溺愛御曹司×お兄ちゃんと慕う年下男子の、ラブラブ同棲生活!

初恋の人のお嫁さんになりました。

hatsukoi no hito no oyomesan ni narimashita

初恋の人のお嫁さんになりました。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
49
評価数
14
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
chi-co 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陵クミコ 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784041090725

あらすじ

両親の海外赴任で一人日本に残ることになった悠里を心配して、両親が同居人として連れてきたのは、幼い頃家の事情で同居していた大好きな“お兄ちゃん”の和人。モデルみたいに綺麗で、大人の魅力を纏った和人との再会にどぎまぎする悠里だが、和人は昔と変わらず悠里をめちゃくちゃに甘やかしてくれる。二人きりの新生活は和人曰く「新婚さんみたい」で…!? けれど、彼がいずれ大企業を継ぐ御曹司の立場にあることを知った悠里は、急に距離を感じてしまい…? 激甘ラブ!

表題作初恋の人のお嫁さんになりました。

二階堂和人、大企業の御曹司、29
朝比奈悠里、内気な大学生、18

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数6

お正月なので、これくらい甘くてほわほわのめでたい作品が良いかと思います

タイトルそのまま、ラブラブ同居生活です。
初恋相手である優しいお兄ちゃんと結ばれると言う、激甘作品です。

ちなみに、優しいお兄ちゃんが優しいのは、主人公に対してだけです。
主人公以外には、結構冷たいです。
こういう攻め、大好きなんだけど!

こう、まさに王道と言った感じで、捻りなんかは無いんですよね。
ただその分、甘くて可愛くて幸せな話をのんびり楽しみたい方には、ピッタリだと思うんですけど。


ザックリした内容です。
両親の海外赴任で、一人日本に残る事になった高校生・悠利。
一人っ子である彼を心配して、両親が同居人として連れて来たのは、幼い頃に同居していた大好きなお兄ちゃん・和人でー・・・と言うものです。

まずこちら、主人公である悠里ですが、引っ込み思案で内気な青年になります。
まだ小学生にもなっていない時分に和人と出会ったワケですが、優しく話し掛けていつも笑顔で相手をしてくれる彼に、ほのかな想いを抱いた。
で、高校の卒業を間近に控えた現在、再び大好きなお兄ちゃんと二人だけで同居する事になり、緊張半分、嬉しさ半分でドキドキって感じでしょうか。

こちら面白いのが、主役二人の両視点で進む所だと思うんですけど。
再会した和人ですが、昔より更に格好よくなり、また甘く優しい言動。
そう、悠里から見ると、穏やかで紳士的な、まさに完璧な男性です。
それが和人視点になると、悠里に対して独占欲を滾らせつつ、確実に手に入れねばなんて画策してる。

いや、幼い頃の悠里がですね、既に彼にとっては特別な存在だったのです。
他人に対して興味が薄い彼ですが、純粋に慕ってくれる悠里に対してだけは、保護欲や強い愛しさを覚えた。
それが再会して、成長した彼の姿に、今度は恋愛面での愛しさを覚える。

まぁそんなワケで、この二人で激甘同居生活。
こう、和人に喜んでもらいたいと、慣れない料理を一生懸命頑張る悠里。
で、ちょっぴりパサついたハンバーグなんかを、「悠里の愛情を感じる」とか言いつつ笑顔でたいらげる和人。

いや、とにかく和人が悠里を溺愛してるんですよね。
てか、可愛くて可愛くて仕方ないって感じなんですよね。
悠里に「行ってらっしゃい」と言われれば、「新婚さんみたいだ」と口元を片手で覆っちゃうみたいな。
そう、策士家と思いきや、意外と純情でもある所に可愛げがあると言うか。
ついでに、悠里の友達から自分の悪友まで、全方位に牽制しまくってるのも楽しくて。
個人的に、こういう溺愛攻めが好きで仕方ないのです。

実の所、わりと早い段階で二人はくっつきます。
あと、和人は大企業の御曹司でして。
その為、父親が「見合いを!」的にしゃしゃり出てきもするんですよね。
和人が二人でずっと幸せに暮らすべく、色々画策をしてはいるものの、実際には何も解決してない状態でエンドですし。
いや、和人ならなんなく実行して行きそうですけど。

そんなワケで、捻りなんかが欲しい方や、この父親の件が引っ掛かる方にはオススメしかねますが。
ただ、甘くて可愛くて幸せな作品で癒されたい方にはオススメ。
もう、くっつく前ですら甘々ですので。
くっついた後は、更に激甘ですので!
えーと、延々とイチャついてるお花畑な二人をぜひ楽しんで!と言いたいです。

6

いきなり新婚生活

2020年刊。
chi-coさんの小説は何冊か読んだものの、この作家さんの作風の特徴を未だに掴めていない。
ルビー文庫では甘々溺愛路線でいく方針なのかな?

大学に合格したばかりで海外出張の決まった父に付いていけない、かといって寮に入っても周りに馴染めないだろう心配があった悠里の為にと、両親は過去に居候していた和人に同居をお願いした。
共同生活で緊張していた悠里の気持ちをほぐす為にと、和人は早いうちから告白したものだから、相手を労わりお互いが抱く好意の元に歩み寄る、いきなり新婚のような甘い生活になってしまう。
第一印象は悠里5歳の頃の純粋なプロポーズで和人への刷り込みってスゴいな、と思っていたのだけどね。

悠里の人見知りの激しいところからくる世間擦れしてなさは今時貴重なものだが、不慣れながらも和人を心地よく癒したいと頑張る姿には好感を覚えた。
一方の和人も、内心嬉しさを噛み締めながら甘える部分、新婚の夫のように手伝う部分が、上手く立ち回れていた。
お互いを労わって出来る範囲で気を使う描写が織り込まれている。

実は和人は御曹司の身だが、実父との隔たり(不仲かどうかは分からない)ってのをもう少し伺いたかったかな。
和人なら意思もしっかりしているので、玉の輿目当ての女性が絡んできても悠里の前できっぱり断る場面も見られた気がする。

やっぱ、受けキャラは不器用でもきちんと自身で行動を起こす、攻めキャラは溺愛と過保護の匙加減が肝心なのよ!!と思うところがあったので、今回の和人と悠里の行動や心情はすんなりと読む事ができた。

2

ロックオンされたのはどちらなのか!?

今回は次期社長が既定路線の営業企画部の中堅社員と
両親の海外赴任で進路に迷う新大学生のお話です。

受様の初恋の人だった攻様との同居生活が新婚生活になるまで。

高校3年の受様は1週間前に第一志望大学の合格が確定しましたが、
研究員である父親が約3年間アメリカに出向することになり、春から
1人暮らしするか、休学して両親と渡米するかの二択を迫られます。

受様の父は研究者としては優秀ですが、洗濯機を泡にしたり、掃除機
をゴミ詰りで壊したりする生活破綻者で、母が同行しなければ生活で
きない事は明白です。

しかし受様も一通りの家事は出来てますが、甘えたで引っ込み思案で
人見知りも激しい自覚があり、一軒家での1人暮らしでご近所付き合
いまで出来るのか、不安しかありません。

かといって見知らぬ人との共同生活となる寮や浪人したわけでもない
のに同級生が年下ばかりというのも考えられません。そんな状況を
打破したのは父の友人の息子である攻様の同居人立候補でした。

攻様は大企業の御曹司ですが、二代目として苦労した父の方針で早く
から親離れをさせるためと高校は父の友人宅での下宿生活、大学は
1人暮らしをしていました。今は三代目社長就任が既定路線で営業企画
課の中堅として入社7年目を迎えていました。

もともと淡白な性格で何事もそつなくこなしてきた攻様は、下宿先で
出会った人見知りな小さい男の子がすこしづつ攻様に懐いてくれる事
に癒され、純粋に自分を慕ってくれる存在に今までにない感情が生ま
れていたのです。

大学に進学し、社会に出ると将来の社長夫人の座を射止めんとする女
達に辟易して受様を懐かしく思い出すようになります。長く会ってい
なくても受様は変わらないだろうと思え、そんな受様との何とか再会
したいと思っていたところに、受様の父の海外出向を知り、同居の
手配を整えたのです。

そんな攻様の気持ちも知らず、受様一家は攻様からの立候補をありがた
く受け入れて、受様も綺麗で大好きだったお兄ちゃんとの再会に胸を
躍らせます。

両親の出発週間前にやって来た攻様は記憶の中の者よりも落ち着いた
甘い美声を持ち大人の余裕を滲ませる美丈夫となっていましたが、
昔と変わらず受様を可愛いと言って笑ってくれます。

そして2人の相性を見る目的も兼ねて4人で1週間を過ごした後、受様の
両親は攻様に受様の事を頼んで旅立っていき、2人の本格的な同居生活
が始まりました。

果たして2人の同居生活の行方とは!?

受様が高校生の時に受様宅に同居していた素敵なお兄さんが再び同居人
になった事から始まる溺愛甘々ラブコメディになります♪

タイトルからして甘~い♡ 良くも悪くもお子ちゃまな純で健気で可愛い
小兎系受様が、酸いも甘いも噛み砕く大人で腹黒策士な狼系攻様に美味
しく頂かれちゃうお話よね♪ とワクワク読み始めました。

chi-coさんらしい王道な溺愛攻でとっても面白かったです (^-^)v

未成年との同居モノって、1人暮らしには難のある受様が1戸建てとか
ゴージャスマンション暮らしの攻様宅に預けられるというのが王道で
すが、今回は受様宅に攻様が同居というなかなかないパターンです。

攻様宅に受様が住む場合、攻様にとってテリトリー内という有理な状況
で徐々に小羊ちゃんを追い詰める感じで進むのですけど、今回受様宅と
いう事で受様が攻様に迫るお風呂シーンが新鮮で面白かったです♪

お話が両視点で進むので、ぼんやりと無自覚な受様と、既成事実つくり
を目論みながらも純過ぎる受様に引いてしまう攻様の熱量の差というか、
経験値の差による肩透かしなすれ違なども安心してワクワクと読ませて
頂きました。

受様が無自覚にあおっていて、攻様が我慢きかなくなる展開がけっこう
萌えツボで良かったです。

1

THE 王道溺愛もの

とても可愛らしいお話でした。
年上×年下、初恋、美しく体躯の良いハイスペックな攻めと素直で愛らしい受け…
と、王道の甘いラブストーリーとなっています。

受け攻め両者の視点で紡がれていきますが、お互いがお互いの事を溺愛しているので、これでもかというくらいあちこちに好きがダダ漏れです。
悠里は、はじめは憧れのお兄さんに対するピュアな好意から。
和人ははっきりとした独占欲と恋愛感情。
どちらも相手の事が好きで仕方がない!という糖度100%な心情が1冊にギュギュッと詰まっています。
和人視点でお話を読むと、いかに悠里が可愛くて仕方がないのかがわかりますね(笑)

大きな事件や当て馬など、嫌なことはほぼ起きません。
最初から最後まで甘い雰囲気のまま、ただただ2人が幸せです。
久しぶりに古き良き王道BLを読んだなあと純粋に癒されました。
甘くてピュアな優しいお話を読みたい気分の方や、BL小説初心者の方におすすめしたい1冊です!
歳の差カップル2人の糖度の高い生活をちょっぴり覗いてみませんか?

0

小動物の可愛らしさを堪能

甘い……とことん甘い!
それも『クールで切れ者のあいつがあの子にだけ甘い』という、王道まっしぐらの甘さでございます。
おまけに『初恋』ですよ、悠里にとっては。

捻くれた私は「これだけ甘いんだったらどっかで一波乱あるだろう」と普通なら考えるのですが、今作の甘さは最強でそんな気配を微塵も感じさせないのです。
だからと言ってお話が平板な訳ではないのですよね。この辺が面白かった。
というのも、悠里の臆病ぶりが本当に小動物を思わせるからなんです。
これがね、上手いんですよ。
何て言ったら良いのかなぁ……『自分にだけ懐く子猫』的な可愛らしさ。
でも、和人の為なら勇気を振り絞って頑張ろうとしたりするのよね。
でも、あんまり頑張りすぎると「死んじゃうんじゃないか」と心配してしまう位、儚げなんです。あ、薄幸っぽく儚げなのではなく、あくまでも小さく可愛らしいタイプの儚さなのね。
これは可愛いよ。滅茶苦茶可愛い。

両視点で書かれておりますが、私的には攻め視点で読んじゃいました。
そうすると、和人の気持ちが良く解るのですよ。
悠里の可愛らしさが突出しているので、何が何でも、どんな手を使っても、自分のものにしたいと思う和人にものすごーく共感してしまいました。

和人は大企業の次期社長という立場で、見合いを勧める父(現社長)との確執のエピソードもちょっぴり出てきます。ここの部分がさらりと終わってしまったのは、ちょっぴりもったいない感じ。
もっとあくどい手を使って父親をギャフンと言わせてほしかったです。で、その後、悠里に「お父さんに申し訳ない」的なことを言われて、自分のあくどさを省みる様なエピソードも読みたかったなぁ。
和人は「どんなことをしても悠里を手に入れる」って口では言っていますが、実際にそれほど酷いことをしている訳ではありませんので。実際にやって欲しかった……悪趣味ですね(笑)。

メンタルが弱っていて重いものを読むのは辛い時に最適なお話だと思います。
ほんわかと幸せになれますよ。

1

ちょっと物足りなかった

溺愛執着攻めでした。
受けが幼い頃に受けの家に下宿していて、人見知りなのに自分に懐いている受けを凄く可愛がっていました。小学生になったある日に「お嫁さんになりたいけど、男の子同士は駄目なんだよね」に「大人になっても覚えていたら…結婚出来る」みたいな発言してました。攻めは大学生になっても下宿していたかったようですが、父親の一言で一人暮らしをする事になります。それでも繋がりは持ちたいと、何かの折にはお祝いを手紙付きで渡していました。
そして父親の海外研修で両親が海外移住するにあたり、一人暮らしになる受けの家に保護者兼同居人としてまんまとやって来るんです。

2人になってから甘々な思わせ振りな言葉を吐きまくりです。大学生になっても幼い受けは段々と囲い込まれて行きます。受けも初恋のお兄ちゃんだった攻めが大好きですが、天然過ぎる故に煽るような事を言って攻めが悶絶したりしてます。

攻めが30歳間際になって来てたので、心配した父親が政略結婚をさせようと見合いの話しを持って来たりと波乱はあります。この父親が自分は大学卒業後すぐに恋愛結婚しているので、攻めに反論されてました。

父親に自分でパートナーを選ぶし、後継者も育てる発言をしていた攻めの覚悟を知った受けは自分も頑張ろうと一緒にいる覚悟を決めます。

特に辛い思いをするとか妨害が入るとか当て馬も存在しない作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う