メノちゃん本当はきもちよくないんでしょっ

メノちゃんは喘がない

menochan wa aeganai

メノちゃんは喘がない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×229
  • 萌30
  • 中立11
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
257
評価数
80
平均
3.4 / 5
神率
10%
著者
わたなべあじあ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
ISBN
9784896442458

あらすじ

幼なじみのメノちゃんはイケメンです。
真砂土はメノちゃんが、我を忘れて喘ぎまくる姿を、拝んだことがありません。
本当はメノちゃんは気持ちよくないのかな…と不安に思っているのですが…?
カラー原稿33ページ色つきで見せちゃうv シコい男の子めいっぱい3シリーズIN!!

表題作メノちゃんは喘がない

真砂土,高校生,生徒会長で恋人
瑪瑙(メノちゃん),高校生,会長補佐

同時収録作品メノちゃんは喘がない

真理凛,高校生,オネエの生徒会書記
そーちゃん,1つ年下の高校生,生徒会副会長

同時収録作品シュガーベイブ

ヨネ,麦の弟,20歳
東吾・E・ハッキネン,バーのやとわれ店長,32歳

同時収録作品PLAY

菱咲耶/北麹獅子,工業高校生,18歳,受の幼馴染
大西銀二,同じ工業高校生,18歳,アホの子

同時収録作品PLAY 2 / PLAY番外編 ヤキソバ(描き下ろし)

大西安芸,土方,銀二のお兄ちゃん
大西銀二,工業高校生,18歳

その他の収録作品

  • Precious Colors(カラーイラスト)
  • あとがき
  • INDEX

レビュー投稿数16

ちゅうのシーンがいい

先日ROMEO3巻まで読み、わたなべ先生の作風が知りたくて、本作でROMEO以外4作を読みました。

共通していたのは、際どい性癖があったとしてもそこまでえげつなくはなく、とにかく甘々でろでろなので甘さとエロを楽しむにはいいなと思いました。
私はエロでもちゃんとLがあって甘いのが好みなのでその点は楽しめました。
ちゅうのシーンもとても良い。

なので、ストーリー的にはそこそこでw
キャラとノリと甘々とエロが合えばいいかなと。
あ、もちろんキャラの心情もよく描かれているし、ストーリー的にも破綻することはないし、アホの子とか溺愛執着とか魅力的なキャラが出てくるのでおもしろいです。
そういう作風だとわかれば楽しめますね。

本作は33ページもカラーがあるの豪華ですね。
単行本でこういうスタイル珍しいのでしょうか。
紙質もよかったです。

0

きちんと喘がない

カラー原稿が沢山収録されていて、あじあ先生ファン向きの一冊です。先生らしく、幼馴染3P、近親、スカ、喘がない受けと特殊シチュ好き向け。そして相変わらず絵柄はあまり安定していない笑

表題は短め。なんだかんだ喘ぐ落ちかと思いきや、徹底して"喘がない"を貫いてくださったのは好感。

「縛って愛して」の里村×麦CPのスピンオフとして、赤ちゃんだったヨネが20歳の攻めとなって登場。なんとまぁ雄になって。ヨネが20歳ということは、麦も結構良い年なんだなぁ。小さく1コマ登場してますけれど、容姿についてはあまりわからず。ただ老けてはいないんだろうなとなんとなく想像はつく。
ヨネに食われた東吾さんは可愛いです。彼こそバチバチに雄っぽくてカッコ良いのに、年下でちっちゃいヨネにほだされて好きにさせて…良い年上受けでした。

1

お得すぎる

タイトル通り、受なのに全く喘がないメノちゃん。攻なのに喘ぎまくる真砂土。
私的にBLは、やはり受の喘ぎがあってこそだと思うのです。二人の間にはちゃんと愛があるのに、何となく物足りない。個人的な意見なのですが。。。

間にあるカラーイラストが、素晴らしく美しいです。これだけでも、満足な一冊!

『シュガーベイブ』おじちゃんとやってしまうお話。お互い同意有りですが、おじちゃまの方が初めて?みたいで、さらっと受け入れているように見えて、結構葛藤ありなのかなぁとか、年上受もいいもんだなぁと思いながら読んでいました。

『PLAY』この本の中で、一番好きな作品。
アホのコ銀二が、気づけば3Pしていたり、兄とやってしまったり(いとこだったが)アホ過ぎて可愛い!最高です。

0

もっと読みたい…

うーん!
表題作だけを濃厚に描いてくれていたら、神3ぐらいなのですが…
最後の方には喘いじゃうのかな♡
などというやましい思いを往復ビンタで打ち消された感じです(笑)

体の描き方も、登場キャラクターのお顔も髪の描き方もすっごく好みで、どのお話もはぁはぁできるエロさなのですが、いかんせん短編すぎて…もっと読みたい欲がこの評価に繋がってしまいました。

特に私は三つめのお話が好きでした。
おばかなのに名器って、最強じゃないですか…。

0

イラスト集いらない

絵が変わりましたかね?こんな雑な絵でしたっけ。
画力は半端無くすごいので、ささっと描いた絵もすごくうまいのですが。
話もなんだか軽~い感じの近親ものとか3Pとかで拍子抜けです。
しかも話数が少ない!
そして何より・・・イラスト集を買ったおぼえはないんですが。
この1枚絵の多さは何ごとですか!?
こんなコミック初めて見ました。斬新すぎる。
確かに美麗な絵ばかりなのですが、漫画が読みたかったんですよ。
コミックス買ってるんですから当然です。
もっと話数のストック溜まってから発売してください。
こんなに沢山のイラストばかりで誤魔化して酷いと思います。

5

米ちゃんの話もあります

麦ちゃんシリーズでは痛いシーンも多くて、若干びびりながら読むシーンもあったのですが、こちらはそういうシーンは一切ないので安心して読めました。

表題作のメノちゃんが、ほんと、男前。顔からして攻めと受けを逆かと勘違いしてしまうのですが、そこがまたいいのかも。このカップル、二人ともアホなんだけど、真砂土が不安になって指を血が出るまで噛むシーンからお姫様だっこまでがものすごく萌えます。喘がなくても、愛されてるんですよね。相思相愛のアホカップルは読んでいて癒されます。

そして「シュガーベイブ」は麦ちゃんシリーズでは赤ちゃんだった年の離れた弟の米ちゃんが主役です!米ちゃんの書く、好きな人のピラミッドが可愛い!一番が麦ちゃんなの!そして、憧れは里美!里美に憧れるなんて、ダメでしょー。と心配しつつ、アホだから仕方ないかと。

0

麦の弟が成人してたよ!

 喘がないあじあ作品ってなにそれ~ってことで、ワクワクして読みました。31ページものカラーイラストも収録されて、『縛って愛して』『ピンクのおもちゃ』の麦たんの弟の米の短編も同時収録です!

・『メノちゃんは喘がない』1話2話
 Hで喘がないメノちゃんを喘がせたくてダダをこねる真砂土を、男前な態度でサクッと納得させてしまうメノちゃんという、エッチばかりしているお話です。あじあ先生の作品で受けが喘がないなんてどうなのー?って思ってたんだけど、代わりに真砂土があんあん喘いでくれます。
 学園モノだけどほとんどがHシーンです。1話は16ページ中10ページがHシーン。2話は8ページ全てHシーン。
 真砂土をお姫様だっこするシーンが好きです。だけどやっぱり男前が喘ぐところが見たいなー。

・『メノちゃんは喘がない』3話
 生徒会書記と副会長のカップルのお話。オネエ言葉の書記と一年後輩の副会長のプロローグみたいなお話でした。まだ先がありそうな二人です。

・『シュガーベイブ』
 これ一番読みたかったやつです!赤ちゃんだった米のこんな姿が見られるなんてーヾ(≧∇≦)ノ"お相手の東吾は『鈍色の花』の椿の同級生です。物憂げなカラー扉絵から期待MAXになってしまいました。
 米からの変なアプローチでやっちゃうんだけど、戸惑う東吾が面白かった。大人だから、はいはいわかったわかったって感じでHしていくんだけど、絆されていく感じがなんだか可愛いの。その後も東吾は悶々と考えてるのだけど、恋人に昇格して喜んでいるのがツボった。190㎝もある米はアホの子です。

・『PLAY』1.2『ヤキソバ』
 アホの子銀二の幼馴染たちとの3Pとか兄との兄弟Hなのに、背徳感など一切無しのすがすがしいアホエロでした。兄弟Hにはオチがあります。

 驚いたんだけど、米が20歳ですって!!20歳…てことは麦たんが48歳とか!?そんで東吾が米と一回り違うから32歳。恋に悩む米が好きな人ピラミッドを書くのだけど、総勢12人、米を入れてこの13人のメンバーたちを相関図にして欲しいなぁ。年代と関係が入り組んでて、まぁ知らなくてもいいって言えばいいんだけど、この『シュガーベイブ』で全員カップルになったので、相関図があったら楽しそうです。全員カップルなのに奇数だしね。そこが気になる人は『鈍色の花』へ!!
  

1

イラスト集としてなら萌萌

十数ページのマンガより1枚のイラストの方に強烈な物語性を感じる1冊でした。

カラーイラスト33P収録はゴージャス!
1枚の絵からシチュやキャラの関係性を妄想してワクワク楽しめます。
巻末にそれぞれのタイトルの記載があって、そのタイトルからもまた新しい妄想が波及~。

・後ろから男子!!
・制服脱いでも愛してくれる?
この2作のイラストは特に好き。

収録されている作品(マンガ)は、これぞ【わたなべあじあ】という感じで統一されてましたね。

大きな仕掛けがあるようなコメディタッチの笑いではなく肩の力がぬけたような、ふんわりな面白さ。
これは天然アホの子と残念なイケメンの個性が生み出しているんですね~。
まさに性的な意味でバランスがいい組み合わせでした。
アホの子がまた、やたらと行動力があるのも魅力的です(笑)

登場人物たちがすべて貞操観念が皆無なので、つるっとセックスしちゃってますが淫靡さも皆無。
ちっちゃな手書き文字も可愛く「あ~わたなべあじあだ~」と読みながら声に出してしまうほどに【THEわたなべあじあ劇場】でした。

他の作品とキャラクターがリンクしているので、この単行本だけでも楽しめるんですが、やはり少々の疎外感は感じました。
あの東吾が年上受け!と同窓会的な楽しい発見もありましたが。

正直、個人的には内容について語るほどのものがなかったです。
キャラクターの個性がひっぱる流れにフッと笑う感じでしたから。
同様にイラストに引っ張られて満足を補給つどきたかな、と。

好きな人は好き、ハマらない人はハマらないだろうな~、という無責任なレビューの〆となりました。

1

なぜか読んでしまうあじあさん

アホっ子もロリっ子も好きじゃないのに、なんか読んじゃうわたなべあじあさん。
今回も、というか今回は特にアホの子だらけでした。
内容もカップリングも結構な暴走っぷりですが、楽しんで描いてらっしゃいそうで、読んでて楽しいです。

イラストが多いので、漫画は実質100ページくらいです。

『メノちゃんは喘がない』(第1話~第2話)
どう見ても挿れられてる攻め(生徒会長)×どう見ても挿れてる受け(会長補佐)
予想以上にメノちゃん(受)が男前でした。
真砂土が挿れてアンアン言ってる下で、メノちゃんは煙草スパーって吸ってるとかねwそりゃあ不安にもなるだろう。
この二人なんでこの掛け算で定着することにしたんだろう?w

『メノちゃんは喘がない』(第3話)
オネエ攻め(書記)×一個下のツンデレちゃん(副会長)
入学早々、生徒会長と会長補佐の情事を見てしまいテンパって隣室に逃げ込んだら、そこにいたオネエに美味しくいただかれちゃった話。

『シュガーベイブ』
これ一番好き!
「ピンクのおもちゃ」に出てきた麦たんの弟〔ヨネ〕×「鈍色の花」の椿ちゃんの幼馴染み〔東吾〕ですよ~
赤ちゃんだったヨネは20歳のアホっ子に、高校生だった東吾は32歳の色男に成長しています。
一回りも年下のヨネに翻弄されながらも、まんざらでもない東吾おじちゃまに萌え萌え。
喘ぎ声出したくないからキスねだっちゃうとか!(〃▽〃)

『PLAY』(第1話)
幼馴染み同級生で3P
アホの子〔銀二〕の「お兄ちゃんをオカズにオ○ニーしちゃった」って爆弾発言を聞いた攻め二人が、禁断の扉開く前にまずはお手頃な俺らとやろうぜ的なノリで(軽っw)

『PLAY』(第2話)+描き下ろし
お兄ちゃん×銀二
でも結局禁断の扉も開いちゃったw

エッチをすると何故か受けがどんどんロリ化すると評判のあじあさんですが、今回はオツムの緩い方が攻めに集中しているせいか、エッチ後も受けがちゃんと男前を保ってる中々貴重な一冊でした♪(唯一のアホ受け銀二はもれなく若返ってますが)

3

アホな子満載vv

帯のカラー33ページ分て目を疑ったけど
本当にカラーイラスト満載でビックリした!!!
いかにもピアスって感じの、
でもショートストーリーは省かれてるから
このイラストはどんなエロ話だったのか?!と
その時のお話が凄く気になったり…(^^;)


表題作●メノちゃんは喘がない●
本当に一切喘がない受のメノちゃん。
読んでて攻→→→→→→受かと思うくらい
攻の方ばかりが愛をダダ漏れさせてる感じ。
攻を大事にしてる感じは伝わるも
もう少し受からの分りやすい愛が見たかった。


そしてわたなべさんと言えばアホの子キャラ
●シュガーベイブ●
あの麦たんの弟(ヨネ)がこんな子になってるのか~っvv
うん、思った通り快楽に弱いアホの子に育ってる。
そのヨネのターゲットが東吾(罪と罰の店長ね)
小さい頃から見てきて恋愛感情はないと思ってたのに
気持ちよさに流された?
で、エッチシーンに突入はいいけど
まさかのヨネ攻めときましたか?!!!!
この東吾を組み敷くとは流石です。
もう少し成長してクマになるのかどうかが楽しみですねvv


●PLAY●
こちらも負けず劣らずなアホの子登場
兄をおかずにして一人エッチ
今まで兄をそんな目で見たことなかったのに
お風呂場でヘッドロックをかけられ、
筋肉ムキムキの兄ちゃんにムラムラ?
それを幼馴染2人に打ち明けると自分たちの胸で試してみろと
あれよあれよとそのまま気持ちいいことに流され
気が付けば2人にやられちゃってた。

その後いかにもヤラレちゃいましたな姿で家に帰ると
兄ちゃんがいろいろと介抱してくれましたが
セリフの割にはあまり怒った感じはせず
自分の事を恋愛としての好きなら「まっ、いっかと」と
軽い感じでそのままエッチしてるのもなんだかな?

で最後の最後に実の兄弟でなく従兄弟オチ。
どっちにしても近親相姦?

で、結局幼なじみの2人は弟を好きだったのか?
ただエッチがしたかっただけなのか?よく分らないけど
快楽に弱いアホの子としては楽しめましたvv


麦たんの名前くらいしか出て来なかったのがちょっと残念。
久しぶりにまた読みたいな~っvv

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う