純愛インモラル

junai immoral

純愛インモラル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

235

レビュー数
3
得点
89
評価数
23
平均
4 / 5
神率
34.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
三交社
シリーズ
Charles Comics(シャルルコミックス・三交社)
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784879197993

あらすじ

はめるつもりが、素人AV男優にハマりました。

素人AVの撮影をなりわいとしている浅田の前に現れたひとりの少年。
ウブな反応を返す彼を開発することについ夢中になってしまい…

ピュアなカラダと不道徳な出会いを詰め込んだ濃厚パッションラブ

表題作純愛インモラル

浅田真・26歳・AV撮影カメラマン
爽・学生

同時収録作品アンダーコントロール

青葉
コウスケ

同時収録作品ムカイシ

恵介
陽太

同時収録作品少年膜

客・複数
売りをしている少年

同時収録作品みんなのいえ

白井・他
阿久津・他

同時収録作品落日

万引きGメン
佐藤直也・進学校の生徒

その他の収録作品

  • 妄想モラトリアム
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

BLではないと思う。

同人誌で描いてたものを集めた短編集だからなのか、ほぼラブ要素がないです。強いていうと表題作の純愛インモラルは最後付き合おっか的な流れになりますがあくまでもエロメインのおまけ的な流れのような印象でした。アンダーコントロールも最後また再会する流れが描かれてましたが、恋人関係というよりもセフレになったのか?恋愛要素を思わせる発言がなかったけど性的な発言をしてたので、そうかなと。他の作品に至っては恋愛要素のかけらもない話です。
どの話もメインはセックスなので、BLというよりゲイ向けのエロ本と言った方がしっくりくるような作品でした。

4

エロいんだけど。

作家買いです。内容はすでに書いてくださっているので感想を。

つくもさん作品なので、思いっきり「ショタ」です。
短編集で、全部で6つの作品が収録されていますが、すべての作品に共通しているのが、身体から入る関係だという事と、(『ムカイシ』以外は)大人が、自分の欲求を満たすために子どもをクイモノにしている、という点。
という事で、地雷な方は回れ右をお勧めしたい。評価が分かれる作品かと思います。

つくもさんの、エロメインの、身体から始まる関係、という展開は嫌いではないのですが、個人的にはちょっとハードすぎたな、というのが正直な感想。クスリをつかったり、だましたり、弱みに付け込んだりして、子どもをいい様に扱う大人たちにちょっとげんなりしてしまった…。

表題作の『純愛インモラル』がなかったら、評価は「中立」だったと思います。
ただエロ動画を取るためだけに少年に声をかけた浅田。
けれど、その少年・爽の可愛さに骨抜きにされちゃって。

「純愛」と「インモラル」が、見事に融合した作品で、このお話には萌えました。

つくもさんなので、少年の描き方は秀逸。
体つきやtnk(ガッツリ白抜きされちゃてるけど)の描き方で、少年たちの年齢まで分かりそう。
そして濡れ場のエロいことと言ったら…!
初めはまっさらさんだった少年たちが、大人たちの手によってあっという間に開花されていく様は圧巻でした。

背徳感いっぱいな、エロてんこ盛りな作品を読みたいときにはお勧めなのですが、この作品中常に漂うハード感に、おなか一杯になってしまいました。

それと、表紙が…。
表紙も裏表紙もエロ過ぎじゃない?リアル書店で買おうと思って、思わず手が止まったですよ、はい。

4

珠玉の少年エロ

つくも号さんの短編集です。

表題作『純愛インモラル』
自分が素人女性と寝て、それを撮影したAVを販売することで生計を立てている浅田(攻め)。ある日その撮影にマンネリを感じ、街で見かけた爽(受け)を相手にショタAVを撮ってみようと思いたち…。

真面目そうな普通の男子がAVでハメ撮りされ、初めてなのにもかかわらず乱れに乱れる姿がエロエロでした。エッチに食傷していた攻めが、その初々しいエロさにズキュンとくる展開にも萌えました。
タイトルどおりインモラルですが、無理やりでも犯罪でもなく(年齢表記はありませんが、受けが学生なので年齢によっては淫行かも)、双方向のラブのある可愛らしい作品でした。

他収録作を簡単に。
『アンダーコントロール』
SNSで自分の下着姿をアップしている受け。ある日フォロワーから会わないかとメッセージが来て、下着をもらうようになり、やがてそれを履いてコトに及ぶようになる、という展開です。
フォロワーが攻め、下着姿をアップしている少年が受け。これもダークな部分のない、可愛らしいお話でした。

『ムカイシ』
ある村で行われている、男子が大人になるための通過儀礼の話。
少年が友人たちと「ムカイシ」という儀式に赴きます。水ごりで穢れを祓った後、村出身の青年たちと小屋で一晩を過ごすというものだったのですが、焚かれた香と飲まされた酒によって酩酊し、気づけば乱交状態に。
受けも攻めも複数です。大人の男の精をたっぷり受けて少年が大人になる、という儀式が何ともエロティックでした。

『少年膜』
売りをやっているDKの話。こちらもお相手は複数ですが、無理やりではないので悲壮感はなし。

『みんなのいえ』
友人に連れられてあるマンションの一室を訪れた少年が、薬を盛られ、友人とともに輪姦されるお話。
メリバらしいメリバで、ラストも被害者が増えそうな感じの終わり方でした。最初は無理やりなのに薬と快楽に負けて堕ちていく少年が何ともエロい。

『落日』
万引きした少年が、店の人に脅されて関係を持ち、その後複数人からまわされちゃったりで身を持ち崩していく話。これがいちばん救いのない話だった気がします。


ほのぼの半分、メリバ半分といった短編集でした。
どの話もエロく、少年のムチムチした感じが萌えで、ショタやつくも号さんお好きな方には楽しめる本だと思います。陵辱輪姦ダメな方はお気をつけください。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ