お迎えに参上しました。囚われの王子様。

今夜、会いたくて……

konya aitakute

今夜、会いたくて……
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
49
評価数
15
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576131252

あらすじ

月夜に颯爽と現れた遠山に連れられて、昌紀は記憶を取り戻すために思い出の地を巡ることに。
しかし、遠山に惹かれ始めてしまい……

傲慢な父親によって軟禁されていた昌紀のもとに、闇夜に紛れて遠山という男が現れた。「君を迎えにきた」と言う彼と共に、
昌紀は家を抜け出すことに。昌紀は交通事故のせいで1年前からの記憶がない。そんな昌紀に遠山は、二人の思い出の地を巡っ
て記憶を辿ろうと言ってくれた。以前の自分たちはどんな関係だったのか。戸惑う昌紀が遠山を問い詰めると「君は俺の恋人だ」
と告げられた。自分に恋人がいたことに動揺しながらも、遠山と過ごすうちに昌紀は遠山に再び惹かれ始める。
しかし、彼が電話で愛を囁いているのを聞いてしまい……。

表題作今夜、会いたくて……

飲食店経営の社長 遠山良太郎
記憶を失った社長令息の大学生 船戸昌紀 20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

父親の酷さと王子様のような攻めが際立つ1冊です

記憶喪失もので何度でも同じ人に恋する、素敵な純愛ストーリーです。

交通事故に遭って、父親に閉じ込められてる屋敷から、昌紀を連れ出しに遠山が現れたところから、お話は動き出します。
なぜ自分が事故に遭ったのか、どこへ行こうとしていたのか、遠山との関係は?…すぐに我慢できなかった遠山の口から語られるけど、記憶が戻らなくても、遠山の溺愛が気持ち良くて、そのヒーローぶりにキュンキュンします。そりゃあ、記憶がなくても、また惚れちゃうのも納得です。

対して、お金のために、息子をロシアの石油王に売り飛ばそうとする、鬼畜ぶりが酷過ぎる昌紀の父親。読んでてイライラしたけど、遠山が最後に見せた切り札に、スカッとして拍手を送りたいぐらいです(笑)
そして、迷わず父親や家よりも、遠山を選んだ昌紀も気持ち良かったです。
甘々でカッコイイ王子様のような攻めのお話が読みたい時にはピッタリな1冊です。

2

遠山にメロメロー!

書き下ろし作品です。
基本、書き下ろし作品が大好きなわたしは、購入作品が書き下ろしだとウキウキいたします。
ネット購入なもので、賭なんですよね。


受けの昌紀は、交通事故で丸一年分記憶を失った20歳の大学生。
厳格で会社経営に忙しい父親は昌紀を顧みず、執事が家族のような存在。

攻めの遠山は飲食店を複数経営する、昌紀の大学のOB。
彫りの深い顔立ちの美男子。
昌紀とは恋人同士で、昌紀が事故にあった時待ち合わせていました。


父親は事故で記憶を失っていたのを良い事に、さっさとイギリス留学と結婚を指示し困惑する昌紀。
そんな自宅軟禁状態の昌紀のもとへ、救いに現れた遠山。
ふたりは手に手をとって屋敷を脱出し、記憶探しの逃避行をするというようなお話です。

かなり始めの方で、遠山はふたりが恋人同士であったことを躊躇しながらも昌紀へ告げます。
昌紀は半信半疑ながらも、遠山の腕の中に懐かしい暖かさを感じて当然ながら困惑しちゃうんですね。
でも遠山の、昌紀をトロトロに甘やかしながらも、きちんと対等に扱ってもらえることを嬉しく思い、彼に対する気持ちを自覚していきます。

遠山は、イイ男ですね!
ちょっとは手を出しちゃいますけど、とにかく優しくてこっちが照れるー。
「ひゃー!わたしもさらって!」と悶えました(笑
けっきょくわたしは、こういう砂吐くような甘々王子様攻めが好きで仕方ないのだわと、再認識いたしました。

しかーし、昌紀の父親はどエライ人非人ですね。
今の時代、日本に人身御供的なお金の作り方を息子にさせるって、ヤのつく職業の方だってしないのでは…
こんなホンワカ作品で、まさかまさかのキャラクターでした。
あー、ビックリしましたよ。
全体的に、山や谷はなかったんですか?と言われかねない作品ではあるのですが、雰囲気も良く、読んで幸せ気分になるので萌×2にしました。

イラストは鈴倉温さん。
表紙のカラーも扉絵ももちろんですが、挿絵も遠山は素敵に、昌紀は愛らしく描かれています。
作品にマッチしていて良かったですよ。

0

いろいろ不足してるんだけど

出だしから都合よすぎる展開だしいろいろ説明不足な感じがするんですけど
とにかく遠山(攻)が王子様すぎて萌えメーターがぎゅんぎゅん上がりましたw
なので★ひとつかふたつ分は確実に遠山のキャラクターによって上がってる。

ストーリーは記憶喪失で軟禁されている昌紀(受)が遠山によって助け出され、新たに恋をしながら記憶を取り戻して、遠山との未来を選んで家というしがらみから解放されていくといったもの。
簡潔に書くと↑なんですが、まあ昌紀の父親のあくどいこと!
実の父親があんなだとは考えたくもないのですが、昌紀のことを道具としか思っていないのです。
お金を作るのに必要になるときがくるかもしれない、という理由で育てていたとしか思えない。
(というか育児は確実に他人まかせなんですけど…)
父親のあくどさを語っても萌えには行き着かないので省略しますが…w

遠山は記憶のない昌紀に優しく明るく、ときにはちょっと我慢ができずに手を出したりしながら接します。本当に紳士。
現代日本だから普通の社長ですけど、女の子が夢見る王子様を体現してるような人なのです。
昌紀は…まあ記憶がありませんから…お人よしのお坊ちゃんというのが分かりやすい。
自分が酷い目にあうかもしれないというところでも、小さい頃から側にいてくれた執事のことを思いやる優しい子ではあるのですが、ちょっと…危機感が薄い、かも?

私はとにかく遠山に癒されました。
でも出だしからこの遠山が怪盗みたいな現れ方をするせいで、そこで白ける人もいるかもしれないですね。どうして可能だったかの説明も一切なかったし。
でも吐きそうなほど甘い攻めをお探しの方にはオススメです!

0

お父さん・・・酷過ぎ

記憶喪失モノの純愛ラブ、それでも記憶喪失だと言うことであまりシリアスに
なり過ぎていない感じで読みやすかったです。
恋人が記憶を失くしてしまう、大概その過程で恋人双方が切なく苦しい思いを
抱きながら、恋人に忘れ去られた相手が恋人だと言い出せず~みたいなパターンが
以外に多いのですが、この作品は意外にも辛抱たまらんで早めの段階で
実は恋人なんですと告げるところから始まるのもまた面白い。

内容的には箱入りお坊ちゃまが父親の横暴に耐えかねて、恋人の元へ、
二人で駆け落ちする段になって、まさかのお坊ちゃま交通事故で1年分の記憶を失くす。
それは恋人との出会いから駆け落ちすると言ったところまで計ったように記憶喪失。
そして、そのままかと思われたら、なんと恋人は怪盗さながら姫を攫いにやってくる。

記憶を失くしながらもこの人は信じられると手を取って屋敷から抜け出し逃避行。
恋人との思い出の地を巡り、二人で行くはずだった地を回り、それでも記憶は戻らない。
そんな中で記憶を失くした昌紀はまた自分の恋人に恋をする、う~んラブです。
それでもちょっとした心理戦的な策略で昌紀はあえなく父親の元へ連れ戻され、
業績の悪い父親にどこぞの富豪オヤジに売り払われる事態に、とんでもない実父です。
そこへお約束のように恋人が助けに来る、ハッピーエンドもので、甘い純愛的な作品。
目新しさは少ないかも知れませんが、素敵な作品になっています。

2

年下のお坊ちゃんにメロメロな社長

好きな作家さんの一人です。
敏腕の自信家社長の攻め様が、一回りほどの年下の男の子にメロメロです。(笑)
読んでいて攻め様がやにさがっているところが想像できちゃいます。

お話は、攻め様と駆け落ちの約束をした夜、受け様が交通事故に遭い攻め様と出会ってからの一年分の記憶を無くしてしまって…というところから始まります。受け様、いいとこのお坊ちゃんなんですが、かけおちの件がバレて父親の過干渉により軟禁状態になってしまいます。その干渉の仕方がもう、愛情じゃないんですよね。異常でかなり利己的で、恐怖すら感じます。受け様が自由になりたい、そう強く願った時、攻め様は受け様をさらいに来て、二人の逃避行が始まります。
記憶はなくとも、訪れる先でなんとなく既視感を感じるも、どうして自分を屋敷から出してくれたのか、受け様と攻め様の関係は何なのか、記憶がないことを不安に思い、攻め様に事情を聞くと、恋人関係だったことを告白されるのです。攻め様は終始飄々と大人の余裕を見せていますが、受け様への愛情はしっかりとみせつけてくれます。優しさや態度に受け様に対する深い愛情が滲み出てるんですよね。そんな攻め様に動揺しながらも、受け様は心を許していきます。
攻め様は強引で自信家ですが、あくまで受け様の反応を見つつ、しかし確実に距離を縮めていく…そのへんの紳士とムッツリのバランスが非常に良かったですね(笑) 。受け様は記憶が戻らなくとも、まんまと恋に落ちてしまうわけです。
攻め様は受け様の性格が強烈に可愛いのだとノロけるのですが、読んでいても受け様の可愛さは伝わってきます。世間知らずで素直、攻め様への無自覚の好意も表情に出ます。
受け様のまんざらでもない様子に、ついつい攻め様が悪戯をしてしまうのですが(でも最後まではしてません)、それが腹心の副社長にバレて、記憶のない子に手を出すなと叱られてしまうのです。副社長と受け様にうだつが上がらない…そんな様子も可愛く感じられる攻め様でした。
攻め様の住むマンションに匿われるも、父親の手下に捕まってしまい一度は連れ戻されますが、最後はやっぱり攻め様が助けに来てくれます。そして記憶も戻り、ハッピーエンド。
受け様と一緒にいるためには社長を辞してもかまわない…そんな一途な攻め様に萌えます。
普段は紳士ですがベッドの中では受け様を泣かせて喜ぶSな攻め様、何されてもいいと言うMな受け様で、こっちの相性もバッチリな二人なのでした。

4

勧善懲悪、愛の逃避行?

自分は名倉作品はユニーク系の方が好きなのですが、今回はどちらかというと健気純愛モノ?
箱入り息子が事故で記憶喪失になり、父親に軟禁状態になっているところを彼氏が王子さまのように現れ二人で逃避行し、その過程でもう一度主人公が相手を好きになり、そして障害を乗り越えてめでたし。
ざくっと書くとこんなお話でした。

もうね、攻めになる遠山が健気攻めです。
受けの昌紀が好きで好きでたまらない、メロメロ。彼の為なら発奮しちゃうタイプ。
彼は飲食店を何店舗も持つ会社の社長でやり手らしいのですが、青年実業家といったところでしょうか。
昌紀とは大学OBであり、講演会で知り合って恋に落ちたという、激アマカプだったらしいです。
途中で、本当は裏に何かあって本当は恋人じゃないとか、爆弾があったりするんじゃなかろか?なんて、勘ぐったりもしたのですが思い切りストレート勝負にきたのがビックリです!

昌紀は本当に箱入りらしくお坊ちゃん。
自分の記憶喪失の以前が知りたくて、そして傲慢な父親のいいなりが嫌で遠山の誘いに乗り逃避行にでます。
彼もまたおっとりしているというか、自分のイメージ的にはお姫様みたいな感じの青年でした。

こういった割合、スムーズな話しの時カギになるというか、気になるのが脇役♪
昌紀の家の執事である浅井(もう60台の方で、母親を失くし家を顧みない父親の代わりに家族のように昌紀の面倒をみてくれたよい人)
彼の主人は傲慢な昌紀の父親であるが、成長を見守った昌紀は子供のようでもあり、彼の葛藤もあったりするのですよ。←本カプよりそちらに注目してしまった!
遠山には、会社の副社長で右腕として仕事の良きパートナーである布目がいるのですが、彼は時には苦言を呈し、ズバっとモノを言い、昌紀の為は強いては遠山の為になると力になってくれるのです。←なかなか現実的でいい男でしたv
そしてどうしようもないのが昌紀の父親。。。人間のクズだと思います!
昌紀を連れ戻して無理矢理婚約させようとするのは、それは人身売買のような~!?
父親としての愛情の欠片もないクソ野郎として描かれ、作中の唯一の悪者で最後には成敗される運命ですw
また、遠山の住むマンションのコンシェルジェの等々力も力強い味方で何気にきになる存在。

脇にばかり目がいってしまったので、残念ながら本編は普通すぎて、ほんとうに評価が普通になってしまったようです。
昌紀の亀頭の表現に「真っ赤なルビーの~」とあり、それが意外に生々しくて、ツボったという変な部分に萌えを見出してしまいました(爆)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ