終わらない日々青春

ホームタウンブルーバック

home town blue back

ホームタウンブルーバック
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×231
  • 萌23
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
17
得点
264
評価数
75
平均
3.6 / 5
神率
17.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758072762

あらすじ

幼馴染の穂のことがずっと好きだった勇十。
地元で高校教師をしながら、穂が発足した
田舎町の青年団に所属している。

今までと変わらずそばにいられたら十分だと
思っていたのに、恋心はついに溢れて…。
初めて感じる距離、こわばる心、むせび泣く夜。

ぎこちなく始まった大人二人の初恋をお届けします。

表題作ホームタウンブルーバック

植田勇十,26歳,高校体育教師・青年団メンバー
一ノ矢穂,26歳,消防士・青年団団長

その他の収録作品

  • act.1
  • act.2
  • act.3
  • act.4
  • act.5
  • act.6(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

青春 ときどき 恋

のどかな田園風景をバックに立つ二人。
青・黄・赤のコントラストが目に鮮やかな この装丁が大好きです。

【恋をしていた ずっと 幼馴染に 男に】
彼らの日常風景とは うらはらな冒頭のモノローグは、心の奥底にしまっている勇十の叫びのよう。
切ない「彼の秘密」に、胸が ぎゅっとなってしまう。
でも勇十には 一人で抱えているのが耐えきれなくなった想いを受け止めてくれた友だちがいる。
左官屋で女装技術がムダにスゴい(笑)耕生、整体院を開きながら農業もこなす スローライフな千春の二人だ。
そして勇十が想いを寄せる穂は消防士で、地元の青年団の団長を引き受けている。
そこに高校の体育教師である勇十が加わって、大人になっても ずっと変わらないままの関係。
幼馴染って言葉がツラくなってきてからは 近くて遠い穂との距離・・・

勇十の、墓場まで持っていくつもりだった「秘密」は意外とあっけなく穂にバレてしまう。
お互いがかけがえのない人であることに変わりはないけれど、好き の意味は同じじゃない。
二人の関係が変わってしまうことを恐れる穂に、勇十はありったけの優しさで「必要な分だけ側にいるから」って言うんです。

本当に大切なものって安易に言葉にはできない。
何度か出てくる『(穂の)幼馴染以外にはなれない』と、勇十が自分に言い聞かせるシーン。
こんな切ない胸のうちを、読者といえど私が知ってしまって良いのかなぁ…と真剣に悩むくらい、真っ直ぐで強い 二十年来の想い。

迷いと葛藤の中 つながりを深め、ゆっくりと手探りで新たな関係を築いていく恋のお話に、青年男子の わちゃわちゃ楽しいコミカルな部分が合わさった 一冊で二度美味しい、この先何度でも読み返したくなる物語です。

1

にやっとしてきゅんとして最後にほっこり

 恋愛に関しては、ちょっと物足りなさはありますが、にやっとしてきゅんとして最後にはほっこり温かい気持ちにさせてくれる作品。
 幼馴染の穂のことがずっと好きで、でも気持ちを押し付けることなく、幼馴染というポジションを守り続けようとする勇十と、そんな勇十の気持ちを知り、戸惑いながらも真摯に向き合おうとする穂、二人を取り巻く友達や、気さくな田舎の人たちを含めて、登場人物全員が優しさに溢れていました。
 青年団メンバーの残りの二人のスピンオフなども期待してます!

0

好きだけど・・・物足りないかな

0コマ目から恋が始まってる執着攻めが大好きなんですが、ちょっとバランスが悪い感じがしました。全体的にスローなほのぼのペースなので仕方なかったのかもしれませんが、ここまで長期間こじらせた挙句せっかく両想いになれているのでエッチは最後までいって欲しかったです。両想いのはずなのに攻めの気持ちの方が何倍も重いまま終わってる印象を受けました。あと、私はウノハナ先生の凝ったというかCPが置かれる特殊な設定が好きなので、今回の普通の田舎で普通の幼馴染同士の間で起こる恋はちょっと物足りなかったです。当て馬的なキャラもいなかったし(しいて言うなら勇十の教え子の女子高校生3人)、特に事件も起こらなかったし。こういうホッコリきゅんきゅんな幼馴染モノはもっと他に好きなのがあるなーって感じでした。好きなんですけどね。

1

やっぱいいな〜

大好きな作家さんで、コミック本は全作品読んでますが、1番好きな作品がこれです。最近読み直して、やっぱり神作品と思ったので投票しました。
なにも起こらない日常のお話なんですが、だからなのか登場人物の感情にピッタリ寄り添えます。しかも好きなんです、ウノハナさんの言葉の使い方が好みなんです。違和感なく、すんなりと入っていくというか。エロが少ないと思う方もいると思いますが、二人の気持ちに近づける力の作用で十分萌えます。ほんわかしたい時、読んでみて下さい。

2

こんな関係ステキやんw

さて、どろどろ系をあえて立て続けに読んでいた故もあるのですが
今回のお話は、なんともピュア!
最後まですごくホワンとした気持ちにさせられました。

お話のカップルは、幼馴染であり
なおかつ親友な関係。
いつも一緒で心許せる唯一無二。
なのだけれども、片方は長いこと片思いを募らせている。
思いを伝えるつもりは無い。
けれど、気持ちは薄れることは一度も無くて~というお話ですな。
関係を壊したくないがゆえに。
でも気持ちは大きくなるばかり~と葛藤の末の
カップリング。
カップルになったはいいものの=な二人の関係も
先に進まないっぷりが微笑ましかった。
最近のBLっこたちはみんなすぐ合体するのだけれど
受からのGOサインが出た後も、な
攻のやさしさに頬が緩んでしまいました。
幸せって恐ろしい!

正直、サイドの二人もカップリングしたら
面白そうな二人だよなと思って読ませていただきました。
ないのかなー耕生はでも意外と子沢山~とかな
将来ありそうかなとも思ってみたり。
面白かったです

1

田舎町で繰り広げられる日常青春物語

■プロローグ
「こんな気持ち、伝えられるわけねぇだろ…」
子供の頃から幼馴染の一ノ矢 穂(いちのや みのる)の事が好きだった植田 勇人(うえだ ゆうと)。
「友達」という関係を壊したくないあまり、高校・大学とその気持ちを伝えられないまま時は過ぎていった。
地元に戻り高校の教師となった勇人は、ひょんな事から「自分が穂の事を好き」という事が本人にバレてしまい…!?
田舎の青年団仲間たちも巻き込んで、揺れ動く恋心を描いたほのぼの系日常物語。

■感想
本作の主な登場人物は勇人・穂の他に、高校生の頃からの友人で同じ青年団仲間の百武 耕生(ももたけ こうき)と繁野 千春(しげの ちはる)の計4人。
作中では勇人の純情な恋心と、それを知ってしまった穂の心情が実に繊細に描かれています。
また、耕生や千春のキャラ、青年団の活動、教師と消防士の日常など、ストーリーや脇キャラの設定もレベルが高く、魅力ある作品に仕上がっています。
BLコミックを嗜む者なら、是非一度は読んでおきたい作品と言っても過言ではないと思い、評価を「神」とさせて頂きました。

2

優しさそのまま、ゆっくり進展する幼馴染み。

爽やかさ★5 優しさ★5 草食と思っていた攻めが隠れ変態に違いない度★5 
1日:1歩=3日:3歩

 幼馴染みの穂にずっと片想いしている勇十。大人になった今も告白せずにいる片想い。1話目はまるまる告白前の話で、せつないけれど幸せな片想いを十分味わえました。2話目で告白。突然襲ったり叫んだり泣いたりというようなことはなく、「おまえが大切だから告白しなかった」と、優しい告白。穂が「幼馴染みとしての勇十を大事に想う気持ち」を大切にした優しい告白だったからこそ、3&4話目で穂が勇十の事をゆっくり考える余裕ができたのだと思います。5話目で穂が結論を出し、ようやくハッピーエンドに。

 両想いとなったその後の6話目。両想いになったからといって突然ラブラブな関係になるのではなく、これまでの幼馴染みとしての関係が持続しているあたりに萌えました。Hの進度もゆっくり。先に焦れたのは穂のほうですが、それでも穂を優しく扱う勇十。ですが、突然の素股って。挿れられるよりよっぽど恥ずかしくえろい感じがするのですがその辺大丈夫なんでしょうか勇十さん。大人の優しいお兄さんという勇十のイメージが一変して変態色強めになってしまいました。しばらく本番はないけどねちっこい焦らしプレイが続きそうな予感に萌えるラストでした。

4

宙返りの妙

同工異曲の作品はさりげなく多いと思われます。
しかしこの作品はどうも纏っている空気が違う。
輪が完全な円環ではないのですね。
視力検査のあの輪っかの様に何処か途切れて
そこから開放感を呼び込んでいる。
だから賛否両論を呼んでいるであろう
最後の最後のオチにしても、評者にとっては
御馳走だと思えるのです。
物語の〆を伝えるオチではなく、物語の途上を
伝えるオチですから。
そして多分連中は10年後辺りの設定でひょこりと
帰ってくるのでしょう。周りの空気と更に馴染んで、
自分達の居場所もしっかり確保して。

7

終わらない 日々青春

田舎を舞台に、
ノンケで鈍感な幼馴染・穂(受)に恋し続ける勇十(攻)のお話でした。
友情からの発展系…これは私向きの一冊ね、ということで手に取りました。

二人は「まつも市」という田舎町で生まれ育ち、そこで今は仕事をしています。
過疎化が進む田舎で奮闘する二人の姿はリアル事情の切なさがオーバーラップしてくるような話でした。

穂の鈍感どノンケぶりが良い具合でして、
穂は着替えの時に、勇十の体を触ったりするので、
心の中で「本当に困る」と苦い思いを噛み締めている勇十がたまらんかったです。

そして勇十が他の友達と穂のことを話している時に、
勇十が穂のことを好きだということが、穂に聞かれてしまいます。
いきなり自分の気持がバレてしまう勇十w
一生言わないつもりだったのに、こんな風にバレてしまうとはw

そして隠し事をされていたとショックを受ける穂。
穂よ、隠し事をされていたことがショックなだけで、
男が男の自分を好きになっているということに関してはそこまでショックではなかったのか!?
と思わずツッコミを入れる勇十。私も同じくツッコミました。

そして勇十の気持ちに気がついた穂は勇十と同じ気持ちになる!
と分かっているんだか分かっていないんだか…な反応。
愛と友情と全部がごちゃまぜな穂でした。
しかしそんな穂も徐々に気持ちが盛り上がっていき。
最終的には恋愛的な意味でちゃんと勇十のことが見れるという感じです。

もしかして、穂って気がつかないでそのまま結婚とかしてたタイプだろうから、
もし結婚してから勇十の恋心に気がついたりしたらどうなっていたんだろう…
なんて考えてしまった。

描き下ろしにて挿入なしのH描写があります。
ゆっくりと進む恋愛がお好きな方にオススメです。

7

え?これで終わり……?

幼馴染に長年片思いという王道もの。
お互いを思い合う二人の気持ちが、田舎の青空の下にゆっくりと描かれている。

体育教師の勇十と、消防士の穂(みのる)は、
社会人になっても生まれ育った地方の町で暮す幼馴染みの二人。
仕事は違うが、地域交流を目的とした「青年団」で一緒に活動をしている。

明るくお調子者のイケメン穂、
実は勇十はそんな穂を子どもの頃からずっと思い続けているが、
その恋は打ち明けることなく墓場まで持っていくはずのものだった。
ところが、偶然から穂本人に知られてしまう。

思いを知られた勇十が困惑する穂を気遣う優しさ、
幼馴染みを違う視点で見たり、関係が変わる時のぎこちなさ。
お互いが大事だからこそ、真摯に向かい合いたい、
だからこそ簡単にはいかない暖かく初々しい感じがいい。

友達の耕生や千春、皆のたまり場喫茶店のマスター、
そして何より町のゆるキャラ「まつもっち」がいい味出してます。

です、が!
これで終わりですか?
いえ、別にスマタ止まりはそれはそれで萌えますからいいんですが、
ブツン!と切れたような最後……な〜んだ続くのか?と最初思ったのに
どうもこれで完結らしい……
う〜ん、ちょっとそこが残念な読後感でした。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ