノウッハァ~

変態だけど、cpは香坂×赤亀かな……。
変態プレイを楽しみつつ、香坂に挿れてもらう……みたいなパターン…… が良いですねw(妄想)

佐々木が副部長だったとは…… 少し存在が ←w

幾三くんが可愛い顔をして、人を縛りるつける技術があるなんて 素敵♪ )^o^(お腹いっぱいですw

親に見つかっても冷静でいられる幾三がツボw 佐々木の驚いた顔も面白かったです♪

最後らへんの幾三くんが妬きもちをやく場面があって、もー可愛くて可愛くてw
佐々木の乳首もっとイジめてもよかったのに ←w


佐々木×幾三 cpは初々しくて好きです♪

1

不思議な美少年好きです

オカルト研究部、ほんとにオカルトでしたね。
でも、縛るの大好きな幾三くん、好きです。
寡黙な美少年で、最初は佐々木先輩のシャツの裾をキュッと持つとか可愛い。常に抱き締めてるくまと言い張るカエルも。なのに、家が複雑でお母さんがきつい。佐々木先輩の押しに弱いキャラも好きです。一気にリーマンにしないでもう少し高校生、大学生の四人を読みたかったなぁ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ