意地っ張り義弟と淫乱(?)義兄v 2人の間にはヒミツの情事がいっぱいvvv

僕たちはガマンができないっ!

bokutachi wa ganab dekinai

僕たちはガマンができないっ!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
74
評価数
24
平均
3.3 / 5
神率
8.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784864366113

あらすじ

突然できた義理の兄・圭麻が気に入らない大学生の雪也。そんなある日、酔っ払った圭麻に「もっと仲良くなりたい」と突然エッチなご奉仕をされちゃって!? ツンデレ弟×エロかわ兄の秘密の家庭内ラブストーリーv

表題作僕たちはガマンができないっ!

分島幸也・大学生
分島圭麻・大学生

同時収録作品十年片恋

千春・モデル
直央・モデル

その他の収録作品

  • 番外編(2年後の幸也×圭麻2p描き下ろし)
  • あとがき(千春×直央イラスト+コメント)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

トートツに始まるエロ。そもそもガマンする気は無かったと思われ。

なぜ⁈ が、結構沢山。父親の知り合いの息子、圭麻を預かることになったとかで、分島家には、父、再婚同士の連れ子、共に大学生の絢斗、雪也、の男ばかりの4人暮らし。
母親は他界したのか、何なのか、居ない。そして、20歳を過ぎた圭麻はもぅ大人であるのに、
学生の内は、と預かっているらしいのだ。その圭麻の家にどんな事情があったのかは、
どうやら物語には関係ないらしく、明かされることも無く。
そして、物語の冒頭から、ちょっとしなしなと色気のある圭麻にデレデレする父親。
分島家の男共が全員、圭麻の虜になるのかと思えば、そういう話では無い。
血の繋がらない絢斗と雪也で、もうお腹いっぱいなのに。
そこはフツーの仲の良さで育って来ていて、よその子が来て、急に欲情してしまう、なぜ⁈
淫乱な圭麻は最初からどういうわけか、雪也狙い⁈ なのか、酔った勢いで、ペロペロしてしまう。
その時は、絢斗もその場に居たので、ゆるーいこの子は「俺もまーぜて❤︎」と参加する。
けれど、絢斗はそれほど圭麻に執着する事なく、この後は参戦して来ない。なぜ⁈
この後は、ツンデレな雪也との延々とあまイチャラブ♡ ツン少なめです。
物語に関係無い「なぜ⁈」が無駄に多くて戸惑います。そんなの要らなかった気がします。
そもそも僕たち、では無くて、圭麻が諸々ガマンの効かないエロい子。
誘っている‼︎ としか思えません。佐倉先生の黒髪受けはホントにエッチ。
よその家に預けられたのも何かやらかしたんでは⁈ と、疑ってしまいます‼︎

同時収録は、クーデレ執着攻めに落とされちゃう、直央くんの話。「十年片恋」。
おぉ、10年は凄いな!虎視眈々が過ぎる。10年気付かなかった直央くんも直央くんですが。
一途な攻めを描きたかったとありますが、お話が短いので、一途ぶりもそうそう発揮されてないんですよね。この感じで、もっと一途な攻め目線を見たいかも。ジレジレする千春も見たいです♡


1

義兄弟というよりは

意地っ張り×淫乱の義兄弟という歌い文句が書かれてあるのですが、兄弟ものって感じではなくてちょっと残念でした。
もともと雪也と絢斗という義理の兄弟が暮らしていたところに、わけあって知人の息子である圭麻を引き取って同居することになる、というお話です。

雪也は生活に突然入ってきた圭麻に慣れず、意地悪ばかり。
カップリングはこの雪也と圭麻なのですが、すでに成人してることもあって、義理の兄弟というより「同居することになった知人のお兄さん」という雰囲気で、兄弟が好きだからと手に取るとちょっと違うかな?という感じです。
最初だけ絢斗をふくめた3Pのようなんですが、途中からは完全に雪也と圭麻のカップリングです。

雪也は素直になれないだけでほんとうは圭麻をにくからず思っているのですが、圭麻のほうは最初から雪也を意識しているよう。
しかし雪也が意地悪なのは最初だけで、あとは甘々な展開になっています。

1話でいきなり圭麻が「雪也と仲良くなりたい」と雪也にフェラをはじめるので、いくらなんでもそんな好意の表し方はないだろうとかそれにノッてくる2人もいきなり過ぎるだろうとか、展開てきにはBLだからこそ許せる強引さがあります。
くっつくまでのせつなさとかキュンキュンというものはあまりないので可愛いBLをさらっと読みたい時や、くっついた後の甘いカップルが長く読みたい時におすすめだと思います。

圭麻がいきなりフェラしてきたのは驚きましたが、帯にあったような淫乱かと言われるとそうでもないような・・・むしろ恥ずかしがりで恋愛にはオクテな可愛いタイプに見えるのですが・・・。
ただ、最終的には雪也が圭麻の尻にしかれそうな気もします。
同居ものが好きな方にもオススメだと思います。

2

それほど淫乱ではないと思う

表題作「僕たちはガマンができないっ!」
義兄弟もので、ツンデレ弟×淫乱兄ということで
あらすじと設定に惹かれて購入しました。
が、
う~ん・・・。
淫乱義兄という魅力的なワードから経験豊富な淫乱ゲイ受けを想像して楽しみにしていたのですが、実際はちょっとHなネコ経験のない初めて受けって感じでした。
淫乱ってほどではないような・・・?
想像と違ってちょっとガッカリしました。
まぁ、私が勝手に想像を膨らませていただけなのですが・・・。

1

義兄弟もの

表題
『僕たちはガマンができないっ!』
義兄弟2人(兄絢斗と弟雪也)のところに父が世話になった人の息子(圭麻)を
引き取ることになり4人の生活が始まる。
初めは圭麻のことが気に入らず、反発していた雪也だったが
気が付くと圭麻のことばかり気になっていて・・・

ストーリーとしては可愛いのですが、
圭麻のお父さんと雪也たちのお父さんの関係や、引き取る経緯などがさっぱりわからず
圭麻もおとなしそうに見えて、あっという間に馴染んでたり
酔った勢いとはいえかなり積極的だったり、温泉の脱衣所でオナっちゃったり
いきなりいろいろお道具を購入したり、けっこう極端な展開でした。^_^;

でも、3人とも可愛いから良しとします♪

『十年片恋』
幼馴染でモデルの千春と直央、遊びやさんの直央に唯一興味を示さない千春。
その千春を落とそうと奮闘するが、気が付くと自分が振り回されていて・・・
10年もの間、直央への気持ちを封印し隠し通して来た千春。
直央が自分に振り回されていることを気づきながらも、わざと知らないふりをして。
少しの間距離をおいただけで、自分にとっていかに千春が大切で必要か思い知る直央。

こちらもハピエンでよかったよかった♪


1

兄弟もの、兄受けということで購入。

兄弟もの、兄受けなので購入。最近はガチ兄弟が好きなのでその方面を攻めていたのですが、たまには義兄弟にも手を出してみる。
全体的に軽い感じでサクサク読めました。していることは濃かったですが、イラストのタッチが良いからなのかな。あまり難しく考えずに読み進めることができました。

『僕たちはガマンができないっ!』
告白からのえちーはいいですね。兄が家を出てしまうかも、と焦る姿が可愛い。
あと、脱衣所での自家発電は反則です。かわいすぎる!

『十年片恋』
落とせない相手はいないと豪語する直央が、ニコイチの千春を落とすために頑張る話。十年以上待っていた千春の気持ちにキュンキュンvです。

1

展開が速いかな~、でも可愛い

近親相姦もの、兄受けということで購入しました。

内容的にはちょっと展開が早いかな~って感じました。
父が急に連れてきていきなり義兄弟となった兄の圭麻のことが気に入らない弟の雪也が最初はツンツンしていたのに、なんかラブホに連れ込まれようとしている圭麻を助けてそこからだんだんと惹かれていくというのが大まかなストーリー

何で引き取ることになったのかってところに何か深い話があるのかと期待していたのですが、そんなことはぜんぜんなく・・っというか語られず、気づいたら雪也と圭麻くんがくっついていたという印象です。

そんな印象だったせいかエロもちょっと、入り込めませんでした。

でも、圭麻くん可愛いです。

0

ツンデレ攻め×淫乱受け!

 ストーリーよりエロ重視な展開ですが、絵柄が綺麗で可愛く、爽やかな雰囲気の同居ラブでした。突然兄弟になった義弟×義兄が『ツンデレ攻め×淫乱受け』をお送りします。ツンデレ度&淫乱度ともに高くはないですが、この設定には萌え×2でした!!

◆第1話
 血の繋がらない3兄弟、圭麻(けいま)>絢斗(あやと)>幸也。兄になった圭麻の事が受け入れられず冷たい態度をとってしまう幸也。「もっと幸也と仲良くなりたい」と突然フェ●し始める圭麻。絢斗が参戦して3P状態に。
◆第2話
 圭麻と絢斗が仲良くしていると嫉妬してしまう幸也。自分の気持ちに気付いた幸也が圭麻に告白し、2人で初本番H。
◆第3話
 足を骨折した幸也。けがを心配し、治るまで絶対安静!と決める圭麻。1か月のお預けプレイです。幸也の名を呼びながらオナってしまう圭麻。それを見た幸也はもう止められず。騎乗位→バックで足に優しいコースプレイ。
◆第4話
 幸也がモテることに危機感をおぼえる圭麻。飽きられないようにと大人の玩具を購入。ローターを入れた状態での挿入に「は…っぁ、あ」。

◆『十年片恋』
 幼馴染みの直央と千春。唯一自分になびかない千春を落とそうと、千春へのスキンシップを増やしていく直央。けれど千春はいつまでも無反応。ドキドキしてきたのは自分のほうで…。静かに燃える直央の冷静な表情に下半身がぎゅうぎゅうです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ