ヴォカリーズ(1)

vocalise

ヴォカリーズ(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
8
平均
3.9 / 5
神率
50%
著者
つくも号 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
たかだ書房
レーベル
ア・ラ・モード・ボーイ
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

―あの時、僕はまだ子供だった―ラフマニノフの「ヴォカリーズ」の美しくも物悲しい旋律にのせて、世代を超えた恋が、今紡がれていく…第1巻

表題作ヴォカリーズ(1)

初瀬健史(ピアノ教師)
小宮山修司(シュウ・高校生)

レビュー投稿数2

ラマニノフの切ない旋律が…

ラマニノフの「協奏曲2番」=フィギュアスケートの定番?
「ヴォカリーズ」もラマニノフの曲ですが、かつて韓流ブームを巻き起こしたドラマ「冬のソナタ」に挿入され、また、フィギュアスケーター・浅田真央さんが割に最近、エキシビジョンで採用していた曲。
透明感と切なさを秘めた曲ですな。
「協奏曲2番」はドラマチックだが深い激情に胸押しつぶされそうになる。
しかし、「ヴォカリーズ」はもっと優しく愛おしさにあふれております。
よもやBL…というか限りなくショタなBLでこのタイトルを目にするとは思いもよらなんだ。
ですが、ストーリーはまさに「ヴォカリーズ」のイメージどおりに進行します。

つくも号センセイ、ショタ同人のビッグネームですが、エロくさいショタとあなどってはいけません!
この方、同人のほうでショタエロ描く時は予想以上のエロエロ(しかしなぜか下品ではない)しかし、いっぽうでは胸の痛みが止まらない、号泣寸前のストーリーを編み出してくれます。ラマニノフの切なさとクロスオーバーします。

高校生の修司は、ピアノ教室の先生・健史にピアノを教わるうち、彼に恋心を抱くようになり、一線を超えてしまいます。
そのままピアノの道へ行こうかとする修司ですが、母親には大反対される。
なぜなら、修司の亡き父は健史が恋焦がれていた師だったから。

恋した人の息子と関係を持ってしまう背徳感、かなりゾワゾワきます。
しかし、修司はそんなことを知る由もない。まっすぐな気持ちのままなんですねぇ。
つくも作品にはしばしば「大人のズルさ」や「邪さ」が容赦なく描かれているわけですが
それもあながち責められない面があるからやるせない。
二人がはじめて身体を繋げるシーンはやけにドキドキします。
しかし、あくまで序章。
序盤も序盤、ここから先、いったいどんな展開になるのか恐ろしい。
つくも号は最後がものすごく残酷だったり切なかったりするからなぁー…。

5

好みが分かれる作品かも…

父親を亡くしている少年と年の離れたピアノ教師が出会う所からお話は始まります。
少年はピアノが好きで、かつて父親が好きだった曲をそのピアノ教師が弾いていたのがきっかけで出会います。
でも正式にピアノを習うでもなく、足しげくそのピアノ教師の元へやって来てピアノの練習をする。
何故習わないのかな?と思っていたのですが、ストーリーが進むとその理由が明らかに…。
少年の母親がキーなのですが、この母親が私は好きになれませんでした。
自分の都合で子供を押さえつける親はどうも苦手です…。
でもそれでこのお話が切ないものになっているのは確か。
頑張っている修司に明るい未来が訪れたらいいな~と思いつつ読みました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う