ミスター☆リトル☆ボーイ

mister little boy

ミスター☆リトル☆ボーイ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
3
得点
37
評価数
16
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
chi-co 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
木下けい子 
媒体
小説
出版社
大誠社
レーベル
LiLik文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784865180145

あらすじ

製薬会社勤務の有栖川には気になる存在がいる。 男らしい容姿に快活な性格の――無愛想で孤立がちな自分とは正反対の同僚・鈴木だ。 しかし彼とは関わることもあるまい。 そう思っていたある日、試作品の 『若返りの薬』 で鈴木が昼間だけ子供の姿に戻る体になってしまう。 彼を自分の部屋に匿うことにしたものの、件の薬には 「毎晩大人に戻った時に性欲が増進する」 副作用があって!? 鈴木自身では処理しきれないその欲望の解消の手伝いをする羽目になった有栖川だが…?

表題作ミスター☆リトル☆ボーイ

鈴木一郎27・同期の有栖川に一歩負ける製薬会社MR
有栖川馨27・営業成績トップクラスの製薬会社MR

その他の収録作品

  • 同病相恋する
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

ショタ交えつつ

久しぶりにchi-coさんの作品です(n*´ω`*n)
この手のちょっとハチャメチャなラブコメが好き。
今作も楽しく読ませていただきました。

表紙の画から、子持ちBLかなと
子供がいると違う意味で癒されるんだよなーなんて読み始めだったのですが
これまた右斜め上。
製薬会社のちょっとイカレた同僚に
「若返りの薬」を飲むように強要された攻。
攻には負けたくないライバル(受)がおりまして、
お前が断るなら受に頼むなんて言われたもんだから
えいままよっ!飲んでしまったらさぁ大変!!?というやつございます。
あれよあれよとちぢんでお子様へ。
幼児化してしまったがために思っていたのとはちょっとちがう言葉がでたり
舌ったらずになったり。
あんなにライバル視してた相手が優しくてかわいくて美人に見えちゃったり。
紆余曲折楽しいお話しでした。
副作用でイキリ勃ったものが要所要所で見られるのですが
リアルの画で想像するとこれがおかしくて思わず笑ってしまった。
不器用な受も好きだ!可愛い1冊でした。

2

薬とは・・・

chi-co さん作品を初めて読みました
いたしているシーンは結構、喘ぎ声を楽しむのではなく
しっかり描かれていて楽しめました

ざっくりレビューすみません・・・

攻め様が薬を飲んでしまって日があるうちは子供の体になり
夜になると大人に戻るのですが、その時に一気に性欲が!!!と
なるもんだから、一緒に過ごしている受け様とひと悶着ありますw
まあ 毎日世話したりしてたら愛着湧くよねw
攻め様は薬のせいではなく かなり性欲が強いようで受け様は大変ですね

2

ドタバタ、コミカル度は低め

2014年刊。
とある製薬会社のMR・鈴木が新薬の研究開発を手掛けている先輩にそそのかされて、若返り薬なるものを飲んだら身体が27歳から5歳児に変化してしまった。
毎日夜には大人の身体に戻り、朝起きると再び5歳児に戻る毎日を過ごすうち、頻繁な身体の変化に伴う副作用が強い性欲となって出てきてしまう。
原因の薬を作った先輩・志垣に中和剤を急かす日々の中で、同僚MR・有栖川に仕事や生活面、更には性欲までをフォローしてもらうのだが元の身体に戻るのはいつの事やら…

攻めが27歳から5歳児の身体に変化するって内容ではあるが、ショタっぽさってのは感じられない。
有栖川は騒動の元となる志垣先輩に巻き込まれた形だが、始終真面目な性格の彼に面倒を見てもらいフォローしてもらったりといった生活の中で、一方的にライバル心を抱いていたはずなのに次第にほだされていく鈴木だった。
いざクライマックスまで一線を越えるのを躊躇するのも、性欲云々で安直に押し倒してアアーーッッ!!って展開になるより好感が持てる。

しかし話の経過も丁寧に描かれているのに、どうも読むのに少~し手間取ってしまった。
一冊読み終わった印象では序盤に興味を惹かれるが、中盤でやや中緩み、終盤では一気に引き締まったって印象だった。
関係者以外の周りの人達にバレたらどうしようってハラハラ感が無いせいか、ドタバタ、コミカル度も低めだと思う。

あと、どうも志垣のキャピってる言動が滑ってる気がして笑えないが、二人の上司・原田が常識人だったのが幸い…
ってか、原田まで巻き込まないと中和剤の完成の見込みがなかったんじゃないかと思えてきて余計に笑えないなぁ。

ちなみに主人公(攻め)の鈴木のフルネームって超有名な元スポーツ選手と同姓同名だけど、創作物で実在の著名人と名前が丸被りって初めて見た。
些細な疑問だけどこういうのって編集部とかの指摘は入らないのだろうか
(´・ω・)?

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ