開発王子と営業騎士

kaihatsu ouji to kaihatsu kishi

開発王子と営業騎士
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
  
媒体
BL小説
出版社
学研パブリッシング
レーベル
もえぎ文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

「塗りますのでお尻出してください」。王子様と呼ばれる電子楽器の開発部エース滝口巽は、バンコク支社への視察旅行中、激辛のタイ料理でお尻がヒリヒリ。同行するのは入社1年目にしてトップ営業マンとなった東堂恭一。有能な先輩とのリゾートライフにときめく恭一は、ホテルの部屋で治療と称して、痛みに呻く巽のお尻に塗り薬を摺りこんでいき…。ふとっちょさんに憧れるマッチョの恋を描いた「恋するダイエッター」も収録!

表題作開発王子と営業騎士

東堂恭一・本社トップの営業マン・23歳
滝口巽・電子ピアノ研究・開発担当・25歳

同時収録作品恋するダイエッター

岩田剛・スポーツジムインストラクター
熊谷春彦・菓子専門学校生・19歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

『リゾラバ』と『ぽっちゃり』の2編入っています

中編が2つ入っています。

『開発王子と営業騎士』
電子ピアノ開発チーム開発・研究部門の『エレピの王子様』と呼ばれる滝口は、業績を上げたご褒美にバンコクの視察旅行へ行くことになります。でも滝口はとても気が重いのです。ただでさえ人づきあいは苦手なのに加えて、同行するのがほぼ全て部長クラスのおじさん達ばかりだからなのです。その中で唯一の若手は本社営業部の東堂。入社1年目にして営業トップという彼は、視察そっちのけで羽を伸ばすことばかりに夢中な部長達の扱いもそつがなく、タイ料理の辛さで不調に陥った滝口も彼に助けてもらいます。その翌日、辛さによって消化器の出口も炎症を起こしてしまった滝口に、東堂は薬を塗ると言って……

『恋するダイエッター』
スポーツジムのインストラクター、岩田剛は身長185cm、体重75kg、体脂肪率はなんと9%という、見事なマッチョ体型の持ち主。子どもの頃から体を動かしていなければ気が済まない質で、中学時代は短距離、高校からはハンマー投げの選手として活躍してきた結果、この様な体になってしまったのですが、実は『色白ぽっちゃりさん』に憧れを抱いているゲイなのです。もう既に体は出来上がっているし、甘いものが苦手で太れないしで、ジムに「痩せたい」と来る男性に「もったいない」と思ってしまう毎日を過ごしています。そんな彼のジムに現れた熊谷春彦は、色白のもち肌、脂肪で隠れてしまった首、いつも笑っている様な細い目と、正に岩田の理想とするぬいぐるみのクマさんの様な体型。菓子作りの専門学校生で試食によって太ってしまうと言う春彦に「そのままの体型が良いのに」と思いつつ、副担当としてトレーニングを行います。素直で気立ての優しい春彦は指導に沿ってどんどん痩せていくのですが、あれ?不思議。「痩せても春彦くんは僕の天使」と思ってしまって……

私は表題作よりも同時収録の方がメチャメチャ好みでした。
見た目の好みは人それぞれ。でも、マッチョの岩田はその姿だけで「筋肉、好きなんでしょう?」と誤解されてしまうのです。「いいプロテインがあるんですよ」とか言いつつ彼ににじり寄ってくるのは、筋肉を付けた自分が大好きな『自意識過剰さん』ばかり。岩田が友達になりたい『ぽっちゃりさん』は、端っから「自分とは違う人間」という線を引いてしまうので、岩田の想いは空回りするばかりなんです。
男性の評価は『ぽっちゃり』より『マッチョ』の方が上、と多くの人が思っていることこそが、岩田の不幸を作り出しているという皮肉がとてもとても面白かったのです。

表題作は若干薄めですけれど『外に見えているものがその人の全てではない』と主張するこの2つのお話は「萌え~っ」というのとはちょっと違うのですけれど思いのほかに楽しめました。
毎日の生活でふとした時に『マイノリティ感』を感じてしまう姐さま方に、是非読んでいただきたい。爽快に感じると思いますよ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ