女王蜂

jooubachi

女王蜂
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
15
平均
1.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773087413

あらすじ

もっとどろどろにされたい、中も外も

三人兄弟の次男・大志はスマートな遊び人の梶原にキスをされ、男に発情してしまう。
その日から彼の指や舌で、大志を開発する淫らなレッスンが始まった。
けれど関係に勘づき嫉妬した弟・獅子丸によって、大志の純潔は強引に散らされる。
梶原の優しさ、獅子丸の激しさ、二人ともに惹かれていく大志。
そのうえ兄の恭一にまで、冷たい言葉で辱められる新たな快楽を教えられ──。
代わる代わる、そして時には全員で、男たちに犯される大志。心と身体は熟れ、淫らに開花していき──!?

表題作女王蜂

大志の兄の恭一・大志の弟の獅子丸・カメラマンの梶原
友野大志(22歳)

その他の収録作品

  • 蜜蜂たちの寵愛

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ライトでハッピー

表紙、スゴイですね〜。
それ以上に口絵!書店にてカバーを依頼するのは要注意ですよ‼︎表紙の4人の肌色100パーセント。
ここでもうわかる通り、「4Pもの」(受け1人に攻め3人)です。
しかもその攻めの内訳は、攻め①仕事仲間+攻め②受けの弟+攻め③受けの兄、です。
つまりは「近親もの」でもあります。
主人公は、美形人気モデルの大志(22才)。
まず仕事仲間の男らしい魅力のカメラマン・梶原(30代)に誘われ、大人の余裕で優しく接してくる梶原にどんどん惹かれていきます。
この後、ずっと大志が好きだったという高校生の弟・獅子丸に『もう我慢できねえ』と襲われ、2人との関係を続けていると今度はマネージャーをしている兄の恭一にも『すぐに手を切れ、2度と寝るな』と怒られながら弄られるのです。
もちろん攻め3人は誰か選べみたいに言ってくるのですが、大志は…
タイトルは「女王蜂」となんとも勇ましい?魔性系の香りを漂わせますが、読んだ印象ではもう少し子供っぽくて、おもちゃぜ〜んぶ欲しいの♡みたいな男の子のイメージですねー。
ただし、エロはこれでもか状態。二輪挿しなどハードなエロもあります。

「蜜蜂たちの寵愛」
表参道の喫茶店で1人でお茶を飲んでいた大志に獅子丸から電話が。
合流して一緒に買い物をした後連れ込まれたのはシティホテルのスイートルーム。
獅子丸と2人で抱き合っていたが、獅子丸が他の2人を呼び出して結局4Pに。
なぜ今日あんたを愛するのか、それはお前の誕生日だから。
でも本当のプレゼントは………4人で愛し合うためのセカンドハウス!
この作品には4Pで近親で、という背徳感や罪悪感などはなくて、みんなで愛し合ってハッピーとでも言えそうな明るさがあります。
ラストは梶原が食事を作り、恭一と獅子丸でケーキを作ってお祝いのシーン。みんな優しい笑顔です。

0

エロいのはエロいんですが…

モデルの大志は、ギラギラした派手さはありませんが
自然な身のこなし、程よくついた筋肉と
長いまつげと切れ長の目という美貌で
トップクラスの人気を誇っています。
カメラマンの梶原に誘われ飲みに行くと
告白と共に触れるだけの甘いキスをされ
その日を境に徐々に感じさせられるようになりますが…。

秀さんのお書きになる複数プレイとなると
さぞかし官能的なんだろうな!!と
期待を膨らませてしまいましたが
残念な事に、大志の魅力が私にはわかりませんでした…。
モデルだから綺麗なんでしょうけど、
若さゆえ気持ちと欲望をストレートにぶつけてくる血のつながった弟の獅子丸(18)、
大志のマネージャーで、冷静かつSっぽい実兄の恭一(29)、
大人の余裕と優しさで甘やかす梶原(32)、というタイプの違う3人が
そこまで想いを寄せるような人物なのかな…というか。

エロ特化と言ってしまえば身も蓋もないような気がしますが
秀さんだからこそ人物像をもっと掘り下げて欲しかったんです。
そうなるとページ数の関係で
Hの回数が減ってしまうことになるんでしょうけども。
大志が快感に流されるだけの男にしか
私には受け取れなくて残念でした。すみません。
もっと男らしいタイプの総受けなら萌えたかな…。

あと、一人だけを選べなくて離れていく兄弟に心を痛めても
そんなわがままは良くないなと思ってしまいましたし
一芝居うったという事実には「…やっぱり??」になりました。

『蜜蜂たちの寵愛』は
なるほど、女王蜂をみんなで愛するためのセカンドハウスね、
なんですが出来過ぎてて逆に気持ちがしょーんとなってしまいました。
これからもずっと愛されるであろう大志、幸せそうで何よりですけど…。

色々言ってしまって申し訳ございませんが
弟×兄は非常に好きなので中立とさせていただきます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ