なんとかなる日々

nantokanaru hibi

なんとかなる日々
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神42
  • 萌×241
  • 萌33
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
23
得点
479
評価数
122
平均
4 / 5
神率
34.4%
著者
北野仁 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784813030706

あらすじ

オレ・・・男のカッコで抱かれるの、初めてなんだよ・・・」

本当に好きだったから「オンナ」にだってなれた。
でも…初めて「オトコ」の自分を好きだと言ってくれる人に、出会った――

佐藤悠、21歳。
今も昔もコイビトなし・・・の大学生。

ところがある日、ムリヤリ連れて行かれた合コンで出会った清子をひょんなことからお持ち帰りするハメに・・・
泊めてもらうお礼だからと清子は関係を迫るが、童貞だった悠は清子の気持ちに応えることができず・・・
と、その時カツラがズルリ!
実は清子はれっきとした「北岡慎二郎」というオトコノコであった。
しかも行く所がないというので仕方なく一週間の期限付きで同居を許した悠であったが、
日を重ねるごとに慎との間にあたたかい何かを感じ始めていた。

そんなある日、傷を作って帰ってきた慎を不審に思っていたところ、慎の彼氏だというリーマン男が乱入してきて・・・!?

内気な童貞大学生×ワケあり女装男子
ちょっと不思議でほのぼの、でも切ない同居ストーリー。

後日談、番外編ストーリーなど書下ろしも大増量収録!!

表題作なんとかなる日々

佐藤悠 大学生 21歳
北岡慎二郎 ゲイバーバイト 21歳

その他の収録作品

  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:2年後の後日譚

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

攻めが落ち着いているので安心して読める

 受けの慎二郎が好きだった人にずっと女装を強要されていたというキャラで、冒頭から切ない雰囲気の漂う作品でした。自ら女装しているキャラは時々見かけるけれど、好意につけこんで女の見た目でいることを強いられ、嫌われたくないから言われるまま女の格好をし続けるなんて、なかなかハードですよね。その男とは序盤で別れるので、ずっと酷い目に遭い続けるわけではないのですが。

 ただ、やはりその経験は慎二郎に暗い影を落としている。悠との新しい出会いに浮かれる慎二郎ですが、肝心な時は女装して接していて。ノンケで最近まで彼女が欲しいと思っていた彼に好きと言われても、結局女の見た目じゃないとダメなんじゃないかという不安を覚えます。そこからは大体先が読めてしまいますが、男女という性差に悩むシーンは久々だったので、それなりに新鮮な気持ちで読むことができました。こういう時、本人は自分の心の性を変えることはできないから、乗り越えなければならないのは相手なんですよね。悠は恋愛経験が乏しくても人間的に出来ていて、誠実さで慎二郎を包み込んでくれる攻めだったので、とても安心できました。

1

これは良い買い物

「なんとかなった日々」とあわせて購入。
読了後に良かったね感に溢れる作品でした。
重過ぎず軽過ぎずで何度も読み返す作品になる予感。

細かいことを言えば
ゲイが恋人を探しに行くのにノンケの合コンに参加してどうすんだ?とか思ったりもしますけど、
そんなことより慎が幸せになってくれて良かったっ!!
あんなに傷付いたのに純粋で素直な子には幸せになってほしい。

攻めについて。
悠は21まで恋愛に縁遠かった子。
作画を見るとイケメンではない。良い顔してるけどね。
イケてないという設定でも主人公はイケメン顔になる漫画が多いなか、モブみたいな普通の顔(いい意味で‼︎)なのが良かったです。
縁遠かったからこその恋愛への不安(しかも相手は男)、スレてない真っ直ぐさがよく伝わってきました。
是非、慎を幸せにしてやってくれ!!

0

悠、男前だわ!

前から表紙が気になってた本でしたがやっと読めました。

最初は絵が、ん?と思ったけどすぐそんな事気にならないくらい話に夢中になり一気に読みました。

細目男子いいですね!なんか無表情っぽいんだけどそこがまたいい!童貞っぽい(どう説明すればいいかわかりませんが)ですが男前です。無骨で親切で優しいいい男の子です。

慎はあんな辛い過去があったのに純粋で可愛くていい子ですね。
泊めてもらうのにあんなことしようとしたのはびっくりしましたが。

せっかく両思いになれたのに悠が男同士ということにビビって引いてしまって、慎が出ていき1ヶ月離ればなれになってしまいましたがちゃんと迎えに行きました。でも女装だから好きなんだ、口ではそんなこと言ってても体見たら目も覚めて好きなのは勘違いでっ…俺はもうあんな思いしたくない…との慎の言葉にホテル行こうって、悠やるわ!男だわ!

無事にエッチもできて甘々恋人同士に。悠が慎とこうなるまで自分がこんなにスケベだと思わなかった…ってのも愛を感じます。

カバー下の2年後、二人とも就職して一緒に住みますね。ダブルベッドで!ラブラブです。良かった!

1

初々しいのなんのって

表紙がとても素敵。
21年間彼女なし童貞大学生・悠が合コンで出会ってお持ち帰りするハメになった可愛い子がまさかの男…慎二郎。しかもイケメン。

細かい突っ込みどころは幾つかあります。
例えば女装時、襟元が開いた服を着ているのに喉仏が描かれていない→男に戻るとしっかり喉仏が描かれている。肩幅も女装時と男になった時、どう見ても肩幅が伸縮しているとしか思えない違いがある。(着こなしとかではなく)などなど。

そういうところには目を瞑れば二人ともとてもいい子で初心なので楽しめます。
ただし途中で出てくる慎二郎の元彼がゲス過ぎます。お話のちょっとしたスパイスどころじゃない下衆。
慎二郎とは女装姿じゃないとやらない、しかも一方的、DVを振るう、おまけに実は彼女がいて結婚する・・・
何でこんなヤツと3年間も付き合ったのか不明だけど、そんな男でも良しとして離れられなかった慎二郎。自己肯定感の低さが垣間見えるところが哀しい。

ノンケ男子の悠とゲイの慎二郎の二人が近づいたり離れたりしながら無理なくくっつく過程が良かったです。一度離れちゃうんだけど、ノンケだからこれでいいのか?と考えるのは当然だと思うし、その期間を経たうえでの結論を出した悠はもう迷わないし潔い。

元彼とは女装姿でしかHしてこなかった慎二郎が、男性の姿で悠と初めてする時に怖がって拒否して、顔を隠す。
そして顔見たい・・・と悠に言われて、おずおずと顔を出して・・・。
全て終わった後、道端で照れて言葉少なな二人が可愛いのなんの。
とにかくその後、めでたく付き合うようになった二人が初々しくて幸せそうでもっと続きを読みたいなぁと思ったら、同人誌で「なんとかなった日々」「なんとかなった日々2」「同棲生活はじめました」と3冊も出ている、おまけに電子でも読める。
すんごい誘惑・・・。読んじゃおうかなぁ。

0

二人ともお幸せに!

受けも攻めもいい子でいつまでも見守っていたくなります。 お付き合いを始めたその後も見たくなりました。

慎二郎は女装していないとイケメンのゲイの男の子なのですがこの子が可哀想すぎて、あんな最低な元カレのどこが好きだったのか不思議で仕方ありません。 女装していないと機嫌が悪く会話すらまともにしてくれない。 元カレが結婚するのはキツイけど別れるきっかけになって本当によかった!

攻めの悠は見た目は地味な男の子で女の子とお付き合いした経験もないような奥手なタイプ。
慎二郎に気持ちを告げられて悩んでしまい、それに慎二郎は傷つきますがノンケなら仕方ないかな。
あの一ヶ月は二人には必要な時間だったんだと思いました。
その後慎二郎は初めて女装しない姿でエッチするのですが「男の格好で萎えないかな」と心配する慎二郎が可哀想で可哀想で悠がちゃんと安心させてくれてよかったです。

その後の幸せな二人をもっと見たかったです。

2

心地よい作品

彼女いない歴=年齢の朴訥とした大学生・悠と、ある経緯から女装している青年・慎二郎のお話です。

久しぶりに女装男子BLを読みました。良いですね~。初々しい二人が可愛くてキュートで、切ないです。お話が比較的ゆっくりと進んで行くところも良いですが、悠の隠れイケメンなところと、慎二郎がとにかく素直で可愛いところが特に好きな作品です。二人の感情の揺れに無理がなくて、打算的なところもなくて、悠にもちゃんと仲の良い友達が居て…そういう普通っぽい描写が非常に心地よく感じました。

すごく好きな画風では無いのですが、読みやすく、何度も読んでしまう不思議な魅力があります。続編があれば是非読みたいです。

3

惹きこまれるお話

正直、女装もの、好きじゃありません。
でもこの物語には女装の真相に悲しい理由があって…うっう。泣けそう。

色々、何でそうなる?と、突っ込み所満載なのですが、疑問点はどうでもよくなるくらい、とても話に心持っていかれます。

そんなに出てこない、たった数ページの間で繰り広げられる慎二郎と元彼とのやり取りが とにかく心痛くなります。見ているこっちも辛い。肉体的にではなく精神的に。現実にありそうで痛い。
女としての慎二郎の姿を愛している元彼。SEXだけを目的とした付き合い。これだけでも辛いのに、元彼は当たり前の様に結婚しても関係を続けるという。男の格好をしていれば他人…むしろ汚いものを見るが如く口も聞かず慎二郎を見下ろす元彼。もう限界なのに手が離せない。ずるいずるいと泣く慎二郎。辛さが伝わってきます(涙)

そんな慎二郎が、男としての慎二郎を。
慎二郎という人間が、本当の愛を知って幸せを掴むお話。

一度すんなり結ばれそうになりますが、このお話の素晴らしい所は悠がふと我に返り、「男と交際する」という現実を見つめて戸惑い、慎二郎を拒絶してしまいます。
この1クッションが凄く効いてて
好きです。俺もです。ハッピーエンドのご都合主義の漫画ではなく
普通に生活していて童貞で彼女が欲しくて~の悠が、どんなに好きでも男と付き合っていくというのは絶対戸惑うと思う。この悠の葛藤と決意が、この先揺るぎない愛になるだろうと想像させる。だからこそ益々二人を応援したくなる。気がつけば二人の虜ですわ。

その後、慎二郎はありのまま。男の姿のままHするのですが、男の姿のままでHしたことなくて、最初は顔を隠している慎二郎。そんな彼が、悠の愛を信じ徐々に全てを受け入れて身体と心を開く姿、感動です。

ただ、どうしても…絵が…足が細くて長いので虫のよう…せっかくの二人の繋がる感動場面が…
これが本当に残念で(涙)話が良かっただけに無念です。
それ以外は本当に本当に素晴らしかったです!!

3

いいBL読んだなって思える1冊

表紙が印象的なので、ぽつりぽつりと定期的にレビューが上がってくるたび気になっていた作品。

良かったです。
萌えたとか面白かったとかそういう物差しとはちょっと違って、おいしいごはん食べれたときみたいな感じ。
優しく沁みこんでほっこりしました。

「男」であることをきっちりと前提においた上で、それを色眼鏡を通して見せるでもなく、それをもって過剰な涙を誘うわけでもなく、でも男同士の恋愛ってことをちゃんと分かりやすく描かれているところが好きです。
慎(受)の「女装」もそれを分かりやすく表現するための道具として巧みに機能していました。
本編と描き下ろしの間に、慎が脱ぎ捨てた“女の子になるためのアイテムたち”を描いたページが挟まっているんですけど、あぁもう武装は要らなくなったんだな~って思ったらじんわりしました(;´Д⊂)

変えるきっかけをちゃんと自分から掴みに行く人達のお話はやっぱり好き。
慎も悠もどっちも待ってるだけじゃなくちゃんと自分で踏み出してる。
葡萄瓜さんも書いてらっしゃいますけど、なんとかしようとしなければなんともなりようがないですもんね、やっぱり。
そんな当たり前のことを人は迷うと案外簡単に失念したりするものです。

元気が足りなくなった時に読みたくなるような1冊です。

3

無修正には意味がある

これ、なんだか似たような表紙の本と混同して既読未レビューのままだった。
「ラブ・イズ・ブラインド」で、この作者さんの作風って、エロのためのエロとは方向が違うんじゃないかと感じて、確か、もっとこう、日常系のちょっと切ない感じの本を読んだ事あったはずと思って発掘。
そうそう、これこれ、この雰囲気。
「内気な童貞大学生×ワケあり女装男子
ちょっと不思議でほのぼの、でも切ない同居ストーリー。」
このお話は前彼と女装姿でだけ繋がっていた慎が、悠とちゃんと男の体で向き合って結ばれる事が物語の山場で、しっかりペニスが描かれることには意味がある。
なので、ちゃんと、ほぼ無修正な感じになっていてよかったわ。



3

とても優しいお話でした。

表紙が素敵だったので、購入。初読みの作家さんです。
とても優しいお話でした。
出だしが合コンでお持ち帰りした女の子が実は男だったというこれだけだとかなりぶっ飛んでいますけれど、その後の展開はそんな事もなく癒される純愛ものでした。
清子さんもとい慎二郎くんは女装は強要されてただけで男の娘ではないのかな?板につきすぎてて怖いですけれど(笑)
受けも攻めも性格が良くて可愛いのでたまらないです。
末長くお幸せに。

あと、ブサ猫のブサもといエリーも幸せになれてよかった!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ