無自覚イケメン×体育会系三十路男!!

恋なんてもんは。

koi nante mon wa

恋なんてもんは。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×220
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
114
評価数
32
平均
3.7 / 5
神率
9.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784812499283

あらすじ

とある理由で警察官の夢を諦め、小さなモデル事務所でマネージャーをやっている黒塚六之助は、ある日、抜群のルックスをした男と出会う。
しかし、その男・青山颯天は、自分の美貌にまったく気づいていなかった。
懸命にスカウトを試みる六之助に青山が遠慮がちに「あなたが俺の彼女になってくれるなら…」といわれ――!?

表題作恋なんてもんは。

青山颯天,六之助に弟子入り志願した大学生,20才
黒塚六之助,モデルマネジメント,29才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

六之助いいね。

期待せずに読んだのですが、なかなか面白かった一冊。なんと言っても、主人公(語り手)の六之助のキャラクターが良い。男前で正義感が強くて体育会系、だけど小さい。そしてちょっと無理してる。…これはほっとけない系ですよね。

モデル事務所のマネージャーをしている六之助の友人兼上司や担当の売れっ子モデルなどの周囲の人物もなかなか魅力的。もう少し詳しく描写してほしいな……と思うところも多少ありましたけど。

最終的に、どちらかがどちらかを一方的に庇護する関係ではなく、互いに守り守られるという関係に落ち着いたところがよかったです。
幸せになってね!と応援したくなるおはなしでした。

0

予想外だった……!!!

無自覚イケメンがモデルに、なんて
ここだけだとあまり惹かれないんですが
男気溢れる体育会系29歳低身長マネージャーが受け!?と
テンションずがんと上がりました!!!

道端で急に「弟子にして下さい」とか
そんな出会いってアリ!?と思いつつも
個性ある各キャラに興味を引かれました!

無自覚イケメンは青山という大学生で
ヘタレ攻め大好きなので
おどおど感満載なのも好ましかったですww
でもキメる時はキメてくれるっていう…。

六之助は身長が162cmというのが唯一の難点なだけで
世話焼きだし正義感強いしまさに男の中の男、かっこいい!!
空手など格闘技もやってきて努力を怠らなかったとか
心に抱えているある出来事とか…。
「馬鹿たれ」が口癖な六之助みたいな受けが
とにかく大好きです…!!

モデル事務所の朝比が大学からの友人で
美しい容姿なのに顔の怪我絡みで
何やら六之助と雰囲気がありそうなところや
青山を煽るような言動がまた憎い!!

人気モデルなのに(だから、かな?w)生意気で
仕事をすっぽかす住良木、
六之助を手こずらせたりいい加続き減なヤツだな!って
最初は思ったんですが
なんだかんだで六之助を心配したり
年相応な面を見せたりして好感度が上がっていきましたよw

意外だったのが青山の過去と物語のオチ!!
ただちやほやされて来たイケメンじゃなかったし
終わり方も満足させていただきました♪

青山に惹かれていても簡単に好きと言わないけど、
心が決まってからは潔い六之助、たまらんかったです…。
メイド服もご馳走様でした!!!
(似合ってないのが可愛いと言う青山に完全同意!!!)

2

表紙も美しく、ほほえましいです!

脳天撃沈やられました…
やはり、皆様がレビューしているように、このお話は男前の六之助が要ですが。
ヘタレ攻めと言ってもいいのかもしれないけれど、攻めの青山がピュアでキュンキュンしました。オタクで30キロ減量したって…
皮膚のたるみはないのかと、現実を思いよぎってしました。
その二人が無事に結ばれるのは本当にここちいいと思いましたが。
個人的には朝比が六之助の寝癖をなでて、顎を引いて上向かせて
見つめるのが、萌えでした。

0

受けのキャラがこの作品の要です。

テンポ良く勢いがあるコメディだけど、BLポイントを抑えつつも萌えがある作品です!

受けが男前(≧∇≦)ちっちゃいけど武闘派の男たらし!自分よりも背の高い人間を胸に抱いて泣かせるなんて…そっちに走っても全然良かったです!てっきり当て馬かと思いきや…あ、もう1人が当て馬でしたか…という展開にはちょっと残念だったけど、こんなに頼れる兄貴!でも可愛いい!ならばそりゃ攻めも頑張るよね☆
そう、攻めはとっても頑張る子なのです!ただの真面目なイケメンではありません!何かありそうな裏側を腹黒ではなくこちらに持ってきて、かつオタク気質という粘り強さとスレてなさに攻めもノックアウトですよ。オタクだからその手の知識も豊富だし(笑)
本当なら神にしたいとこだけど、当て馬とのやりとりや決着の付け方がちょっとな〜と思ってしまったのでこの評価で。

0

そうだったのか・・・

受け様は体育会系で表紙絵イケメンですが、身長小さくて実は可愛いですw
ですが体育会系のノリなので頼りになるタイプです
攻め様は高身長でかなりのイケメンです
ですが本人はそんなの気にしてないというか気付いていないと言いますか・・・
それに性格的にはひ弱な感じです

受け様が攻め様をスカウトしてモデルへ・・・
攻め様は向上心はそうなくて、ただ受け様の為に頑張ります!

とにかく攻め様の受け様に対する気持ちが一生懸命で微笑ましいです
予想以上に面白い作品でした

1

自分だけのヒーロー

モデル事務所のマネージャーである、六之助は最初から最後までカッコ良い男でした!
こんな人がそばにいたら幸せ!!是非いて欲しいと思ってしまうほどの理想的な人。
それは、懐の深いところや、強く優しいところ、面倒見がいいところに加えて、弱さや孤独を知っているところや、流されやすい部分も含めてです。

青山は、周りの人が振り返るほどのカッコ良い見た目を持ちつつそれを鼻にかけることもない謙虚ないい子。六之助を自分のヒーローと思い、揺るがない思いで愛し続けます。
六之助に見合う存在になれるように。六之助を守れる存在に。そうしたあり方は六之助のそばにいる人にはなかったものでした。

住良木やほかのモデルたち、そして事務所の上司である朝比も自分の弱さを六之助に受け止めてもらうことで力をもらって頑張っているような感じで。そのわがままっぷりにイラっとくることもありつつ、そうした自分の弱さをわがままという形に変えて人にぶつける素直さはどこかうらやましくもありました。きっと受け止めてくれる六之助がいるからこそ出来ること。

毎日そんな風にわがままな人たちの面倒を見るばかりなのに、六之助はそれ続きを嫌だと思うこともなく受け止めていきます。そんなところが本当に男前です!

それでも、六之助の中にある弱さや孤独。たくさんの人のヒーローである六之助を守り大切に思う存在を求めないわけではありません。
六之助が青山に出会ったことは本当に良かったと胸がいっぱいになります。

青山が六之助に隠していた秘密。それを知ってから青山色に染まっていく六之助はちょっと面白かったです。そんなところまで受け入れちゃうんだという順応性の高さに微笑ましくなりました。すべては愛ゆえに。
脇キャラも魅力的で、主人公たちは真っ直ぐで可愛いお話でした~!

3

人たらし六之助の恋

身長162cm、チビだけれど義侠心に溢れ腕っ節も強い六之助は、
そのタイプからするとミスマッチとも思えるモデル事務所のマネージャーを務める
29歳。

ある日、逃げ回る自分の担当の人気モデルを追いかけている路上で
いきなり長身のイケメンの男・青山から告白される。

彼は二年前、助けてくれたヒーロー六之助に一目惚れ。
こんないい男を何故自分は記憶していない?と訝しがりつつも
急場の代役を勤めてもらい、この逸材をモデルとして引き止める為に
彼の恋人になるという条件を呑む。
青山は、その後も決して六之助の嫌がることをしようとせず
忠実にモデル業に邁進する健気ぶり。

六之助は、最初は取引のつもりだったのに
ぞんな青山に惹かれていき……

青山は、実は筋金入りのオタクでかつては太っていて
六之助の為に痩せてカッコ良くなったんだけれど
そのオタク趣味も話のいい味付けになっている。

同じモデル事務所で働く、何か過去に六之助との曰くがありそうな
元モデルで学生時代からの友人の朝日、
実は六之助に懐いていて構って欲しい人気モデルの住良木。
青山の登場で続き心乱されるこれらの脇役がまたいいキャラ。

ちっちゃいけれど、人情厚く男気に溢れる六之助に皆
恋愛だったりそうじゃなかったりそれは色々だけれど
すっかりやられて惚れちゃっているところが、なんとも楽しい。

表紙のハート♡満載の、ラブリーで明るい絵はそれほど好みじゃあないが
挿絵はなかなか良かった。
時に初Hの時のお風呂場の絵が萌える。

と、キャラも魅力的で、全体になかなか楽しめた作品だったと思います。


4

ロクさん、男前!

千地イチ先生、今マンボウ的に非常~に気になってる作者様です!(作者買いしております)
切り口と言うか、感覚と言うかなんだか面白いんです。…それが作者様の個性なんでしょうけど…ホント好みで惹かれます♪
國沢智先生のイラストってあたりで…そうかな?…と、思ってましたけど、ロクさん男前度、高いです!!作品中の誰より高いかも?!…そしてオフクロ度も高そう。人たらし…。それぞれの人をよく観て柔軟に対応し落としてるのに、自分が堕ちているのになかなか気付けない。早く、幸せになってよ~と、じれじれしてしまいましたℓ(^◇^;)

2

脇キャラにも萌えちゃった

小さなヒーローに一途に憧れ必死の努力をしたオタク男子。
読み始めはモデル事務所のマネジメントをする受けの六之助と生真面目なふんわり
オーラのイケメン攻めとのお仕事ラブものかと思ったらちょい違う。

六之助担当の人気モデル住良木の逃亡を阻止しようと追いかけていた六之助は
見知らぬ相手から忙しいのに何度も呼ばれ、お世話好きの性格が出てしまいその相手、
青山颯天と対面することになります。
その出会いは担当モデルに逃げられ困っていた六之助にとっては幸運で、
臨時のピンチヒッターとしては文句なく合格のイケメンだったことからモデルに起用。

でもこのイケメンは六之助に過去に助けられたことがあって自分を弟子にして欲しい、
そんな意味不明な言動をする顔はイケメンなのに性格はどこか純情そうで生真面目。
ピンチヒッターのモデルが欲しかった六之助はなんでもしてやると男前返事して、
それが弟子から彼氏にして欲しいに当日に変化しちゃうのです。

見た目は今時のイケメンなのに行動はオドオドしていて、何かある気がするのですが、
読み進めると成程なと思わせる颯天の背景でした。
それに続き主役二人もいい味出していて、六之助の男前ぶりは最高に素敵なのですが、
その六之助にもシリアスな過去のこだわりがあって、六之助を中心に3人の男性と
大きく繋がりがあって興味深い作品でした。
個人的には人気モデルの住良木の可愛さに萌え萌えすることがありましたね。

そして六之助が大学時代からの友人で、ある事件から将来の夢を諦めても共にいることを
選んだ、職場の上司でもある朝比との関係も興味深かったのですが、
六之助が朝比に罪悪感を持つのが分からないなと、きっかけは朝比本人の自業自得で
逆に六之助は被害者側だと思うけど、やはり六之助が朝比に学生時代ついて回らなければ
こんなことにならなかったと思ってしまうのも仕方ないのかなとも思いましたね。

腕っ節が強くて男前気質で世話好きだけどチビっ子な六之助は素敵キャラなのですが、
その気のない相手でもその気にさせるような天性の素直なおだてとセリフに
住良木じゃないけれど、罪づくりさんだなと思いながら楽しませて頂きました。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ